<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

新居のインテリア

船便の荷物が届いてから2週間経ちました。
毎日、家の中であーでもないこーでもないと物を移動させて、花を飾って、
なんとなくですが、「形」になってきたので、
お恥ずかしいですが、新居のインテリアを公開しちゃいます。

結局のところ、やはりシノワな雰囲気満載のミックスインテリアになりました^^

a0153807_0472988.jpg


オランダでは、家具、電化製品つきのアパートメント(こちらではフラットと言います)
を借ります。
当然、部屋を持っているオーナーさんの趣味で家具はついてきます。
そこが楽しみでもあり、厄介でもあるところ。
部屋が気に入っても、家具が気に入らない 反対に、家具や間取りが気に入っても、
場所が不便、部屋の向きや眺めが悪い等々・・・   よくあることです。
日本から、いくつかの自分たちの家具を持ち込むこともあり、それらの家具と
あまりにも雰囲気の違うインテリアでは、落ち着きません。
とはいえ、100%満足のゆく部屋には巡りあうわけもなく。
妥協点をさぐる・・・わけです。


さて、リビングルームの様子です。

a0153807_055517.jpg


今回15軒ぐらい見せてもらった中で、この部屋に決めた理由は、
場所が便利であることと、家具がナチュラルテイストでどんな風にも対応できそう
だったから。 あとは、寝室にかなり大きなウォークインクローゼットがあることも
決めてになったかな。 
難点は、強く希望していたベランダがないからガーデニングが出来ない。
外観がモダンすぎる。
その代わり、窓から緑が豊富に見えることで我慢です。

フォーカルポイントは、この小さな窓辺かな。

a0153807_112046.jpg


このチャイナ風飾り棚を置くと、どうしてもシノワな雰囲気になってしまうのだけれど、
大好きな棚だから、あえて一番目立つところに配置。
その手前のアジアバンブー家具も、シンメトリー配置したので、やっぱりシノワっぽい^^

ベランダはないけれど、窓が大きく、外の緑を眺めると気分がよいのです。

a0153807_142987.jpg


この部屋、私の第一希望の部屋でした。
実は、主人の第一希望は、別の場所。
2人の間で結構モメて、でも最終的には家に長くいる私の意見が通り、この部屋に。

どーせ、インテリアはすべて私テイストなんだしね! 
片付けも、ほぼ一人でやったしね! 笑


絵もオーナーさんのものはすべて撤去、自分のものにかけかえ、
カーテンを激安で見つけて裾縫いだけして(手縫い 笑)、お気に入りの小物を配置して・・・
大変だけれど、すっごくすっごく楽しい作業!!!

a0153807_1104482.jpg

 
届いたオーディオで、久々に邦楽聴いたら(あ、聖子だったりしますけど)
もう、この部屋、すっかりワタシイロ♪♪♪

お気づきかもしれませんが、リビングルーム、かなり広いです。 
嫌味でもなければ、自慢でもなく、普通に広いのです。
しかも、すべての部屋が絨毯なので、掃除機かけるの、ものすごくしんどい(^^ゞ

最後は、ダイニングテーブルの画像です。

a0153807_18584743.jpg


6人掛けのテーブルは、2メートル40もあるので、手持ちのテーブルクロスが
どれも、寸足らず。
でも、テーブルの木目がなかなか洒落てるので、クロスをかけないナチュラルな
食卓もいいかな~と思っています。


この写真を撮った日から数日しか経っていませんが、既に、あちこち移動されて、
インテリアも変化しています^^
季節が変ったら、もっと大きく模様替えでもしようかな。 ワクワク。

ところで、こういうインテリアって、何風 っていうと思います?
自分の好きなインテリアのカテゴリーがよくわからない。
コテコテシノワじゃないし、イングリッシュでもないし、ナチュラルでもないし、
スタイリッシュでもないし。ただのミックス。   ま、なんでもいいんですが。

誰かが、コロニアルってどうですか? って言ってわ。
そうかな・・・ うん、それいいかも。


久々、長文記事書きました。
お付き合いありがとうございます。


よい週末を!

こちらは、7年前に暮らしていたアムスの部屋です。
[PR]
by xiangpian | 2011-07-30 01:32 | インテリア

ロンドンで過ごした週末   ~食~

その昔、「イギリスの食事はともかくマズイ」と言われておりました。
しかし、数年暮らす中で、そういう感覚はあまりなく、むしろ、
ロンドンは、パリなんかより気軽に入れる洒落たレストランが多いじゃない!
とすら思ったほど。
(あ、やっぱりそんな事はないんだけどね^^)
今は、ミシュランの星つきレストランも多いし、中華にしても韓国にしても、充実。
イタリアンに関しては、少なくともパリよりいけてると思う。
和食レストランも居酒屋もたくさんあるし、「お父さんたちの憩いの場」もある。

でもって、今回は、なつかしのお店2軒へ。

ひとつめ、中華 Yming(イーミンと発音します)
実によく行ったお店です。
店主さんが、まだ私のことを覚えていてくれて、感動。

これは、大好きなシュリンプトースト。

a0153807_23244018.jpg

セサミたっぷりに揚げてあって、ビールとばっちりね♪

あとは、やはり大好物のカリフラワーフライのニンニクソースと、豆腐の豆ちソースや
パクチョイのいためもの、デザートはこのお店の定番、バナナのフライ アマレット(お酒
です)がけ。 唯一、スパイシースープうどんは、NGでした^^

a0153807_23342525.jpg


中華街から1本それた通りにあるこちらのお店、店内も清潔感あり、感じもいいから大好き。
「チェンチェンク」の福建チャーハンや「ヤウアチャ」のHot&Sourスープも捨てがたいけれど、
今回は久々にここで夕食をとることができて、大満足。

Y ming
35-36 Greek stree
020 7734 2721


翌日はイタリアンへ。

ロンドンのイタリアン、どんどん質が上がってると思う。
イタリアンのカテゴリーの中でも、サルディーニャ島の料理を主に提供している
SALDOへ行く。

a0153807_23324987.jpg


本当は「OLIVO」に行きたかったのだけれど、ネットの評判が悪すぎたので、
SALDOの方にした。
最初に出てくる、サルディーニャのぱりぱりしたパンがお煎餅みたいで大好き。
オリーブもいけてる♪

a0153807_23385289.jpg

こちらは、メインのからすみのパスタ。
これが、食べたかったの!
でも、プリモのメニューにあるものをメインで頼んだから、
結構な量。
やっぱり、少し残しちゃった。
油が少し多すぎたけれど、まぁまぁ美味。

wineは、サルディーニャのベルメンティーノを頂きました♪

こういう気軽なリストランテがアムスにもあったらなぁ・・・

あ~あ  またイタリアへ飛んでゆきたくなる 笑



 
SALDO
45 Grafton Way, London
020 7387 2521

ちら見をしに出かけたハロッズでは、地下のフードコートにある
オイスターバーで我慢できずに、食べちゃいました。
オンシーズンじゃないのにね・・・

a0153807_0574184.jpg


美味しかったけれど、案の定、ハロッズ価格ですごく高い。 やっちゃった・・・


最後は、一応 アフタヌーンティー。

今回は優雅なホテルでのAFTではなく、小さめホテルで、今まで行ったことの
ない場所を予約。

チェスターフィールドホテルにて

a0153807_23462850.jpg


予約受付の最終時間、17時15分で。
ホテルのレストランサイドに中庭風のサンテラスがあり、そこでの様子。
写真の背景に写りこんだ女の子がすごくかわいくて見とれちゃった。

お茶は中国茶とイングリッシュティーを2杯づつ。
サンドイッチもスウィーツも、見た目のわりに(笑)味はよくて、満足。

a0153807_2350042.jpg

中庭、こんな感じです。
素敵度としては、いまひとつ。
可もなく不可もなく・・・

でも、ウェイターさんのサービスもいいし、
気軽にAFTするなら、いいかもね♪

The Chesterfield Mayfair
35 Charies Street
020 7491 2622

余談ですが、
今、ロンドンホテルでのAFTでは、リッツやクラリッジをおさえて、ランガムがすごい人気みたい。 
改装されて、素敵に生まれ変ったらしい・・・




さて、最後の写真は、イギリスの夏のドリンク 「PIMM’S」です。
今回はパブにも行けなかったし、寒すぎて、こんなカクテルとても
飲む気分になれなかったので、ボトルを買ってきて、家飲みですの。

a0153807_2359126.jpg


トニックウォーターでわって、飲みます。
(炭酸だと苦味があるし、セブンナップだと甘すぎるので、やはりトニック
ウォーターでわるのがベスト)

好きなフルーツとミントの葉を入れて飲むのだけれど、おもしろいのは、キューリが入る
ところ。 近頃のパブでは、入っていないものもあるけどね。

私も主人も、このピムスが大好き!
アムスで売っていないか、ずっと探すんだけれど、今のところ見つからない。
でも、なんでもある日本にはきっとあるはず。
お酒の飲める方は、ぜひ探してみて~~~
  注意書き 飲みくちがジュースみたいなのでグイグイいっちゃいますが、
       結構、アルコール度数は高いので、気をつけて。



以上、今回のロンドンレポ、これだけです。 すんまそん。

  
[PR]
by xiangpian | 2011-07-28 00:09 |

ロンドンで過ごした週末  ~こまごま生活雑貨買い~

週末、さくっとロンドンへ行き、さくっと買い物して、さくっと食事して
帰ってきました。

旅行にもならない、ただ週末をロンドンで過ごしたってだけの話で、
ブログではスルーしようかとも思いましたが、
このブログを見て下さっている方の中には、結構イギリスにゆかりのある方もいるので、
一応、撮影した写真を数枚アップしておきます^^


a0153807_1524463.jpg


いや~   天気が悪かった。 おまけに寒かった。
道路はあちこちで工事中。  人が多くて、うるさくて、ちょっぴり疲れました。
都会は、違うわ~

縁のある方へのプチ情報です。

・ジャパセンの場所が三越横に移動になっていました。でも、全体的に品薄。
・インテリアショップのHABITA と、洋服のJaneNormanが破産したそうです。
・デュベナムの前でいつもバイオリンを弾いている盲目のおじさんは、変らず、同じ
 場所でバイオリンを弾いていました。

さて、バーゲン時期も重なっていたので(ほとんど終了していたけれど)、
一応ブランド通りをさくさく歩いて、ちょっとだけ買い物して、
私の一番の買い物目的地 M&S と Jone Lewis へ GO!!!

「M&S」

すべての商品がオリジナル製品のこちらのデパートは、地下の食材と
インテリアフロアーが見どころです。

a0153807_1553314.jpg


いつ見ても圧巻の品揃えのキャンドルホルダーのコーナー
各色揃いますのよ。

a0153807_1103523.jpg


でも、今回は買いませんでした。 
ガラスいっぱい持ってるし、ちょっとモダンすぎちゃって^^


「John Lewis」

ここは、地下のキッチン用品と上階の布製品コーナーが充実です。

クッションもいろいろ。

a0153807_1143584.jpg


ロール状で並ぶ沢山の布たち。  ビニールでも色々あるから、欲しくなっちゃう。

a0153807_1154775.jpg


タッセルコーナーが縮小されていて、残念。

地下のキッチン、テーブルのコーナーは、リデュースされています、あれもこれも。

a0153807_1221686.jpg


以前この街で暮らしていた頃は、テーブルコーディネートなんかに興味なかったから、
あまり気にして見ていなかったけれど、ここ使える!!!
テーブルグッズは、安くて、いいものが色々あるのね♪

a0153807_1191190.jpg

シルバーのこのナプキンリングを買おうか、迷ったわ。
ひとつ、3ポンド。 微妙な値段 笑
→ やめた。

ビーズのナプキンリングなんて、70ペンス。

ナプキンも2ポンド均一になってる。 嬉しくなるわ。

でもでも、最近ナプキンリングやカトラリーレストが
増えてしょうがないから、最小限の買い物で我慢する。




a0153807_1273044.jpg

おっ、これはスタイリッシュなテーブルウェアだこと!

パリのテーブルウェアのコーナーでも、よく見かけたストーンプレート。

ロンドンでも流行っているみたい。

モダンキュイジーヌの流れかな。

レストランでも、こういうプレートで前菜が出てくること多し。

ストーンプレートは、和食をのせても格好よくキマルと思うので、私もとっても興味があるわ。

ただ、重くて・・・ 持ち帰れまへーん。





といった、感じです。
ハロッズへも行きましたが、ハロッズオリジナル商品のほかには、買うものも特に
ないので、写真もゼロです。

で、買い物したこまごま生活グッズとは?

a0153807_1361929.jpg

M&Sでは、ディッシュクロスやら、ハンドソープやらを。

引っ越しすると、ふきんやタオルの類、新調したくなりませんか?

タオルも水玉のちょいとラブリーなものを大と小
あとは、バスマットなんかも、ここで買いました。
(それだけで、大荷物^^)

M&Sオリジナルのハンドソープや洗剤は、香りの種類も色々あるので、
選ぶのが楽しい。




a0153807_140648.jpg

John Lewisでは、吟味の結果(?)、この紫ナプキンと
ナプキンリングをバーゲン価格でGET。

気に入ってますよ。

両方とも、大人な色合いのブツだったので、これにしました。

ナプキンとナプキンリングって、日本ではあまり素敵なものに巡りあいませんね。
伊勢丹なんかには色々あるけれど、やはり高い。

これらで、テーブル遊びするのが今から楽しみだったりしますの。




最後の画像は、キッチンの収納棚から~

a0153807_1454591.jpg


おしぼりやふきんやキッチンタオルを、まとめて収納棚にしまいました。
スペースがあると、こういう事出来るから嬉しい 笑




次回レポは、さくさくと ロンドン「食」記事です。
別にたいしたことないんだな。
[PR]
by xiangpian | 2011-07-26 01:48 |

金曜日のマーケット

オランダでは、各地で曜日ごとに様々なマーケットがオープンします。
毎日 マーケットしている場所もあるほど。

今回は、日本人も多く住む アムステルフェーンという場所の広場で毎週(金)に
行われるマーケットからのリポート!

まずは、八百屋さん

a0153807_23524789.jpg


スーパーにはなかなか置いていない、アジア系の野菜が揃います。
大根 小松菜 オクラ カブ エリンギ シメジ・・・
八百屋だけでも数店舗あるので、いくつか周ればたいてい欲しい野菜が見つかります。
日本食材店に行けば、葉もの、根菜類もだいたい揃う。
こっちで手に入らない野菜は、 水菜 春菊 山芋(長芋はある)ミョウガ ぐらいかな。

続いて、魚屋さん

a0153807_23572588.jpg
 

さすがに、お刺身をサクで売ってはいないけれど、
言えば、新鮮なものを選んで刺身に切り分けてくれます。
日本人が買うものは、たいてい一緒かな。 サーモンやまぐろの切り身、あさり
なんかが多いのでは。
この日は、ホタテとヤリイカを購入しましたよ。

a0153807_00286.jpg

これは、鯖の燻製。

これを売ってる周辺、すごい匂いがします^^

色がグロイので、なかなか手を出せませんが、
味は香ばしくて、「干物」っぽいので、
悪くないのよね・・・

オランダに限らず、ヨーロッパではこの魚の燻製
をよく見かけます。




マーケットの中でも一番広い面積をとる、花屋さん

a0153807_084988.jpg


切花、鉢植え、アレンジメント、観葉植物、季節の寄せ植え
なんでも安価で揃いますよ~

a0153807_0101286.jpg

あじさいは、こちらの人にもやはり大人気。

大ぶりの花が好まれるみたいなので。

イースターの頃は、卵と鶏の小物アレンジ。 ハロウィンの頃は、かぼちゃレンジ。
そして、クリスマスの頃は、キャンドルアレンジと・・・見ているだけでも楽しい。

この日は、グリーン色のアンスリウムとアイビーの鉢を購入しました。





毛糸屋さんもありました。

a0153807_0152298.jpg


あまり質のいい毛糸はなかったけれど。   
他にもボタンやさん、リボンやさんもありますのよ。


パンツ屋でしょうか?   

a0153807_0164454.jpg


体の大きいオランダ人サイズのデカパンが揃いますわ。
あ、タンガ? ティーバックもあります。


もちろん、チーズ屋さんも数店舗。

a0153807_018313.jpg


オランダチーズに加え、フランスやドイツ、イタリアなどヨーロッパ各地のものが
揃うので、自分好みのチーズを探すのも楽しい。

a0153807_0195884.jpg

オランダの名物菓子 ワッフル。

ここでは、その場で焼き上げて、シロップをはさんで
あつあつで提供もしてくれます。

甘いけれど、美味しい。


オランダ風の缶もカワイイのだ。





この他、お肉屋さんに、卵屋さん、お芋屋さん、ハーブ専門、オイル専門、キノコ専門、
布、シーツの類、デコパージュのキット専門、飴とグミ、ペット用具専門などなど。

週に1度、このマーケットに行くのを楽しみにしている人も多いはず。
フランスのマルシェほどお洒落な雰囲気はないけれど、
マーケット大好きな私は、ほとんど欠かさず毎週出かけています。

この広場では、火曜日には、オーガニック系のマーケットもオープン。
それはそれで、ちょっとこだわり嗜好さんには、人気。


余談ですが、
震災の影響なのか、今頃になって、日本食材店が商品の品薄状態に陥っています。
カップラーメンの類、全然ありません。
冷凍食品も、数が減っています。  私、納豆がないと生きてゆけないので、
ちょいとビビッていますよ^^
なので、代わりに、韓国食材店や中国食材店を物色中。
   


また、そのうちマーケットでおもしろい物見つけたら、リポートしまーす。
[PR]
by xiangpian | 2011-07-25 00:31 | 暮らし

アガパンサスのブーケ

船便荷物の片付け、2日で終えましたよ。  頑張った!
でも、まだインテリアがしっくりこない。
もう少し時間をかけて、ワタシイロ にしてみせるわ^^  なんちゃって。


さて、またまた「花」を買ってきました。
どうしても、先日買った花瓶に生花をいけてみたくて・・・
フラワーショップで悩んだ結果、ライトブルーのアガパンサスをチョイス。

a0153807_5522352.jpg



a0153807_554292.jpg

我が家に「庭」があったら、このアガパンサスの球根を沢山植えたい。

夏の暑さを忘れさせてくれるかの様な(こっち、全然暑くないけど)涼しげな色をしたアガパンサス。

あじさいやルリマツリの水色もいいけれど、このアガパンサスのライトブルーは
しっとり落ち着いて、見ているだけでもすごく気分がいいの。

小さな蕾の姿もかわいい。




アガパンサスを何本買おうかなぁ~とお店の人に聞くと、10本の束で4ユーロだと
言う。  あ、買います、10本。
引き立て役に、ヒョロヒョロした白いベロニカと斑入りのグリーンの葉も買った。
ブーケにしてもらって14ユーロ。
 
a0153807_5591673.jpg



a0153807_622020.jpg

花の国 オランダ。 
大きなガーデンセンターに行かなくとも、通りには1ブロックにひとつ位の割合で、こうしたフラワースタンドがある。

1本売りなどと言う、セコイことはしない。 どんな花でもたいてい束売り。
逆に、1本ずつ買おうとすると、お店の人、困惑するっぽい。笑


ブーケとして売られているものもあるけれど、折角なので自分で好きな花を選んでブーケにしてもらうと、より楽しいと思う。





a0153807_674038.jpg


ただ、ちょっこし残念なのは、オランダの人って、ともかく色の派手な、大ぶりな花が好きみたい。小花のかわいらしいアレンジメントっていうのが少ないのね~

並んでいたブーケの中から、好みのものを見つけた。
それが、このアガパンサスのブーケ。

a0153807_6132282.jpg


で、このブーケのイメージで、もう少し安く(笑)、シンプルにブーケを
つくってもらったというわけ。

あ~  楽しい。
お花とともに暮らせる生活って、本当に潤うわ。
やっぱり、フラワーアレンジメント習おうかな~
[PR]
by xiangpian | 2011-07-23 06:19 | オランダの花と緑

カジュアルファッションで。

今年のオランダ、夏が来ません。
オランダのみならず、ロンドンもパリも、お天気がいまいちみたい。
基本、曇り。  気温も低め。  涼しいというより、寒いときもあり。
ノースリーブなんて着る機会、ゼロ。
半袖で過ごしていても、買い物行くときは、上着持ってゆくし。
ほんと、毎日、着るものに困っています。



a0153807_1174379.jpg

春先に購入した、セオリーリュクスのダウンベストが大活躍。
(ジップでフードが取り外せます。)

長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、シャツの上にさらりと羽織るタイプのこのベスト、
かなーりお気に入りでございます。

色はインディゴブルーっていうのかな、こういう色。  ネイビーとはちょっと違う。

春頃から、この色にはまっていて、ストールやバッグもこの色でお買い物しました。(来蘭前にね)

しかし、7月になっても着るとは思わなかったなぁ^^





オランダに来てから、洋服なんてひとつも見てないなぁ。
スカートもはかないし、オメカシして出かける機会も少ないし。
何より、どうせ何もないから 笑
(あ、一応 ブランド通りはあるので、ハイクラスの
お洋服なら素敵なものもあるかもしれません。見てないからわかんない)


洋服と下着は、日本のものが一番。  サイズ、縫製、値段 すべてがバランスよく
良質のもので揃うのは日本でしょう、絶対。

でも、たまには、こちらでもお洋服を買いたくなるものです。 普段着ね。
こちらで買える お手ごろ値段のお洋服といえば、
「H&M」 「ZARA」 「MANGO」 この3つ。
(ヨーロッパ内、この3つのメーカーはたいていあるし)
バーゲンが始まった頃、ふらふらと入ったMANGOで普段着を買っちゃった。
全部、半額~♪   

a0153807_1303828.jpg


アラフォー女子が、ついにショートパンツに挑戦です (^^ゞ
上をトレーナー着て誤魔化して、下はショートパンツ。
この格好でバスやトラムぐらいは乗っちゃおうかと思っています。
だめ? あり?  



こんな記事でスミマセン。

明日、船便2便到着です。  
トレーナー着て、片付け頑張りますよ!!!
[PR]
by xiangpian | 2011-07-20 01:41 | ファッション

戦利品でテーブル遊び

雨だし。  ヒマだし。  テレビつまらないし。 友達いないし。
こうなったら、好きなことして、時間をつぶす。

先日の蚤の市で手にいれた戦利品を使って、テーブル遊びをしましょう!
テーマは、「夏 和洋ミックステーブル」ってか。

a0153807_23552730.jpg


マットは、先日IKEAで1.89ユーロで見つけたもの。 和っぽい。
花は造花だし。(ユーカリとヤツデは生きてます。)  得意の?キャンドルは、到着せず。

まだ1便の荷物が到着しただけなので、テーブル小物も揃わないのだけれど、
いや、もしかして、このぐらいで十分なのか・・・

a0153807_00227.jpg


ダイニングテーブルの花に「造花」はナンセンスという人がいるけれど、
花のもちが悪い今の季節、使えると思うけどな。 
さすがに100円ショップの造花は私はNGだけど・・・ え、そんなことない?

a0153807_032628.jpg


手にいれたばかりの戦利品と、船便1便で到着したお気にいり小物を
ちょこちょことテーブルの上に並べてみました。

誰も来ないけれど、こんなことしていると、あっという間に時間は過ぎてゆくものです。
これって、ママゴトの延長ですね、考えてみたら。

そういえば、私、小さい頃、おままごととお母さんごっこが大好きだった。
命をかけて、りかちゃん人形で遊んでた。
ついでに、お医者さんごっこも好きで、人形のおなかを挟みでざくざく切って、
母にすごい勢いで怒られたこともある。
床屋さんごっこも好きで、近所の男の子の前髪を本気で切って、やはり母が
謝罪しに周っていたっけ。
あ、別に問題児じゃないですよ。  
ちょっぴり、ほんのちょっぴりオテンバさんだっただけ。



今回は、テーブルの上を一部撤収で、そのまま夕飯へ。  

恥ずかしいけれど、我が家の夕飯です。
[PR]
by xiangpian | 2011-07-15 00:19 | テーブルアレンジ

蚤の市めぐり  その2

巡ってます。
毎週末、どこかを巡ってます。

こちらは、アムステルダム北教会そばで毎週(月)に開かれている布市。
ここに、少しだけ骨董物のストールも出ると聞いて出かけてみると、

a0153807_6203399.jpg


え、布っていうか、古着のフリマ?
間違えちゃったかも。

確かに、布も売ってる。
中には、トワルドジュイの柄布もあったりして、ふーん。

a0153807_6221226.jpg


奥の方まで進んでゆくと、一応蚤の市っぽいストールがありました。

a0153807_6272288.jpg

うーん、あまりめぼしいモノはないかな~

ガラクタ? ゴミ? いかにも不用品?も多く。

でも、こういうダンボールの中なんかにお宝が
眠っている確立高し。

漁らせて頂きます。

布を少しGET!

あとは、アンティークとは関係ない5ユーロの紐ネックレスとか買っちゃった^^




街中の比較的中心地にあるこのマーケットには、観光客もたくさん。
日本人もちらほら。   英語で値切ってる人もちらほら。

a0153807_6304169.jpg

↑ 品揃えのまぁまぁいいストールがひとつありましたが、
私の好きなテイストではなかったので、パスです。


ところ変わって、こちらは日本人も多く住むアムステルダムのお隣の市
アムステルフェーンで行われていた蚤の市。

a0153807_635288.jpg


いつもは(金)に食料品の大マーケットが開かれるこの広場で、
30店ほどのストールが出ていました。
数は少なかったけれど、わりと品物がよかったマーケットです♪

また次の週には、我が家から歩いてゆける場所で蚤の市をやっていることを
知り、一人テクテク出かけてゆきました。

a0153807_639321.jpg


売り物の写真を撮影するときは、一応一言店主に聞いているのですが、
オランダ人、誰に聞いても、「どうぞ どうぞ」と言ってくれるんで、嬉しい。
しかも、すごく協力的というか、「僕はいないほうがいい? こっちも撮影する?」
なーんて言ってくれたりするの。    日本人に優しい気がするわ。
やたらと声かけてくるウザイのもいるけど。
フランスなんか、商品買っても、写真はダメとか言われちゃうもん。
まったく! フランス人、お高くとまってるわ。

ということで、小さな蚤の市でも、何かしら買い物してる ワ タ シ。
この調子でやらかしてたら、帰国のときどうなるだろう・・・

 

で、またまた戦利品
[PR]
by xiangpian | 2011-07-14 07:08 | アンティーク&ヴィンテージ

蚤の市めぐり  その1

「Vlooiemarkten」 = 蚤の市  ですって。

オランダ語ゼロだけれど、この単語はバッチリ覚えたわ~。
今の季節、毎週末どこかでこの「蚤の市」が行われているオランダ。
まずは、近場&行きやすい場所のマーケットを巡っています。

夏の期間、毎週土曜日に行われるデルフトの蚤の市。
小さな運河が流れるかわいらしいこの街で、その運河沿いにずらぁっと長く続く
アンティークストール。

a0153807_46031.jpg


ちょっと、ちょっと、運河に白鳥がいるし・・・
街全体がフォトジェニックなんですけど♪

a0153807_49145.jpg


もう随分前に2、3度訪れている 土曜日のデルフトマーケットだけれど
あれ、こんなに素敵だったかしら???

さーて、早速見て周りますよ!


a0153807_4112199.jpg

デルフトといえば、デルフト焼きです。

青と白のデルフト焼きは、工房でのハンドペイントものがぐーんとお値段が高く、御土産屋さんにあるようなプリントものは、とってもチープ。

アンティークのいいものになると、さすがのお値段!

古いものの中には、日本の伊万里焼きなどの影響を受けたものもたくさんあります。


木靴とデルフト焼き  いかにもなオラン的品揃え!?

← 中央のお皿は、和食器みたい?




a0153807_416491.jpg



布ものも結構充実していますわ~

a0153807_418966.jpg

クロスステッチが施されたテーブルクロスや暖簾?みたいな布。 それから、タペストリーがたくさんあって、嬉しくなっちゃう。

ただ、色合いがいまひとつなものが多くて残念。
そのあたりが、フランスものと違うんだな~

安いから、ついつい買っちゃいそうになるけれど、ゆっくり時間をかけて、ドンピシャの好みのものに出逢うまで探すぞぉ。


→ でも、こういう小さい布もの、ちょっとした御土産になるわね♪
使い方しだいで素敵になるのかな。




a0153807_423887.jpg


こんなかわいいものを置いているストールも。
お人形のお洋服がズラリ。 手編みのセーターもあるわ。
アンティークなのかどうかは、不明ですけれど。

a0153807_4274689.jpg


こちらは、スプーンコレクション。
私もスプーンを集めていますが、探しているのは、もっともっと小さな薬味スプーンみたいなものなので、ここでは出逢わず。

a0153807_429558.jpg



陶器×ブロンズの少しデコラティブなインテリアグッズもあります。
あまり安くはないけれど。
左が125ユーロ 右が45ユーロだったかな。

a0153807_4315184.jpg


男子的には、こんなのがいいのかな?
主人が興味を示していたのは、バッチコレクション。

a0153807_5114982.jpg


と、こんな感じですわ。
デルフトマーケット、一通り見て周るのに2時間ぐらいでしょうか。
たっぷり楽しめます。
帰りにお茶するところも沢山あるし。

ぬはは~
ヨーロッパでの久々のアンティークマーケット(蚤の市)だったので、
ちょいと、お買い物とばしちゃったかも。
つっても、全部で5000円ぐらいか。

楽しかったよ~~~   

買いました。  戦利品どえす。
[PR]
by xiangpian | 2011-07-13 04:52 | アンティーク&ヴィンテージ

アムステルダムとちょっとだけ我が家

先週末から好天が続き、オランダも「夏」しています。
とはいえ、相変わらず乾燥していて、じっとり汗をかくような事はなく、
日本の皆さんには、申し訳ない気分。

オランダは運河の多い街。
アムステルダムの住所には運河の名前が記されている所がいくつもあり、
天気がいいと、その運河にボートがたくさん出ています。
気持ちよさそうなんだ、これが・・・

a0153807_4465965.jpg


運河に橋。  運河沿いのカナルハウス。 そして、自転車。
アムステルダムらしい光景があちらこちらで見られます。
この光景が街の真ん中って、考えると不思議でしょう?

a0153807_4491722.jpg


みんな、夏の太陽が大好き。
住宅も、東向きよりは西向きの部屋が好まれるらしいです。
日本は、西向きなら東・・・って感じよね?
我が家は、東向きですが。

先週、船便の1便が到着して片付けに追われました。
家具つきの部屋を借りているので、生活するのに不自由はありませんが、
「自分のもの」が部屋にあると、やはり落ち着きます。
船便の荷物が半分届いて、この家も少しずつ、「自分の家」になりつつあります。

ちょっとだけ、部屋の様子をお見せしちゃうと・・・

a0153807_4552022.jpg


インテリアは、まだまだ、未完成です。
広すぎて(!)どうしたらよいか、考え中。  
贅沢な悩みです。

2便は、10日後あたりに到着予定。
オランダのこの家を、「我が家らしいマイホーム」として心地よい空間にするために、
お片づけ、張りますよ~~~
インテリアのテーマは、何にしよう?
どっぷりヨーロピアンはつまらないので、ちょいとオリエンタルかな。
あーでもない、こーでもないと、脳内シミレーション中。

オーディオが届いたのに、電源コンセントが見つからない(^^ゞ
2便に入っていることを願う。  

[PR]
by xiangpian | 2011-07-12 05:04 | インテリア