<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

キューケンホフ公園 2012

オランダに、チューリップの季節がやってきました♪
今年の春は、天気も安定せず寒い日も多いので、キューケンホフ公園のチューリップもまわりの花畑も
例年より少しだけ満開の時期が遅れている気がします。

キューケンホフ公園。
今が満開。   夢の国にいるような光景が広がります。

a0153807_22214386.jpg
  

一緒に出かけた友人がこう言いました。
「ここへ来ると、言い方おかしいかもしれないけれど、まるで天国にいるみたいな感覚じゃない?」
まさに!   天国って行ったことないけれど、こんなところかもしれない。
こんなところだといいなぁ。   やっぱり地獄よりは天国へ行きたいと思う わたし。

a0153807_22234265.jpg
 

満開の花々  小鳥のさえずり  花の優しい香り  ときどきワッフルの甘い香りもね~
楽園だわ。   楽園ってこういう場所のことを言うのよ~~~

a0153807_2227493.jpg


この公園のチューリップを見るために、世界中から観光客が集まります。
園内の観光客、あまりにも多国籍すぎて、万博か!  って思いましたわ^^
天気のいい平日を選んで出かけたので、まだ人の数はマシな方ですけどね・・・

a0153807_22315282.jpg


それにしても、この公園は花のレイアウトが素晴らしい。
多分、専任のガーデナーがいて、毎年開花時期を計算しながらデザインを考えるのでしょう~

a0153807_2235524.jpg


この公園では初めて見るようなチューリップの品種にも出会います。
オーソドックスな赤や黄も和むし、黒いもの、フリンジつき、大輪の八重咲きもゴージャスだし。

a0153807_22385531.jpg


私の好みは、こんな感じのやわらかい色のもの。

a0153807_2240218.jpg


ムスカリの小川?   
このコーナーは、毎年、写真スポットとして定番みたい。

a0153807_22423260.jpg


ムスカリのブルーが、チューリップの鮮やかな色を際立たせています。

a0153807_22441063.jpg


遠くから見ると、とてもチューリップには見えない 大輪の八重咲きチューリップ。

a0153807_2245182.jpg


バラ? ボタン? 芍薬?    いえいえ、全部チューリップなの。

a0153807_2245376.jpg


園内、オランダらしく風車もあるし、池に噴水、白鳥もいます。  小さな運河まで。

a0153807_22485177.jpg


この公園へ行かずして、オランダは語れません・・・
とでも言いたくなるほど、素晴らしい公園です。   オランダの宝と言っていいと思うな。

お察しと思いますが、
写真も、ものすごい数、撮ってしまいます。  だって、どこを撮っても画になるんだもーん。     
ブログ用の写真編集も、選びきれず大変。   

でもねでもね、
実際の公園、目で見る光景は、この写真の何十倍何百倍も美しくてため息ものなのです!!!
私の撮った写真なんかじゃ、とても伝えきれないのが悔しいぐらい。

a0153807_22553297.jpg


a0153807_062396.jpg


チューリップが満開の1番の見ごろは、もちろんその年によって違いはありますが、
平均して4月の最終週ではないかと思います。  公園周辺の花畑もセットで楽しめますよ。



行き方 → 期間限定でスキポール空港からとライデン駅からの直通バスが出ています。
        チケットは、空港内または駅前インフォメーションセンターなどにて、バスと公園入場料
        がセットになったチケットを購入出来ます。

桜と・・・
[PR]
by xiangpian | 2012-04-29 23:06 | オランダの花と緑

新緑色のテーブル

おNEWのカトラリーを使って、テーブル遊びに興じました。
誰も来ませんけど、1時間ぐらいかけてテーブルセッティングしましたわ (-_-;)
暇ですのよ、毎日。    だいたいおひとり様ですのよ、いつも。

テーマは、「新緑のシノワテーブル」  なんてね。

a0153807_5363868.jpg


あ、実際にお料理がのるイメージとか、そういうのゼロです。
雰囲気 雰囲気・・・

a0153807_5392210.jpg


上海で購入した蓋つき茶碗の色に合わせたテーブルです。
このグリーンの色が大好き。  観葉植物の葉をちぎって、アーチなんかつくっちゃった。  

a0153807_5424577.jpg


白いお皿は高台つきのものにして、アジアの雰囲気を。
ガラスやアタや水牛の角のレンゲなど、異素材のテーブル小物をあれこれ並べて。
なんだかかんだと、いろいろ持ってるね、あたしも (^_^;)
お花もさわやか系で。

a0153807_5475458.jpg


新緑の季節、グリーンのテーブルをつくると、部屋全体が爽やかな雰囲気になっていいものですね~


さて、このカトラリーデビューできる日は、いつかしらん?

オマケでブラック&グリーンテーブルも。
[PR]
by xiangpian | 2012-04-28 06:00 | テーブルアレンジ

イタリアのカトラリー

ちょっぴり洒落たカラフルなカトラリーを探していた。

持っているものは、結婚のお祝いに頂いたアメリカ製のシンプルなステンレスのものと、持ち手がウッド色のフランス製のもの。
気に入ってはいるけれど、いつも同じカトラリーでちょっぴり飽きていたの。
テーブルコーディネートをしたときに、ワンポイントの「遊び」が欲しい。

へへへ、
近所のお店で目をつけていたものが、このたび25%オフになっていることを知り、すかさずGET!!!
ラッキー ♪

a0153807_150724.jpg



a0153807_1505954.jpg

イタリア製品です。

マロン色 アイボリー色 オリーブ色の3色で。
カラフルカトラリーを探していたわりに、地味色を選んでしまうワタシ。
(というか、この3色しかなかったわけですが。)

持ち手部分のマーブル模様がお気に入り。

オリーブ色のスプーンは、今のところ入荷待ちで 笑

ナイフ&フォークは通常のディナーサイズよりもひとまわり小さいタイプを。




a0153807_1564620.jpg

こちらは、別製品のデザートフォークとスプーン。

これもイタリア製品。
  
当初、この同タイプのディナーカトラリーで赤、青、緑などを少しずつ揃えてゆこうかと思っていたのだけれど、日本のネットショップで容易に購入できるみたいなので、つまらないからやめました 笑

このグレーはいい色なんだけどねぇ・・・

装飾部分が洒落ているけれど、あきるかも!?




ナイス、イタリア製品。  
お値段もまぁまぁ手頃で、ちょっと素敵なものが見つかって嬉しいな。

テーブルの上での色遊びが楽しみ。
誰も来ないけれど、テーブルセッティングしてみよっと♪


次記事に続く。
[PR]
by xiangpian | 2012-04-27 02:13 | 洋の器

マイオリジナル盆栽

3週間の一時帰国の間に、全滅した盆栽たち。
泣けたぁ~~~
コケを張り替えつつも、結構元気に育ってくれていたのですが・・・

気をとりなおして、ガーデンセンターへ。
植物や花を植えつけるには、今がベストシーズン。
モミジをはじめ、ハーブに観葉植物に、高山植物、沢山買いましたよ。

草花盆栽 四季盆栽 なんでも盆栽、とでもいいましょうか、マイオリジナル盆栽です。

a0153807_4273421.jpg


盆栽鉢も、自作のものとお気に入りのものと、いろいろです♪

a0153807_42948.jpg


コケは、今回はドライのモス(ハイゴケ)を1ユーロで購入。    水にもどして貼りつけました。
そのうち、公園から美しいコケを失敬するつもりですけど。

色砂でのお化粧は、水遣りのときに面倒なので、ひとつだけに。
(我が家はベランダがないので、なんと洗面所にひとつひとつ持っていって水やりしているのですよ^^)

うふふ。
愛おしいったらないわ。

リビング各所にスタンバイ。

a0153807_4334292.jpg


モミジも見つけました。
 
a0153807_435984.jpg


ただ、この鉢は水抜けする穴がないものなので、どうなるかわかりません。

盆栽、育ててみなけりゃ分からないからおもしろい。

前回の失敗、クリスマスローズは盆栽にはNGでした。  根を大きく張る植物はやっぱりだめです。
チェッカーベリーは、大正解でした。 

盆栽用の小さな苗木が見つかればよいのですが、こちらではかなりむずかしいので、当分は今回見つけて
きた少し和の雰囲気を持った草花を育てて楽しむつもり。


我が愛しい子供たちよ、母さん、がんばるぞよ!

 
[PR]
by xiangpian | 2012-04-23 21:21 | 盆栽とミニチュア

アンティークメガマーケット  その2

年に2回の 巨大アンティークマーケットに、この春も行ってきましたよ。
今回はたのもしいアンティーク好きの友人も一緒。
しかし、最初から最後まで完全なる別行動。  2人とも 本気モード!  どんな本気だ? 
お昼10分だけ一緒に食事しつつ情報交換 笑

さて、いきなり戦利品から紹介しちゃいます!

a0153807_4101456.jpg


今回の狙いは、友人から頼まれたものや、前回の買い物に追加購入したいものがメイン。
衝撃的な出会いは(なんじゃ、それ) 特にありませんでした。 

でも、やっぱり興奮したし、5時間いても見足りないほど。
今回は1度トイレ休憩あり  あはは。

会場、ともかく広いの。

a0153807_4133884.jpg


まず1番に向かったのは、好みの皿が沢山置いてあって前回大興奮したこちらのブース。

a0153807_4174650.jpg


頼まれものを探したけれど、残念、見つからず。
そのかわり、買い足したり小さな皿も買ったり。

では、気になったものをいくつかご紹介!

a0153807_4193960.jpg

コカ ブルーのティーセット。
北欧ものもちょこちょこあるのが、このマーケットの魅力。

現地マーケット価格と、さほど違いません。

アラビア(フィンランド)  ロールストランド(スウェーデン) フィッギョ(ノルウェー)   
などのヴインテージものが容易に見つかりますよ。

ロイコペ(デンマーク)の古いものもいくつかありました。

それにしても、ノルウェー製品フィッギョの充実ぶりに毎回驚き。



a0153807_4231152.jpg

このメルヘンチックな超かわゆい陶器は(磁器かな?)
よく見かけるのですが、
いかんせん、値段がかわいくない。

ハンドペイントなのかな?
絵つけも繊細で、装飾も洒落ていて、高いのも納得だけれど。


今回も写真だけ撮ってサヨナラ。



a0153807_426733.jpg


うぉー シブイ。
かなり好みです。 このちょっぴりサビサビな見た目もイカスね~
和っぽくも中国っぽくもあります。

もう少し安かったら、買ったかもしれません。   65ユーロでした。

ペイント柄からして、オランダのものだと思います。

なんか、いい仕事してるって感じ。



a0153807_4291989.jpg


和皿もしっかりチェックしましたよ。
絢爛豪華なこちらのお皿は、セット売りだったのでいいお値段しました^^
もしかして、中国のものかも!?

外国人に好まれそうな華やかな色絵です。

伊万里焼きもいくつか見かけました。
値段の相場は、日本の骨董屋と同じぐらいじゃないでしょうか?

古くから日本と国交貿易の盛んだった、さすがオランダ!
和骨董もお宝が見つかります。



中国のお皿やアイロンのコテのような型、大好きなイカールの絵にビスケットジャーなど、ほかにも素敵で気になるものが
いくつかありましたが、キリがないので今回はすべてスルー。

a0153807_4454122.jpg


それから、頼まれもので「ティーボウル」を探したのですが、今回はあまりいい出会いはなく・・・

a0153807_449414.jpg


左が中国のもの。   右が英国のものだそう。  いずれも50ユーロ。
どちらも、ピンと来なかったので、買いませんでした。
M様、ごめんなさい。   いいものに出会うまでお待ちくださいね!


楽しかったけれど、さすがに5時間歩き続けると人酔いもするし、喉渇くし、疲れちゃって脚ふらついてくる。
帰りの電車内は、友人とも言葉少なに 笑


さて、そろそろアンティーク蚤の市シーズンが始まります。
今年はどんな出会いがあるかな~♪

もう一つの戦利品
[PR]
by xiangpian | 2012-04-20 15:07 | アンティーク&ヴィンテージ

桜イメージのインテリア

あちらの方もこちらの方も、桜の素敵な画像をブログアップされていて、癒されていますよ。
この季節、日本はいいですね~
昨年は、心に重い鉛を持ったような状態で、桜を愛でる気持ちの余裕がありませんでしたから、
今年の桜は、格別に美しく感じることでしょう。

オランダにも桜が咲きます。
もう散ってしまいましたが、桜をながめては「日本」を思い出し、ちょっぴり切なくなったりするんです。
なーんてね、私は帰ったばっかりだったわ^^;

桜の木は手に入りませんでしたので、アーティフィシャルの桜の枝で部屋の中を少しデコレーション!

a0153807_4402892.jpg


和のコーナーの扇子は、夜桜にしました。
半幅の帯をタペストリーにして、帯締めを結ってみたりして。  紺×ピンクに。

a0153807_4445076.jpg


「桜」色が映えるのは、やっぱり青い空。
桜色のテーブルやインテリアを考えると、真っ先に思い浮かぶ色が私の場合、スカイブルー。
昨年も一昨年も桜テーブルは、ピンク×スカイブルー でしたわ。
桜の切り絵と和紙で 桜カードをつくりました。

今年は、本棚の上のデコレーションをこの2色のキャンドルで楽しんで。

a0153807_1913692.jpg


ちょっと、飾りすぎですね(^_^;)

リビングのほうも少しだけ桜。

a0153807_1914092.jpg


和洋両方の骨董小物に、桜トッピング。


私の理想は、和でもない洋でもない ミックスインテリア。
クラシックも好きだけれどモダンも好き。  カワイイのも好きだけれどシブイのも好き。
今夜もあれこれ妄想しながら、眠りにつきます。
マイホームが持てたら、小さな庭に桜の木を植えよう。 妄想の中だから、豪邸にするか。 
    
・・・とかね。

桜アート
[PR]
by xiangpian | 2012-04-18 08:31 | インテリア

イタリア旅行  ~アマルフィ~

大雨の中、ポジターノからバスに揺られ45分、アマルフィに到着。    またもや車酔い^^
アマルフィという場所は、織田裕二主演の映画で日本人には名の知れた場所となりましたね。
これです。
でも、実際のところ、この映画の中でのアマルフィロケ、ほんの一部なのよね^^

a0153807_215885.jpg


美しい場所でした。

a0153807_2201679.jpg


つかの間の晴れ間を見つけて撮影。
海の色が本当に綺麗。   これで空も青かったら、絶景と言えるでしょう。

a0153807_2225390.jpg


夜景もロマンティックです。

a0153807_224238.jpg


街のシンボル、教会の鐘は、イースターの間中何度も鳴り響いていましたよ。

a0153807_2252046.jpg


ポジターノ同様、細く入り組んだ階段路地が続きます。

a0153807_2210297.jpg


もっと大きな街をイメージしていたけれど、半日あれば回れちゃう程の小さな街でした~

アマルフィ海岸には、他にも断崖絶壁に小さな町が点在します。

a0153807_2213679.jpg


地震はない場所だとしても、大雨で地すべりとか起きないだろうか? と不思議に思いませんか?
よくもこんな場所にホテルや道路を作ったなぁ・・・   と、ひたすら感心。
バスに揺られながらの道中も、若干不安で怖かった私。

崖沿いに、レモン畑が広がっています。
ただ、どこも網がかけられていて(風よけかな?)、黄色い景色を見られず残念。

a0153807_22171331.jpg


食事は、映画アマルフィのロケにも使われた高級ホテルのレストランへ。
ここもロケーションは抜群でゴージャスでテンションあがったものの、お味はふつう。

a0153807_2248639.jpg


そういう場所での食事より、カジュアルなバールやカフェでの軽いご飯が好き。  安上がりな舌だね。

a0153807_22201384.jpg

これは、前菜で頼んだブルスケッタ。
アンチョビとトマトがのってるだけですが、ほんのりニンニク風味でパンもほくほく。

ワインが安いのも最高!
ボトルで頼んだアリャーニコ、レストラン値段で20ユーロもしないのに、すっごく美味しい。

このあと、これまた普通にボンゴレパスタとか頼んで、
夫婦で奪いあうほど美味。

思うに、イタリア料理はシンプル調理でいただくほうが贅沢お料理に感じます。
というか、そのほうが好みです。





旅をまとめると・・・

期待ほどではなかったかな、ポジターノ&アマルフィ。
エクスカーションでちらっと立ち寄るだけでいいかも。
まぁ、天気次第ではもっと違う感想を持ったかもしれませんが・・・
以前訪れた近場の観光スポット、ソレント&カプリ島  の方が私にとっては、印象的でした~~~

青の洞窟  &  緑の洞窟
[PR]
by xiangpian | 2012-04-16 01:07 |

イタリア旅行   ~ポジターノ~

ナポリから電車でソレントまで1時間。   そこからポジターノ行きのバスに乗り換えさらに1時間。
この方面への旅は2度目なんだけれど、すっかり忘れていたわ。
この断崖絶壁の山道を縫うように続くクネクネ道に、私、めちゃくちゃ車酔い。   
ガタガタ道は大丈夫だけれど、クネクネ道がダメ、気持ち悪くて景色を見る余裕もない。 
行きも帰りも、あと少しでリバースするところだったわ~~~ ^^;  
オェ~ 苦しかった。

a0153807_453916.jpg


まぁ、着いた先には絶景が広がるんですけどね。
それにしても、時間を追うごとにだんだんと怪しい黒い雲が広がってゆく。 
 急いで、写真、写真。

a0153807_4133630.jpg


1時間後には、空一面雲に覆われるポジターノ。
青い空がのぞめないので、花を入れて写真を誤魔化そう。

a0153807_14352665.jpg



それにしても、すごい地形の中に村が出来上がったもんだ、と感心します。
アマルフィ海岸の中でも、ポジターノはその見事な景観でセレブリティーの方々にも人気があるそうですよ。

お洒落なホテル、テラスレストランも多くて、夜なんかすっごくロマンティックなの。
ここは、私たちの宿泊したホテルのレストラン。

a0153807_4214833.jpg


青と白のすっきりテーブルコーディネートがお洒落~

ここは、海へ向かう道中にちらっとのぞいたプチホテルのテラス。  青いグラスはオキマリなのかな。

a0153807_424425.jpg


さらに、海のほうへ降りてゆくと、こんな場所が。

a0153807_4251863.jpg


ひゃ~ん  ロマンティックが止まらないじゃないか!   
この日の夕食は、ここで決まり。   ぱらぱら雨降ってきたけれど、テラスで食事しちゃう。
寒くてコートぬげなかったし、食事は結構普通で期待外れだったけれど、でもでもロケーションは最高。


さて、ここポジターノ
ホテルのある高台から海まで下りてゆく間に、階段の小道が続きます。
迷路みたいで楽しい。  お土産屋さんをひやかすのもよし。   

a0153807_430275.jpg


このあたりのお土産は、麻とレモンチェッロとセラミックが有名みたい。

a0153807_4333243.jpg


うーん   あれれ???   私としたことが・・・欲しいものがないぞ・・・

a0153807_4352618.jpg


折角のお土産街道2周もしたのに、結局、レモンジェラート食べただけで、何も買わず。
おいおい、どーした、わたし???

そんな私の横で、夫、イタリアポロシャツを4枚も購入。  

a0153807_4375117.jpg


オランダの街でイタリアポロシャツ着るのだろうか?   オランダポロシャツじゃダメなのか?

何か狙ってるのかな。

お好きにどうぞ。



アマルフィに続く。
[PR]
by xiangpian | 2012-04-13 04:45 |

イタリア旅行  ~ナポリとポンペイ遺跡~

イースター休暇は、イタリアのアマルフィーとポジターノを旅行してきました。

が、が、が、お天気がよくなかった・・・    がぁぁぁぁっくし!

アマルフィー海岸へのアクセスは、ナポリが起点となります。
前泊したナポリ、私は初めてだったので、海方面へ軽くぶらりとお散歩です。

a0153807_404642.jpg


サンタルチア港は風情もあり美しかったですけどね^^

街中、ひどい。 笑

a0153807_422229.jpg


あちこち工事中ということもあったけれど、全体的に雑多でごみごみして、実際汚いし、車の運転があらくて轢かれそうになるし、
お洒落な人も見かけないし、もう一度来たいとは思わないな、この街。
なんつって、1時間でナポリの何がわかるっていうんだ、あたし。

ピザでも食べる時間があったら、印象も変わったかもしれない。

駅の近くに市場があったので、のぞいてみました。

漁港が近いので、海の幸が豊富。  中でもボンゴレやムール貝をはじめとした貝類がたくさん。
貝好きの私は、ちょっと興奮しちゃう。

a0153807_455449.jpg


大好きなズッキーニの花も売られています。
素材がすべてのイタリア料理。     シンプルな料理こそ、美味しいのよね。
蛸とオリーブのマリネ、レモンをきゅーっと絞って、ウマウマでしたよ。

a0153807_475090.jpg


野菜ののった屋台をひくお兄さんを撮影。

a0153807_48522.jpg


まぁまぁイケメンか!?    


変わっては、ナポリから30分ほどの場所にあるポンペイ遺跡。

a0153807_4141530.jpg


ヴェスヴィオ火山の灰に長らく埋まっていたポンペイの街。

a0153807_4185011.jpg


1時間半しかなかったのだけれど、見きれない。
広い、広い。     こんな大きな町がそっくりそのまま火山灰に埋もれていたとは・・・

出土物も、綺麗に保存されています。

a0153807_4213970.jpg


神殿や円形闘技場もしっかり残っており、古代ローマの生活風景も伺えます。

a0153807_4235119.jpg


遺跡好きの主人、興奮して「自分入り写真」を撮りまくり。  いや、撮られまくり。
「この角度で撮ってくれ」 「もうちょっと、腰上ぐらいから撮影してくれ」 と、ウルサイ。


遺跡関係、ほとんど興味がない私は、しらぁ~っとお昼ご飯のことばかり考えてました。


さて、このあとは、いよいよ海ですよ。
晴れのち曇りのち雨のち豪雨のポジターノとアマルフィー。   ときに、雷までゴロゴロドッカーン!

続く。
[PR]
by xiangpian | 2012-04-12 04:31 |

イースターのインテリアとお花

Happy Easter!!!

a0153807_19252327.jpg


こちらは、イースター休暇の最中でございます。   (この記事は予約投稿しています)

この季節、「桜」イベントと重なってしまうので、どうもイースター文化は日本に定着しませんね~

ここ、オランダ。
ひとつきほど前から、イースターグッズが店頭に並んでいます。

パステルパステル、鶏に卵・・・かわいらしいけれど、さほど興味がない私 笑
イースターグッズはあまり増やしたくないので、今年はこのバニーキャンドルを色違いで2つ
だけ購入です。

a0153807_19282976.jpg


本棚の上に、ちょこんと置きました。  スティックキャンドルはグリーンで。  これだけです。

a0153807_19294018.jpg


リビングの方は、毎年定番のヴィレロイボッホのバニーとエッグを。
ヴィレロイのイースターグッズは毎年かわいらしいですね~   イースター終わったらバーゲンになるかも^^

a0153807_1931726.jpg


さて、トップの写真にあるように、
くねくね曲がった枝に、イースターエッグを飾るのが欧米流。   
さすがにこれをテーブル上に飾るには大きすぎるので、テーブル用に春らしい花を買ってきました。

a0153807_1935568.jpg

今の季節、オランダの花屋さんは、選び放題 笑

さんざん迷って、愛らしい色をしたラナンキュラスと真っ白なライラックをチョイス。
イースターっぽくはないけどね^^;

枝ものとグリーンも追加。

安いのはありがたいけれど、1本売りしてくれないのが残念。

どの花も束でしか、買えない^^

自分でアレンジしている間に、ラナンキュラスを3本折る 涙



ちなみに、奥に写っている鉢は、3週間の留守中に全滅した盆栽たちです・・・


自己流で花器に大 小。     あんまりじっくり見ないでね・・・

a0153807_19403371.jpg


ライラック かわいい~~~

a0153807_19421842.jpg


テーブルの上には、グラスを並べて、2輪ずつ。

a0153807_19433418.jpg


このテーブルで友人たちとランチをしましたよ♪

また次の記事で~
[PR]
by xiangpian | 2012-04-08 08:00 | インテリア