<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

芍薬の花でお迎え。

今日から1週間、日本から来る友人が我が家に滞在します。
花を飾ろう。
そうだ、そろそろ芍薬の季節。
大好きな芍薬。 
何色にしようか、ミックスにしようか、迷った結果、今回は真っ白な芍薬をセレクト!

a0153807_2562759.jpg


10本の芍薬。
半分は蕾、もう半分は少し花が開いているものを選びました。 同じ白い芍薬だけれど、別品種。
けれど、
昨日蕾だったものが、あっという間に開いてきちゃった^^;
こりゃ、1週間もたないかもね~

a0153807_2575891.jpg


白だけれど大輪なので、ボリュームも存在感も満点。
葉っぱの感じもいいし、オリエンタルなムードのある花で本当に好きだわ。
毎年、同じ事言ってます。

ヨーロッパの人にも、芍薬は人気があります。
これからのひと月程、花屋の主役は、バラでもなくチューリップでもなく、この芍薬。 
そして、その隣でときどき紫陽花かな。   笑

a0153807_33714.jpg


ずぅぅぅっと寒くて天気が悪かったオランダですが、ここ数日少しだけ初夏の日差し。
でも、また天気が崩れる予報で (^_^;)

窓の外は、新緑が綺麗です。

友人とは、週末に一緒に北欧方面へ小旅行する予定。
楽しみ。 
また、買っちゃうのかな、ワタシ・・・

a0153807_371115.jpg


さて、これから空港までお迎えに行ってきます☆


ということで、
少しの間、ブログお休みしまーす。
[PR]
by xiangpian | 2013-05-29 19:56 | オランダの花と緑

ランチとお茶と。

今週末の女子旅行の作戦会議?を、うちですることに。

a0153807_1571384.jpg


ランチは、2人ぼっちだったので、お二人様の軽~いセッティング。

a0153807_1583454.jpg


冷蔵庫の残りものと、寿司飯(一応、桜ご飯)のおにぎりで。
ナプキンリングは、zara homeですわん。    お気に入りなのだ♪
(4つで12ユーロ位でした。 日本だと、いくらするのかな?)
a0153807_1512012.jpg

                                                      あらら、おからハンバーグが焦げ焦げで^^;



お茶の時間に、もう一人加わって、3人で桜紅茶を頂きました。
お菓子は、友人にリクエストして、道明寺と桜ビスケット。 
季節はずれちゃったけれど、もちろん手作り (^_^;)  感動!  
どちらも、桜の風味がしっかりして、私の好きな甘辛テイスト。

a0153807_1516227.jpg


近頃、
日本にいるときより、日本っぽい事しているかも 笑



作戦は、2人が沢山調べてくれて、準備万端。
プチプチも持って行こう。   お財布スラれないように、気をつけよう。

かもめ食堂、行けるかな~
[PR]
by xiangpian | 2013-05-28 15:24 | テーブルアレンジ

ベニスへ その2

ベネツィア本島からヴァボレットに乗って、ガラス工芸で知られるムラノ島へ。

a0153807_2371860.jpg


ガラス工房や博物館、美しいベネツィアンガラスを扱うお店が
運河沿いに並びます。

歴史の古い伝統技法で生み出される ベネツィアンガラス。
それはそれは美しくて、ガラスものが好きな私は、大興奮。

a0153807_23113683.jpg


実用的ではないけれど、一脚飾るだけでもサマになります。
うっとり~♪

a0153807_23124396.jpg


工房をのぞいていたら、お店の人が色々説明してくれて、お安くするよ~
なんて言われちゃって、うっかりシャンパングラスを買いそうになったけれど、
こんな華奢で美しすぎるシャンパングラス、とてもじゃないけれど、普段使い出来ない^^:
お値段も、6脚で普通に15万円ぐらいするし。
酔っぱらって割っても、泣くに泣けない。
サヨナラ・・・

レストランにも、さりげなくガラスの灯りがデコレーションされていて、素敵。

a0153807_23194446.jpg
 

多彩で発色がいいのも、ベンツィアンガラスの特徴です。

a0153807_23203686.jpg



島中にあるお店、駆け足で1軒1軒見て回りたい私。
ガラスには興味のない夫。
ここで、恒例の別行動。   カメラを主人に渡して、じっくり見てまわりました。

前回、ベネツィアに来たときは、お土産にブルーのグラスと小物やアクセサリーをいくつか買ったので、
今回は、少しテイストの違うガラスものを欲しいなぁ~

モザイク柄のような、こんなタイプのものを見かけました。

a0153807_2328750.jpg


モダンでおもしろいかも。

一方、カメラ担当の夫、ムラノ島内いろいろ撮影していましたが、
ブログ採用写真は、これといったものがなく、結局、私が撮影したこの2枚をブログアップ。 笑

a0153807_23313541.jpg


建物もかわいい。   

a0153807_0183021.jpg


ムラノ島、大きな島ではないけれど、本島に比べて人もぐんと少ないし、
見どころのある美しい場所です。

a0153807_2334527.jpg


さて、お買いものですが・・・
真っ黒のキャンドルガラススタンドを形違いで2つ買おうか、すごく迷いました。 (写真なし)
けれども、値段交渉に手間どり、結局予算オーバー。
キャンドルスタンドは諦めて、
チェックしていた、モダンなタイプのこちらを。

a0153807_23415726.jpg


色もすごく迷ったのだけれど、今、玄関のデコレーションをモダン化計画中なので、
このグレーをチョイス。  
完全デコレーションものですが、ユニークなフォルムが気に入っています。


もうひとつが、こちら。

a0153807_23445366.jpg


手前の小さな10センチほどのミニグラス。
オランダのアンティークショップで見つけたパープルのリキュールグラスと一緒に
飾ろうと思いました。
ちなみに、この小さなグラスでも30ユーロするので、安くはないのよね^^

最終日に、
もうちょっと何か欲しいなぁ~   なんて企んでいたけれど、例の一件で、それどころじゃなく (^_^;)

まぁ、その一件がなければ、いい旅でした。

水の都、ベネツィア
海に沈む前に、もう1度行きたいな  笑

More
[PR]
by xiangpian | 2013-05-27 00:05 |

ベニスへ  その1

連休に、ベネツィアへ行ってきました。
私は3度めのベネツィアなのですが、この「水の都」の風景は特別なので、再々訪。

a0153807_4134989.jpg


海の色、アーチ、行き交う船やゴンドラ、海の上に歪んで建つホテル・・・
どこもかしこも、まるで映画のセットみたい。

a0153807_4224349.jpg


ディズニーシーじゃないのよ、ここ、本当にベニス  
でも、観光客の多さはディズニー並で^^

a0153807_4164494.jpg


主な交通手段は、ヴァボレットと呼ばれる水上船。

a0153807_4335739.jpg
 

細い運河をゴンドラがゆっくりと進んでゆきます。
音もなく静かに進むゴンドラもあれば、カンツォーネを口ずさむゴンドリエーレの姿も。

a0153807_4233210.jpg


この景色を、もう1度撮影したかったの♪

a0153807_4293480.jpg


a0153807_430751.jpg


a0153807_4304854.jpg


a0153807_4322488.jpg

  
写真もいいけれど、絵を描きたくなるような風景ばかり。 
あぁ、絵心があったらなぁ・・・
ささっとイラストが描けたらどんなに素敵だろう。

a0153807_4352297.jpg

チュー したくもなるわよね   笑

a0153807_4544048.jpg


ベニス名物ゴンドラの漕ぎ手、ゴンドリエーレ。
ボーダーシャツに帽子をかぶって、観光客から注目を浴びています。
人気の職業なんだそうです。

a0153807_5333668.jpg


結構な料金を支払うので、今回は乗りませんでしたが・・・

a0153807_4415572.jpg


旅の途中、ザァーっと大雨が降りました。
おかげで履いていったエスパドリーユ靴がおじゃんになってしまったけれど、
雨があがると、空にこんなご褒美が!

a0153807_4575234.jpg


主人と二人、夢中になって写真を撮り続けました。

a0153807_4592930.jpg


嬉しい~~~

こちらは、
サンマルコ広場横にある 通称「ため息の橋」

a0153807_4482585.jpg

 
宮殿と監獄をつないでいたこの橋を渡った囚人は二度と生きて帰れないと言われたことから、
この名がついたそうです。

サンタマリアデッラサルーテ教会

a0153807_4494375.jpg


ベニスの玄関口 サンマルコ広場のサンマルコ寺院は、一部改築中で写真は
撮りませんでしたが、ともかく観光客が多くて多くて、少々うんざり^^:


水の都 ベネツィア   遠い将来、海に沈むであろうと言われる幻の都。 
多くの人々を魅了する、その理由がここへ来るとわかります。

a0153807_510477.jpg


もし、機会があれば、
冬の仮面カーニバルの様子を見てみたいなぁ。

a0153807_9323735.jpg

a0153807_933745.jpg


                    *画像はネットより拝借しました。


次の記事は、ムラノ島にて。

やられました・・・
[PR]
by xiangpian | 2013-05-24 05:28 |

レッドカーペットを歩く女優

カンヌ国際映画祭がスタートしましたね。
連日、ネットで「女優ドレスチェック」をしています  笑


「藁の楯」に出演、松島菜々子。
今回の菜々子ドレス、いかが思います?

a0153807_15152850.jpg


ドルガバのドレスらしいです。
似合ってはいますよね、スタイルいいし。
ちょっと残念なのは、このピンクのサッシュベルトかな?

a0153807_15162695.jpg


なんとなく、無理やり腰にまいたようなベルトです。
ドレスのポイントにはなっていると思うのだけれど、、ブルーとピンクの配色が、私はあまり好みじゃないなぁ。
何色だったらいいのかな。 黑じゃつまらないだろうから、 ブルーグラデーションとか、グレーやシルバーのシルクサッシュはどうかしら・・・

a0153807_15204487.jpg


個人的には、ヘアースタイルが好きです。 
首もとにアクセサリーはなく、イヤリングだけというのも、素敵。
彼女は身長高いし、スタイルがいいから、ロングドレス姿も欧米の女優陣の中にいて
引けを取らないし、同じ日本人として嬉しい。 
菜々子さん、
全盛期からすると、もちろん年齢は感じるけれども、2人の子供がいて、この美貌でこのスタイル維持
できて、やっぱり女優魂持ってますよね。
大沢たかおとの身長バランスもよくて、2人並んでも恰好よかった♪


こちらは、
「そして父になる」の尾野真千子。

a0153807_15494266.jpg


お相手は、福山さんですね。

a0153807_15334092.jpg


ベージュのシフォンドレスが地味ながら柔らかで品がいい。

一方で、紫色の短いドレス&金髪頭の真木ようこは、何を狙ったのでしょうか?
一瞬、誰だか分らなかったし。  とっても残念な感じ・・・
このピンポン玉みたいなイヤリングは?


レッドカーペットを歩くって、女優にとってもそうそうある機会じゃないと思うから、
アジアンビューティーを意識して、国を代表する心持ちで、素敵でいて欲しいものです。


こちらの方は、中国から ファン ビンビン。(左)
カンヌの常連さんらしく、オープニングセレモニーを飾ったみたいですよ。

a0153807_15382886.jpg


好き嫌いが分かれるお顔だとは思いますが (かなーり人工的な匂いもするし・・・)
お綺麗です。  マネキンみたい。

a0153807_15394531.jpg


透き通るような真っ白い肌。  しみひとつない肌。
色々な意味で、全身にお金かかっていそうな女優さんですね。

ネット検索していると、
すでに、レッドカーペット ファッションチェックも始まっている模様です。

a0153807_15423617.jpg


12日間続く映画祭、最終的にファッショントップに輝くのは、どなたかな?
日本人もエントリーされるかしら?
ピーコばりに 語っちゃうよ。   


邦画、2本とも好評のようですし、よかったなぁ♪



                                              *画像は、すべてネットより拝借しています。
[PR]
by xiangpian | 2013-05-22 15:45 | 美女&ミーハーネタ

タコパとお茶会

関西出身の友人宅で、念願だった「タコ焼きパーティー」を開いてもらいました。

楽すぅぃー  ♪♪♪

a0153807_63134.jpg


不慣れな手つきでみんなに軽く笑われながらも、私もクルクル焼きました。
ノーマルバージョンと、キムチ入り、チーズ入りなど。

おうちで焼くタコ焼き  みんなで食べるタコ焼き  タコ大きめのタコ焼き 笑  
美味しい。   うふ、日本の味。


a0153807_652627.jpg



タコ焼きでおなかいっぱいになった頃、
招いてくれた友人が、なんとなんと「お茶会」を催してくれたのです! 
タコ焼きを焼いているテーブルの横で、なにやら、お茶の準備がはじまり~

a0153807_695287.jpg


美しいお点前。
さっきまで大騒ぎしていたみんなの視線が一点に集中。

a0153807_6103111.jpg


友人たちの手作りお菓子たちが、偶然にもこのお茶席にバッチリすぎて、絶句。

a0153807_6105694.jpg


お薄を頂きました。 お作法をひとつも知らなくて、ごめんなさい。
友人から、簡単にレクチャーしてもらって、少々緊張しながら頂きましたよ。
こんなに美味しい御抹茶、久しぶりすぎて感激。
しかも、ここオランダだし、ここ友人宅だし^^;  

お茶の先生をしていたらしいです。  この日まで全然知らなかった・・・
身近に、こんな素敵レディーがいたなんて、びっくり仰天。

ぜひ教えて頂きたい~    と切望しますが、
友人、来月には引っ越ししてしまうのです~      うー残念すぎる。



とても心のこもったお茶会でした、友よ、ありがとう。  
[PR]
by xiangpian | 2013-05-21 06:21 | ワイン&お茶

キューケンホフ公園 2013

春にこの場所を訪れずして、オランダ暮らしは語れません。   あまり語ってないけれども。

今年は、満開のときを見計いつつ観光客が比較的少なめの平日の夕刻を選んで、一人でバスに乗って行ってきました。
一眼レフも充電満タン。  電池入れ忘れもなしよ。 笑


スゴイ スゴイ 満開ですっっ !!!

a0153807_5361539.jpg


お天気がイマイチで少し肌寒かったけれど、花の美しさに圧倒され、しばし時を忘れます。

a0153807_5394885.jpg


どこもかしこも、花 花 花   チューリップてんこ盛りです。

桜も満開。

a0153807_5463254.jpg


桜とチューリップという、豪華2本立て。

a0153807_5475614.jpg


八重桜の花が風に舞い植え込みに散って、花びらの芸術になっています。

a0153807_14454387.jpg


まさに、夢の国。
開園期間中は、いつ訪れても、それなりに美しく感動する公園ですが、やはりチューリップ満開時は、
違います。 特別です。
どこを見ても、色 色 色、花 花 花 で、 撮影もどこからどう撮ったらよいか、逆にわからない^^;

a0153807_5593719.jpg


ひとまず、定番のポイントから撮影。

a0153807_5523483.jpg


桜の柔らかなピンク色に癒されます。

a0153807_5574977.jpg


池の白鳥とチューリップもリンクさせて。

a0153807_5535060.jpg


ピンクや赤もいいけれど、ムスカリのブルーと水仙の黄色の庭も美しい。

a0153807_555962.jpg


ムスカリと言えば、今年のムスカリの小川は、こんな風でした。

a0153807_64520.jpg


別の場所にも、地味にムスカリが流れていましたよ 笑

a0153807_661055.jpg


ひょろひょろと華奢な球根ムスカリは、このチューリップ公園の陰の主役かも。

a0153807_685584.jpg


ここへ来ると、あらゆる種類のチューリップを一同に見られるの。
リアル 花図鑑。

フリンジのついたチューリップ。

a0153807_6143553.jpg


ボリューミーなチューリップは、一見すると、芍薬やボタンのよう。

a0153807_615419.jpg


バナナみたいなチューリップは、沢山の人が写真を撮っていましたよ。

a0153807_14471120.jpg



それにしても、毎度感心しちゃうのは、
この公園の花のレイアウト!

傾斜のある丘に、絵を描くように植えてあったり、池のほとりに、木立ちの下に、ときに波打つように、
ときにストレートに、ハッと目をひく色使いだったり、心落ち着く優しいカラーグラーデションだったり。
あるところは自然の一部を切り取った様に、あるところはモダンアートを見ているかの様に。

a0153807_6231770.jpg


芝生の手入れもぬかりなく、青い芝が実に美しい。   すべて計算されています。

a0153807_4353835.jpg


あぁぁぁぁ  なんて美しいのだろう。  
何時間でもいたい。

撮影も夢中で続けました。
天気がよくなくて、写真が暗いのが残念ですが(画像加工で少しぼんやり明るくしています 笑)
楽しめましたわ~~~  一人で行くのも、なかなかいいかも。

a0153807_634298.jpg


また来年、もっとカメラのことを勉強して、撮影に訪れたいものです。
少しは上手くなっているといいな。     その前に、来年もオランダにいるかな?

a0153807_628621.jpg


そういえば、園内の端っこから花畑もチラリと。

a0153807_7532571.jpg



オランダのチューリップ 最高♪  

more
[PR]
by xiangpian | 2013-05-16 08:21 | オランダの花と緑

コースター いろいろ

ガラスの「コースター」を買いました。  
4枚入ったパッケージで3ユーロ    安っ!

a0153807_0565370.jpg



a0153807_057385.jpg

スクエアー型のガラスもので、
裏側から小さなフォトを入れるデザインになっています。

生憎、洒落たフォトは持っていないので、
お気に入りの江戸からかみ を切って入れてみました。


押し花とか四葉のクローバーなどを入れても、おもしろいかな。

紙じゃなくて、好みの布を貼ったものをフレームインしてアートとして1列に壁かけするのは、どうかしらん?


からかみバージョンは、
和のテーブルで使いたいなぁ、と思っています。






こちらは、イギリスのマークス&スペンサーで見つけた、
スレートのコースター。  
無地じゃなくて、柄違いの葉っぱがデザインされています。


a0153807_14435.jpg


コースターとして使わずとも、そのまま小さなお菓子などをのせてもいいかも~
ミニココットの下に敷いてみようかな。
モダンで、ちょっぴりカワイイデザインだったので、即決買いしたものです。


コースター
実は、あまり気にしてみたことがないのですが、
テーブル小物として、地味ながらアクセントになるものですよね。


今、持っているコースターは、これだけです。    
え、十分だって!?

a0153807_175021.jpg


アタ素材は、わりと万能。
ベトナムで買った、モダン漆のコースターも、お気に入り。
もうひとつは、どんなテーブルにも合わせやすい。

でも、考えてみたら、
テーブルクロスや折敷をきちんと敷いた場合、コースターって必要ないかもかも・・・   

あららぁ~

こうして、無駄な小物を集める癖は、どうにかならないものだろうか・・・

コースターや器にも流行があるもので・・・
[PR]
by xiangpian | 2013-05-14 01:28 | 洋の器

チューリップ畑 2013

春の訪れが遅かった今年、5月に入ってようやくチューリップが見頃を迎えました。
一眼レフも買ったことだし、今年は撮影に気合い入っちゃっています!!!

オランダといえば、チューリップですもの♪

a0153807_475745.jpg


とはいえ、
満開のタイミングで畑を見に行くのって、本当にムズカシイ^^
天気の問題もあるし、車でないと行かれないし。 
とくに今年は開花のタイミングが読めず、誰に聞いても「うーん、まだまだ」と。

そんな中、満を持して、畑めぐりに出かけてきました。


こちらは、アムステルダムから車で45分ほどの場所、Zijpe。
広大なチューリップフィールドと風車の写真が撮れる場所として、人気があります。

a0153807_4113431.jpg


去年は見に行くタイミングが遅すぎて、花畑絨毯を見られなかったので、今年こそ~

が、今年は少し早すぎでした^^
風車の真下にチューリップ畑が広がる(ハズの) ’t zand も、咲いていたのはヒヤシンスのみ。

a0153807_22562136.jpg


ヒヤシンスのグラデーションも綺麗ですけどね。

a0153807_4161028.jpg


見る畑見る畑、水仙だのヒヤシンスだのムスカリだの、チューリップ以外の球根でガッカリしていた時に
偶然通りかかった、真っ赤なチューリップ畑。
おっと、遠くに風車も見えるし、ピンク色のチューリップも咲いてるぅぅ。

ところが、なんとなんとすでに刈り取り作業に突入。

a0153807_5112488.jpg


そんなぁぁぁ。
まぁ、この刈り取りの様子を見られたのも、ラッキーだったかもしれませんが・・・


ちょっと遠いけれど、風車とピンクチューリップ。

a0153807_5143985.jpg


ほっ、 「風車とチューリップ」撮影。   とりあえずはザイプでの目標達成なのだ。



続いて、キューケンホフ公園そばのLisseの花畑。
ここは、公園とセットで見に行かれるし、自転車を借りて畑めぐリするのもおススメ。

a0153807_425503.jpg


そのかわり、観光客が多くて、どの写真にもチューリップと一緒に「人」が写りこむ。 笑
なので、写真は花のアップばかり・・・

a0153807_428853.jpg


すごーく低い姿勢で撮影するので、体痛いですけど^^

a0153807_4301922.jpg


青空と花の色のコントラストが綺麗。

a0153807_431521.jpg




で、最後にご紹介するのは、
今年初めてでかけてみた、Noordoostpolder

a0153807_4344319.jpg


チューリップフェスティバルなるイベントも行われる場所らしいです。
看板も掲げられ、チューリップルートとしてネットに地図も掲載されるので、ドライブしやすかった。
ただ、アムステルダムから1時間強のドライブ、ちょっと遠い。

a0153807_4375286.jpg


地図のとおりドライブしていると、なかなかフォトジェニックな場所も見つかります。

a0153807_439224.jpg


モダンスタイルの風車(笑)ですけれど、並んでいると壮観。

a0153807_4404969.jpg


白いチューリップ畑の中に1輪だけ赤いのがまざっていて、かわいいの。

a0153807_4414520.jpg


あれあれ、あっちの畑にもこっちの畑にも、異端児が・・・

a0153807_442521.jpg


フォーカス決めやすいから、ありがたい。  笑

a0153807_4431430.jpg


畑巡りの途中に、こんな看板が・・

a0153807_4462340.jpg


少し背伸びして、撮影してみたましたよ。  カメラの窓から~

a0153807_5263799.jpg


あはは~   平だな~  オランダ。   ちなみに、撮影していた時刻が、20時前後。 明るい。
地平線までチューリップ なのでした★

以上、2013年チューリップ畑のまとめでした。  
沢山写真ブログアップしましたが、いまいち不完全燃焼^^

この1枚はお気に入り! というものがないな~  


来週には、ほとんどのチューリップが刈り取られてゆくと思います。
たくさんの球根を作るために必要な作業。
仕方ないか。


マトメ

Zijpeの畑  風車とチューリップの畑を撮影するのなら、絶対ココ。
        タイミングさえよければ、グラデーションチューリップ絨毯が見られる。
        エリアが広いので、咲いている畑を見つけるのがムズカシイ。

Lisseの畑 キューケンホフとセットで行ける手軽さがよい。
        観光客が多いので、立ち入り禁止にしている畑も多い。
        畑の規模は小さいながら、自転車で回ると色々な風景を楽しめる。

Noordoostpolderの畑  風車はないが、チューリップルートと表示があるので、効率よく咲いている畑
                 を巡ることができる。
                 ともかく、畑の規模が大きい。   ちょっと遠いのが難点。



また、来年楽しめますように♪


絵ハガキなんかにある、こういう畑↓ いつになったら見られるんだろう。

a0153807_5202758.jpg


本当にこんな場所、実在するんだろうか・・・
CGだったりしてね。  笑

 

More
[PR]
by xiangpian | 2013-05-11 05:08 | オランダの花と緑

5月のインテリア

5月に入って、家の前の街路樹もだいぶ芽吹いてきました。
新緑の季節って、本当に美しいですね。

家の中にも、緑を!

a0153807_15275633.jpg


自作の盆栽鉢に、モミジをイン。
小さな葉がたくさんついた立派なモミジを見つけられて、超ラッキー♪

a0153807_15293864.jpg


もう少ししたら、公園からキラキラしたコケを採取して、貼りつけようと思っています。


テーブルランナーも、グリーン系。    お花もグリーン系を飾りましょ。

a0153807_1673922.jpg


骨董コーナーは、いじりようがなく、いつもと一緒  ^_^;

a0153807_1685159.jpg



そのほか、家の中をちょこちょこと5月色?にして、インテリア遊び終了。

a0153807_17554696.jpg



これから芍薬が出回るまで、グリーングリーンインテリアで楽しみます。

そういえば、桜インテリア
[PR]
by xiangpian | 2013-05-08 16:12 | インテリア