<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

キッチンは少しだけ北欧テイストで。

本日は、キッチンからコンニチワ!

a0153807_0233347.jpg


広くて明るいのは良いけれど、動線が悪く、使い勝手がイマイチよくないこの家のキッチン。
コンロは6つもありますが、鍋同士がぶつかるので同時に何か所も使えません。
シンクは、食洗機を使うことを前提にしているので、めちゃくちゃ狭くて小さい。

L字でもU字でもないので、コンロの反対壁に、シンクと調理スペースがあるのです。
つまり、まな板の上で切って調理したものを、そのまま横にスライドしてお鍋やフライパンに入れるとか、
出来ないんですよ。  これって、結構不便。  

a0153807_0255581.jpg


贅沢なグチはこのぐらいにして~

皆さんは、「キッチンには極力モノを置かない派」でしょうか?
私、そんなこと出来ません。    というか、むしろ、「気に入ったアイテムをキッチンに置くことが
楽しくて仕方ない派」ですの。

画像で見えないところには、調味料のかずかず、たくさん置いてますよ。  
中には1度しか使っていないナゾの調味料もあったり^^

a0153807_033188.jpg


ただ、小物の色と素材をなるべく統一するようにしています。
キッチンは、少しだけ北欧テイスト ・・・のつもり。   
コンロには宝物のキャサリンホルム(ノルウェー)のお鍋をひとつだけ。

a0153807_0371025.jpg


こだわりは、ウッドとガラスとステンレス製品に統一させること。  
ガラスのジャーは、skagerak(デンマーク)のもの。   今はもう廃盤の商品みたい。
キッチンペーパーのホルダーも、同メーカーのものです。
小さな瓶や、S&Pやブレッドボードなどは、北欧の蚤の市で見つけた小物たち。
大きなジャーには、それぞれパスタ、塩、てんさい糖、かたくり粉。  
小さいジャーには、ローリエと唐辛子を入れています。
ちなみに、ジャーがおさまっている棚は、日本で買った2980円のCDラックですけど 笑


a0153807_0462552.jpg

キッチンツールの1部です。

ウッド×ステンレス!!!

すべて、北欧の蚤の市で見つけた古道具ね。

中でもお気に入りは、中央の細長いふたつのサーバー。
ノルウェーのものです。
いかにも北欧デザインのこのサーバーは、ヘビーユーズ。


カトラリーは、さすがにヴィンテージものを使う勇気が持てないのだけれど、
フランフランでウッド×ステンレスのものを売っているので、
スプーンなどは、それを使っています。







キッチン小物って、
ブランドものでなくとも、自分なりのこだわりを持って揃えてゆくと楽しいですね♪

キッチンの油汚れに
[PR]
by xiangpian | 2012-07-23 00:58 | インテリア

ピックを使って、テーブルを楽しく!

家でのプチパーティーや、おもてなしの時の必須テーブルアイテム pick !
ま、別にないならないで特に困るものでもないけれど(小さなフォークや竹串や楊枝でもいいわけで)
でも、あったらあったで楽しいものです 笑

a0153807_113930.jpg


相変わらず、大人のおままごと的感覚で、いろいろ集めていますよ。
フォーク型のもの、スティック、オリーブピック・・・ 
それに、ピックの王道の「旗」もね。   
オランダ旗です、フランスじゃないのよ、あちらは縦トリコロール。

a0153807_116457.jpg

   
こんなに色々あるけれど、一番使うのは、上段真ん中の afternoon teaで見つけたプラスティックの
キューブピック。   プラスチックピックは子供っぽくて安っぽい印象の反面、使い勝手は抜群。
ただ、大人の集まりのときにプラスチックピックを使うのは、テーブルの印象が安っぽくなって勿体ない。
ピック選びもTPOが大切ね・・・

近頃は和のピックもかわいいものが、結構揃います。
お弁当の演出にもいいわ。   たこさんウィンナーにさしましょーか。
   


a0153807_1213592.jpg

こちらは、シンプルで大人な雰囲気のシルバー色のピック。

こういうザ シンプルなスティックピックって、探すと見つからないものです。
(オリーブピックは、よくあるんだけれど・・・)
だから、今1番のお気に入り。


モダンな器やシンプルなテーブルに、合うかな。

ちょっと長すぎるのが、難点。





a0153807_1264447.jpg

こちらは、手作り。

数年前、ウッドビーズと竹串を切って作ったピックです^^

今はもう色々持っているので、この手作りピックの出番はないのだけれど、
なんとなく、捨てられない。

昔、これに竹輪かなんかをさして、オードブルにした記憶  

 ははは。





さて、週末の家飲みは、このピックたちを使って、だらだら飲みつまみ。

a0153807_1401619.jpg


天ぷらは、竹串にさして、抹茶ソルトにつけて頂きましたよ。
串揚げ感覚です。
おつまみに、このスタイルすごくいいでしょう?

今回の泡は、クレマンドアルザス♪    美味しかった~
〆は、おろし蕎麦にして。  さすがに、ピックじゃなくて箸で食べましたけどね。  
家でも、夫婦だけでも、いつもの普通のご飯でも、
ピックを使ってちょっこっと演出すれば、いつもと違った家飲み気分よ~~~


しかし、アムス、寒い。   
家飲みも、いまひとつ盛り上がらず^^   まぁ、夫と2人っじゃ、盛り上がるわけないけど。
週末から晴れて夏になるって、本当かな!?
[PR]
by xiangpian | 2012-07-20 01:53 | おうちご飯

紫陽花3変化

しとしとしとしと、と本当に毎日よく雨が降ります。  
ときには大きな粒のヒョウまで・・・
まるで梅雨のような天気が続くアムステルダム。
このまま夏が終わるんじゃないか、とみんな言っています。     ざけんなよっ! 


こちらは、3週間ほど前に買った紫陽花。

a0153807_23171265.jpg

日本ではあまり見かけない品種かも。


花弁ひとつひとつが小さく、グリーンとピンクが入り混じった
カラーグラデーション。


小花好きな私としては、ボリューミーな紫陽花よりも、どこか可憐さがある
この紫陽花がお気に入り。


蚤の市で見つけた、アンティークの(100年以上前のオランダのものだとか)
ピッチャーにいけました。


ピンク色の野の花(名前わからず)と一緒にいけましたが、
こちらはすぐに萎れましたわ^^:





かわいらしい紫陽花でしょー

a0153807_23234174.jpg


ところで、
この紫陽花を買う少し前に、遊びに来ていた友人から「紫陽花の水あげのコツ」を聞いたのです。



a0153807_2328080.jpg

紫陽花の茎の下から5センチぐらいの部分を一部カット。

茎の中に
こうした白い綿みたいなものがつまっています。

それを楊枝かなんかを使って、綺麗にとりのぞきます。


ちょっと面倒だけれど、これをすることで、
紫陽花のもちが、ぐーんと良くなった気がします。

あ、わかりません、アムス涼しいから長持ちしただけだったりして^^

でもね、
お花のプロの方からも同じ話を聞いたから、間違ってはいないと思う。





この紫陽花が3週間後、ドライになりました~

アレンジ3変化です。


a0153807_23363899.jpg


短く切って和のアレンジを5日間ぐらい楽しんだ後、思い切って水を切ったところ、
わりと綺麗にドライになってくれました。
右の写真のブルーのドライ紫陽花は、実は昨年のもの。
ドライ紫陽花同士一緒にして、もうひとつの和のアレンジでしばらく楽しむことにします。
(ポトスは、小さな花瓶にお水をはっています)


今の季節、お花は買ってももたないと思うから、こうしたドライ紫陽花とグリーンなんかで
涼しげにテーブル風景を楽しむのがいいのかもしれません。


日本、暑いらしいですね~ 
おそうめん、食べてますか?   お風呂あがりにビール、飲んでますか?   あ、麦茶派ですか? 
蚊取り線香たいてますか? あの匂い好き。   節電、 頑張ってますか?  
日焼け止めクリーム厚塗りで、お顔白うきしていませんか?  素敵な帽子、かぶっていますか?
バーゲンで、うっかりどうでもいいモノ買っていませんか?  ガリガリ君、食べたいです。
ひと夏の恋にときめいていますか?    韓流スターに?   ご勝手にどうぞ~


こちらは、しつこいですけれど、涼しい、いや、寒い夏です。
ひと夏のときめきの相手も見つかりそうもなく。 
 
       
日本の夏らしい夏、ちょっぴりうらやましーぞぉー

More
[PR]
by xiangpian | 2012-07-18 00:08 | オランダの花と緑

クリーマー 3つ

「ソース」や「ドレッシング」や「たれ」を入れる、小さな器。
そんな小さな器が好きで、いくつも持っていたけれど、割る。   
本当によく割っちゃう (-_-;)

a0153807_4285062.jpg


今、我が家にあるのは、この3つ。     きっとそのうちまた割るな~
こういう器の総称、なんて言うのかしら?
ミルクピッチャー?  クリーマー?   片口ともちょっと違うし~
ともかく、「たれ」用の器ってことで。

a0153807_4433355.jpg

こちらは、新入り。

伊藤剛俊さんという若手作家さんのもの。
3月に銀座三越で催されていた作品展にたまたま通りかかり見つけたもの。
伊藤さん、益子で作陶されている方らしい。
ご当人はおそらく20代?って若さの男性で、作風がモダンかつ繊細で美しくて、
どれも好みでドキドキしちゃった・・・
彼、将来有望よ、間違いないわ 笑

このクリーマーも黒と白、大きさも大と小があって、悩んだ結果 白の小に!


とても気に入っています。

今度こそ、割らないように気をつけないと!






a0153807_441123.jpg

マーケットで久しぶりに水菜を見つけたので、サラダに。

ニンニクと一緒にゴマ油でカリカリにしたジャコと豆腐のサラダ。
ポン酢とごま油のドレッシングをかけて頂きます。

コレ、昔から1番よく作る?サラダ。
ジャコのほかに、たくあんなどを細かく刻んでトッピングをしたり。
粒ゴマをたっぷりとふってみたり。
私は必ずと言っていいほど、サラダにトッピングする派(?)です。

カリカリっとした触感と豆腐の柔らかい触感が楽しい。


お酒飲みたくなるでしょー  うふふ。
[PR]
by xiangpian | 2012-07-16 04:50 | 和の器

紫陽花の和テーブル

一人ぼっちの雨でたいくつな日曜日。 (夫、1週間出張中)

こういう時こそ、「テーブル遊び」に興じます。

この前までピッチャーにいけていた紫陽花を短く切って、和のアレンジに変更。
小さな紫陽花の水あげがうまくいって、結構長くもっています。   このままドライになるかな。

a0153807_425332.jpg


紫陽花をセンターに、和のイメージにしましたよ。
夏なので、ガラス多めで。

a0153807_4272677.jpg


このテーブルに色目が合いそうなので、先日買った空色の鉄瓶も置いてみました。

a0153807_429234.jpg


このごろ、あまりデコレーション過多のテーブルは好みでなく。    何もないテーブルもつまらないけどね。
つい色々盛りたくなっちゃうところだけれど、夏こそ、スッキリしたテーブルの方が居心地よいはず。
とくに、和のテーブルのときは、やりすぎに注意です^^;

a0153807_4313058.jpg


お料理も、頭の中ではあれとこれを作って、この器に~
なんてイメージがあるのだけれど、腕がついてゆきません (^_^;)

一通り撮影したところで、はい終了。

それなりに?楽しい日曜日でした^^



主人、このごろ超多忙でして。

一人の時間に慣れすぎです、私。 
 
かわいそうでしょう?     なんだか不憫でしょう?
      
でもね、そうでもないから大丈夫よ。    笑

結構、ひとり 好き。    暗っ
[PR]
by xiangpian | 2012-07-13 00:21 | テーブルアレンジ

zara home セールにて

バーゲンがスタートしています。
もう何かお買いものしましたか?

アムステルダムの街中にある大きな「ZARA」へ行ってきましたよ。
目的の場所は、3階のzara homeです。

まだ一部商品しかセール価格になっていなかったけれど、 狙っていたものが安くなっていたので、
速攻 GET!

a0153807_150385.jpg


テーブルグッズがほとんどです^^:

ここの商品は、色別、テーマ別にコーナーが分かれているので見やすい。
キッズホーム商品なども、すっごくキュート。 
大人の私でも欲しいようなタオルやベッドリネンなどが揃います。

狙っていたものは、この三つ。

a0153807_1521319.jpg


用途不明な(笑)タッセルやナプキンリングも、いろいろなタイプがあって、ついつい・・・
鮮やかなターコイズブルーのランナーは、麻と綿の混紡素材。(母にプレゼントする予定)
グレーの写真たては、エンボス部分が洒落てるの♪


おそらく、このあともっと沢山の商品がどんどんプライスダウンされて行くと思うので、
ひと月後ぐらいに最終セールを狙って、また覗いてみようかな。

ここでお買いものしたあとは、階下でチラッとだけお洋服を見るつもり・・・が、結局2時間ぐらい見ちゃって、
10着以上試着もしちゃって、一人鏡の前であーでもないこーでもないと悩んじゃって、結局5着も買ってしまった、おバカな私。

そのお写真は・・・

やめておきます^^   
はずかしーもん。     ザラでどんな服を買ったかなんて、興味ないっしょ!?  

大好き、zara ♪♪♪
安くなれ~  もっともっと安くなーれ。              まだ買うつもりか?

ちなみに、H&M homeは、私の趣味ではなかったデス。

プライス タグ!
[PR]
by xiangpian | 2012-07-11 10:46 | 趣味&お気に入り

家飲み♪

今の季節、本当にいつまでも明るくて、気がつくともう19時?
え、夕ご飯の仕度何もしてないぃぃーーー なんて事がしょっちゅう。
食事を終えても余裕で明るくて、家で過ごす事が勿体なく思えちゃう。
けれども、外食で「飲み」というのは、いかんせん高くつくし、リラックスできない。 
運転もできないしね。  やっぱり、家がいいのだ。

週末の夜ぐらい、
ボトルを開けて、ダイニングテーブルじゃなくリビングテーブルのほうで、
だらだら飲みながら、つまみながらの夕飯でもいいよね!?

a0153807_5412367.jpg


ドリンク・・・ 今回は、夏らしくシャンパーニュを。   チーズはゴーダとマンチェゴ。

料理・・・ 基本的に「つまみ」メインですので、時短ものです。  あ、いつもですけど^^;
トースターでこんがり焼いたパプリカをマリネして。    甘くて美味しいよ。 
旬のハーリング(ニシンの塩づけ)は、ライムをぎゅっとしぼって。
〆は、サーディンとホウレンソウのパスタ。

a0153807_5453157.jpg


ソファーに座って、ウィンブルドンの試合を見ながら、飲みつまみ♪
ボトルは1時間もしないうちに飲みきっちゃったけれど、だらだらつまみは続く・・・
ぬかづけと泡も、意外に合うぞ~


さて、今回選んだシャンパーニュ。
Pommery社がつくっている POP EARTH というもの。
作り方もラベルも「エコ」をテーマにしている様だけれど、  うーん、イマイチ。
もともと、Pommeryのオリジナルシャンパーニュも、私にはドライすぎて好きじゃないのだけれど、
このエコワイン pop earthもすごーくドライ。 おまけにぶどうの風味があまりせず、
そんなに安いものでもないのに(35ユーロ)、ガッカリでした。  
(あくまでも個人の好みの問題ですけどね^^)
泡が飲みたいのなら、7ユーロのプロセッコでもよかったか 笑

シャンパーニュの中でも私が好きなものは、ドザージュ(シャンパーニュをつくる上で最後の過程、加糖)
高めのものだから、やっぱり選択ミスだったなぁ。

皆様、美味しい「泡」飲んでいますか?
炭酸好き、ぶどう好きの私にとって、スパークリングワインは、最高のドリンク♪
何か気に入ったものに出会ったら、教えてください~


ドンペリとかサロンとかクリュッグとか、そういうんでなくてね・・・
[PR]
by xiangpian | 2012-07-10 06:06 | ワイン&お茶

Rosarium

先週土曜日、お天気がよかったので久々に主人の運転でドライブを楽しみました。

ガラス工芸の街へでかけ、風車が並ぶ世界遺産の場所をめぐり、夕刻にはハーグにあるバラの公園へ。

公園の一角がバラ園となっているロザリウム。     夫、やや退屈そう。 笑

a0153807_2393644.jpg


残念!  早すぎました^^  ここのバラ、まだ五分咲き。    
街中のバラはそろそろ終了なんだけれど^^

a0153807_23112239.jpg


全体の半分ぐらいしか咲いていなかったけれど、人も少なく美しいバラを独り占め感覚。

a0153807_23132820.jpg


公園の中を小さな運河が流れていたり、カモがうろうろしていたり。
広大な敷地の中、ゆったりした時間が流れます~

a0153807_2315699.jpg


9月まで楽しめるそうだから、見ごろは7月末ぐらいかな?


ロザリウム。
そういえば、アムステルダムにも同じ名の場所があります。
こちらは、レストランの名前ですが・・・

アムステル公園の一角にある レストラン ロザリウム。
その名の通り、レストラン横に小さなバラの園が広がるんですね~

a0153807_071187.jpg


芝生が青々と美しいので、バラも映えます。

a0153807_235054100.jpg


レストランのテラスから、バラが見られるなんて、幸せですね。
ここのバラは、見ごろを迎えているみたい。     ほら、バラの海。  満開。
近いうちに、レストランロザリウムにお茶しに来ようかな~  薔薇とお茶 いいかも。

    あーん、いい匂いがするぅ~  ♪ 

a0153807_23241969.jpg


薔薇も種類が多すぎて、なかなか名前を覚えられません^^

a0153807_23321124.jpg


真紅のバラ  小さくて黄色いバラ  つる薔薇  香りの強いバラ 椿みたいなバラ   じゃ、ダメかな^^
ダメだね。

だから何度も言うけれど、ベルばらの登場人物の名前つけてくれれば、覚えられると思うのよね。
オスカル アンドレ  ロザリー アントワネット フェルゼン デュバリー アラン ポリニャック とかさ~
それから、キャンディー アンソニー イライザ  テリーにアニー ってのも圏内よ。    


んっ? 

More
[PR]
by xiangpian | 2012-07-09 10:06 | オランダの花と緑

モミジと紫陽花のインテリア

七夕ですね~
アムステルダムは生憎のお天気です^^:

そんな「七夕」とひとつも関係ないインテリアの記事で失礼しますわ~


モミジを鉢植えにして、家の中に置いています。

a0153807_2125499.jpg

                                                      逆光です、暗いね~

窓から見える景色の中に緑がワサワサしている環境なので(幸せ!)家の中にグリーンはそれほど必要ないけれど、
やはり「和コンセプトの緑」がひとつあると、癒されます。   

4月にガーデンセンターで購入した「モミジ」を鉢に植え替え、公園から剥がしてきた(笑)「コケ」をはって、
水やりは週1、 霧吹きは気がついたときにシュシュッ っと・・・

これで、結構丈夫に育ってくれています。

a0153807_2181820.jpg


少し前の話ですが、今年の母の日は、「モミジの盆栽」を両母に贈りました。 (ネット注文ですが)
その際、自らが描いた「絵手紙」を礼状として義母から送られてきたので、額に入れて一緒に飾っています。
絵手紙には、贈った盆栽のモミジの葉が貼られており、感激。



変わって、アジサイです。

いつもの扇子アートのコーナーには、日本から遊びに来た友人に買ってきてもらった
紫のアジサイ柄のものをフレームイン。
実際に使用する扇子ではないので、結構ベタな柄のものを見つけてもらいました。

タペストリーはちょうど合う色のものがなく、仕方なく大判の紙をタペストリーサイズに切り工作です^^  ザ チープ。 
小さな紫陽花は、アーティフィシャルのキャンドルリングですの。

a0153807_2118838.jpg


タペストリーの代わりに、流行りの「手ぬぐい」を飾ることも考えたけれど、
手ぬぐいだと、どうしても「純正 和」な雰囲気になってしまうので、他インテリアとミックスしにくい・・・
まぁ、すごくモダンな柄の手ぬぐいなら話は別だけれど。

私の好みは、 和インテリアではなく、オリエンタルな雰囲気の和と洋のミックスインテリアなので、
「うちわ」じゃなくて「扇子」がいいし、「手ぬぐい」じゃなくて「タペストリー」がいいの。
盆栽鉢も、定番のものじゃなくモダンなものがいい。
和の家具には洋の小物を合わせ、洋の家具には和の小物を合わせたい。
私の中の小さなこだわりです^^     な~んて、生意気に語るね、あたしも。

a0153807_21213185.jpg
 


アムステルダム、まだバラも咲いていますし加えてアジサイも咲きだして、
薔薇と紫陽花のコラボレーションが楽しめるかも~


この雨が上がったら、カメラを持って花撮りにでも出かけよう。


その前に、短冊に願い事でも書いて、モミジに(笑)下げるかな。

願い事ねぇ・・・  「ただただ毎日を健康で暮らしてゆけますように~」

だんだんと願い事がシンプルになりつつある昨今。  歳のせいかな。
でも、性根は結構な強欲女だったりするのにね^^  笑

[PR]
by xiangpian | 2012-07-07 00:49 | インテリア

美食倶楽部 料理教室2

こちらで習っている料理教室。
ヨーロッパのお料理に限らず和食やアジアンなど、レシピのバリエーションも豊富で
先生との愉快な?トークもよい味つけとなり(笑) 毎回楽しく習っています。

先週は、リクエストで「太巻き」のレッスンを! 
洒落たやつじゃなくて(笑) 定番の太巻きね。

a0153807_1634886.jpg


小さい子供がいる家庭では、学校のイベントなどでこの「太巻き」を作る機会が結構あるそうです~
ママって、大変ね~
かんぴょうを煮たり、卵焼きを焼いたり、ごぼうやシイタケを甘辛く煮たり・・・
手巻き寿司とは違って、なかなか手間のかかる作業です。
それぞれで苦労しながら、巻き巻き~
ご飯が多すぎても少なすぎても、具材の配置によっても、巻きあがりの美しさが違い、意外と難しかった・・・
先生曰く、「10回位作らなきゃ、うまくはならないわよ!」と。
それぞれが作った太巻きをひとつずつ頂きます。

みんなで作る「日本の味」は、少々不格好でも、格別のお味♪


こちらは、タイ料理メニュー。

a0153807_1685961.jpg


さつま揚げを作りましたよ~    手がエビくさくて、大変です 笑

a0153807_16101153.jpg


タイ料理には、ビールが合いますね!
一緒に習っている生徒さんたち、ほとんどお酒NGなので、いつも私と先生でカンパイ^^


先生のお得意分野は、イタリアン?  やっぱりダッチかな?
夏料理の定番前菜!?  サーモンタルタルです。

a0153807_16131822.jpg
 

生とスモーク、両方のサーモンを使いました。
キーンと冷えた白ワインと1ユーロ(!)のトルコパンが最高よ。



さて、次回はポルトガル料理。   ギリシャ料理に韓国料理も習う予定よん。

楽しみ~ 


レッスンのお問い合わせなどは、 コチラ へ。


    

 

サーモンタルタルは、生徒それぞれで盛り付けに挑戦です!
[PR]
by xiangpian | 2012-07-05 16:18 | 料理教室