<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

白アスパラガスランチ会

いつもお世話になっている料理教室の先生とのコラボレーションで実現した
「白アスパラガスランチ会」

私の知り合い数人と、先生の生徒さん数名にお声かけして、
3日間我が家で開催しました。

お料理の担当は、先生。
鍋やらザルやらピーラーやら沢山持参下さり、慣れない我が家のキッチンでクッキングして頂きましたよ。

私は、テーブルコーディネートと料理の盛り付けやデザートの担当。


3日間、お料理は一緒ですが、テーマを変えてコーディネートしました。

初日は、シックゴージャスなテーブル。
リモージュの渋い器を使い、グリーン紫陽花だけのデコレーションでシックにまとめたテーブルです。

a0153807_452983.jpg


2日目は、和洋ミックスなテーブル。
帯ランナーとバンブーランチョン、紫陽花を短くカットして籠にいけるなど、ちょっぴり和のテイストを
意識したテーブルです。

a0153807_472047.jpg


最終日は、ナチュラルなテーブル。
先生の私物ジアンのお皿をセットして、北欧のスープ皿を重ねてみます。
お花は前日と一緒。  ナプキンリングは木製品、 カトラリーレストは陶芸で作った小皿で代用し、
小物の色と素材でナチュラルな雰囲気を目指しましたよ。

a0153807_4113149.jpg


特別大きな違いはないかもしれませんが (汗)
あれこれイメージしながらのテーブル作りは、とても楽しかったです♪

a0153807_4162748.jpg



当日は、ゲストがいらっしゃる1時間ほど前から先生との準備がスタート。

自己紹介をしたあと、
私から、今日のメニューの紹介、テーブルテーマの紹介、
先生から、白アスパラガス料理に使う調理器具や料理のコツなどをデモンストレーションを交えて
ご紹介。

テーブルに移動して乾杯したあと、
お料理をサーブしてゆきます。

前菜は、白アスパラガスのクリアースープ。
チキンストックスープの中で、じっくり煮た白アスパラガスは、ほんのり甘く~

a0153807_4205354.jpg


メインは、白アスパラガスのオランデソースというクラシカルなスタイルで頂きました。

a0153807_4225187.jpg


アスパラが太くで立派なので、3本でもおなかいっぱい^^

付け合せは、こちらもクラシカルにハムとジャガイモとポーチュドエッグ。

a0153807_4251752.jpg


お料理には辛口の白ワインをあわせました。
メインが意外にも重たいので、デザートはアスティスプマンテのゼリーでさっぱりと。

a0153807_4274716.jpg


3日間にわたり18名も来て下さった今回の企画、
初めまして~の方が沢山いらしたけれど、
皆さんとのお話も盛り上がり、先生と私、今、達成感でいっぱいです!

楽しかったです ♪♪♪
クセになりそう 笑

a0153807_4324582.jpg


ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。
( あはは、ここを見てくださっているかどうかは不明ですが・・・)


そして、ご協力くださったO先生、感謝感謝です。
また、いつか一緒に何か(笑) やりましょうね!


O先生主催の
アムステルダム料理教室  美食倶楽部については、
 コチラ  をご覧ください。
[PR]
by xiangpian | 2014-05-29 04:37 | テーブルアレンジ

白アスパラガスランチ会の器

お料理教室の先生とのコラボレーションで実現した「白アスパラガスランチ会」
3日間にわたり、開催中です!

お料理は、先生にお願いして
私は僭越ながら、テーブルコーディネートを担当。

メニューは3日間一緒ですが、テーブルのテーマは毎回チェンジしようと思っています。

シックゴージャスなテーブルでは、リモージュのジャンルイコケの器を
ナチュラルなテーブルでは、ジアンのボタニカルデザインの器を
和洋ミックステーブルでは、ロイヤルコペンハーゲンとガラスの器を(6枚ないので、コンビネーションね)

それぞれ使用するつもりです♪

a0153807_5154052.jpg


ジアンの器は、先生の私物。
このお皿、大好き。
似たようなシリーズで、黒や赤やブルーもあるけれど、一番グリーンがいい感じ~
今現在、一般に売られていないシリーズですが、オーダーは可能みたいです。
特に、今回のテーマ 白アスパラガス料理にはぴったりだもん。
欲しいなぁぁぁ。

   

折角なので、テーブルテーマにあわせて、ナプキンワークも考えていますよ。

a0153807_520983.jpg



さて、明日もアスパラ会です。

準備して、お待ちしていまーす!!!
[PR]
by xiangpian | 2014-05-26 05:24 | 洋の器

白アスパラガスと家飲み

今が旬の白アスパラガス。
特に、今年の白アスパラガス(オランダ産)は、太く立派ですごく美味しい~~~  
と思うのですが、どうでしょうか?

a0153807_4202546.jpg


暖冬の関係か、いつもの年より早い時期から出回っていたような気がします。

アスパラ料理は、クラシックなオランデソースやバターソースで頂くのが
こちらの一般的なスタイルです。
例えば、こんな風にね。  とあるレストランでのメインメニュー。
はい、白アスパラガス料理は、前菜ではなくメイン料理として頂きますよ。

a0153807_4253497.jpg


こちらは、
先日の我が家での飲み会で作ってみたマリネ。

a0153807_4242880.jpg


白アスパラガスをくたくたになるまで20分以上茹でます。
茹であがったら、縦に裂きます。  
軽く水気を切ったら、熱いうちにオリーブオイルとお酢を3:1の割合で加え、
塩コショウで軽く味付けマリネして、あとは冷蔵庫で冷やすだけ。
塩気のあるハムをふんだんにのせて、パセリを飾って頂きまーす。

簡単ですが、白アスパラガスの甘味を感じて、なかなか美味です。
白アスパラガスの季節が終わったら、プレねぎで作ってもいいみたい。


飲み会です。   大人7人 子ども2人   にぎやかでした~
この白アスパラガスの前菜、気に入ってもらえてよかったわ。

a0153807_4342419.jpg


あとは、ポテトツナコロッケとおにぎりと紅茶豚と蓮根のいためものと鳥団子のスープを
作ったけれど、あまりに写真がいけてないので、省略。

つまみばかり・・・ (~_~;)


白アスパラガス、
やはり、日本人は和風に食べたいところですよね。

お浸しや、バター醤油の味付けもぴったり。 
オリーブオイルにゆず胡椒少々の組み合わせでマリネするのも美味。

こちらは、味噌バター焼きと、天ぷら。

a0153807_4382916.jpg


5月いっぱいは楽しめるはずだから、新メニュー見つけなきゃ!



白アスパラガスつながりで、
明日から週末はさんで3日間、我が家で「白アスパラガスランチ会」
なるイベント?を開催予定なの。
がんばるぞ。


ただいま、準備に追われています~

でも、ブログを更新するという・・・    

空き瓶
[PR]
by xiangpian | 2014-05-23 04:45 | おうちご飯

taste of amsterdam

お天気のいい週末、近所のアムステルパークでフードイベントが開催
されていたので、主人と一緒にちょっくら出かけてきました!

a0153807_0142633.jpg


入場料が15ユーロ必要で(ネットだと9.5だったかな)
中では、お金の代わりに「コイン」を使用し、食事を楽しむことになります。

あっちで5コイン こっちで10コインと使っているうちに、
あっという間に100ユーロも使っちまったぜぃ。

でも、こういう雰囲気、大好き。

a0153807_0165865.jpg


コニャックベースのカクテルを飲んだり、イタリアの窯焼き薄焼きピザを食べたり~

客層もわりと良く、なかなかお洒落な人がいたりして、
フードブース巡りもなかなか楽しいわ。

お、オイスターバー発見。 
有名レストランのブースでは、スコティッシュビーフと赤ワイン。
ロブスターのグリルもあるぞー

a0153807_0212482.jpg


専用のマシーンでじっくりスモークされたサーモン、
とっても美味しかったの♪

a0153807_0224154.jpg


紙皿なのに、いちいち綺麗にお料理のデコレーションをしているブースもありましたよ。
盛り付けに興味深々の私、凝視しちゃった。

a0153807_0242592.jpg


こちらのデザートも、とても美味しそう。

a0153807_025820.jpg


写真を撮らせてもらったら、「フェイスブック用?」と聞かれたわ^^
いえいえ、ブログです!

南アフリカのワインをテイスティングさせてくれるブースがありました。
主人は、出張で訪れて以来、すっかり南アワインのファンでして、飲みまくる。

a0153807_0304056.jpg


お姉さんたちも、やたらと楽しそう。  笑

a0153807_0262097.jpg


うちのご主人様も、楽しそう。
でしょ、でしょ、このイベントの情報教えてあげたの私だからね!!!!! 
忘れるでないよ。

a0153807_0423825.jpg



オランダらしく〆に、フリッツ(フレンチフライ)をマヨつけて食べながら
家路に。   
5杯づつ飲んだ私たち、結構酔っぱらって鼻歌歌いながら帰りました。

a0153807_0324537.jpg


ラン ラ ラン ラ ラーン ♪

青空のもとの屋外イベント楽しかったなぁ~

あ、ちょっと待て、

ヘェヘェヘェ・・・

ヘェックション!  ダメだ、 この季節のアレルギーがついに本格的に始まった^^:




 
[PR]
by xiangpian | 2014-05-21 00:38 | 暮らし

花瓶が増える~

新緑の美しい季節。
部屋にも、花ではなく緑を飾って楽しんでいます。

a0153807_21185630.jpg


中央の白い大小の花瓶は、デンマークで見つけた花瓶。
形がモダンであることと、隣に置いているオランダのカナルハウスのキャンドル飾りと質感が
ぴったりで、このところ出番が多い花器です。

右隣の水差し型の二つは、蚤の市で見つけた安物ですが、結構お気にいり。

リビエラメゾンというお店で買ったガラスの花瓶は、
ひっくり返すと、キャンドルがのせられるつくりになった2wayのタイプ。

a0153807_21243469.jpg


こちらはローズポットなのですが、
アジアのものとの相性がいいので、中の緑を時々変えながら、1年中使用しています。


a0153807_2252133.jpg



花の国 オランダ  
そこら中に花屋さんがあって、お花が安くて、
ほぼ毎週、新しい花を買っては飾る楽しみがあります。
加えて生け花レッスンにも通うようになって、花瓶と花器がすごい勢いで増殖中の我が家。

食器に続いて、こちらもヤバいかも。

a0153807_21293272.jpg


今現在、使っていない花瓶を並べてみました。
ピッチャーを含め、ほとんどが蚤の市で見つけたもの。
どれも気に入っているものの、これすべて日本に持ち帰るのは不可能ね^^

このほか、玄関やトイレやバスルームなどにも飾っているし~

a0153807_21324170.jpg



キャビネットの上には、5月のテーブル会テーマにあわせて、
アンティーククリスタルの一輪挿しを並べ、アイビーだけを飾りました。

a0153807_21341446.jpg


蚤の市で見かけるたびに、ひとつふたつと買っていたガラスの花瓶、
気が付けば、こんな数に (*_*;

a0153807_2136585.jpg


ぬはは。
一輪挿しと使える大きさのものをひとつだけ自分用に残して、
これらほとんど、レッスンのあとの物販会で売りましたわ~~~

a0153807_21371843.jpg


お買い上げ、ありがとうございます★    笑

ガラスの花瓶(しかもカットが入っているので、根本が見えなくていいと思うの)は
季節やシーンを選ばず使える花器だと思うので、
新しい嫁ぎ先で、素敵に使われるといいな。


おっと、
花瓶だけじゃない、植木用のポットや花器、盆栽鉢に植木鉢、おまけに自作陶芸ものも
いっぱいあるんだった・・・

こういうものね~

a0153807_22616.jpg



少しずつ、処分を始めていかないと!
このままだと、引っ越しの時にちょっとしたパニックになること間違いない。

うー
どうしよぉー
[PR]
by xiangpian | 2014-05-19 21:48 | インテリア

5月のテーブル

5月のテーブル 
テーマは「新緑のアフタヌーンティー」
ダークグレーのテーブルクロスを敷いて、色をおさえたテーブルです。

a0153807_3111923.jpg


リモージュで購入したジャンルイコケの渋い器に、新緑色のヘレンドをあわせて
シックにちょっぴりゴージャスに(?) ティーセッティング。

a0153807_3125318.jpg


サンドウィッチやペストリーがのることを考えると、
あえてダークな色でまとめる方が、料理が映えるような気がしたので、
お花もなし。  葉っぱだけ^^

a0153807_3151761.jpg


グラス、花瓶、キャンドルホルダー、ケーキスタンド  全部ガラスです。
小物は、ひとつふたつシルバー製品を使いました。

a0153807_3171887.jpg



アフタヌーンティー&ハイティーについての簡単なお話、紅茶のお話、
シルバーアンティークのお話などをしたあと、
お料理をのせて席につきました♪

a0153807_3224488.jpg


サンドウィッチは、きゅうりとサーモンとローストビーフの3種。
スコーンは、イギリス人マダムからのレシピで、チーズスコーンとレーズンスコーンを
作ってみましたが、1日目 いまいち膨らまずにごめんなさい^^;
2日目のスコーンは、ベーキングパウダーを追加して少し膨らんだかな 笑
ピクルスは、1日目はラッキョウ   2日目はマイクロトマトをトッピング。

a0153807_3266100.jpg


一口 ペストリー  
オレンジのムースは市販品。
あとは、ミニタルトにチョコムースやヨーグルトムースや餡子クリームを使って、
みんなで作り、色を意識しながらバランスよく並べました。

a0153807_3313451.jpg


モスカートダスティー  甘口スプマンテで乾杯です♪

a0153807_4232572.jpg



お話も盛り上がったようで、よかったよかった~
女性って、年齢に関係なく本当にお茶時間が大好きですよね~
個人的には、酒時間のほうが好みですけど。

またいつか、
テーマを少し変えて、お茶のセッティングしてみよう!!!


ところで、
今回、メンバーのみなさんに、「お気に入りのC&Sを1客お持ちください」と
お願いしておきました。
どんなカップなのか、それぞれに紹介してもらいましたよ。

a0153807_33814.jpg


結婚のお祝いで頂いたもの、蚤の市で大人買いしたもの、頂き物、実家から持ってきたもの(笑)
いろいろでしたが、偶然にも同じカップが登場。(緑と茶の柄のもの)
お二人とも、こちらの蚤の市で見つけたものだそう。
ベルギーboch の古いものだそうです。   色がいいですね~


それぞれのエピソードを聞けたのも、楽しかったわー ♪

シルバーアンティーク 勢揃い
[PR]
by xiangpian | 2014-05-15 03:52 | テーブルアレンジ

ペリグーからサンテミリオンへ

リモージュで私の目的を達成した後は、夫の要望に応えるべくボルドー方面へ。
途中、風光明媚な街 perigueuxで1泊。

a0153807_122078.jpg



小さな町でしたが、フランスの田舎町らしくなかなか良かったです。
カフェでのランチもいいかも~
でもこの頃、アレルギーがひどくて、もう鼻が限界。
そそくさとホテルに戻りました^^

a0153807_1241638.jpg


写真はないけれども、
リモージュもペリグーも、食事代が安い。  
メニューがフランス語オンリーなので、観光客にはちょっときびしいものの、
ワインはボトルでも20ユーロぐらいだし、コースメニューでも30ユーロしないし、
それでいて美味しい。   やっぱり、パリが異常なのよね・・・

さて、
翌日は、ボルドー右岸、サンテミリオンへ。
ボルドーは3度目、サンテミリオンは2度目の旅行なのですが、
何度目だろうと、この一面ワイン畑の光景を見ると、シビレます♥   トキメキます♥
それに、私自身はメルロー大好きだからボルドー右岸ワイン、うふ。

a0153807_130338.jpg


このサンテミリオンの町は、世界遺産に指定されているんですよ!
納得の光景です。

a0153807_1311045.jpg


確か、5、6年前にも同じ場所で写真撮ったなぁ。

a0153807_132331.jpg


この街でのラスト1泊は、ちょいいいホテルにステイ。
あのフィジャックの畑のすぐ横にある シャトーホテルです。  えへ。

a0153807_1343698.jpg


ホテルのまわり、360度ワイン畑でしたよ~

a0153807_136384.jpg


興奮する~
写真、撮っちゃうよ~

a0153807_144110.jpg


あ、でもね、
まだ4月、ぶどうの木は、ようやく新芽が出てきたぐらいで、かわいらしいものでした。

a0153807_145758.jpg


夕食は、ホテルで。
もちろん、サンテミリオンの赤と一緒にね♪

a0153807_1372745.jpg


イースター中だったからか、お客さんも多いのはわかるけれど、
ウェイターもソムリエも、気が利かず最悪でしたが・・・


自転車を借りて、サンテミリオンの畑めぐりをしたあとは、
サンテミリオンのお隣の村、ポムロールの畑めぐりを車で。

借りた車にナビはついていたけれど、
さすがに畑道まではデーターが入っておらず、有名どころのシャトーと畑を探すのに一苦労。

しかし、なんとかかんとか
ペトリュス  ルパン  セルタン  シュバルブラン  の4つの畑を発見。
主人、ご満悦  笑       もちろん、私もご満悦。


a0153807_143028.jpg


ポムロール村はとても小さく、有名どころの畑は、ほぼ集中して隣あうように存在していました。
あっちの畑も、こっちの畑も、 ウン十万する高級ワインを生み出すお宝畑なのよね。

畑めぐりをしたあとは、サンテミリオンに戻ってワイン屋さんへ。
あれこれ試飲しまくって、15本購入。  12本は配送に。
主人、再びご満悦       私のリモージュ皿より、よっぽど高い買い物っす^^   


さきほど畑を見てきたペトリュスが置いてありましたよ。
なんじゃ、この値段!
右は、このペトリュスがつくられるブドウ、メルローの苗木です。

a0153807_151341.jpg


作られた年のぶどうの出来、不出来で、ぐーんと値段に開きがでるものです。
ちなみに、ボルドーでいうと 2005年&2009年は、圧倒的に素晴らしい出来で圧倒的に
お値段高いのよね~
それにしたって、お店でこの値段、レストランでいくらになるのだろう?

でも、世の中にはこういう超高級ワインをいとも簡単に手に入れて、
普通にグイグイ飲んじゃう人がいるのよね。
林真○子とか川島な○美とか、飲んでそう・・・

50万のワイン、どんな味がするのだろう。

と、
ワインの値札を見ながら、色々妄想する私でした。

あー  今日はまた寒いから(日本は夏日だとか?)
赤ワイン飲みたくなってきたなー

a0153807_1583184.jpg



 

帰りの機内窓から
[PR]
by xiangpian | 2014-05-13 02:11 |

リモージュ焼きを買う。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


そして、こちらがお買いもの商品よ。
[PR]
by xiangpian | 2014-05-10 01:40 | 洋の器

ボルドーからリモージュへ

イースター旅行は、ボルドーから車でリモージュへ。
はい~  器の聖地、リモージュ焼きのリモージュでございます。
独身の頃から、ずっとずっと行ってみたかったリモージュ。
(新婚旅行で行きたかったぐらい 笑)

ようやく、望みが叶いましたぁ♥

a0153807_447221.jpg


ボルドーの空港でレンタカーして3時間のドライブ。
日本で買ってきた中古CD、山下達郎3枚組ベストと松山千春ベストアルバム(夫の趣味です、はい)
あとは、私のアカペラで アナと雪の女王 レリゴー レリゴー  をBGMに♪

リモージュの町、ラファイエットやモノプリもあるような大きな町ではあるのですが、
これといった観光名所はなく、観光客もほとんど見かけません。
お目当ての「器」を探す前に、街中のマルシェを物色。

a0153807_14345688.jpg


マダムがマルシェの花屋さんでリラ(ライラック)をお買いもの。    印象的でした。
フランスの白アスパラガスは、少しライラック色をしているのね~


その花屋さんです。

a0153807_4543468.jpg


何でもない花屋さんだけれど、どこかおフランスの香り~


さて、リモージュ焼きのお店に行く前に、少しお勉強。
アドリアンドゥバーシュ美術館へ。

リモージュ焼きのみならず、世界の陶磁器コレクションと歴史、作られる工程説明などが
展示されています。

a0153807_551933.jpg


ゴールドのペイントはやはり特別ですね。

ハンドペイントは、手間のかかる作業。

a0153807_561470.jpg


こちらは、大量生産の複写もの。
へぇ、こうやってシールみたいなものを貼って焼きつけるのですね~

a0153807_59849.jpg


ふむふむ、なかなかオモシロイ。

2階、3階の世界の陶磁器コレクションは、
古い土器のような器から始まり、近年のブランドメーカーコレクションまで
とても見応えがありましたよ。

a0153807_5154757.jpg


中国の白磁や染付け、日本の伊万里、イタリアルネッサンスのまばゆい器に、マヨルカ焼きに
デルフト焼き。  セーブルもマイセンも。

こちらは、古伊万里です。

a0153807_5195162.jpg


そして、このティーボウルコレクションの展示に、大興奮の私。

a0153807_5212597.jpg


ヨーロッパでお茶を飲む文化は、中国から伝わったもの。
ハンドルのついたカップ&ソーサーが生まれる前は、人々はこのようなハンドルのないティーボウルで
中国スタイルでお茶を飲んでいたそうな。

シノワものが大好きな私は、ティーボウルが大好物♥  どツボなの。

この青いボウルなんか色にしびれるー

a0153807_5252623.jpg


中国から伝わった白磁に、ペイントはイギリスやドイツで施されたものが多いみたいです。

a0153807_5265024.jpg


中でも素敵なこちらのティーボウルは、どうやら日本製。

a0153807_528216.jpg


おっと、柿右衛門も発見です。

a0153807_528581.jpg


ヨーロッパの上流階級にもてはやされ、多大なる影響を与えた 柿右衛門。
大胆な構図で白磁の余白を上手く使って絵付けを施した柿右衛門スタイルは、
マイセンやリモージュなどが刺激を受け、こぞってコピーしたらしい。

これは、シャンティイ窯の柿右衛門スタイルのポット。

a0153807_5333486.jpg


ははは~  うまくパクられていますね~  笑
柿右衛門って、 スゴイ!
 

ここで刺激を受けて、私、リモージュのお店でちょっとおもしろいお買いものをしたので、
また次の記事で紹介します。  



と、
美術館で一通りうっとりしたところで、
いざ、リモージュ焼きメーカーのファクトリーへ。
ここで、大興奮!!!!!!


a0153807_5364233.jpg



次の記事で、たぁぁっぷり♥  ご紹介します。
[PR]
by xiangpian | 2014-05-07 05:45 |

5月のインテリア

5月です。
GWまっただ中ですね。  みんな、どこかお出かけかなぁ~

こちらはこの週末、お天気はよいものの肌寒く、風が冷たくて、
一度しまったダウンをもう1度引っ張り出して着ています。

でも、外はどんどん緑が濃くなってきていて、緑越しに空を見上げるとキラキラ光ってとても綺麗。
いい季節ですね。

a0153807_1853724.jpg


今の季節、朝カーテンを開けるのがとても楽しみ。
窓から緑いっぱいの景色を見ているだけで、清々しく癒されます。
この家は、窓から見えるこの景色が気に入って、入居を決めたようなもの。
あれからもう3年か・・・   
オランダ生活には飽きてきたけれど、この景色は飽きない。 笑


本棚の上はサッパリさせて、折り紙兜をふたつ置きました。

a0153807_021845.jpg



シノワの小さな飾り棚には、恒例の「ししゃも風鯉のぼり」とミニチュア「チマキセット」を。

a0153807_024101.jpg


陶芸で兜をつくってみました。
が、角?が両方折れてしまい、ボンドでくっつけたものの、ひどい有様。
今、新しいものを製作中です^^

a0153807_031278.jpg



この季節はとくに、家の中も緑いっぱいで楽しみたいと思います♪

でもね、私にとってはアレルギーに苦労する季節でもあるのでした^^;
目薬に点鼻薬に、ティッシュに・・・     忙しい。   トホホ
[PR]
by xiangpian | 2014-05-05 00:32 | インテリア