<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

PENTIKのトナカイグッズ

まずは、
前記事に沢山のコメントをありがとうございました。  
大丈夫です!   アレルギーは薬を飲んでいますし、心模様は相変わらず優れませんが、
ただ、どよーんとしているだけですから。 
この1週間で、1年分ぐらいのため息をついた気がしますけど^^    
ご心配かけます、いい歳して情けない。



気を取り直して、
いつもの、「あれ買ったこれ買った」 「あれも見てこれも見て」の猛烈アピールおバカ全開ブログを
続けることにします。


早速ですが、今日のあれ買ったこれ買ったネタは、
フィンランドの 雑貨屋さんPENTIKより。

このお店の雑貨が大好きなんです、私。
中でも、SAAGAと呼ばれるシリーズ、トナカイグッズに首ったけ。

a0153807_4285443.jpg


トナカイと言えば、クリスマスシーズンの小物だけれど、
PENTIKのトナカイグッズは、オールシーズンいけます。   もちろん、オールシーズン売られています。   
↑のキャンドルスタンドは、大きさも様々。  
私は一番小さいタイプのものを窓辺に飾っていますよ。


ランチョンマットにお皿に、ポットに、マグにティーカップに、フォーク。
キッチングッズも、トナカイシリーズで揃います。
ランチョンマットは、黒とシルバーのリバーシブルで、大人かわいいの。

a0153807_4355534.jpg


今回のフィンランド旅行で、PENTIKアウトレットに行きました。
(アラビア工場の建物内に併設されています)
街中のお店で通常プライスで売られているものが、アウトレットは半額で、HAPPY!
商品いろいろあったけれど、やはりトナカイグッズが欲しくて購入したのは、
バスマットとフェイスタオル。  

a0153807_4372968.jpg


毛布もクッションもありましたけれど~
夏なのでピンとこなくてね。


キャラクターものは大嫌いですが(笑)、
どうも、トナカイものに弱いんだなぁ~    なんでだろ?


この夏、JALのヘルシンキ直行便が就航になります。
日本からのヨーロッパ路線では、最短時間の9時間半で到着できる ヘルシンキ。
フィンエアーは食事の評判が悪いけれど、JALならきっといいはず。

夏休み、どうですか?  
なんつって、私、別にJALに何の関係もありませんけど、むしろANA派ですけど


フィンランド PENTIK
まだ、日本にはお店がないと思います。
HPなどを探していたら、
動画を見つけました。
お店のコンセプト、伝わるかしら。
   

  


北欧ものは、ヴィンテージもいいけれど、
PENTIKのように、
ときにクールで、ときにあったかい素敵グッズが揃うお店が沢山あって、いいですね♪


ふぅ~   今日は多分15回目ぐらいのため息かな。
[PR]
by xiangpian | 2013-06-28 05:01 | 趣味&お気に入り

心すくわれる歌声

今週の私は、何をしてもダメダメな日々。
自分で自分に嫌気がさすほどにダメの連続。

ダメ その1
まずは、体調。
ヨーロッパで発症した、この季節のアレルギー症状が今週とくにひどい。
目が痒くて、鼻がグシュグシュで、目をかきすぎてバイキンが入ったのか、今朝は左目が
殴られた人みたいに、腫れている。

ダメ その2
友人をお茶に呼んだはいいが、作ったシャンパンゼリーが全然かたまらない。
お茶の様子を沢山撮影したはずが、メモリーカードを入れ忘れていて、何も写っていなかった。

ダメ その3
生け花レッスンでは、テーマに沿ったいけ方が出来ず、先生からハンコをもらえなかった。

ダメ その4
陶芸レッスンで3週かけて作成した「兜」を、削りの最終段階で、割った。

ダメ その5
洗剤の種類(白用、黒用)を間違えて、お気に入りの白いTシャツが、シミだらけでオダブツ。

ダメ その7
買った白アスパラガスが、エグくて、ちっとも美味しくなかった。(もうシーズン終了かな)
でも、もったいないから食べ続け、最終的に気持ち悪くなる。

ダメ その6
人間関係が、あっちもこっちもしっくりこない^^:

ダメ その7
鏡に映る自分の顔が、超 性格悪そー   シミ 皺 白髪の スリーSに、げんなり。
抜いても抜いても、次の白髪を発見する。

ダメ  その8
出張帰りで疲れている夫に、いまいち優しく出来ない。 笑


とまぁ、その6からその8は、今に始まったことでもなく、少し強引だけれども、
ともかく、何をやってもうまくいかない1週間でした。

加えて、日本の家族や友人たちに、ちょっと心配なことなども重なり、今、心が少し弱っています。
まわりが、キラキラと眩しく見えるばかりで・・・


こういうとき、私は、「音楽」で癒されるのです。
無音って、私の生活にはあり得ない。 食事中も家事中も、パソコン中も常に、音があります。   
最近は、朝起きたら、クラシックFMを聴き、 日中はジャズやボサノバ、たまに聖子 とか。
眠る寸前まで、だいたい何か「好きな音」を聴いています。  

大好きなcarpentersも、よく聴きます。

a0153807_23275969.jpg


carpentersは、好きな曲ばかりで、どの曲も甲乙つけがたい。
close to you と rainy days and mondays がとくに好きかな。
私は、イントロでヤラレルことが多いから。


carpentersオリジナルではないのですが、
christmas portraitというクリスマスアルバムに収録されている、カレンが歌うAve Mariaには、
何度救われたことか!

私にとって、どんなバラードより、ヒーリングミュージックより、癒される一曲なのです。
カレンのアヴェマリアを聴くと、心がすぅぅ~と落ち着くの。
精神安定剤の薬を飲んだみたいに、効果抜群。   



25歳のとき、仕事と恋愛の両方で壁にぶつかって、ホルモンバランスを崩して、情緒不安定に
陥ったことがあったのだけれど(少々、病院通いも)
そのときもこの曲で随分救われました。


今日も、カーペンターズを聴こう。

来週は、少しマトモな日々だといいなぁ。

   

思い出の曲じゃなくて、「すくわれる曲」、皆さんもありますか?






 
[PR]
by xiangpian | 2013-06-22 00:01 | 音楽

今年もBBQ!

二日連続で、BBQをしました。
金曜日は、知人のお宅の庭で。   土曜日は、数組の家族が集まって、公園内で。
土曜日は、缶ビールを飲みながら、ウィンナー焼いて、カルビ肉焼いて、鮭のホイル焼きして、
最後に焼きおにぎりしちゃって、
ついでに子供用にマシュマロも焼いちゃう感じの見慣れた?BBQ。  
それはそれで、大勢だと楽しくて美味しいものです。

でも、ブログアップするのは、やっぱりこっち!  笑

時々お料理を教えてくださるマダムの素敵なお宅では、
BBQメニューといっても、こんなに美しいテーブルなんです。
昨年も楽しませてもらいましたが、今年はまた違うメニューみたい。

a0153807_105729.jpg

 
炭に火がなかなか入らなくて、ドライヤーを使ってパチパチさせるという荒業も披露頂き、
お洒落ぇぇ~なBBQのはじまり、はじまり。

初めに、ナスを焼きます。
焼いたナスを氷水にとって、皮をむいて前菜を用意。
「ババガヌーシュ」  焼きナスとゴマのペーストですよ。  パンにぬって頂きます。

a0153807_173345.jpg


お酒は、シチリアのロゼ。  冷えたワインとBBQも、夏ならではの洒落たマリアージュ。

ズッキーニを焼いて、シンプルにオリーブオイルと塩で味を調えサラダとして頂いたところで、
本日のBBQ menuのご紹介。

2色のマッシュルームには、バターとパセリとニンニクのペーストをぬって、お団子みたいにして焼きます。
ぶたバラ肉の下準備をして、クシにさして、焼き鳥ならぬ焼き豚。
前日から塩をしておいた魚は、スズキと鯛。
子牛肉のハンバーグには、コリアンダーが入ります。
スペシャルに、チョリソとブータンノアールも、焼いちゃう。

a0153807_4392514.jpg


お洒落すぎる~~~   
お酒すすんじゃう。 
フィンガーボウルには、ビオラが浮いてる~~~ 
  

自宅で、こんな洒落たBBQなどした事なかったので、色々と目からウロコ。
焼き肉のタレにつけずとも、美味しいBBQメニューってあるのね^^:



デザートは、夏らしくさっぱりフルーツゼリーです。
自家製オレンジのシロップ漬けも一緒に。

a0153807_1185273.jpg


幸せBBQでした♪


マダムのご自宅は、花盛り。
お庭から摘んだお花で、ブーケ作れちゃう。  
理想です、そういうの。

a0153807_1241940.jpg


マダムにお願いして、お庭のお花を少し頂きました。
野の花って雰囲気で、すごく素敵。


a0153807_1252998.jpg


なんだか、ここんとこ、スッキリしない毎日だけれど、
オランダ生活、こういう素敵体験できることもあるわけで、
心の梅雨前線停滞中ですが、もう少しがんばろう・・・  
かな   っと。   ひとり言です。



あっちこっちお出かけして、習い事して、友達と遊んで、あれ買ってこれ買って
ブログをのぞく限り、毎日楽しそうでしょ、私。  笑
でもね、でもね、
ブログには書かないけれども、色々あるんですよ、これでもね^^

[PR]
by xiangpian | 2013-06-18 01:36 | 料理教室

紫陽花カラーのインテリア

オランダも梅雨?
なんとなく夏の陽気かな、と思ったのもつかの間、
毎日どーんより、しとしとと雨が降ったり止んだりで肌寒く、まるで梅雨です ^^:

天気のせいかな、この頃ため息ばかりついている私。 
顔に吹き出物できるし、白髪も増えたような?
色々と心配事も重なって、今、ちょっぴりホームシック。   日本に帰りたい~

元気出さないと!
薬師丸さんの楽曲でも聴きましょうかね~

3ユーロで紫陽花の鉢植えが売られていました。 
相変わらず、安さ爆発オランダのガーデンセンター。
あそこに行くと、癒されるんです、ほんとに~

青と紫のグラデーションが綺麗だったので、すかさず購入。

a0153807_424566.jpg


季節の扇子も、紫陽花柄にチェンジ。
昨年、日本から遊びにきた友人に買ってきてもらった扇子です。
ちょうど、今回買った紫陽花に似た、パープルグラデーションの紫陽花柄。

a0153807_4253561.jpg


ついでに、
クッションカバーやテーブルランナーも、薄い紫色のものに変えました。
こちらは、両方とも蓮の花柄だけれど・・・

a0153807_4272383.jpg


春に球根の寄せ植えをしていたガラスの器。 
これに、ハイドロボールを入れて、土をのぞいたミニ観葉植物を寄せ植えします。

a0153807_4303713.jpg


このガラス器、形がかわいくてすごく気に入っているのだけれど、
先日、1部をパリンと割ってしまいました^^        安物はダメねぇ~

a0153807_4321841.jpg

植物を入れ込んだ後だったから、処分するわけにもゆかず、
この割れた部分をカバーするために、もっさりした緑を見つけて
植物を少し入れ替え、なんとか隠しています。



終わってみれば、1部分が垂れ下がるデザインになって、
かえってバランスよくなったかな。   笑



緑だけで他に色がなく寂しいので、リボンを結んでいます。
もちろん、薄紫のリボンね♪




土じゃないから、食卓に置いても気にならないし、
これからの季節、花のもちが悪くなるから、緑オンリーのハイドロカルチャーは手入れも簡単、
長持ちするので、おススメですよー♪

a0153807_4404749.jpg



そうそう、先週の芍薬は、やっぱり1週間の命でした。
でも、部屋の印象がぱっと華やかになって、楽しめたわ~~~

なんとか散らずにいる2本を小さくいけなおして・・・

a0153807_4455380.jpg


紫陽花に芍薬にクレマチス、それからフウリンソウ。
6月は、好きな花が多く出回って、嬉しいなぁ。



7月に生け花レッスンの展示会が先生のご自宅で催され、私たち生徒も初めて出展?します。
花を生けるだけでなく、花にあわせた壁かけアートを持っていかねばなりません。


今、悩んでいます・・・


やっぱり、アジサイをいけて、紫陽花扇子アートかな~
普通すぎる?
[PR]
by xiangpian | 2013-06-14 05:23 | インテリア

クレラーミュラー美術館へ

アムステルダムから車で1時間強、広大な国立公園の中にある「クレラーミュラー美術館」
数ある名画の中でも、ゴッホのコレクションは278点にものぼります。

a0153807_1383496.jpg


ただ、名作数点は、わりと頻繁に世界の美術館へ「貸出し」されるので、
行く際は、要注意。
この日は、貸出から戻ったのかな、揃っていたようで安堵。   Vincent is back !!!

a0153807_1421072.jpg


ガラス張りのモダンな館内。
緑に囲まれて、実に気分がいいのです。

あの名作がずらーっと沢山並ぶのに、いくらでも近づけるし、いくらでも写真撮れちゃうし。
ロープの手前で、写真はもちろん絶対NGの美術館に慣れた日本人観光客は、戸惑ってしまいます。

a0153807_1442323.jpg


ゴッホコレクションの中でも、この絵が1番有名かな~

a0153807_1451960.jpg


「夜のカフェテラス」

フランス アルルに今も存在するカフェ。
晩年のゴッホがよく通ったレストランでもあります。
「夜は昼よりもたくさんの色であふれている」と表現したように、輝く夜の空とカフェの様子が描かれます。


オランダからフランスへ移って、印象派の影響を強く受けたゴッホ。
これまで使ったことの少ない明るい色の絵の具で、まるで色をキャンバスにおいてゆくかの
ような画風に。
「黄色」と「紺」という、補色関係の色使いを好んだようです。

a0153807_153255.jpg


絵に出来る限り近づいて、よりの写真を撮りました。
絵の具がボコボコしているの。  
描くというか、塗りたくるというか、幾重にも絵の具が混ざりあい、何と表現したらよいのやら。
  
a0153807_233294.jpg


ひまわりと並んで、ゴッホがよく描いたモチーフに「糸杉」があります。

a0153807_154519.jpg


「糸杉と星の見える道」
糸杉 サイプレス   南ヨーロッパにはよく見られるひょろひょろと細長い杉の木。
水辺やお墓の脇に植わっていたりします。   サイプレスって死の象徴でもあるそうですよ。
この絵も、ゴッホの死期が近い頃に描かれています。


こちらは、やはりアルル時代にゴッホがお世話になった「ルーラン夫人」を描いた肖像画。

a0153807_1581525.jpg


この絵、別の場所でも見たことがあるなぁ~と思っていたら、
なんと、同タイトルで5枚も描いているのです。

a0153807_1591611.jpg


メトロポリタン、シカゴ、ボストン、アムステルダム 美術館より。
ゴッホは、このように同じタイトルで、ほぼ同じ構図で数枚の絵を描いているので、
自画像やひまわりなんて、いったい世界に何枚あるのだろう?

もう一つ、ここの美術館所蔵の目玉作品 笑
「アルルの跳ね橋」

a0153807_2163339.jpg


アルルにある跳ね橋ですが、オランダへの郷愁を感じます。
オランダのほうが、跳ね橋の数は圧倒的に多いはず。


印象派に影響を受ける前の時代、ゴッホといえば、農夫やじゃがいもや畑といった素朴なテーマを好んで
全体的に色の暗い絵を描いていました。

「日暮れのポプラ並木」

a0153807_2402494.jpg


印象派時代の明るい絵を見たあとだと、同じ画家の絵と思えません^^
でも、なんだかじーんと響くものがある深い絵です。

目を引いたのは、デッサン。

a0153807_21979.jpg


まるで、モノクロ写真のように、細やかな筆使い。  
やっぱり、天才だなぁ~   
なんて絵が上手いのだろう・・・と、私は他のどの絵よりもこのデッサンを1番長く見ていました。


最後に、
名作と記念写真。   日本じゃ、あり得ない^^:

a0153807_2215668.jpg



ゴッホ作品がメインですが、もちろんモネやらルノワールやら、名画が揃う美しい美術館です。


10年前に初めて訪れた時とは、また違う視点で違う感覚で楽しめた作品たち。
やっぱりあれね、歳とるっていい事もあるわね 笑


余談ですが、
美術館内カフェにある、名物のアップルケーキがとってもとっても美味しかったです♪


帰り道、また国立公園の中をぬけてドライブ。

a0153807_227271.jpg


新緑の美しさに、癒されました。
[PR]
by xiangpian | 2013-06-12 02:34 | アート

ヘルシンキへ女子旅行 その2

北欧女子旅行、
1番の目的は、「ヴィンテージハント」です。
事前に「作戦会議」を開いて、週末に開かれる蚤の市と、ヴィンテージショップをいくつか調べておきました。

まずは、アラビアの工房を訪れて、お勉強。  (実際は、旅の最後に訪れたのですが^^)
この煙突の写真を撮影したかったの!!!

a0153807_22215074.jpg


予約をすれば工場見学もできるそうです。
まぁ、そういうのわりとどうでもいいので(笑)、上階の美術館へ。

ARABIAの歴史がわかります。

a0153807_22334097.jpg


全然知らなかったのですが、フィンランド アラビア社
アラビアの名は、工場がある場所の地名からとったものなんですね。
始まりはスウェーデンのロールストランドの子会社として創業されたそうです。 
その後、ロールストランド社から独立を果たし、カイフランク、ウッラプロコペなどのプロダクトデザイナー
とともに北欧デザインブームをつくり大きく成長したメーカーです。

美術館には、これまでアラビアがつくってきたC&Sが年代とデザイナーの名前が記され、ショーケースに
並んでいました。

a0153807_2237963.jpg


これまで見たこともないシリーズもありましたね~   え、マイセン?  え、リモージュ?
と思うようなデザイン、質感の陶磁器も。 ドン引きのイチゴ柄もあったりして。
「もし6客揃えるのなら、どれがいい?」なーんて、いかにもな会話をしつつ、
私がちょっと気になったものは、こちら。

a0153807_22381955.jpg


「カイラ」ですって。 あまり古いものじゃなさそうです。
茶と紺なんて、洒落てる色合い♪  地味ですが。

なかなかおもしろい美術館でした。

この工場には併設のアラビアイッタラのアウトレットもありますが、現行ものには興味ないので、
買い物ゼロ。
代わりに、建物内にあったPENTIKのアウトレットでいろいろ買っちゃった☆


ではでは、ヴィンテージハントの旅へ。

アンティークショップを覗きました。

a0153807_22431542.jpg


広い店内。  わくわくします。
品揃えは素晴らしいのですよ。家具もガラスものも、布関係も揃っています。
アラビア食器もいろいろありました。

北欧食器にしては珍しくうすーい繊細な雰囲気の「Rice」

a0153807_22474418.jpg


深いブルーが特徴の日本人にもすごく人気がある「Valencia」

a0153807_22492879.jpg


アラビアといえば、これ!  和食器にも似た雰囲気を持つ 「Ruska」

a0153807_22504832.jpg


あるある。 
でもね、値札を見て、がっくり。  高い!
いや、もちろんね、日本で売られる値に比べれば安いですよ。
しかし、アラビア祖国のフィンランドまで来て、この値段か、と思うと簡単には手が出ない。

例えば、このルスカのポット

a0153807_2254173.jpg


46ユーロします。   ネットショップで1万円強。 半額とまではいきません。  
アムスの蚤の市で28ユーロで売られていたのを見たことがあるので、うーん・・・

このあと、アンティークショップを数軒見てまわったものの、どこの商品も値つけに違いはなく、
特別探しているものがある人にとってはいいけれど、私たち、とくに狙いのものがなかったので、
ほとんど何も買わず、不完全燃焼。 しょぼしょぼしょぼりーん・・・


やっぱり、狙いは「蚤の市」よね~   と鼻息荒くでかけた ヒエタラハティ蚤の市。

a0153807_230140.jpg



そうそう、この雑多な中からお宝探すのよー♪

a0153807_2304984.jpg


けれど、あれあれ~の品薄。
しかも、ここもそれほどびっくりプライスでもなくて。

それらしき北欧ヴィンテージものを撮影しましたが、

a0153807_2311154.jpg


これといった掘り出し物には出会わず。
オマケに、広場の建物内にある店の品揃えがいいと調べていたので、
期待して中に入るも、そこにあるのは、フードマーケット。   なんちゅうこっちゃ。
広場に戻り、
何も買わないのも腹立たしいので(笑)、以前アムスで見つけた Ruijaコーヒーポットとセットに
なりそうな、デミタスカップを4客買いました。  それだけ。


その後は、アンティークショップを見ても高くて買えない事実がわかったので、
もっとガラクタ率が高いセカンドハンドショップで何かないかと、探しました。

日本から来た私の友人は、このセカンドハンドショップで、ruskaのC&Sを安価でGET。
よかったね~  
私もお土産用に、数ユーロのC&Sを。


そういうわけで、
今回のヴィンテージハント旅、いまひとつ (^_^;)

4人分なのに、戦利品これだけよ。

a0153807_23181810.jpg



フィンランド人の友達がいる知人から聞いた話だと、
「フィンランド人は、洋服も食器も、古くていいものは代々使って、あまり外に出さない」

なるほど。  それはそれで「いい話」ですけどね^^

どうやら、アラビアなどのヴィンテージものは、他国の蚤の市のほうが安くて沢山揃うのではないか、と
いう感想を持ちました。


まぁでも、ある意味、今回めくるめく出会いがなくてよかったかな。
神様が教えてくれてるのかも。  これ以上皿屋敷にしてどうする?   
いい加減にしろって話ね。


なぜなら、あたくし、
ヘルシンキへ行く3日前に、また「お皿」買ってるから。
だって、出会っちゃったんだもん。   


とかなんとか、これが私の買い物です。
[PR]
by xiangpian | 2013-06-09 23:37 |

ヘルシンキへ女子旅行  その1

日本から来た友人と「北欧へ小旅行しよう!」 と計画していました。
ついで折角なので、オランダ在の北欧好き友人二人をお誘いして、4人で女子旅行!!!
行き先は、 ヘルシンキに決定。
最終的に、2人をお誘いして大正解。  
色々調べてくれて、ナビしてくれて、助かっちゃったよー。


少々年齢層高めの女子旅行。  私が一番の年長者ですけど^^ 
まぁ、幾つであろうと、「女子」に違いはないし~ !?

a0153807_4142866.jpg


ヘルシンキ
北欧なのに、アムスより10度ぐらい暑くて、すっかり夏の陽気でした (^_^;)

前回ここへ来たのは真冬の寄り道ヘルシンキだったので、今回見る景色はまるで別世界。

a0153807_4165622.jpg


空が広くて、芝生がキラキラしていて、ライラックが咲き乱れ、街中をトラムが走り・・・
美しい水辺がそこかしこに。
見える風景すべてが、さすがの北欧。
ちょっぴり、ノルウェー暮らしを思い出します。 
キュンとしちゃったぁ~

a0153807_4195415.jpg


上半身水着の人もいましたよ。  ↑このお姉さん、随分とセクシーポーズですな。
やっぱり金髪率、高い。   人々ウォッチングも、北欧旅行の楽しみのひとつ。

a0153807_4212691.jpg


もう少し時間に余裕のある旅だったら、何もせず、芝生の上でぼぉっと過してもいいかも。
子供も学生も、おじいちゃんもおばぁちゃんも、カップルもホームレスっぽい人も、
みんな芝生でお日様頂いちゃっています。  なんだか幸せそう。

私も15分ほど、一人でジェラート食べながら、お陽様堪能。 
 (他3人は、美白女子らしく@日陰ベンチ)



波止場では、カモメちゃんがニャーニャー言いながら(本当に猫みたいな鳴き声なの)
飛んでいましたよ、真知子さん。

a0153807_426536.jpg


カモメつながりで、やはりこの場所も見ておきたいと!

a0153807_4333463.jpg


映画 かもめ食堂のモデルとなった場所。
しかし、週末でクローズ。 残念。  記念に1枚写真だけ。  
この映画に出てくる北欧食器が、のちに大ブームになりましたっけ。

カフェも、いちいち洒落ています。
北欧のカフェ 大好き。   
私がコーヒーデビューできたのも、北欧暮らしがあったから。 
ナッツシロップを入れた甘いコーヒーね。

a0153807_4403525.jpg


食事は、私のワガママで、地元のお洒落系寿司屋で。
でもね、店内、なかなか洒落ているのよ、おまけにお茶はマリメッコ器で出てきちゃうから、
嬉しいじゃないか。  お寿司も、わりと美味しかったし~  
私がオーダーしたのは、24ユーロのセットメニュー。

a0153807_4394037.jpg


左 北欧はどこのパン屋さんもシナモンロールパンが美味しいことで知られているけれど、
フィンランド 最強かな。
白身魚の燻製の入ったサラダ。  この味、日本人好みだわ。 お約束のディルも忘れずに。

右 サーモンかエビで悩んで、小エビのオープンサンドをチョイス。
(ふふ、オスロ友たち~  懐かしいでしょー)

a0153807_4431119.jpg


さてさて
女子旅行です、旅のメインはお買いもの♪

狙いのヴィンテージのほか、マリメッコのアウトレットや、デパートやスーパー物色、
イッタラアラビアアウトレットに大好きな雑貨屋PENTIK   
見たいところがありすぎて -_-;

マリメッコアウトレットが、意外によかったです。 

a0153807_4515386.jpg


みんな大好きなマリメッコ。
けれども、キャスキッドソンほどに、マリメッコにまるで興味のない私。  むしろ、あのテイスト、嫌い 笑
そんな私が意外にもここでちょこちょこ買っちゃった。

平日は、ここの社員食堂が一般開放されて、ランチが頂けるそうですよ。 
左 一般入口    中央 受付    右 社員食堂

a0153807_4554053.jpg


またもや、週末で開いておらず、残念。

デパートやスーパーでは、ムーミン探しをしてみたり。

a0153807_4565730.jpg


歯磨きを欲しかったのに、売り切れだった(右上) 
フィンランド語だと、ムーミンじゃなくて、ムーミなのかな。



お店の片隅で遊ぶ、北欧の子供を眺めて、うっとり 笑   かわえぇぇぇ~

a0153807_4594815.jpg



夏のヘルシンキ  美しく、魅力的な街です。
天気に恵まれたことが、何より。   
北欧らしい、陽の長い夏の1日を存分に楽しめました。

a0153807_56348.jpg



このあとは、
旅の目的、フィンランド ヴィンテージ探し。
しかし、これが結構苦戦しましてね・・・


次の記事で~
[PR]
by xiangpian | 2013-06-07 05:17 |

抹茶と芍薬

さきほど、友人を空港まで送ってきたところです。
1週間の滞在、そのうち3日間一緒に旅行もして、結構中身の濃い日々だったんじゃないかな。

彼女から沢山のお土産を頂きました。  

リクエストしていた「抹茶風味のジャンクなお菓子」は、こ、こんなに (^_^;)

a0153807_22414078.jpg


すごいラインナップ! 色々あるのですねぇ~
ちょうど季節的にも新茶の出回る頃なので、このてのお菓子、各メーカーから沢山出ているらしい。
ポッキーにカントリーマアムに、キットカットは桜抹茶とノーマル抹茶。 ハーベストに雪の宿!
雪の宿の抹茶風味は、見た目、もはや「雪」じゃないし・・・ 
と、友人と爆笑。
私の大好きなセブンイレブンと東ハトのコラボ商品コーンスナックも、今の季節は抹茶味。

a0153807_22442823.jpg

こちらは、シロップワッフル。  もちろん、抹茶シロップ。
このワッフルお菓子は、オランダの名物でもあるので、
食べ比べできるわ!!!

習い事が一緒のオランダ人に、1枚あげよう。
気に入るかしら?




あー  幸せだぁー   

餡子のお菓子も、納豆煎餅も、明太子煎餅も 沢山ありがとう♪




頂いた「抹茶どら焼き」と「抹茶キットカット」で、幸せすぎるお茶の時間。

a0153807_22552352.jpg


彼女が来る少し前に買った白い芍薬は、旅行中に終わってしまったので、
昨日、ド派手色の芍薬を買い直しました。


芍薬でお迎えして、芍薬でサヨナラです   

a0153807_22563470.jpg


空港から戻って、
友人がいなくなったガランとした部屋をのぞいたら、
ちょっぴり寂しくなっちゃった・・・



さて、
これから一緒に出かけた小旅行の写真編集、がんばろっと!!!
[PR]
by xiangpian | 2013-06-05 23:06 | ワイン&お茶