<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

アネモネ大好き。

早春の楽しみ、球根花。
オランダの花屋さんも、この季節いつもに増して華やか、色とりどりです♪

中でも、大好きなアネモネ。
今シーズン初アネモネは、しぶめのパープルを選びました。
ブルーヒヤシンスと一緒に。

a0153807_1282532.jpg


あれれ、
冬のパープル&ブルー 春を先取りのつもりだったけれど、寒々しい雰囲気だわ^^

アネモネ、かわいらしい花です。
アネモネって、名前もかわいいしね。

a0153807_1313557.jpg



お花の撮影は、ほんとに楽しい。
あー  早くマクロレンズで撮影したい。   (夫よ、誕生日によろしく!)
ちなみに、↓ これは、標準ズームレンズで撮影したもの。
マクロレンズにしたら、もっともっと寄れるの。   寄りたい、寄れるだけ寄りたい 笑

a0153807_1334040.jpg


今一番気に入ってる花瓶に2輪のアネモネ。
花瓶は、蚤の市で見つけたドイツの土ものです。  和っぽいでしょー

a0153807_1363487.jpg





先日、アネモネのミックスブーケを買って、知人宅へ。

a0153807_1523719.jpg


ガラスの花瓶にいけて(ちょっと窮屈だったかな 笑)、ご馳走になりました。
3時間ぐらいの間に、どんどん花が開くアネモネちゃん。
萌え~

a0153807_1383915.jpg



アネモネを愛でながら、ワインを飲んで楽しい夜でした。



次は、ピンクと白いアネモネでも買って、スウィートな感じにしようかしらん♪
[PR]
by xiangpian | 2014-01-28 01:41 | オランダの花と緑

蚤の市でクロスステッチを。

大好きなモノのひとつ、クロスステッチ。
バッテンに刺すだけの単純な作業、根気さえあれば、誰がやっても同じだと思っていました。
しかし、自分でキットを使って刺してみて初めてわかったわ。
上手な人の作品は裏を見れば、すぐわかる。
私がさすと、裏めちゃくちゃ。  ひどい  (~_~;)

そんなこんなで、
ハンドメイドステッチは、腕もない、目も追いつかない、根性もないので、さくっと諦めましたです、えぇ。

蚤の市に行くと、クロスステッチもの、たくさん目にします。

a0153807_19333987.jpg


小さい刺繍をあわせた額に入れると、ぐーんと素敵に~  
4.5ユーロは安いでしょう?

こちらは、やはり蚤の市にあった、オランダモチーフが色々入ったステッチです。

a0153807_1284045.jpg


これも、そう。
額に入って、15ユーロとは安い。
だって、これだけ刺すのって、わりと根気入りますよ~  15ユーロ以上の労力^^

a0153807_1294729.jpg


変わって、
こちらは、デンマークのマーケットで見かけたクロスステッチ。
モチーフが、オランダのそれと少し違いますね。
色使いも、どこか北欧♪

a0153807_1313483.jpg


そういえば、デンマークのクロスステッチも、有名みたい。
キットも素敵なものがあります。


ノルウェーのマーケットで、確か400円ぐらいで買ったステッチは、
キッチン小物のモチーフなので、キッチンに掛けていますよ。  色がカワイイの♪

a0153807_1344022.jpg


これは、オランダの野外蚤の市にて、やはり破格で買ったもの。
色が好みではないのだけれど、状態がよかったのと値段にしびれて買っちゃった。
帰国までに、おそらく誰かにあげちゃう。 笑
しかし、1932年作成って、立派な歴史!  あと20年もしたら、アンティーク品よ。

a0153807_135445.jpg




色も刺繍モチーフも、好みドンピシャのステッチ。
端切れで売られていたものを安く見つけたはいいが、どうしたものかと思っていたところ、
友達のすすめでIKEAの収納ボックスに、アイロンテープで貼ってみることに!
おぉ、ジャストサイズ♪
わーい。  

a0153807_1374827.jpg


こちらも、コペンで買ったステッチの端切れ。
うーん、こっちはサイズがボックスに合わず、いまいち^^

a0153807_1393894.jpg

こうしたクロスステッチ、
見た目、少々幼稚な雰囲気なので、リビングにどーんと飾ったりはしませんが、
実はかなり好き。
こっそり楽しみます。   棚の中でこっそりニヤリ。

こんな事で、とっても嬉しい。



はは、
作るのNGなので、買う方でゆきます。 


あー 箱に眠る、キットたち、どうしよう・・・
[PR]
by xiangpian | 2014-01-25 01:45 | 趣味&お気に入り

ケータリングランチ♪

友人宅で、ケータリングのランチパーティー♪

a0153807_291099.jpg


ランチのメインは、
日本にも店舗があるらしい、ベルギーのお店 le pain quotidien 通称 パンコチ
このお店のタルティーヌをケータリングスタイルで。
木箱のトレーはデポジット払って返却可。
5種類の色鮮やかなタルティーヌを主役に  
友人宅のナチュラルモダンなインテリアにもぴったりのお洒落なテーブルが仕上がりましたよ!

a0153807_2131190.jpg


メンバー手作りの
サラダにグラタンにスープに、チェリーのケーキにピンク色の泡♪

どれも美味しかったー。

こういう洒落たケータリングの情報を持っているということは、
洒落たお料理を作ることが出来るのと同じぐらい価値のあることだと思うので、
勉強になります!!!



飲み仲間、増えつつあるかな、  キャッ♥
[PR]
by xiangpian | 2014-01-23 02:21 | おうちご飯

新たな試み。

今年は、ちょっと新しい事をやってみよう!

・・・といっても、スポーツジムに通うとか、学校に通って何かを勉強するとか、そういう事ではなく ^^;

趣味のテーブルコーディネートやインテリア遊びの輪を広げたいな~
などと思いまして。

恰好よく言えば、レッスン。   
正確に言えば、大人のママゴトの集い  なるものをやってみようか・・・と。

a0153807_0162381.jpg

             (陶芸レッスンで作ったミニ片口。 水引を巻いて、新年テーブルのアクセントにしました。 そして、強引に持ち帰ってもらいました 笑)



ますます皿屋敷になる我が家。
陶芸レッスンにも通い、お恥ずかしい作品たちも山となり。  ま、これらはたいてい土に返すけど 笑
蚤の市での戦利品も増え、整理して処分して、また増えて・・・の繰り返し。

持っていても、使わなくちゃ、飾らなくちゃ意味がない。
ブログで紹介することがあっても、それだけではなんだか空しさが残るので、思い切って見てもらう機会を
自ら作ろうと、年末に思い立ちました  笑


早速、数少ないヤングの(笑)友人に声をかけ、6人集まりました。

1月のテーブルは、新年のテーブル。

a0153807_0261040.jpg


赤と白と黒とゴールドで、和洋ミックスな雰囲気で。    ここでもイケアの赤いグラス、大活躍♥
一応、プリントを作って、 「食」と「テーブル インテリア小物」について、毎回テーマを設け
私が持っているものをお見せして、知っていることをエラそうに語らせてもらうつもりです (~_~;)
今回は、
お雑煮について、牡蠣について、牡蠣にあわせるワインについて・・・など、おしゃべりしました。
逆に、メンバーから教わることも色々あって、おもしろい。
 
a0153807_0294553.jpg


問題は、お料理 なのよね・・・

私、お料理は得意じゃないし、一人で6人分を事前に用意して、とか考えただけで
頭痛くなる。  笑

なので、インスタントものとか、買ってきたものとか、カンヅメなんかも使っちゃいます。

今回は、新年のテーブルということで、
簡単洋風お節プレートと白味噌雑煮です。

a0153807_0344364.jpg


プレートへの盛り付けなどは、
私がやってみたあと、各自好きなようにやってもらいました。


a0153807_0334068.jpg
 


初回だったので、
前の週に、仲良しの友達を呼んで、予行練習もしました 笑
ヤング女子だから、デザート系考えたほうがいいよー とダメ出しを受けましたが、
うーん、私、お菓子作り一切しない女子なのよ・・・

どうしよ。

ま、お料理教室ではないので、そのあたりは大目に見てもらいましょ。

甘いものと一緒に、お抹茶を。
お茶の心得のあるメンバーに、手ほどきをうけながら、それぞれで点てましたよ。
それも、また楽しかった。

お抹茶椀は、3つしか持っていないので、
漆の小さい椀で6人分。   自己流です、あれもこれも・・・

a0153807_0391965.jpg


今回のメンバー、全員お酒が飲めることがわかって、感激♪

次回(できるかな?)  は、
ワインやカクテルなんかも、出してみようかな~
   


こんな感じで、コンスタントに続くか正直わかりませんが(汗)
新しい事に挑戦して、自分自身の刺激にしたいなと思う  2014年でございますっ!!!

More
[PR]
by xiangpian | 2014-01-20 00:57 | テーブルアレンジ

トルコ旅行  ~カッパドキアで気球に乗る~

カッパドキアでのハイライト、気球に乗る!
これ、主人の長年の夢でもあったのです。

でも、私は嫌 絶対嫌。   昨年、エジプトで痛ましい事故もあったことだし、母からも
「気球にだけは乗らないで」と懇願されていたし~
何より、私自身、怖い。  高いところ、そんなに好きじゃない。

一応、主人にも、「今、こんなタイミングだし、例え事故が起きて大変なことに
なっても、何の保証もないのよ。」と否定してみたけれど、
あの方、そんな私の話、聞くわけない。

乗りましたですよ、ひとりで。     私はホテルでお留守番。

a0153807_21223776.jpg


カッパドキア滞在中、2回ほどチャンスがあったのですが、
1日は、天候不順(風が強い)にて、キャンセル。
2日目に期待。   

朝7時前に集合で、出発ポイントまで10分ほどドライブ。
クリアースカイではないものの、無事飛べそうです♪

一眼レフのカメラをどうするか、散々悩んだのですが、やはり上空からの画像はスペシャルだろうと
思って、主人にあずけました。
今回の写真は、すべて主人撮影のものです。

a0153807_21295892.jpg


ガスが送り込まれ、気球がふくらんでゆきます。

a0153807_21313380.jpg


自分たちの乗る気球の操縦士がパイロットとして紹介され、真ん中に乗ります。
ひとつの気球に16人、4つのパートに4人ずつバランスよく乗り込むそうです。

ボォーーーっと言う音をたてて、ゆっくり上昇。
主人の乗った気球は、バタフライという会社。

a0153807_21324640.jpg


他の会社の気球も、それぞれの発着ポイントから上昇してゆきます。

a0153807_21361756.jpg


黄色い気球、かわいいな。

a0153807_2135694.jpg


日本の旅行会社のロゴが入った気球も、いくつか見ましたよ。

a0153807_21355456.jpg


あっという間に、上空にたくさんの気球が・・・
時間にして、7時半から8時半ぐらいの間かな~

a0153807_2137916.jpg


上空から、奇岩群を見渡します。

a0153807_21382445.jpg


前日に見た目線と違うので、また違う迫力かな。

a0153807_21394339.jpg


写真はありませんが、私はホテルの窓からこの光景を見ていました。
ホテルの真上を(すごい至近距離)大きな気球がいくつも通過してゆくので、
それはそれで、迫力ありましたよ。
気球に乗った人と目があうぐらいにね。  スッピンだったし、手は振らなかったけど  笑

a0153807_21424623.jpg


きゃー  岩にぶつかるー   と、何度もドキドキ。

a0153807_2144157.jpg


奇岩スレスレのところを飛んだり、ぐーんと上昇したり。
そのへんは、パイロットがうまく操縦して、迫力ある空の旅が楽しめるようになっているらしい。

a0153807_21484265.jpg


およそ1時間ほどの空の旅を終え、ゆっくりと着陸態勢へ。

a0153807_2150521.jpg


主人、大興奮で戻ってきました~
天気が今ひとつだったけれど、すげーよ  ほんと、すげーよ   ってね。
高いところ大好きな主人は、大満足だった様子です。

主人、心臓強いし、高いところが大好きだから、
どこか南米あたりで、バンジージャンプ体験とか、スカイダイビングとかあったら、
やりかねない。

私は、そんなのやるぐらいだったら、死んだほうがマシ。
そのぐらいの蚤の心臓。

なにはともあれ、
無事帰ってこられて、ホッとしました。



これにて、トルコ旅行記   おしまい。
[PR]
by xiangpian | 2014-01-16 21:57 |

トルコ旅行   ~カッパドキア観光~

イスタンブールからフライト1時間、カッパドキアを目指してカイセリへ。
空港からさらにバスに揺られ1時間半  ようやく到着です。

a0153807_4315083.jpg


自然が生み出した、奇抜な光景が広がります。

a0153807_4322934.jpg


紀元前5000年以降の火山の噴出物によって形成された大地。
時を経て、その姿形を変え、見るものを惹きつける奇岩がそびえたつ。

a0153807_433415.jpg


キノコ型、円柱型、円すい型、ピース型? おもしろい。

a0153807_5241231.jpg


小さな階段がついていて、登れるところもありましたよ。 

a0153807_4342866.jpg


これなんか、筍そっくりで。

a0153807_4345333.jpg


岩をくりぬいて、人が居住していた形跡もあり。

a0153807_435365.jpg


洞窟内、ほら穴から お約束のコンニチワ。

a0153807_4364616.jpg


そこに何があるわけでもないけれど、このスケールの大きな奇岩群を目の当たりにすると、
異空間、異次元へスリップしたような感覚です。

a0153807_4373657.jpg


キノコ状の岩は、これから先時を経て、上の△部分が落ちるそうで、
キノコ状の岩になっているということは、比較的新しいものだそう。  (中央でバンザイしている私^^)

a0153807_4394948.jpg


突然、落ちてきたら怖いよねぇ~   ↑ この真ん中の岩なんて、危ないかも  笑

a0153807_443283.jpg


ファインダーをのぞいていても、結構楽しい。
またまた主人とカメラの奪い合い。 
でも、主人の持ってる I phoneのカメラ、結構いい写真撮れるのよね~

馬と奇岩。

a0153807_4532098.jpg


薔薇と奇岩。

a0153807_455315.jpg


ぶどうの木と奇岩。 (なんと、ワインまで作っていて驚き)

a0153807_456574.jpg


私と奇岩。        あー後ろ姿にも年齢って出るものね・・・悲。

a0153807_4594069.jpg



ホテルは、カッパドキア中心部にある洞窟ホテル。
色々調べて、このホテルにしました。

a0153807_4464511.jpg


これ、ホテルなんですよ。

a0153807_4472022.jpg


部屋は、比較的広くて快適でした。
普通にお水もお湯も出るし(笑) バスタブもついていたし、施設内にはトルコ風呂ハマムもあって、
マッサージも受けられます。 (結局、利用しなかったけれど)

a0153807_4491798.jpg


ホテルのレストランから見える夕景が、美しくてうっとり。

a0153807_450781.jpg


洞窟ホテルなんて、珍しい~~~
と思ったら、あっちにもこっちにも似たような洞窟ホテルがありました 笑


カッパドキアでは、英語のツアーガイドをお願いして、1日かけて巡りました。
その昔、人が居住していたとされる地下都市や岩窟教会を見学したり。

ここは、ギョレメ野外国立博物館。
世界遺産です。

a0153807_54694.jpg


小さな洞窟に、小さな教会がいくつもあり、フレスコ画が描かれている場所もありました。
(写真は、NGでした)

a0153807_554154.jpg


いやぁ~  この場所、中○人観光客があまりに多くて、興ざめ。  笑
あっちからもこっちからも、中○語のガイドの声。  
まぁ、最近はどこへ行っても、そうなんだけれど・・・

a0153807_572592.jpg


腹立たしいのは、
彼ら、だいたい団体で動くので、写真ポイントで撮影が始まると、永遠に終わらない。
ずっと、どかない。  その場所、貸切じゃありませんから!!!   と言いたい。
待ちきれずに、その場所で写真撮るのをあきらめざるをえませんでした^^
もう、何度同じ事で頭にきたことか!


あまりに人の多い、野外博物館はさっさと切り上げて、
帰り道で撮影した、お気に入りの1枚です。

a0153807_5131821.jpg



次回、
トルコ旅行、最後の記事は、 ついにコレです!!!

a0153807_5141485.jpg



カッパドキア、つづく。

More
[PR]
by xiangpian | 2014-01-15 05:18 |

トルコ旅行   ~グランドバザールで買い物~

イスタンブール2日目、町の中心にあるグランドバザールへ。

迷路のようなバザールアーケードには数千の店舗があるそうな (*_*;

a0153807_0415747.jpg


今回ここで私が探したいものは、キリムのクッションカバー。
絨毯じゃありません。 
クッションカバーだけでよかったの、よかったはずなのよ~~~ ^^

店舗ひとつひとつを見ていたら、一生帰れない気がしたので、
店頭に並ぶ商品の雰囲気で、ちょっと気になった場所だけチェック。

日本では電圧が違うので、買って帰ることは出来なかったけれど、
このトルコのモザイクガラスのランプ、とっても綺麗。

a0153807_0525188.jpg


ペンダントタイプから、テーブルランプ、シャンデリア風のものまで、色もデザインもさまざま。
見ていてあきない モザイクランプです。

a0153807_0534475.jpg


オリエンタルな雰囲気たっぷり。  クリアー色のものなんて、和のレトロ照明みたい。

a0153807_056820.jpg


このあたりは、和室や日本家屋の玄関にも合いそう。

a0153807_0573759.jpg


トルコランプ、独特のムードがあるこの感じ、好きだわ~   
楽しいな♪

a0153807_435063.jpg



ランプに絨毯、それから鮮やかな色調の陶磁器もトルコの名産品のようです。

a0153807_059318.jpg


中でも、やはりターコイズ色のものが人気みたい。
トルコのお茶を飲む 茶器のセット。

a0153807_105483.jpg


ガラスのスプーンがセットになっていてよかったけれど、
この模様は絶対あきますよね~  くどい。


バザールで見つけたものではないけれど、このお茶セット、欲しかった~
特に、中央の蓋つき器♥

a0153807_132129.jpg


わりといいお値段したので諦めました^^


宝飾品のお店も、数えきれないほどありましたよ~
桁の違う高価なものから、こんな感じのオモチャだけれどかわいいリングとかね。

a0153807_175896.jpg


アクセサリーは、あまり見なかったのだけれど、思い出にひとつ、シルバーのロング
ネックレスを買いました。  5000円ぐらいだったかな。

a0153807_1154384.jpg



さーて、そろそろクッションカバーを本腰入れて探すわよ!

バザール内、あちこちに絨毯屋さんがあります。

a0153807_1175146.jpg


こちらは、シルクの絨毯。
ペルシャ絨毯同様に、トルコのシルク絨毯もとても美しく繊細で、もちろん高額です。

絵画並に、美しいものもあります。

a0153807_121136.jpg


長い月日をかけて、手作業で織ってゆくわけだから、大変な作業です。
高額なのも理解できるけれど・・・

a0153807_1231347.jpg


シルク絨毯は、見たら最後、絶対欲しくなっちゃうから、
お店の人の「見るだけ、どうぞ~」の誘い言葉には、頑なに首を振りキリムを探します。


クッションカバーは、客寄せ商品なのかしら、たいてい店の外に山積みされている模様。

a0153807_1185849.jpg


キリムを使用したバッグなどもありました。

a0153807_1311550.jpg


それにしも、色々ありすぎて、選びきれない。
そうこうしていると、お店の中からすぐに店員が現れ、店内でゆっくり見てと店の中へ促されます。

a0153807_1291356.jpg


カーペット、ラグが山積みです^^

a0153807_1302294.jpg


クッションカバーを探していると伝えたのに、OK OKと言いながら何故か、カーペットを次々に
ひろげてゆく店員。
そして、いつの間にやら、店員の数が4、5人に増える。

a0153807_133954.jpg


「いやいや、カーペットはいらないの。  クッションカバーを見せて、ほら、こういう色の・・・ 」

と、傍にあったキリムカーペットを指差したところ、そのカーペットを広げてくれちゃって、
そこからが大変^^

私「だから、カーペットじゃなくて、クッションカバーだってば!」

店「OK OK  今、別の店からクッションカバーを色々持ってくるから、それまでこのカーペット見ててよ。
オールドキリムだよ、これの小さいサイズもあるよ。お客さんの好きなベージュ系もあるよ」

私「そうそう、こういう色が好きなの。  こういう感じのクッションカバーを見せて!」

店「OK OK ところでこのカーペット どう?   お客さん、こっちよりこっちが好きでしょう?」

私「うん、好き。  こういう色大好き。  でもね、うちはこんなに長いカーペット敷く場所ないのよ。
絨毯は、エジプトやモロッコでも買ったから、もういらないの」

店「 エジプト? モロッコ? 問題外。 トルコの絨毯こそが世界一。ほら、これなんかすごく古い
アンティークキリムだけれど、最高に美しいでしょう?」

私「えぇ えぇ 素晴らしいと思うわ。  ところで、いつになったらクッションカバーを見せてくれるの?」

店「OK OK  ほら、どうだい?」  どさーっと持って来てくれる。

ようやく、面倒な会話から解放され、好みのクッションカバーを見つけて、いざ値段交渉に入ろうと思ったら、
また、カーペットを広げられる^^

店「このカーペットなら、お客さんの好みのサイズに、カットできるよ。
買ったクッションカバーとも、すごく合うよ。  オールドキリム、いいものだよー これ買ったら、
クッションカバーはプレゼントするよ」

私「でも、オールドキリムだから高いでしょ、ちなみに2メーターでいくら? ちなみにね、ちなみに・・・」

店「・・・リラ」

私「高い、無理無理。」

と、主人と店を出ようと思ったけれど、苦労して選んだクッションカバーは欲しい。

店「OK OK 安くするよ  いくらなら、買う?」

と、ここからは主人の出番。   電卓持ってきて、あーでもないこーでもないと始まる。

私は疲れ果てていったん店を出ると、しばらくして夫がやってきて
「どうするんだよ、~リラまでしかまけないって言ってる。 
俺は相場がわからないから、君の判断で~リラの価値があると思えば買ってもいいよ」 と。

で、最後に私が
「じゃ、私とあなたの言い値の間をとって、~リラにしてくれるのならば、買う!」

店主、ニヤリ。
「OK OK グッドカスタマーだから、スペシャルプライスにするよ~」  と調子のいいことを。   
結局、2メートルのオールドキリムラグとクッションカバー2枚を
買ってしまいました~~~

買い物失敗とは思わないけれど(思いたくない 笑)
もう少し根気があれば、言い値の半額位までなったのかも^^

あとは、事前にある程度下調べしておけば、相場がわかったかもしれない。
いかんせん、クッションカバー狙いだったもので 
カーペットは、予定外の買い物。

はーここまで2時間ぐらいかかったかな。  私も彼も、へとへと。

もう絨毯屋は、こりごり^^:

と思ったはずなのに、バザールをあとにしてからも、絨毯屋を見かけるたびに、
気になってついついのぞき見。 笑

a0153807_2151810.jpg


道に直接広げてるお店も、結構あります。

a0153807_4413673.jpg


結局、↑この店でも安いクッションカバーを買う懲りない私。


現代のキリムから、70~80年前のオールドキリム、100年以上経過しているアンティークキリム
色も文様も大きさもそれぞれ。  手織りのものなので、ひとつとして全く同じものが存在しないし
それなりに価値もあると思うけれど、うーん  素人には相場がわかりません。
いっそのこと、フィックスプライスにしてくれれば、こんなに疲れずに済むのに~


バザールでの買い物は、
想像以上に疲れましたが、おもしろい経験でもありました。



買い物に苦労した分、大切に使おうと思います!!!

こちらが、買い物したブツです 笑
[PR]
by xiangpian | 2014-01-13 02:35 |

トルコ旅行   ~イスタンブール~

年末は、トルコへ旅行しました。
勝手なイメージで「1年中暖かい国」だと思っていたら、
普通に真冬の寒さで 内陸なんてマイナスになることもあるそうで、びっくり。

まずは、イスタンブールへ。

a0153807_5314495.jpg


坂が多いイスタンブール。 坂の下に広い海。
海の向こうはアジア。  想像通りの西洋と東洋の入り混ざったエキゾチックな街でした。

a0153807_5382467.jpg


ホテルは、tomtom suits 。
ターコイズブルー色のアートが目を引く、モダンなホテルです。

a0153807_5373149.jpg



とても楽しみにしていたトプカピ宮殿へ。
シーズンオフなのか、それほど並ばずに中に入れてよかった~

a0153807_541736.jpg


オスマン帝国の煌びやかな宮殿をイメージしていたけれど、
中は意外にも地味で、いや、むしろ地味に華やかで(笑)
ドームの天井タイルや壁のタイルが、いちいち素敵で好みの雰囲気で、うっとりします。

a0153807_5442456.jpg


タイルの模様、文様、ステンドグラスの色、形、室内に差し込む控え目で優しい光。
絢爛豪華な宮殿より、ずっとずっと惹かれました。
光の入り方が絶妙。   神秘的な灯り。

a0153807_547343.jpg


絨毯に至るまで、好み~~~ 笑

a0153807_5494235.jpg


オリエンタルなテイストが好きな私は、このトルコ独特の西洋と東洋のミックス雰囲気、かなりツボです。

a0153807_5505677.jpg


庭園の噴水も、なんだか好き。   白いビーナス像の噴水より、ずっと好き。

a0153807_5554299.jpg


トプカピ宮殿では、84カラットのダイヤモンドなど、宝物館が見ものでもありますが、
写真NGなので、残念。
宝石より、象牙細工のハンドミラーが素敵でした、私的には。


続いて、ブルーモスク。

a0153807_556526.jpg


ブルーモスクと言うほど、青くはないのですが、
これがまた息を飲むほど美しいのですよ。
夕暮れどきなんか、最高でして★

a0153807_559931.jpg


中へは、お祈りの時間以外、誰でも無料で入れるのですが、女性はかぶりものが必要です。
持っていない人には、青い布がおいてありました。
私も、ストールを頭に巻いて、靴を脱いで入場。

a0153807_605495.jpg


ひぃー   ここも素敵すぎ。
口あけて、天井を見上げることおよそ数分。

a0153807_62260.jpg


私のブログ友で、教会をこよなく愛する人がいるけれど、私は断然 モスク派だわ~ 笑
このドーム天井、どんなに見ても飽きない気がする。

a0153807_641546.jpg


何度も言いますが、神秘的な灯りがちょうどいい。 お祈りの空間って、灯りのバランス
すごく大切だと思うのよね。
お祈りの時間ではなかったものの、最前列で祈りを捧げるモスリムの人もいました。

余談ですが、
イスタンブール、そこら中にモスクがあり、1日に数回あるお祈り時間になると、
モスクのスピーカーから大音量で、コーランが響き渡ります。
これが、かなりの音量。  朝は6時台から流れるので、毎朝 この音で目が覚めました^^

戻って、ブルーモスクの夜景です。

a0153807_6104454.jpg


ロマンチックじゃありませんか!!!

食事は、ケバブ ケバブ ケバブ・・・
どんだけ肉が好きなんだ?  と思うほど、どこのレストランも似たようなメニューでした^^
トルコピザなるものが、薄焼きで食べやすく、何度かオーダーしたかな。 
まぁ、トッピングされた具はだいたいラム肉なんだけれど・・・
でも、ひとつ すごく美味しかったのが、鉄板で牛肉の細切れを焼いて、ご飯と一緒に
食べる シズラーズビーフというもの。(右から2番目)

どろっとしたトルココーヒーやチャイは、ピスタチオのお菓子と一緒に。

a0153807_6253823.jpg


1日だけ、どうしてもシーフードが食べたくて、
ホテルに紹介してもらったレストランへ行くと、そこはシーフードパラダイス。
名物の スズキの塩釜焼きを頂きましたよ。
目の前でファイヤーのデモンストレーション。

a0153807_6285389.jpg


トンカチでかち割って、ほくほくなお魚を頂きました♪

さてさて、
このレストラン、ビルの7階に入っていて、お客さんもそこそこ居たのですが、
食事を楽しんでいたちょうどその頃、ビルの下の路上で何やらデモが行われており、
だんだんと物々しい雰囲気に。
群衆が暴れ始め、警察が出動する騒ぎとなり、
そうこうしているうちに、バンバンと何かを発射している音が聞こえ、
7階の窓際に座っていた私たち、急に目が痛くなり、鼻がツンとしてきたのです。
どうやら、警察が群衆を鎮めるために、催涙弾を発射させたみたい。
レストランにいたお客さん、全員、窓から離れ、厨房やレジ横の階段のほうへ避難。
食事は終了しても帰るに帰れず、しばらく待機(子供もいました、かわいそうに)。
1時間ほど経って、お店の人が手配してくれたタクシーに逃げるように乗り込み、
ドキドキしながらホテルへ。

まいりました!!!

夫が携帯で撮影した一部の様子です。

a0153807_639541.jpg


ティアーガス、初めての体験でした。
結構、強力です  (~_~;)

トルコも、なかなか情勢落ち着きませんね。


次は、
いざ、 グランドバザールへ  ~~~
[PR]
by xiangpian | 2014-01-09 06:43 |

新春のインテリア

今年の正月花は、アマリリスに!
もともと、あまり好きなお花じゃなかったのだけれど、
年末の生け花レッスンで使用したアマリリスが、ゴージャスですごく良かったので、リピート!!!
今回セレクトしたものは、真っ赤なアマリリス。

a0153807_3404137.jpg


松と一緒に大きくいけてお正月らしく。

つぼみが膨らんでゆく様子を見るのが嬉しかったのだけれど、
旅行から戻ったら、開いた花が大輪すぎてシツコイ^^;      あちゃちゃ。

a0153807_3443011.jpg



本棚の上に少し移動させて、流木と一緒に飾りました。

a0153807_3445565.jpg




ダイニングテーブルの背景に飾っているアートは、渋めのモノクロの絵に変えました。
こちらは、昨年のアンティークマーケットでの戦利品。    お気に入り♪

a0153807_3501548.jpg



お得意のミニチュアを飾ったり、グリーンにも水引を巻いたりして、お正月化粧です♥
ぽち袋やグリーティングカードを使ったアートは、ここ数年使い回し  笑


a0153807_3541131.jpg


クリスマスもいいけれど、
私は、和のインテリア遊びをしているほうが楽しいのよね~


インテリア 大好き。

今年の目標は、
引き算のインテリア。  飾りすぎないこと。  
小モノが多いので、ついつい色々飾っちゃう。 ミニチュアやオモチャも好きだから、幼稚になりがち。
さすがに、何にでもタッセル下げるプレイ(笑)は、卒業したつもりだけど・・・




今年もインテリアの事、いっぱい記事にしちゃおう♪




   
[PR]
by xiangpian | 2014-01-06 03:58 | インテリア

新年のテーブル 2014

旅行戻りで、準備時間がほとんどなかったのだけれど、
一応、形だけは「お正月」にしたくて、毎年恒例簡単プレートお節でテーブルセッティング。

a0153807_3111177.jpg



主人と二人だけの寂しいテーブルですが、それはいつもの事なので!  笑
クリスマスのときの赤いグラス、再び登場。

a0153807_312488.jpg



お節ですが、
こちらで入手できるもの、母が送ってくれたもの、やっつけで前日に作ったもので
間に合わせました。

a0153807_3154461.jpg


今年もゴボウが入手できず、残念。
イクラも買い忘れ、夫が不機嫌^^

a0153807_3175381.jpg


風邪薬を飲んでいるので、私はお酒は1杯だけね♥
エビは、いつもの味噌マヨ焼きです。
有頭エビは、1尾6ユーロもしたけれど(笑)、身がプリプリで美味しかった~

a0153807_320558.jpg



それにしても、
風邪の症状で鼻が壊れていて、味がよくわからない!!!
多分、お雑煮なんて味がしなかったんじゃないかな  笑


あぁ ちゃんとしたお重に入ったお節、食べたいな~
皆さんのブログをのぞいて、恨めしく思っています・・・
[PR]
by xiangpian | 2014-01-03 10:00 | テーブルアレンジ