<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

有田焼のお醤油受け皿

結構前の話だが、
実家近くの有田焼の専門店からセールのお知らせをもらい、恐々でかけた。
幸い? あまり欲しい皿がなく、寂しいような安堵のような。

でも、まったく何も買わないわけがないのよね・・・。

「御醤油の受け皿」を4枚購入。

a0153807_165066.jpg


a0153807_1652533.jpg


ちょうど、絵柄の違う4枚があったので、それぞれ違う柄で4枚。
2箇所にクボミがあるので、浅いほうのクボミに、わさびやしょうが、薬味など。
深いほうのクボミに御醤油を注いで、好みの分量の薬味をつけながら頂くという。

なるほど~。

一人、刺身夕食。

a0153807_16113181.jpg


ちなみに、この日の夕食、刺身のほかには、納豆がけの冷奴とキュウリのお漬け物だけ。
どうなんでしょう、この食生活。


余談ですが、地中海マグロの輸入禁止案、否決されて、ホッとしましたネ♪
[PR]
by xiangpian | 2010-03-31 16:14 | 和の器

ナゴヤメシ その1

寒い、寒い・・・桜が咲く頃の気候とは思えません。
この分だと、東京の桜開花期間は、昨年に続いて長くなりそうな♪

さて、ナゴヤメシの話題です。
今回は「鳥」と「おやつ、スナック」をピックアップ。

今、名古屋では油で揚げない「生ドーナツ」なるものが、話題だそうで。

a0153807_1617082.jpg

                                  *画像は、ネットより拝借
「Love Sweets Antique」の生ドーナツ
連日、お店の前に長蛇の列とか。
要は、ドーナツ型のスポンジに、ムースを流し込んで冷やし固めた、冷たいスポンジムースケーキ。
私は、この手のスウィーツにほとんど興味がないので、スルーです。


名古屋と言えば、名古屋コーチン!!!
今回、地元民に連れていってもらった、焼き鳥やさんが、すごかった。

店の名前は、「やば鳥」と言います。
こちらは、つくね。

a0153807_16205976.jpg


ウマ、ウマ、馬 、うま、上手、うま、ウマ、ウマ  つまり、美味しすぎる・・・。
こちらは、アスパラ巻きと手羽。

a0153807_16225710.jpg

なんじゃ、こりゃー。  炭火の焼き加減、塩加減、抜群。
こんな焼き鳥、食べことない。 会話が止まるほど美味しいの。

名古屋コーチンのお国ですからね、まぁ、焼き鳥は全般美味しいと思いますよ、ニャーゴヤ。
でもね、でもね、間違いなく、このお店の焼き鳥は、人生イチ美味しい焼き鳥でした。

やば鳥
名古屋市中区大須3-11-12
052-251-4420

鳥ネタと言えば、手羽先!? ビールに最高です。
聞いたところによると、「風来坊」と「世界の山ちゃん」という店が手羽先で有名らしいので、
早速、世界の山ちゃんへ。

a0153807_16355166.jpg

写真奥が、手羽先。(見えないって?)

すっごくクリスピーなのね。
胡椒がききまくり。 
ビールがすすみます。
と言いつつ、私がオーダーしたのは、八丁味噌サワー。
どんなん?
ちなみに、八丁味噌ビールってのもありますわ。
どちらも、確かに、八丁味噌の味がします。
けれど、特にリピートしたいとは思わず。


手羽は美味しいけれど、他の食べ物は・・・って感じなので、
もうこの先、ここへ行くことはないなぁ。


チェーン店なので、名古屋市内、そこらじゅうに店舗あり。



a0153807_16423062.jpg

東京への帰り道、駅構内のショップで買ってみた
「世界の山ちゃん」 手羽先風味しっとり煎餅。

うーん、こちらもイマヒトツ。
やはり胡椒がきいていているお煎餅なので、
しっとり煎餅より、サクサク煎餅の方が合うと思うけど。


どうも、世界の山ちゃんには、縁がない感じでした・・・。

山ちゃん、ごめんよ。
ところで、山ちゃんって誰?




ところで、先日、テレビで「たません」なるものが紹介されていまして、
関西発だとか、名古屋発だとか、出所は不明なのですが、偶然、そのたませんを売る屋台を
見つけたので、チーズトッピングをして一つ食べてみることに!

a0153807_16484028.jpg

「たません」

駄菓子屋さんに、たこ煎餅って売っていますよね、
顔ぐらいの大きさのオレンジ色の煎餅。
あのお煎餅に、お好み焼きソースとマヨネーズ、
青海苔などで味付けした目玉焼きを挟んで
(私はチーズをさらにトッピング)
食べるというもの。

300円。   
うん、なかなか美味しかったですよ、はい。
小腹がすいたときに、いいんでないかしらん?

大阪では、目玉焼きではなく、たこ焼きを挟んで食べるとか?
その場合、「たません」ではなく「たこせん」になるのかな。
なつかしい駄菓子やさんの味・・・なのでしょうか。



さて、最後は、大好きな名古屋のおやつで締めくくります。
小倉トーストかって?  惜しい!
マイブログに、旧ブログから遊びにきて頂いている方には、お馴染みの・・・

a0153807_16564831.jpg


「しるこサンド」でーす!!!
これ、どこでも売られているようで、そうでもなく。
駅構内、コンビニにはないのよね。  スーパーとかに行かないと。
うすーく、うすーく餡子がペーストされた昔なつかしいビスケット味。

これ、お茶でもコーヒーでも合うから、大のお気に入り♪

以上です。
次回ナゴヤメシレポートは、きっと初夏の頃!?

ところで、主人が出張で買ってきてくれた  「イースターカード」とは・・・
[PR]
by xiangpian | 2010-03-29 17:05 | おうちご飯

友人宅の新居訪問。

引越しシーズンですね!
うちの社宅も2、3軒がこの3月から4月にかけてお引越しの模様。
目の前のマンションも某銀行さんの社宅なんですが、連日引越しトラックが停まっています。
皆さん、転勤かしら?  それとも、マイホームへ移られるのかしら?

そして、私の周りでは、今マイホームの建設ラッシュ。(といっても、3軒ですが)
そのうちの一軒にお邪魔してきました~。
都内M区にある、 出来立てホヤホヤの真っ白な住宅ですよ!

a0153807_22351356.jpg


玄関脇の植栽がいきなりお洒落です。

a0153807_22362459.jpg

こちらが、内玄関。

ガレージからも横扉で入れるそうで。

広々玄関には、植木がひとつ。 モンステラだわ。
この階段下スペースをどう使うかは、センスが問われる。
植木一つだけって、素敵!

何も置かないお洒落を学びます・・・。




階段を上がると、天井が高くてビックリ。

a0153807_22404975.jpg

2階建て+ロフトという造りのお家。
ロフトへ上がる階段から、ダイニングテーブルを撮ってみました。

大きな皮張り椅子が6客の、ゆったりダイニング。
今風の横長テーブルは、エクステンションで更に広がるらしい。

リビングダイニングは、天井が高い上に、明かりとりの窓が
あちらこちらにあるので、明るい、明るい。 

大きなテーブルと椅子は、今回新しく買い替えしたダイニングセット。
お客様の多い、彼女の家にはぴったりネ。
ついでに、彼女の作るお料理も、昔から大好き♪




リビングには、アジアンなコーナーもあるのです。

a0153807_2248978.jpg


↑この和ダンス、確か以前のマンションでは和室にあったもの。
でも、こういう真っ白なモダンな空間にも、いい具合にはまってるわ~。

かと思えば、こんなポップなデコレーションも・・・

a0153807_22502132.jpg

アンティーク家具の上部壁に、インテリアステッカーを貼って。
(簡単に貼って、すぐ剥がせる)
彼女らしい、遊び心です。

このタイプのステッカー、最近よく見かけます。
エッフェル塔、蝶、花、幾何学模様・・・
気分によって貼り替えできて
楽しいですよね。
季節ごとに変えてもいいし。




ここまで紹介してお気づきかと思うのですが、そう、彼女のインテリア、「ミックス」なのね。
基本、真っ白なモダンな空間だけれど、コーナーコーナーでテイストを変えて、楽しんでいる。
しかも、いい具合にそれぞれが馴染むのです。  こういうインテリア、大好き♪


インテリア装飾アイテムで言うと、 例えば、

a0153807_234269.jpg 

グレー色のカッシーナの大きなソファーの上に飾られたアート。
その色使いと大きさに圧倒されます。

今このアートに合わせた、ソファに並べるクッション探しをしているそうです。

ちなみに、このアートはご親戚の方からの頂きもので、中国のアーティストが描いたものだそうで。
ブルーのグラデーションカラーのクッション、見つかるといいね♪

コンランあたりにありそうな!?



a0153807_2324798.jpg

キリム絨毯。

ここのおうち、あちこちにキリムがあります。
アジアンインテリア好きには、たまらないアイテム!

和室でも洋室でも、しっくりくるマルチなカーペット。
ベランダの植物たちともリンクするかの様な、不思議な柄。

大人、インテリア上級者の遊び心ってとこですなぁ。




と、いう事で、まだ引越しして間もないお宅なのですが、許可をもらってブログ掲載させてもらいました。
他にも、ソファーの写真やキッチン、ロフト(なんと、畳と押入れのある和空間)部分をご紹介
したいところなのですが、きっとまた2、3ヶ月したら、更に進化?しているに違いないので、次回の
お楽しみに♪

私の周りでも、群をぬいてお洒落さんな友人のひとり。
新居も、期待を裏切らぬ、素敵空間でございました。

あぁぁぁぁ・・・・うらやましい!!!!!


この社宅気に入っているけどさ、やっぱりさぁ、お家欲しいよぉ。欲しくなっちゃったよぉ。
恨む、転勤族・・・。

今日も、夢の中で、新居のインテリア考えようっと!
 
基本はイングリッシュスタイルで・・・
英国アンティーク家具と李朝家具をミックスさせて・・・
もちろん、和室もあって、盆栽コーナーを作って・・・
バリ風のアジアンスペースも欲しいし、北欧の素朴な雰囲気もいいなぁ。
彼女の家に刺激を受けて、モダンも素敵だと思うし・・・
と・・・まとまらない。
[PR]
by xiangpian | 2010-03-26 00:00 | インテリア

ミニ盆栽、始めます。

ただいま、です。
東京に戻ってきたら、ベランダのベンチの上に置いてあった花の鉢が下に落ちて割れていました。
ショック、ショック、大ショック!!!
ノルウェーで購入した2つお揃いのお気に入りの陶器の鉢・・・割れちゃったよ~。 泣くよ~。
週末、ものすごい風だったのね。 

ところで、今日の話題はちょっと溯って、2週間前のお話。
ワタクシ、この度、盆栽教室に通うことにしたのです♪
ドキドキのファーストワークは、コチラ。

a0153807_22311738.jpg


「モミジ」を主木に、「ひな草」を。
鉢となる器は、信楽焼きのものを選びましたよ。 もちろん、モダンな器もあり。

a0153807_22323823.jpg


石をオブジェとして、コケと白砂利でお化粧してゆきます。

a0153807_22332563.jpg


鉢を決めるところから始まり、主になる木と添える花など、好みのものを自由に選びます。
コケや砂利の配置、高さや向き、デザイン、すべて自由です。  これが、楽しい!   
私だけの小さな庭が鉢の中で表現できるというワケ。

考えてみた。

器が好き +  ミニチュアが好き  +  植物が好き + オリジナルが好き + 和ものが好き
 
                   =  盆栽 !!!

という計算式が成り立つ・・・。
お店の方が色々アドバイスしてくれるのかと思ったら、そうでもなくて(笑)
???で始めたけれど、途中からワクワクドキドキ。
お花のアレンジメントを習っても、こんなワクワクを感じたことがなかったから、
私、盆栽は、むいているかも!?

管理が難しそうだけれど、頑張ります。 
上手く育てば、、モミジはちゃんと秋に紅葉するって言うんだもん。

普段はお外に置きますが、この日は、和室に置いてみましたわ。

a0153807_22495277.jpg


いいわぁ、やっぱり「和」だわ。    スミマセン  自画自賛。

次は、「桜」にしようかな、いえいえ、盆栽と言えば「松」かしら。
お化粧用のミニチュアも探すんだぁ♪ 
[PR]
by xiangpian | 2010-03-24 23:02 | 盆栽とミニチュア

Kate Greenaway の子供絵

Kate Greenaway   (1846~1901)
イギリスの挿絵画家  絵本作家   
イギリスには優れた絵本作家に対してのKate Greenaway賞というものもある。
特に、描かれる「子供」のかわいらしさ、衣服の洗練具合、線の細い繊細でロマンティックな絵に定評。

数年前、ロンドンのアンティークピクチャーを置いているお店(ジュビリーマーケット)で、出会った彼女の挿絵。
一目惚れだった。  なんて、かわいらしい絵だろう♪
何枚もある挿絵(絵本の切り抜きか?)から、気にいったものを3枚購入。  

早速、その3枚の挿絵をフレームイン!

a0153807_1014246.jpg

描かれている子供の表情、そして着ているお洋服・・・かわいい。

a0153807_10183581.jpg

少し黄ばんだ絵本の紙質が、いい感じでアンティーク!?

Kateの作品の中に、アルファベットの絵本というものがあるらしく、A~Zまで揃う。

a0153807_10215062.jpg

                                    *画像、ネットより拝借

このアルファベットの挿絵を、ピンクやブルーのフレームをつけゴールドのちょっといい額に入れて、友人にベビー(主に女児)が生れたら、お決まりでプレゼントしていた。(イギリスに住んでいた頃の話)
Yちゃんでしょ、Mちゃんでしょ、Eちゃんでしょ、Rちゃんでしょ、Sちゃんでしょ・・・
イギリスらしいいいギフトになったと勝手に思っている。
ただし、日本人の場合、「D」とか「G」とか「Q」とか「V」とか「X」とか「Z」で始まる女児の名前がないかも。
あっ、Qちゃん? それ、あだ名だし。


つい先日、トップの挿絵と同じ挿絵が、結構大きな額に入って、銀座のデパートで売られていた。
なんと、16800円もした。  ほとんど額代だと思う。
日本人も、いい商売するねぇ~

Kateの絵は、検索すると沢山でてくるけれど、ご参考までに・・・

a0153807_10294590.jpg

                                       *画像、ネットより拝借

春は優しい色に包まれたい。  
しばらくKateの絵で癒されよう♪

   
[PR]
by xiangpian | 2010-03-17 10:36 | アート

イースター気分のテーブル♪

始めに・・・
前記事に沢山のコメントをありがとうございました。
こういうこっ恥ずかしい記事は、当分書かないことにします^^。
お付き合い頂きまして、感謝、感謝です!

皆さんからの質問に多くありました「スィート10 記念の品」についてですが・・・いまだ、迷っております。
いくつか候補はあるんですけどね。
「器」や「絵」も考えたのですが、やはりこういう機会でもない限り、「ヒカリモノ」は堂々とオネダリできないわけで。
やっぱりスウィートなヒカリモノを10粒か!? 小粒で5個か、いや大粒で一つか。 
いやいや、毎日つけられる時計か?   Hマークのバックか? Cマークのバックか?
毎日、こんな事ばかり考えているワタクシ。    そもそも予算がわからない!
ともかく、誕生日とスウィート10とホワイトデーが重なる2010年3月、
それなりの期待はさせてもらいますよ~~~。
ダーリン、昨日、長期出張からご帰還。   週末、この重大案件についてじっくり話し合います!!!


さて、話は変わって本題に。  もうすぐイースター!
今頃、欧米の街角では、うさぎと鶏と卵が大繁殖しているはずですよ。
クリスマスと同じぐらい、華やかなデコレーションがなされるイースター。
日本でもこのごろは・・・と思っていたけれど、やっぱりイースター文化はサッパリですな。
非常に、残念。

イースターといえば、パステルカラー!

a0153807_2213624.jpg

イミテーションの雪柳にデコレーションして楽しみます。

ついでに、テーブルの上で遊びましたの。
このところ、「和 和 和」だったので、こういうテーブル、ちと恥ずかしい。

a0153807_2235516.jpg

メインカラーは、やっぱりイエロー。   イエローを中心にパステル、パステル。

a0153807_2251592.jpg

黄色い器は、さすがに持ってない・・・
と、思ったら、そうそう、このティファニーのティーカップが黄色だった。(引き出物デス)

a0153807_2262539.jpg


友人からもらったイースター柄ナプキンが利いてるん♪

そうそう、ナプキンもそうだけど、この時期だけ売っているイースターのカード類もかわゆいの。

a0153807_2282537.jpg


シールもあるよ!

a0153807_228491.jpg


ということで、  海外在住友へ

イースターグッズは、日本ではなかなかいいものが見つかりません。せいぜい、うさぎのキャンドルぐらい。
ナプキンやカード、デコレーションものなど、今のうちにそちらで購入しておくことをお薦めします。

この調子で、お部屋の中も「雛祭り」→「イースター」にインテリアチェンジ中。
次回の記事?で、ご紹介するですよ~。
[PR]
by xiangpian | 2010-03-15 22:16 | テーブルアレンジ

スウィート10 だったりします・・・

2010年 3月12日
10年前の今日、都内某所で結婚式を挙げた私たち夫婦。
あの日から10年・・・長かったような、あっという間だったような。

夫婦ですからね、10年の間でもそれなりに色々な事がありましたよ。
嬉しい事も辛い事も、怒った事も大笑いした事も、大泣きした事も感謝した事も・・・。
でも、まだ10年。  
これから先、私たち夫婦に、どんなタイミングでどんな事が起きるのか誰にもわからない。
共通の思い出がだいぶ増えてきたけれど、一方で、今だにお互い「謎」の部分もあったりして。
まだまだ、未完成な夫婦の形。
時間をかけて、私たちなりの「形」を築いてゆこうと思っています!

なーんつって、こんなところで「夫婦」を語ってどうする!?

a0153807_23593542.jpg


神前式でございました。
白無垢で綿帽子をかぶって式をあげたかったの。
この色打ち掛けは、母が自分の結婚式で着たものを娘の私が譲り受けた思い出の着物。

a0153807_042814.jpg


ずっと実家に眠っていたのだけれど、久々に風通しをした。
かすかに懐かしい匂いが・・・  多分、ホコリと着物用防虫剤の匂い 笑。

松や藤、ぼたんに雅楽器、和モチーフ満載の、なかなかお派手な色打ち掛けでして・・・

a0153807_08598.jpg


母が袖を通した打ち掛けを、娘も着られるなんて、幸せなことだと思う。
そして、この色打ち掛け・・・この先どうなるのだろう・・・私、子供いないし。

あと、何十年かしたら、和小物にリメイクか?

さて、ハッピースウィート10 ← 自分で言うな!
うちのダンナ様・・・異国の地で (ただいま、長期海外出張中) 覚えていてくれるかな?    

To Darling  (あ、このブログのことは知らないと思うけど)

お祝いの品?は、いらないわよ~   
自分で選ぶから、ご心配なくぅ~。
[PR]
by xiangpian | 2010-03-12 00:00 | 暮らし

アラフォー世代の卒業ソング

3月になって、袴姿の女子学生を見かけることが多く、思わず、じぃーっと見ちゃいます。
この季節に日本にいるのは、7年ぶりなので、袴姿がすごく新鮮!
ワタクシ、卒業式で袴をはいたものの、足元がお草履だったのが心残り。
やっぱり、はいからさんスタイルでブーツ履きたかったよ~。


a0153807_2085420.jpg


ナンノが映画やってましたね、そういえば。  少尉はアベちゃんだった様な。

「卒業」・・・その背景には、どんな音楽が聞こえてきます?

さくっとネットで検索するとね・・・

「3月9日」 レミオメロン
「YELL」 いきものがかり
「道」  Exile
 
なんかがガンガンヒットしてくるのですよ。  えーとえーと、どれも分からない  汗。
ってことで、一応You Tube で全曲聴いてみたら、どれもバラードでいい曲♪
レミオメロンの曲は、あれね、「1リットルの涙」でエリカ様が指揮棒ふってた音楽だわ。

ってことで、ここで記事にするのは、そういうナウな卒業ソングじゃなくて、もっとこう、昔のアイドルとかが歌ってて、今聞くと胸がキュンとするやつ!

つまり、「贈る言葉」とか「なごり雪」とか「卒業写真」でもないわけね。

だから、こういう事  ↓ ↓ ↓

a0153807_1916974.jpg 「春なのに」 柏原芳恵
83年 作詞作曲 中島みゆき
サビ → 春なのに、お別れですか? 春なのに、涙がこぼれます。春なのに春なのに、ため息またひとつ

榊原さん、じゃなかった、柏原さん、この曲以外にも、えぇ曲たくさん、歌っとるんよ。
第2ボタンもらってみたかったなぁ。 女子校であることを後悔したもんです。



a0153807_19305858.jpg 「卒業」 菊池桃子
85年 作詞 秋元康 作曲 林哲司
サビ→ 4月になるとここへ来て、卒業写真めくるのよ。 あれほど、誰かを愛せやしないと・・・

このころの桃子、かわゆすぎて嫉妬メラメラ。  決して歌は上手くないんだけど、
かわいかったから、何でも許せた。 この曲歌って、堀越学園を卒業したんでしょう。



a0153807_19354794.jpg
「卒業」 斉藤由貴
85年 作詞 松本隆 作曲 筒見京平
サビ → あぁ 卒業式で泣かないと、冷たい人と言われそう。でも、もっと悲しい瞬間に涙はとっておきたいの

元祖ポニーテール美女。  目を見開いて歌う、あの独特な感じがよくモノマネされていました。
セーラー服にポニーテール、そしてややぽっちゃり。  男子に人気あったなぁ。



今回の動画は、こちらを選びました。  どうぞ、ご一緒に さんはい ↓

 


 

a0153807_19374066.jpg「卒業」 尾崎豊
85年 作詞作曲 尾崎豊
サビ→ 行儀よくまじめなんてクソくらえ思った。 夜の校舎 窓ガラス壊してまわった・・・

今なお、尾崎信仰者って沢山いますよね。 ミュージシャンとして、あれほどまでにカリスマ性のある人も少ないでしょう。 弟の部屋からは、いつも尾崎の歌が流れてきましたから。 彼の死は今も謎。



a0153807_19414666.jpg「じゃあね」 おニャン子クラブ
86年 作詞 秋元康 作曲 高橋研
サビ→ じゃあね、そっと手をふって、じゃあね、じゃあね、ダメよ泣いたりしちゃ、あぁいつまでも私たちは、ふりむけば、ほら友達

この曲で、ナカジーと河合その子がおニャン子を卒業したのよね、確か。 夕焼けニャンニャン見ながら、私も涙した記憶、かわいいぞ、私。  


はい、以上です。



え、あの名曲が入っていないって?
そんな馬鹿な!  忘れるわけありませんよ。

最後は、こちらです。



「制服」  松田聖子

この曲なくして、卒業ソングは語れません。  「赤いスィートピー」のB面です。
もう、聖子ったら、どんだけ曲に恵まれているのさぁ?

そんな聖子さん、本日3月10日がお誕生日だったりします。
おめでとうございます♪♪♪

そして、この春、どこかで何かを「卒業」される皆様、おめでとうございます。

私も、何か卒業しようかな? 
[PR]
by xiangpian | 2010-03-10 19:55 | 音楽

合羽橋ショッピング♪

マクロビオのお料理教室で教えて頂いた、雛寿司ケーキ
あのお寿司は、すごく使えるアイデアだわぁ♪ あ、でも私、セルクル(大)持ってない・・・
と思い立ち、レッスン翌日「合羽橋」へ。
( えへへ、 私、3ヶ月に一度のペースでこのあたりに出没します。)
今回の目的は、ズバリ、「型」を探す!
  
その前に、合羽橋からの戦利品を、いくつかご紹介しあす。
 
a0153807_2131183.jpg


↑豆皿は、色違いで3色。 テーブルの上のアクセントカラーになるかな?
黒い装飾籠?は、 バーゲンで350円だったから 笑。

春にあわせ、桜色アイテムも。

a0153807_217771.jpg


うふ、この花びら箸置きは、「あ~コレ、私も持ってる~」と聞こえてきそう。
だって、85円だもん。

こちら、ディップ用?のスタンドも。

a0153807_22351662.jpg

お茶用に、お砂糖やクリームもあり?
和の小皿をセットして、あられや金平糖を入れてもいいかしら?  



「合羽橋」
a0153807_21115152.jpg

河童がシンボルなのに、「河童橋」じゃないのね、なんでだろう?
 
銀座線、田原町から歩いて5分。
調理器具、食器、梱包用品、食品サンプルなど、「食」に関するあらゆるお道具が揃う問屋街。
その昔は、一般人が行き来しても、それほどおもしろい場所じゃなかった。
外国人が浅草に来たついでに、おもしろいからと「食品サンプル」」を御土産に買って帰る・・・そんな場所だったイメージ。 そもそも一般に小売していない店も多かった。

しかし、時代は変わり、いまや若い女性がグループでお買い物にやってくる、お洒落ストリート!

今回も、沢山の袋を抱えた奥様グループに、何度も出くわした。
洒落たカフェもあったりする。   洋物のお鍋やブランド食器なども、結構揃う。
気をつけないといけない点は、同じものでも店によって値が違うものがある。

さてさて、今回の目的は、「型」だ!

あるある。 型ばかりおいているお店。

a0153807_2124294.jpg


和モチーフの小さな型をいくつか買う。 

a0153807_2126135.jpg
 
中央のボケている型が一般サイズのハートシェイプの型。  
欲しかったのは、和モチーフの小さい小さい型。  
花びらなんて、小指の爪サイズ。 きゃわゆい♪  

押し寿司用の「梅型」とホールケーキ18センチのセルクル。

a0153807_2128589.jpg

押し寿司の型は、この他、松や桜があったかな。

満足♪

見つけて、買って、大満足。

合羽橋まで行ってお買い物したのだから、使いますよ、ガンガンね。 多分。  
作りますよ、いつかきっと、作りますってば !!!
 

お試しで、遊んでみたの ♪  ↓
[PR]
by xiangpian | 2010-03-08 21:47 | 和の器

素敵空間で素敵レッスン♪

数いるブロガーさんの中でも、抜群のセンスを持つ こちらの方 にお誘い頂き、
ご友人が主催する「N collection」というテーブルコーディネート&お料理のレッスンを
受けて参りましたの~。
都内某所のご自宅にて、不定期に開催される、こちらのレッスン。
今回のテーマは 「シノワ スタイル」

a0153807_17261153.jpg


テーブルの上は、テーマカラーを「赤」と「黒」でまとめられ、手作りのシノワ柄ランナーに、
スクエアーなお皿を重ね、お花やキャンドルでアクセントをつけます。

a0153807_1727461.jpg


素人が仕上げるテーブルコーディネートと違い、寸法からバランス、カラーコントラストと、
すべてが計算されて作られるプロが作るテーブル。

a0153807_892155.jpg


N先生のレクチャーで、色々と勉強させられました。
シノワズリーのスタイルと言っても、色々なシノワがあると思うのだけど今回は赤と黒のモダンシノワ。
アイテムも、バカラだったりIKEAだったり・・・。
でも、実にバランスが良い!   今回の発見は、「赤」のつかい方。
個人的には非常に苦手な色なのだけれど、 テーブルの上では、ものすごく効果的な色なのね!

で、お料理ですが・・・スミマセン、まとめちゃいます。

a0153807_17362038.jpg


前菜の春巻きからスタートし、デザートの杏仁豆腐までの5品(杏仁、写真撮り忘れ)。
どれもが、簡単で見栄えがして、ちょっとした工夫がされおり、これまた勉強になっちゃう。
すぐにでも、作ってみよう! と思わせるところがスゴイ。

加えて、xiangpianの心をとらえたのは、空間演出。
レッスンのテーマにあわせ、インテリア小物をきちんとアレンジなさる。
上質な中国小物をこれだけお持ちな事にも驚いたけれど、実に趣味がよろしくていらっしゃる。
元々シノワズリーなインテリア空間が大好きな私。
あっちこっちキョロキョロして、申し訳なかったわ。

センスのいい方の周りには、やはりセンスのいい方が集まるのですね!

それにしても、美しく聡明でセンス抜群のN先生ってば、PC関係にはめっぽう弱いらしく、
「エキサイトブログ・・・って、みんながエキサイトする様なことを書くんでしょ?」
ですって。   
好きです、こういうお方。

次回開催、いつかしら?     
また、お願いしますわ~。
[PR]
by xiangpian | 2010-03-04 17:53 | 料理教室