<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

蚤の市めぐり その5

今回は友人4人をお誘いして、ゴーダまで。
アムステルダムから電車で1回乗り換え1時間。   大勢だと遠足気分!

a0153807_350439.jpg


駅からマルクト広場を目指して5分ほど。
蚤の市は、市庁舎をぐるりと囲む形で開かれていました。

a0153807_3521611.jpg

思った以上にストールの数が多く、一通り見て回るだけでも2時間はかかり
ましたよ^^
いつもは必ず2周しますが、この日は1周しか出来なかったもん・・・

それでも、結構アンテナに引っかかるものがあり困ったチャン。


いくつか、馴染みの(笑)ストールも出ていましたが、
初めて見るようなストールも。


ちなみに、蚤の市では大勢ででかけでも、見るのはだいたい別行動です。


あとで、戦利品を見せ合いっこするのが、また楽しい。





ガラス製品、この日も色々ありました。
ノルウェー製のソースパンがあったり、イギリス製のお皿やC&Sも沢山。(特別古いもの
ではないけれど)
籠や小さな家具もあるし。  ともかくストールの数が多いので、さくさく見て、ちょこちょこ写真を
撮りながら、次のストールへ・・・と機敏に動いたつもり。


a0153807_3585474.jpg


集合時間の15分前になって、すごく興味のあるストールに遭遇。
そのストールの商品すべてが、フランスのもの。
血迷合った私は、この店でお皿を7枚も買ってしまうのでしたぁ。
この話は、次の記事で。

さて、2時間半ぐらいたったところで一同集合してランチへ。

戦利品の見せ合いっこです。
友人の戦利品を一部、ご紹介。 (許可もらっていますよ)

a0153807_43218.jpg


オランダ製のエレガントなC&S
ワインケース2種と真鍮?の大判トレー
オランダの民族衣装を描いた柄違いのお皿を6枚

みんな、とっても嬉しそう。   
へぇ、こんなのあった???   と、互いに同じことを聞いていました。 笑

a0153807_46580.jpg

これは、私の戦利品。


小さめのマガジンラックかな~  

木の質感とフォルムが好きです。

ストールの店主さんは、新聞置きだよと教えてくれました。
  

少しはげている箇所があるので、塗装したほうがいいかも~
まぁ、これも中古品ならではの「あじ」でいいかな。



17ユーロでした。





あとは、そのフランス雑貨の店で買ったお皿7枚です~
馬鹿です~  わかっています~
心も頭の中も病んでいます。   

では、また次の記事で。

ゴーダの街は、
[PR]
by xiangpian | 2012-08-29 00:47 | アンティーク&ヴィンテージ

オランダのミニチュア

今日のアムステルダムは、お天気が目まぐるしく変化し、今は天気雨が降っています。
ゴルフから帰ってきた主人は、全身ドロドロですよ (^_^;)
日本は大型台風が来ているそうで? 心配です。


私は、体こそ元気ですが、ちょっと「心」が夏バテ気味。
駐在生活1年過ぎて、オランダ生活(ここで暮らすのは2度目)に慣れた反面、躓いてもいる今日この頃です。
別に「何かあった」わけでもないけれど、「何もない」わけでもなく・・・

イライラだったり、不安だったり、寂しかったり、僻んだり、カチンときたり、モヤモヤしていたり、自己嫌悪だったり、
焦りがあったり、と「負」の感情ばかりが湧き上がっています。

すごく後味の悪い、いやーな夢も見ちゃうし。

どうしたんだろう、私?




まぁ、ブログはこういったグチをだらだら書く場でもないと思うので、
はい、気分を切り替えて、大好きなミニチュアのことでも、記事にします~



オランダはホーロー製品が有名らしい。
蚤の市でも、カラフルなホーローものをよく目にします。
ただ、我が家のキッチンの雰囲気とは、ちょいとイメージ違うので、ミニチュアで楽しむことに!

a0153807_1254827.jpg


キッチンアイテムです。
お店で見つけては、ひとつふたつ買っています。  


変わって、こちらは真鍮のミニチュア。

a0153807_1301671.jpg


蚤の市では、こんなミニチュアものも売られているのです。
すべて、1ユーロ、2ユーロの世界なので、ついつい・・・

シルバーのミニチュア製品は、すごく沢山の種類があって素敵なのですが、
やはり高くて、買えません。     

で、この真鍮のミニチュアは、こうして飾っています。

a0153807_1332862.jpg


なんとなくオリエンタルのイメージで。
こうした和っぽい空間には、シルバーより真鍮色のほうが、しっくりくるので良かったわ。


お気に入りのミニチュアを眺めていると、癒されるんです、私。

はぁ~~~
心を元気にする薬って、ないかな?  元気ハツラツ、オロナミンなんとか。 きくのかな?

お酒でも飲んじゃおう。
マッコリが冷蔵庫にあったはず・・・
[PR]
by xiangpian | 2012-08-27 01:37 | 盆栽とミニチュア

蚤の市の戦利品 あれこれ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by xiangpian | 2012-08-23 04:06 | アンティーク&ヴィンテージ

蚤の市めぐり  その4

ひと月ほど前ですが、puttenという場所で開かれる蚤の市へ出かけてきました。

a0153807_23463760.jpg


アムステルダムから電車をのりつぎ、1時間ほどの場所。

a0153807_23474877.jpg

事前に市のたつ場所も調べて、地図をプリントアウトしてでかけたのですが、
なんと、その場所で行われていたのは、サーカス!

なんてこった!!!

あっちこっちで聞きまくって、ようやく隣町で開催していることが判明。

駅から1時間に1本しかないバスに乗って、不確かな情報を
たよりに、なんとか行き着いた蚤の市。

市をやっているのを確認できたときの安堵感、半端なかったわ。



大変でした^^




そんなこんなで、道中ハラハラドキドキでしたが、
苦労した甲斐があって、このputtenの蚤の市、「あたり」でした♪


が、疲れちゃって、あまり写真を撮っていません、ぺこりん。

a0153807_2356736.jpg


少し郊外へくると、見たことのないストールが出ていたり、よく見る商品でもぐーんと安かったり、
日本人どころかアジア人皆無だし、ちょっとワクワクします。
英語が通じなくて、ジェスチャーでやりとりすることもあるけれど・・・

↑ビレロイボッホの磁器がかわいかったです。  1960年代のものと言ってたかな。
ガラスのお皿も美しくて状態のいいものが多かったものの、割れ物はあまり増やせないと断念。


このお人形の衣装は、すべて店主のおばぁさんの手作りだそうです。

a0153807_012037.jpg


感動して色々見せてもらっていたら、なんと大好きなミニチュア衣装も作っていると
言うではないの!   色々見せてもらいましたよ。
すごく繊細でかわいかったので、ひとつ買いました。    



さてさてこの蚤の市での戦利品です。

今回は少し大物、そして探していたものに出会えましたよ。


a0153807_03548.jpg


マホガニーの折り畳み式3段スタンドです。
このタイプのスタンドは、オランダの蚤の市に行けばたいてい見つかるのですが、
好みの色、デザイン、形、状態、値段、 すべて満足ゆくものになかなか出会わず、ずっと迷っていたの。

私の狙いは、「マホガニー」で「ラウンド型以外」のものでした。  
今回出会ったのは、珍しいスクエアー。   
持ち手部分にも少し装飾があり、値段も相場でした。(少し安くしてもらって)

2段スタンドは持っているのですが、折りたためないので、
引っ越し荷物のことを考えたときに、折りたためるスタンドは、ありがたい。

飾り物がどんどん増える我が家の救世主になってくれそうです。

ちなみに、このスタンドの一番下に飾っているガラスのポットも、この蚤の市で見つけたもの。
12ユーロだったかな。



で、もうひとつ買ったものが、例のおばぁさん手編みのミニチュアの衣装。

持ってるミニチュア衣装に仲間入りさせました♪

a0153807_0164066.jpg



きゃわゆいっ。
ベッドルームにこのテープをはって、ニヤニヤしながらながめています。

今回はここまで~


次の記事では、蚤の市、フリマ、アンティークショップなどで見つけた
こまごま戦利品 一挙公開!?

              ・・・の予定です。
[PR]
by xiangpian | 2012-08-21 03:10 | アンティーク&ヴィンテージ

夏の家飲み、外飲み!?

あぢぃ~~~
この週末、びっくりする位暑いアムステルダムです。
家の中でも30度あるから、外は多分33度とか34度とか。
えぇ そーですよ 日本の暑さに比べれば、なんのなんの~でしょうけれど、
問題は、エアコンがないこと!
オランダの家でエアコンがついているお宅は、珍しいと思います。
1台ある扇風機を、あっちへ移動こっちへ移動させながら、なんとか凌いでおります。

こんな日は家の中でご飯食べるなんて、アホらしい~~~

水辺でピクニックよ!   
から揚げと枝豆おにぎりだけ作って、水辺へGO!!!

家から10分自転車で走ると、静かな運河があるのです。

a0153807_5341839.jpg


よしよし、人も少ないし、ここでいっか。   木陰を確保。
ピクニックシートを2枚 敷きます。

a0153807_49214.jpg


目の前の運河を、ボートが行き交ってゆきます。
くぅ~    うらやましーぞ。
オランダ人、何気にお金持ちが多くて、自家用ボート持ってる率、高いのです^^

天気のよいこんな週末は、家族そろってボートの上で過ごすらしい。
贅沢ですね~ 

a0153807_4194549.jpg  

一通り食べたら、眠くなって、そのまま横になって寝る 笑


見上げると 飛行機。

このあたり、空港も近いし、飛行機の通り道にもなっていて、
3分に1度ぐらいの間隔で、飛行機がビューンと通りすぎます。



近づいてくる飛行機が、どこの航空機かあてるゲームでもする?
でも、ほとんどKLM航空でゲームにならず、ちっとも盛り上がらない 笑


無言、やっぱり寝る。




30分ぐらいしたら、この場所も飽きてきて、
ドリンクがまだ少しあるので、場所を移動することに。
また自転車に乗って、運河から川のほうへ。

途中に公園を通り抜けると、ここにも水辺が・・・

a0153807_4242778.jpg


このときで、もう20時過ぎていたけれど、まだ子供が遊んでいますね~
ピクニックしているグループもいるし。

そして、陽がだいぶ傾いてきた頃に、川に到着。

a0153807_4255682.jpg


火照った肌に吹く風が優しく。   夏の夜のこのぐらいの時間、好きだわ~

a0153807_4272014.jpg


スイカをつまみながら、ピムス(イギリスのカクテル)で、乾杯。


なかなか気持ちのよい夜でした。
陽が長い夏のヨーロッパ、水辺の多いオランダならではの夜ピクニック。
ボートは持っていないけれど、近くに素敵な水辺があって、こうして気軽に夜ピクニック
できるなんて、幸せだわ~   
帰り道はほろ酔いの自転車運転だったけれど・・・


翌日も外で食べたかったのだけれど、夫「面倒くさい」などと言うので、
しょーがない、いつもの家飲みに。     だらだらとソファーでテレビなんか見つつ・・・

キッチンで火を使うのも最小限に。
タラコスパゲティーとナスのネギポン酢と、タコと夏野菜の和風マリネ。

a0153807_433565.jpg


基本、うちのご主人様は何もしない代わりに、「飲み物」を担当。
この日も ピムス。   フルーツ沢山入れて、トニックウォーターで割ります。
夏の家飲みにも、すごくいいカクテルよん♪


あ~   今晩も暑くて眠れないかも・・・

暑かったこの週末・・・
[PR]
by xiangpian | 2012-08-20 04:43 | おうちご飯

サシェづくり

裁縫が得意の友人に、サシェの作り方を教えてもらいました~     もう、数か月前の話だけれど。 汗
手縫いです。
要は袋縫いするだけだけれど、寸法をきちんと測って、アイロンで生地をのばして
という基本的な事を教えてもらったので、仕上がりが綺麗。
(大雑把な私はこういう基本が出来てない^^)

a0153807_485796.jpg


使いたい生地の色と柄がすごーく好みなので、私はリボンと小さなパールをつけただけで余分な装飾
を控えました。  地味だけれど、シノワっぽい仕上がりに満足よ。
あらん、、、 結構いいじゃないのぉ♪

別の友人の作品です。

a0153807_4112319.jpg


彼女は、お花とレースをつけたみたい。
センスいい~~~!!!    オランダの小さなチャームまでついてるし。

小さなサシェ作りだけれど、生地選びや装飾で個性が出るものです^^   

もちろん、香りの芳香剤も中に入れて、フラグランスサシェにしていますよ。

いいな、いいな。
この位の作業なら、ウルトラ不器用な私でも出来るかも。
ミニタッセルや造花やチャームをつけて、オリジナルものを色々と作れそう。


そういえば、私、香りのサシェ、たくさん持っています。
こちらは、既製品だけれど・・・

a0153807_4153875.jpg


↑これ、シンプルな無地のサシェにリボンがついているだけのものだったのですが、(左下)
私がお茶の用意をしている間に、友人たちが小さな造花をまきつけて、勝手に(笑)お洒落
させていたの。  でも、かわいいから許す。  全然許しちゃうよ。 むしろ、サンキュー。


このサシェをどうしているか、と言うと、

a0153807_419784.jpg


靴の先にぴったりサイズ。
お気に入りの靴にサシェを入れて、靴箱にしまいます。 
(オランダのこの家には靴箱ないけど^^)

なかなか気分がいいものですよ♪


サシェといえば、引出しの中に下着やハンカチなどと一緒に入れておくのが定番?
は~い   そうしてま~す。

a0153807_4223125.jpg


キャンディー型のサシェは、大のお気に入り。
フランスのメーカーのものです。   5,6年前のものですが、まだ微かに香りが残っています・・・


最後は、オランダの蚤の市で見つけた、クロスステッチサシェ。

a0153807_424187.jpg


素朴でかわいい。
中にラベンダーが入っているみたいです。   いい香り~

クロスステッチ、やっぱりかわいいなぁ。
少し涼しくなってきたら、チクチクしようかな~

老眼になる前に、一仕事 笑
[PR]
by xiangpian | 2012-08-17 00:04 | 趣味&お気に入り

ガラスのキャンドルスタンド

ガラスものが好きです。
古いものも新しいものも、和のものも洋のものも、守備範囲広く贔屓にしています。
意外でしたが、ここオランダのガラス製品も、結構いいものがあるのです。

こちらは、愛用しているガラスのキャンドルスタンド。

a0153807_3411156.jpg


高さ違いで並べて、夏らしいテーブルに。

a0153807_3435227.jpg


テーブルにはたいていお花を飾っていますが、真夏の間はさすがにお休み。
ガラスのキャンドルスタンドとガラスの小さな花瓶に家の緑をちょんちょん切ってさした
だけだけれど、涼しげでいいわ。

a0153807_3472794.jpg


このガラススタンドのいいところは~ 

a0153807_350163.jpg


こうしてボールキャンドルや極太キャンドルを置いても楽しめる 2way。
ちなみに、高さのある丸いフォルムのスタンドは、オランダ製。 ガーデンセンターのセールで購入。
小さい方は、アメリカのcrate&barrelで購入したもの。

テーブルの雰囲気によって、キャンドルを使い分けしながらインテリアアクセントとして楽しんでいますよ。


ビレロイボッホやウォーターフォードクリスタルなどにも、素敵なガラスキャンドルスタンドがありますが、
おススメは、こうした2wayのもの。

ガラスって、季節を問わずお洒落な演出が出来ると思うのです。 何にでも合うしね。


a0153807_3563712.jpg

こちらは、オランダのお店 sissy boy のガラスキャンドルスタンド。
フォルムがいろいろあって、楽しい。

写真撮ったものは、クリアー色ですが、
ブルーや紫も素敵です。
2wayタイプのものもありました。



オランダ製の素敵なところは、ずばり価格!

どれも、2000円しないのよ~~~

安いところだと、4ユーロぐらいからあるの♪

欲しい人、いる?    買っておきますよ  笑






こうして、ますます割れ物が増える我が家なのでした・・・
そろそろ、本気でヤバイです^^
[PR]
by xiangpian | 2012-08-15 04:10 | インテリア

オリンピック閉会式

皆様、寝不足の毎日これで終了ですね~
お疲れさまでした。    

こちらは、各競技の模様をリアルタイムで見られるものの、日本人選手が出場する競技を放送することは
やはり少なく、歯がゆい思いで毎日を過していました。

それでも、
水泳やバレー、サッカーの決勝などは、ライブで見られ、応援に力入りました~!!!
でも、実況が日本語でないとどうもピンと来ない・・・

後から聞いたところ、ネットを通じて、すべての競技の模様をライブ放送していたらしいですね。
知らんかったよ。   笑


さて、昨日は
イギリス時間の21時から(こちらは22時)閉会式が始まり、その演出を楽しみに
テレビの前で1分前からスタンバイ。

a0153807_20215344.jpg


夜の闇に浮かび上がる光のユニオンジャック、素敵でした。

私てきに1番の見せ場は、スパイスガールズ登場だったかな♪

一夜限りの復活ミニライブって感じ。

a0153807_202693.jpg


ロンドンタクシーで登場するあたり、いかにも!

ヴィクトリアも登場ですよ。

a0153807_2027135.jpg


あのメンバーの中では1番地味でした・・・
けれど、いっときのボーニーと言われるほどのギスギスの体から、随分と復活。
華がない気もしたけれど、スタイルの良さで際立っていました。     手首のタトゥが気になります^^
a0153807_20285188.jpg

                                                    *画像3枚、ネットより拝借しています。


ベッカム夫妻、オープニングとクロージングで、それぞれ魅せてくれましたね。

このスパイスガールズ登場の様子を、 you tube動画で探すのですが、
オリンピック関係はかなり規制が厳しいようで、ことごとく削除になっています。


dailymotionで見つけたので
見逃した方は、どうぞ。(これも、時間の問題で見られなくなると思いますが)

コチラです。   → もう、見られません (^_^;)


史上最多のメダルを獲得した日本選手、おめでとうございます。
感動をありがとう!!!


オリンピック終了、ちょっと寂しいですね。

夏真っ盛り、甲子園で盛り上がりましょーか!!!

こちらは~
なんとなく、もう秋の風が吹き始めているような・・・
[PR]
by xiangpian | 2012-08-13 20:43 | 美女&ミーハーネタ

花器と生け花

8月は生け花のレッスンがお休みで寂しい。
加えて、この時期、フラワースタンドも夏休みで閉まっているところもあり、
買い物帰りに花屋さんの前を通る楽しみもなく しょぼりーん^^;

こちらは、
少し前に近所の蚤の市で見つけた3ユーロの花器。

a0153807_5365644.jpg


いや、正確には花器ではないかな。
脚のついた器。

a0153807_5382126.jpg


蚤の市ではこういう出会いがあるから、はまっちゃう。
色も形も、とっても好み。 和の空間にも洋の空間にも合いそうだわ。   
ちょうど生け花を習い始めたばかりだし、タイミングバッチリのいい「出会い」でした。
生け花の花器としては少し小さいのだけれど、私の剣山は小ぶりなので、ちょうどいいかな。
なんたって、あーた、3ユーロですもの♪

大好きな夏の花 アガパンサスのブルーをいけてみます。

a0153807_5414481.jpg


あんあん・・・   自分で言うのもなんですが、この感じ、結構理想に近い。
洋花で洋花器で、生け花。    和と洋ミックス。    たまりません・・・


早速、レッスンでも使ってみましたよ。

a0153807_5463639.jpg


レッスンで使用した花材を持ち帰って、花器に合わせてサイズカットしてもう一度いけ直すのですが
キンギョソウがうまく剣山にささらなくて、どんどん切っていくうちに短くなりすぎて、
かなりバランス悪く、失敗しました (^_^;)    スミマセン、ショシンシャナモノデ・・・

脚のある花器って、素敵だけれどむずかしいかもしれません・・・
と、花器のせいにする 笑



さてさて、
これはまた別の日の蚤の市で見つけた「器」です。 ドイツのものらしい。


a0153807_5484589.jpg


ゴールド釉のエンボスがどこかオリエンタルな印象。
これまた小さな脚がついています。
どうやら私、脚フェチらしい。

花器にするには、丸すぎて剣山がおさまらないかな~

おとなしく、器として使おうかしら?


このごろは、蚤の市めぐりでも、「花器」になりそうなものを無意識に探している気がします。
花瓶はそこら中で見かけるのですが、生け花の花器となると、なかなかいい出会いもなく。

でも、だからこそ、見つける楽しみがあるんだなぁ~


蚤の市めぐり、ちょこちょこ出かけています。
このごろ記事にしていませんが
そろそろゲットしたブツもたまってきたので(!)また蚤の市記事、書きますね~
[PR]
by xiangpian | 2012-08-12 05:55 | オランダの花と緑

スイス旅行  ~食事とお買いもの~

スイス旅行、食事もすごく楽しめましたよん♪

a0153807_323477.jpg

画像は、ユニークな形をしたトマトとドライラベンダー!?


イタリアとの国境に近い街ルガノでは、やはりイタリア料理がメイン。

a0153807_334973.jpg


フェリーででかけた小さな村のオステリアでサラダを食べたり、バールでワインをかたむけつつ
タコのカルパッチョ。  1日だけ高級ホテルのレストランでワンピースを着て食事も。
リコッタチーズをつめたズッキーニの花のフライにエビのリゾット。
ミラノ風カツレツも食べましたわ~


地元の人でにぎわうピザの名店では、ピリ辛のピザに、さらにチリオイルをかけて。
うちの主人、やたらと辛いものが好きでして。

a0153807_36937.jpg



山へ移動してからは、お待ちかねのスイス料理!!!
山小屋風のレストランを見つけて、

a0153807_3125119.jpg


オーダーしたのは、もちろん  チーズフォンデュ。

a0153807_3135859.jpg


だんだんクドくなってきたけれど、最後にチーズがこげそうになるまで、しっかり頂きましたわよ。

もっと手軽にスイス定番チーズ料理が食べたいときは、ラクレット。

a0153807_3154152.jpg


↑こちらは、屋台のテイクアウトものですが(チーズが焼けるときの独特の匂いがたちこめます^^)
レストランでもオーダーできます。

a0153807_316795.jpg

なんだかずいぶんとお洒落なスタイルで出てきました 笑


お皿一面にとろとろチーズがのってきて、
付属のお芋とパンをからめながら、頂きます。
黒こしょうをふって、香ばしく。


すぐに固まるかと思いきや、そうでもなくて、
わりと最後までとろとろ状態でした。




とろとろチーズ、大好きなの♪



ところ変わって、
チューリッヒに来ると、隣国ドイツの香りがプンプン。
みんなビール、ビールです。

a0153807_3391215.jpg


ジューシーに焼かれた極太ソーセージが美味しいんだな。
老舗レストラン zeughausteller では、ハムチーズカツみたいな料理をオーダー。
日本人好みする味でした。

大満足!!!

 ☆   ☆   ☆

ここからは、お買いものの話。
スイスのお土産と言ったら、何かしら?

ロレックス? オメガ? ショパールにブレゲ?    
高級時計屋さんは一応見て回りましたが、そう簡単に買えるものでもなく^^;
(今オランダに住む私たちは、免税が受けられないので勿体無いしね)

中国の方々が、現金でぼーんと買ってましたわよ^^

時計じゃないなら、何がある?
ファッションは、Ballyぐらいしか思いつかないし~    化粧品のラプレリーとか?
民芸品にはあまり惹かれないし~  

チーズとチョコ?

a0153807_350454.jpg


こちらも、ヨーロッパ在だと、たいして珍しくもなく。   スルーです。

デパ地下で少しだけ食材を。

a0153807_352360.jpg

フォンデュ用のチーズを買おうかとも思ったのですが、
よくわからなかったので、フォンデュの素みたいなパックを。

あとは、イタリア食材を少し。

余った小銭で リコラキャンディー。
喉にさわやか、ハーブキャンディーね♪
あはは、どこにでも売ってるか・・・



これだけです。 





さて、食材以外の買い物。  折角夏のセールやっているんだもの~
ですが、前述のとおり、スイスは物価が高い。
そういう意味では、あまり買い物を楽しめる国とは言えません。

ルガノの近くに、大きな室内アウトレットモールがあると聞き、
電車で20分のmendrisioという町にある FOXTOWNアウトレットへ出かけてきました。

イタリアとの国境付近。
ミラノからも1時間、おまけにここはユーロで買い物ができるとあって、
他国からも沢山の観光客が来ていました。

a0153807_442821.jpg

                                       *画像はネットより拝借しています。

ここが、すごくよかった♪
広いし、品揃えもいいし、何より安い!

イタリアブランドが多かったかな~
とくに、グッチやプラダ、D&G、アルマーニ、トッズ&ホーガン などの品揃えの良さには
感動です。    

5時間半ぐらいぶっ通しで歩いて、夫婦でお買いもの。
私、全然疲れなーい。   買い物だもん、疲れなーい。 あっちで試着、こっちで試着。
買い物に慣れない夫、2時間ぐらいでバテる。  最後はベンチで寝てるし。

買い物した中から、少しだけ紹介しま~す。

ミッソーニのロングダウンコートです。

a0153807_4101995.jpg


インナーの柄が気に入りました。  
加えて、なんといってもその安さに驚愕。


a0153807_4121187.jpg

定価が1390フラン 
アウトレットプライス  790フラン

でもって、現在セール中、
さらに半額の  395フラン

日本円にして、3万3千円ぐらいかな。


サイズもXSがあって、ラッキー。

真夏ですけれど、ダウンお買い上げです。




グッチやプラダは店舗も大きく品揃えも良かったので、すごくこんでいましたけれど、
ひとつ、めちゃくちゃ安いバッグをグッチで見つけたので、即買い。
日本未入荷のもので、2万円ちょっとだったかな。  キャンバス×レザーコンビのウッドハンドル。
定価、20万ぐらいするらしいけど(ネット調べ) 本当かな?

a0153807_4204053.jpg



あとは、フェンディーやプラダで洋服を少し。


買い物下手な夫も、シャツやら靴やらジャケットやら・・・こまごまと買い物していました。


そんなわけで、思いがけない場所で買い物も楽しめた、スイスの旅記事、これにて終了です。
長々お付き合い恐縮でした~

寿司サンドイッチ?
[PR]
by xiangpian | 2012-08-10 04:40 |