京都への小旅行 ~ 雑観 ~

2月の京都・・・お寒ぅございました。
ちらちらと雪が舞う2月の京都、それはそれで冬の情景としては素敵なんですけど、
旅行者にはちと、きびしい。  

さて、私にとっては実に10年ぶりぐらいの京都。
修学旅行で1度、独身のときに母と桜を見に1度、仕事で2度。
あら・・・数えてみたら4回しか行ってないのね。 つまり、京都、ど素人。 

今回は、主人と2人、一泊二日のしっぽり小旅行。 
時間がない・・・。 案の定、主人と私とでは、京都旅行の目的が全然違う。 

夫 →  竜馬の墓を見る。   寺田屋へ行く。  京都の美酒を探す。
      夜の花街にある洒落たBARへ行く。

私 →  お寺の庭を見る。  甘いものやさんに行く。 舞妓、芸妓の写真を撮る。 
      ちりめんグッズを探す。  和文房具を物色する。 人形店でお雛様を見る。
      昆布と漬物をしこたま買う。 町屋風レストランで食事をする・・・ナドナド。

これをまとめて、1泊2日でこなそうって言うんだから、無理があったのね。 
お宿は、もうすぐスウィート10ってことで、ちょっと奮発して、まぁまぁいいところに。
そのあたりは、「食」編でレポします。

まずは、定番の清水寺へ行ってみよう!

a0153807_2115178.jpg


この時期だからか、修学旅行生が少なめで、ほっ。
しかし、花も緑も紅葉も何もない殺風景な清水寺でしたわ。

続いて、ねねの道から二年坂、産寧坂へ。

a0153807_21172029.jpg


ここで、主人は、坂本さんのお墓を見に行くっていうんで、別行動。
行ってらっしゃい。  あたしゃー、御土産やさん、のぞいてる。

a0153807_21202770.jpg


桜の代わりに、梅の花がちょこちょこと咲いていましたね。  
油取り紙のようじ屋さんは相変わらずの大混雑。
修学旅行のとき、あんなにも魅力的に感じた、二年坂、参寧坂の御土産やさんには、特に目ぼしいものはなく。 →私も大人になったらしい。

続いて、向かうは重森三玲の庭が見られる、東福寺。

a0153807_212364.jpg


わびさびの中に、モダンを感じる三玲の庭。  

a0153807_2126494.jpg


裏庭にある通天橋から見る景色は、秋になると紅葉の赤い海と化すそうな。

はいはい、主人にもお付き合いしましたよ。 寺田屋でしょ!

a0153807_2129152.jpg


福山君の龍馬の撮影も、そのうちここで行われるのかしら? 
現存のこの建物には諸説あるようで、刀傷やお風呂(お龍が入っていたお風呂ね)も残るものの、
当時の寺田屋は焼失し、こちらは再建されたものだという説、強し。

さて、夜は花街へ GO! (昔、ひろみゴーって、京都の芸妓とウワサがありましたよね)

先斗町の灯り、白川のなまめかしい小道。 ムードありすぎで、淫靡な雰囲気さえあるの。

a0153807_21423411.jpg


ネオンじゃないのね、「灯り」なのね。

a0153807_21443522.jpg


高級お茶屋の並ぶ花見小路、昔からのお茶屋通り宮川町のあたりをうろうろ。
ちょうど、宮川町にある町屋を改造したBARを紹介してもらったので、よい時間♪

いたぁぁぁぁぁ!

a0153807_21463451.jpg


だらり帯に、おこぼをはいてる。  

しばらくして、また遭遇。  芸妓さん2人組にも遭遇。 

a0153807_21484491.jpg


その後、思いっきり正面から舞妓さんが歩いてきたので、「舞妓さん、お写真1枚撮らせて頂いてもいいかしら?」と聞いたら、少し困ったお顔で「えーと、すんまへん」とやんわり断られたので、諦めました。

花見小路のあたりは、黒塗りの車が何台も停まっており、この世知辛い世の中でも、景気のいい方たちがいるもんだなぁ・・・と驚きです。

さて、翌日ランチをしたいと思って、再び花見小路へ。
すると、朝のお稽古へ向かう舞妓さんの姿が・・・

a0153807_21541281.jpg


普段のお着物姿もいいもんです。

清水のあたりへ行くと、素人舞妓さん(衣裳を着て、写真を撮れる)を時々見かけますが、
ほんまもんは、何かが違う。  
今度生まれ変わったら、京都の芸妓になろうかな・・・なんて、一瞬思ったわ。
それでね、売れっ子芸妓になって、後に未婚の母。 子供の父親は、実は大物著名人。

なーんて、しばし妄想。

うちのご主人様も、すっかり祇園の花街に魅せられておりましたよ。
いつか絶対、舞妓と芸妓を呼んで、お茶屋遊びしてやるんだ! と、つぶやいてました。
→どうぞ。 でも、私だって、そのお茶屋遊びしたいよー。

雑観が、長くなりました。 すんまへーん。
次回の京都レポは、お楽しみ?の「食」編どす。

 

京都と全然関係ありませんが、おまけ ↓
[PR]
# by xiangpian | 2010-02-15 22:11 |

和モチーフの洋スウィーツ !?

主人の単身赴任先から、お世話を終えて?戻りました。  
気がつけば、今日ってバレンタインデー★  
えぇ、差し上げてきましたわよ、チョコとパンツ♪  奮発して、イタリアのチョコだわよ!

チョコと言えば、先日デパ地下をうろうろしていたときに、見つけたチョコ。
あまりにもかわゆいので、買ってしまった。

a0153807_21393999.jpg


Tsuki no Katsura (ゴンチャロフ) の 和モチーフチョコ。

a0153807_21395735.jpg


それほどチョコ好きじゃないので、お店の名前などに疎いのだけど、ゴンチャロフから期間限定で(多分)出している月の桂というシリーズだと思います。
和のモチーフで飾られているところが、私の好みにピッタンコカンカンなのね。

それから、こちらはDEAN & DELUCAで見つけた、アイシングクッキー。

a0153807_21365237.jpg


梅の花柄なの。 しかし、2枚で700円って高くない? → もう、買わない。
あ、クッキーの味は、いたって普通でした 笑。


最後は、リアルスウィーツではありませんが、キャンディーどすえ!

a0153807_21405063.jpg


ちりめん飴・・・いえいえ、飴型の香袋です。
京都で買ったかって? いえいえ、東京です、銀座コアビルの中の「香十」さんで見つけました。
ちりめんグッズが大好きなのね、私。

京都でも、ちりめんグッズを色々見て周ったものの、案外、ピンとくるものはなくて、香袋も
スタンダートな巾着型のものがほとんど。 
東京は、ちょっと頭にくるぐらい、なーんでもあるので、現地のこのお店でしか買えない!っていう物を探すのって、結構むずかしいですね・・・。

と、軽くボヤキましたが、明日から少しずつ京都ネタで更新しまーす!
[PR]
# by xiangpian | 2010-02-14 21:52 | 趣味&お気に入り

「食」をテーマに、まとめてGO!

本日、もう一つのネタでブログ更新です。

このテーマの写真が、だいぶたまってしまったので、まとめて DON です。
 
まずは、バーガー。
今、空前のバーガーブーム。
マックやモスなどでも、相次いで、ゴージャスバーガーを発売。
テキサスバーガー、ニューヨークバーガーは、売り切れ店もあるそうで。

こちらは、恵比寿の「ブラッカウズ」

a0153807_2048205.jpg


黒毛和牛のボリュームたっぷりバーガー。
ジューシーで、食べ応えありすぎなバーガー。 お昼どきは、行列ができています。



続いては、ちょいとオサレに 銀座 ブルガリビルでのアフタヌーンティー。

a0153807_20503256.jpg


スタイリッシュで大人な空間の中、これまたモダンなスタイルで頂くA.N.T. ♪
ミニバーガーやスコーンもついて、お味もよし。  いいとこ、見つけちゃった、うふ。



さて、続いては、昨年のネタですが、愛してやまぬ「上海蟹」れーす。

a0153807_20542559.jpg


横浜 中華街で食べた上海蟹は、しょぼしょぼで全然ダメだったので、リベンジとばかり
こちらをオーダーしたのです。お店は 初台にある「蘭蘭酒家」。 美味しい餃子を作る店として
TVで紹介されたこともある店らしいです。 ここの上海蟹も、名物らしく、最高。
蟹は体を冷やすそうで、これを食したあとには、生姜茶のサービスがありましたョ!
上海蟹は、日本人に特に人気があるらしく、現地上海より日本の方が美味しい蟹を食べられる
と聞きました。 

さてさて、ここからは おセレブなところ、紹介しちゃうのだ。
さくっとね、さくっと!

昨年オープンして、すぐにミシュラン★を獲得したという、青山のフレンチ 「フロリレージュ」
印象的なお料理だったのが、こちら。 葱ですよ。

a0153807_21253166.jpg

ちょいと場所がわかりにくいですね。 カンテサンスにいたというシェフのすご腕が光ります。
あと、器がなんだかオブジェみたいで、驚きよ。 正直、あまり好みの器じゃなかったな、残念。


こちらは、同じくミシュラン★を持つ、青山のイタリアン 「リストランテホンダ」
ランチは、リーズナブルでお薦め!

a0153807_2132175.jpg

イタリアンなんだけれど、本多さんのお料理は、いつもどこかフレンチの香り。
盛り付けも抜群に美しく、グラスワインのセレクトも結構ありで、嬉しいの。


そして、銀座に新しく参入したフレンチ 「シェ トモ」でもランチを。

a0153807_21381579.jpg

ポーラビルが新装開店、その上階に白金の★レストラン「シェ トモ」の2号店。
ランチメニューは2800円~  ただね、ほとんどの料理が+いくら なんで、結局5000円ぐらいに
なっちゃう。  グラスワインのセレクションが素晴らしく多くて、ランチでも飲んじゃうよぉ。


ミシュランからははずれますが、ときめいたレストラン、いえ、オステリアが池袋に。
その名は、「オステリア ピノ ジョーバネ」

a0153807_21443823.jpg


店内が暗くて、お料理の写真がないのですが、↑ゆずとバジルのチェッロです。
池袋駅から歩いて10分ぐらいと、かなりマイナーな場所にあるにも関わらず、店内いつも
予約でいっぱい。  季節のイタリア料理は、現地っぽくて、感動もの。


ってな感じで、食べまくっています、はい、すみません。 外食女です。
あ、でも、去年の暮れぐらいからのお写真ですから・・・。  
人並みかな!? 並がわからん。

おうちでは・・・ ↓
[PR]
# by xiangpian | 2010-02-05 22:05 | レストラン (国内)

大倉陶園と一龍陶苑

人生お初の東京ドーム テーブルウェアフェスティバルでの興奮が冷め遣らぬxiangpianで
ございます。

会場では、日本の焼き物、窯元からも沢山の出店ブースがあったのですが、
大御所、「大倉陶園」のブースからは、月ごとにテーマを儲けた設えで目の保養を。
こちらは、お正月のテーブル。

a0153807_11361651.jpg


毎月の設えを、「婦人画報」で紹介している様ですね。

<大倉陶園・・・1919年創業の歴史ある陶磁器メーカー。
大倉孫兵衛が、当時まだ日本には少なかった西洋陶磁器に影響を受け、硬質な白磁を生産
し、後に皇族、財閥御用達メーカーとなる。>

これまでデパートでたまに見かけることがあっても、あまり注目することがなかったメーカーですが、
改めて見直すと、このメーカーの「格」というものを感じますね。

そういえば、うちにありました。

a0153807_11465363.jpg


大倉陶園のプロダクトの中でも、代表的なシリーズ 「ブルーローズ」
金で縁取りされているあたりが、西洋磁器を意識した感じで、高貴な印象。(食洗機入れられないけど)

a0153807_11504462.jpg


これ、もらい物なのです。  結婚したときに親戚からゆずり受けた、いわば「中古品のおさがり」。
その当時、多少今よりヤングだったので、「うーん、こういうティーカップ、使わないのよねぇ・・・」
などと思って、それからずっと押入れの中だったのだけど、あれから10年、このカップの素敵さが
少しだけ分かってきたかもかも。
色合いだけでいうと、スウェーデンあたりに、こんなカップがゴロゴロしてそうです。
あちらは、金の縁取りがないけれど。 藍色は北欧メーカーがわりと得意な色だもんね。

ケーキ皿がないので、揃えようかしら?     と、また悪魔なことを思う。 

ところで、今回のT.F.戦利品の一部ですが・・・  ↓
[PR]
# by xiangpian | 2010-02-05 12:10 | 和の器

テーブルウェアフェスティバル 2010

東京ドームで行われているテーブルウェアフェスティバルに、行ってきましたぁ~。
お初です、あたくし。
あのね、大変です、興奮しすぎて、ヤバかったです、あたくし。

デジイチを首からさげて、いざ出陣!  
しかし、途中から写真はどうでもよくなってきて・・・。  販売ブースをうろうろうろうろ。

作品のお写真に関しては、沢山のブロガーさんが、それはそれは美しく撮影されていますので、
私なんぞの撮ったお写真を、ここでアップするのはお恥ずかしい限り。

でもまぁ、反省の意もあり、一応振り返っておきますわ。
(私の写真、暗いです。  レンズも望遠じゃないので、遠いです。)

好みもあって、「和」や「オリエンタル」なコーディネートを中心に、ご紹介しますよ~。
(プロ、アマ問わず、気になった作品の写真ね。)

まずは、ヘレンドのゴージャスなテーブルに圧倒されます。

a0153807_1165865.jpg
 
↑このシノワのシリーズって、ヘレンドでも一番高額なのよね・・・芸術品。

続いては、インドネシアのコーディネート。

a0153807_118815.jpg

↑アタ素材のアイテムが涼しげで大人。

こちらは、ベトナムのコーディネート。

a0153807_1183749.jpg

↑ハスの花満載のテーブルです。 昨年のベトナム旅行での興奮が蘇り。

漆のお重を使った、和のコーディネート。

a0153807_1111345.jpg

↑この赤い漆風の器は、近頃よく見かけます、人気アイテムっぽい。

端午の節句をイメージした、コーディネートですって。

a0153807_11114557.jpg

↑英字新聞で兜が折られていましたよ。 よく考えますね、関心しちゃう。

大人ハロウィンのテーブルに・・・。

a0153807_11124312.jpg

↑洋のテーブルの中でも、こちらはスタイリッシュで素敵。

この季節にぴったりな、雛祭りのテーブル。 

a0153807_11132289.jpg

↑すごくかわゆくて、とても好きなテーブルだったので、もう1ショット!
a0153807_11141310.jpg

↑品のいいお雛祭りコーディネートです。

ヘレンドを初めとして、ヨーロッパメーカーの食器にはもちろんうっとりしましたが、思いのほか、和やオリエンタルなイメージのテーブルやメーカー紹介が多くて、私的には大満足。
全国各地の、焼き物も沢山沢山、紹介&販売されています。
備前焼のブースからは、

a0153807_11165923.jpg


↑備前のわびさびっぽい器とガラスを合わせるのって、すごく新鮮。

常滑焼のお茶セットは、一目ぼれです。

a0153807_11182429.jpg


↑今年、常滑焼祭りに(主人の単身赴任先近辺)でかけようと思うので、見るだけに、見るだけに・・・。


この他、有名人がプロデュースした空間コーディネートや、新鋭作家さんたちの器の紹介もあり、見ごたえ十分でした。そういえば、アンティークのブースもいくつかありました。 その中でね、私がイギリスで見つけたトリオが、なんと10倍の値で売られてたーよ。 おぉ、怖い、怖い。

しかし、なんつっても驚きなのは、
販売ブースの多いこと、多いこと! 危険です。   お初の私は、特に危険です。

で、何を買ったかって?     
    えーと、色々よぉ。 お盆でしょ、茶器でしょ、テーブルアクセサリーに、京都のちりめんまで・・・

これから、少しずつご紹介することにします。  結構、血迷いました^^。

2月7日まで開催。   会期中、何度も通う方もいらっしゃるそうな。
わかる~その気持ち。   でも、やめておく。    これ以上、調子に乗れない, To DANNA !

もう少し... ↓
[PR]
# by xiangpian | 2010-02-04 11:39 | テーブルアレンジ