「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:レストラン(国外)( 7 )

モダン ダッチフレンチレストラン

久しぶりに会った友人とのディナーを、こちらのお店で。

a0153807_17423893.jpg


Amsterdam zuidのビジネス街にある モダンなレストランです。
夏は、テラス席もあるようですよ。

a0153807_1744264.jpg


                       * 画像は、ネットより拝借しています。



ランチだと、こんなに明るいのね~
ディナー時の照明は、紫!   クラブみたいでした^^


アミューズが様々な形でサーブされます。

a0153807_17461255.jpg


パリパリしたお煎餅みたいなパンが美味しい。

続いて、
珍しく、おしぼりが渡されたと思ったら、
手の甲を出して! というので、この通り。

a0153807_17475980.jpg


そのままペロンと舐めました 笑



前菜の写真をひとつとばしますが、
69ユーロのコースは、なかなか充実していましたよ。

a0153807_17493257.jpg


プレゼンテーションもお洒落で、
目にも楽しい。

a0153807_17501248.jpg


あ お皿がリモージュだ!
ベルナルドのエキュムは、本当にどこのレストランでも出てくるね~


a0153807_17511338.jpg


同じコースでも、
日によって、魚と肉の内容が違うみたいです。
この日のお肉は「鹿」でした。

a0153807_17533710.jpg


なーんの臭みもなく、
モリーユ茸の香りが広がって、この季節にぴったりのお料理。


デザートです。

a0153807_17551354.jpg


この紙も、もちろん食べられますよ。


お茶も沢山種類があって、
ガラスタンブラーに入って、モダンなスタイルで出されました。

a0153807_17571329.jpg



サービスも感じがいいし、お料理のバランスもいい。
プレゼンテーションもそれなりに凝っているし、ここ、★ついてもいいかも♪


今頃、いいお店見つけました~   笑


BOLENIUS 

HPは、 コチラ  です。





追記  ただいま、下の記事で一時的にコメント欄を開けていますが、
     ブログ更新後に、また閉じます。
     よろしくお願いします。  
 
[PR]
by xiangpian | 2015-10-31 18:00 | レストラン(国外)

ホテル ハイティーで再会

皆様  お久しぶりです。

なーんて 今さら ここを見て下さる人は少ないでしょうが・・・

オランダから帰国して8か月ちょっと。
あっという間です。
まだ 懐かしい感じも特にないのですが(笑)
このたび、アムステルダムへ「里帰りの旅」してきました!!!

オランダネタですので、
久々にこちらのブログに記事書いちゃうわ~~~


10月のアムステルダム
寒いわー   朝が暗いわー   ハフハフ聞こえるオランダ語  愛おしいわー
ヘルダーランドのショッピングセンターがずいぶん様変わりしたようね。
いまさら、パンコチ出来てるしー    
シッシーボーイも入ったようだけれど、相変わらず特に欲しいものもないわー ははは。

と、得意の上から目線の発言で失礼します。


滞在中のとある日、
テーブル会していたときのメンバーが集まってくれて、
インターコンチネンタルホテルでのハイティーをご一緒しました。

a0153807_0281432.jpg


総勢8名も。
ベビ連れが4人も来てくれて、帰国後に生まれたべび達にも会えて嬉しかったわん♥

こちらのハイティーはお初でしたが、
クラシカルとモダンのミックスされた空間ですね。

オランダらしい おつまみみたいなものがいくつかサーブされ、
その後、パンの器にサンドイッチがイン。
そして、3段トレーにのってスウィーツという流れ。

a0153807_0313658.jpg


今回は2タイプのハイティーメニューをミックスでorder。
ひとつは、ショコラハイティーだったので、全体的にチョコチョコチョコと 
チョコレート味ばかりでtoo much!


a0153807_0335430.jpg



居心地はよかったです。
事前に幹事さんが、ベビ―連れのベビーカーつきで問題ないとの確認をしてくれて
ハイチェアーも用意してくれました。
サービスもまずまず。

お味はまぁ オランダなので期待せず 笑


帰りに、ホテルのロビーで記念撮影です。
ベビー組が数人一緒に写真撮れず、残念でした^^

a0153807_037123.jpg


なんと、お着物姿の3人娘!

a0153807_0373633.jpg


素敵でしたよ♪



変わりない みんなのお顔とかわいいベビーたちと、
楽しいひとときでした。


a0153807_0394532.jpg



ホテルハイティー  
満足度としては・・・    うーん    70点!

[PR]
by xiangpian | 2015-10-22 00:40 | レストラン(国外)

アムステルダム ホテルディナー

嫌らし~い感じの記事が続きますが、失礼します。

帰国前に、怒涛のごとくホテルディナーにでかけています。
いいレストランでのディナー撮影は、場の雰囲気を乱しかねないので本意ではないけれども
最後、最後、 なんでも最後なので、許可を得て撮影に挑みます!
しかし、やはり暗い照明の中での撮影はボケ写真が多くダメですな。

まずは、アムステルダム hotel de l'europe 内にある「BORD ’EAU」。
運河に面したこちらのホテルの1階にレストランがあります。
ミシュラン★つきレストランです。

a0153807_19224711.jpg

                                              *画像は拝借しています。

運河沿いで夜になると、ぼんやりした街明りがムードがありとても素敵な場所。
コースメニューを頼みました。

a0153807_1925282.jpg


ここで使われているお皿、最初から最後まですべてリモージュ焼きでした。
メインのお魚料理の器は、ベルナルド エキュムシリーズですね♪

a0153807_19272359.jpg


お料理の写真、まとめます。

a0153807_19315957.jpg


圧巻は、デザート。

飴細工ドームの中に、林檎~

a0153807_1933229.jpg


コーヒーと一緒に出されたのは、森のデザート?

a0153807_19333140.jpg


感激でした★ 満足度 80%です。
サービスも雰囲気も申し分なく、「いいレストランで食事を頂いてる」感満載。


続いて、
昨年アムステルダム街中に出来た Woldorf astria ホテル内 「Livrije's zusje Amsterdam」
ここは、zwolleにあるミシュラン三ツ星レストランの姉妹店。
アムステルダムのレストランにも、早々ひとつ★がつきました。

a0153807_19381377.jpg


お稽古仲間女子5人でちょっぴりお洒落してお出かけです。
5人揃ってコースメニューをオーダー。

アミューズです。

a0153807_19403987.jpg


アミューズは、石の上にのせるプレゼンテーションが流行りみたい。

お料理の写真は、まとめます。

a0153807_19421242.jpg


メインは、鳩でした。 (選択できず)

a0153807_1943136.jpg


うーん  これがなかなかのお味・・・   悪い意味で。

焼き方などは聞かれず、レアなんですよ。  匂う、匂う。
つけあわせの野菜は、カルダモン風味で、これまた個性的な味なので口直しにならず。
季節的にジビエっぽいお料理が出されるのは理解できるとして、
でもこれは、万人ウケしないと思うなぁ~    私と友人一人は、少々残しました^^

その後、なんと1時間近く待たされて、ようやくデザート。

a0153807_19501720.jpg


どんだけ手のこんだデザートが来るのかと思ったら、アイスとムースかい?
まぁ 美味しかったけれども。

ということで、19時に予約、5人全員コースメニューを頼んだにも関わらず、
食事が終了してホテルを後にしたのは12時を過ぎていて、
仕方なくみなタクシーで帰りましたよ。

満足度  40%     
お料理の全体的な味バランスも偏っていて、 私の感覚では、★評価はなし。



ゴッホ美術館前にある conservatriam hotel 内にある 「TAIKO」レストラン

a0153807_19551738.jpg

                                            *画像は拝借しています。

日本と他アジア諸国の料理をミックス、モダンキュイジーヌレストランです。

席につくと、
お通し?として、ナッツと枝豆とおつけものが出されました。  笑
年末スペシャルコースメニューの内容です。

a0153807_19585556.jpg


前菜は、お刺身3種。 ハマチの漬け刺身に、トリュフがのっていました。 なかなか美味しい。
このところ、和食に限らず、フレンチでも「ゆず」「ポン酢」のソースを使った前菜は、
ポピュラーになってきています。

お料理は、タイ風、中華飲茶風、いろいろでした。

a0153807_2012411.jpg


器使いや盛り付けなどが斬新で楽しかったです。
メインは、キジのバーベキュー。

a0153807_2022672.jpg


ここまでアジアでまとめてきたわりに、デザートは
ココナツ味の甘いものをまとめただけで、おもしろくなかったー  

食事の途中に、レストラン内で太鼓の演奏?があり、
ユニークな演出でした。

a0153807_2051548.jpg



満足度 65%     
外国人ウケはすると思います。 
ただ日本人の味覚だと、同じ値段出すならばオークラで懐石料理を頂くほうが
満足度は高いハズ。


最後は、
昨日伺った hotel OKURA Amsterdam から 最上階のフレンチレストラン 「Ciel Blue」

あの日系オークラがアムステルダムにあるのです。
おそらく、オランダのホテルではベストホテルと言えると思います。

a0153807_022166.jpg

                                         *画像は拝借しています。

このホテルの何がスゴイかって。
ホテル内のレストラン、和食の山里 鉄板焼きのさざんか フレンチのシェルブルー
すべてのレストランにミシュラン★がついているのです!!!

会社の接待や特別な日の食事に、ときどき利用することがありますが、
いつ行っても、大満足♪

今回お邪魔したシェルブルーは、ミシュラン2つついているそうです。
私は、一昨年の誕生日以来のディナーです。

カメラを忘れて、主人のIphone写真ですが、ご紹介しますね。
チョイスありの4コースメニューをorderです。
アペリティフでシャンパンを選んで、美しいアミューズと一緒に頂きます。 (画像なし)
その後、

a0153807_081252.jpg


まず、こんなのが出てきましたよ~
このtom yamと書かれたライスペーパー?ごと、頂きます。 ユニーク!

私がオーダーした前菜牡蠣も、ソースのボウルがはじけたり、
小さなお料理演出が楽しいの。

知人のオーダーしたメインの鳩が、この塩釜に包まれて出てきましたよ~

a0153807_0111149.jpg


4人で食事をしたのですが、
頼んだお料理はバラバラ。 笑   
でも、それぞれに美味しく、見た目にも美しく、すべて同じタイミングで出され、
ポーションも品のよい少な目で、弱った胃腸でも十分頂けました。

a0153807_0121768.jpg


さすが、オークラ。
日本人スタッフもいるし、日本語メニューもありました。
お料理やワインの説明も、日本語で丁寧にしてくれたましたよ~

入口でコートを預けたら、帰りに着せてくださったときに、ほんのり暖かいの。
暖房で温めてくれているそうです。
こんな気配り、なかなかできません。  感動しました。

満足度 98%
オランダ、ベルギー ででかけたフレンチレストランでは、
私の中では一番好きなレストランです。


その他、ホテルではありませんが、
お外で食べまくっています。  オランダのレストランの食レベルは、ぐんぐん上がっているように
思います。    あ、たまに大ハズレももちろんあるけれど。
お金使っちゃっています。   大丈夫かな?    贅沢な食事が続き、痛風街道まっしぐら。
外食は大好きだし、色々勉強にもなるし、ワインのチョイスも楽しい。
でもね、続くと、しんどいですね。
あぁぁぁぁぁ   恋しや   納豆とお漬物~~~  白いご飯にジャコと明太子~~~  


胃腸、 そろそろ マジ やばい。
胃散飲んで、乗り切ろう。 
[PR]
by xiangpian | 2015-01-13 20:14 | レストラン(国外)

オランダ ゼーランドで牡蠣を食す。

クリスマス前に、念願だったzeelandに行き「牡蠣」を食べてきました。

ベルギーとの国境に近い オランダ ゼーランド州。
牡蠣やムール貝の養殖で知られる港町です。
オランダ、ベルギーで食される牡蠣&ムール貝の80%は、ここで生産されているものなんですって。

しかしながら、
冬のゼーランド、暗い空と海が広がるだけで、いやはや・・・   何もないっ!

a0153807_1993324.jpg


「牡蠣」といえば、この「Yerseke」という街がいいと聞き、海沿いをドライブ。

数軒レストランが並んでいましたが、海沿いに建つ小奇麗なこの場所に決定。

a0153807_1913284.jpg


OESTERIJ という名の、養殖会社直営のレストラン。
レストランっていうかな、メニューは牡蠣とムール貝のつまみしか、ないっす。
いわゆる、オイスターバー的な場所。

でも、それが目的だったので、問題なしよ。

お店の下がそのまま養殖場になっており、オランダ、ベルギー向けのムール貝や牡蠣を生産しているそう。
親切な店主が、養殖場や加工場へ案内してくれました。

a0153807_19182558.jpg


ともかく、牡蠣に目がない私たち夫婦。   ときめきます♪
牡蠣はまぁるい牡蠣を中心に3種類、ありました。


さて、テントが張られた店内で、いざ実食!

養殖場から牡蠣が運ばれ、その場で開けて調理が始まります。

まずは、生牡蠣。

a0153807_1920387.jpg


日本やフランスの牡蠣に比べて、ミルキーな感じは一切ないのだけれど、
新鮮なので、身がシャキシャキ。   歯ごたえのある牡蠣ってのもいいわ~

続いて、チーズ焼き牡蠣。

a0153807_19223463.jpg


オニオンとチーズをまぶし、オーブンで焼いたものです。
これも美味。  パンと一緒にあっという間に食べ終わってしまった・・・


すると、お隣のテーブルに、何やら魅力的なものが。
さきほどから、蒸籠で蒸している牡蠣が気になっておりました~

a0153807_1925058.jpg


撮影の許可を頂いた上で聞いてみると、
蒸し牡蠣、焼き牡蠣、オーブン焼き牡蠣のフルコース。
ソースもいろいろで。    
ちょっとちょっと、コレ頼みたかったわ、と。  (^_^;)



このあと旅行に出る予定だったので、お土産ゼロでしたが、
あー  箱買いして帰りたかった。     

牡蠣は冬場の「R」のつく月が美味しいと言われるけれど、
ゼーランドの牡蠣は、もう少し長い期間楽しめるそうです。   
逆に食べられないのが6月7月ぐらいですって。

ムール貝料理も大好きだけれど、やっぱり「牡蠣」なんだなぁ~~~

アムステルダムから、ちと遠いのが難点だけれど、また行こっと!


「OESTERIJ」      
Havendijk 12
4401 NS Yerseke

HPは、コチラ   です。
[PR]
by xiangpian | 2013-01-18 19:39 | レストラン(国外)

ホテルでハイティー

アムステルダムの街中に新しく出来た conservatrium hotel で
友人とハイティーをしてきました。

a0153807_23115655.jpg


元は音楽学院だった建物。 
大きく改装、増築して、今年とてもモダンなホテルに生まれかわりました。
すごく便利のいい場所でもあるので(ゴッホ美術館前)
併設のレストランやラウンジは、トレンディーな客層で(笑)いつもにぎわっています。

ハイティー  意図するところは、サンドイッチとスコーンとケーキ数種をお茶と一緒に頂く
「アフタヌーンティー」なわけですが、
オランダは、どの場所でも「アフタヌーンティー」とは呼ばず、「ハイティー」と言います。 なんでだろ?

ハイティーって、もっと夕刻の、食事的なもののことを言うと思うのだけれど・・・
香港やシンガポールなどで、飲茶も一緒に頂くようなイメージ。


なにはともあれ、友人が予約してくれた その「ハイティー」を頂きましたよ。

a0153807_0334581.jpg


AFTの3段スタンドで出てくるかな~と期待していたら、
なんと、お重で出てきました 笑  モダンなホテルって感じ~
お味は、普通。   おしゃべりに夢中でよく覚えていない・・・  
元から甘いものはあまり食べないので、サンドイッチ中心に頂きましたわ。
一人 30ユーロでした。

モダンでお洒落なラウンジではありますが、優雅な雰囲気ではないので、
ゆっくりお茶というよりは、ランチや早めの軽い食事に使えそうな場所です。


オランダのホテルでハイティーしたのって、実はこれが初めて。 
15時~  ってことで、この時間にゆっくり出来る友人があまりいない^^
しかも、食べ終わって17時。  おなかいっぱいで、とても夕食を作る気になれないしね~

けれども、
なかなか楽しい時間だったので、またどこか開拓して、オランダ流ハイティー楽しみたいな♪



[PR]
by xiangpian | 2012-10-31 22:03 | レストラン(国外)

Ron Blaauw

Amsterdamにミシュラン二つ★のレストランがあるとのこと。 
オランダ、この数年でミシュランの星つきレストランが随分増えたそうな。
友人夫妻を誘って、行ってみることに。
ふ、ふたつぼし・・・   緊張するなぁ。
雰囲気どうこうって事じゃなくて、私の虚弱なこの小さな胃袋で食べられるかなぁ~  と思ってね(^_^;)

結果   ノープロブレムでございました!

レストランフォトが苦手なワタクシですが、陽が長いこの季節、料理の写真も比較的明るく
撮影できそうだったので、今回も秒撮技にて(?) パチリパチリと・・・

お料理がどれもこれもフォトジェニックでして。

a0153807_16383137.jpg


↑こちらは、メインのお肉料理。
ネギを1本丸ごとお花の茎に見立て、大根やニンジンのピクルスでお花が仕上がっています。

前菜は、何品出てきたかな~?  次から次へと・・・驚きましたわ^^  

a0153807_0532667.jpg



a0153807_0555831.jpg

↑の前菜のうちのひとつ、 4人のうちの一人だけが四葉のクローバーソース!
「You are the today's lucky person」みたいな事、言われていましたよ。 いいな。

こんな楽しい演出に笑顔がこぼれちゃう。

このレストラン、数年前に場所を移動しミシュラン★もひとつからふたつに格上げされたそう。

ともかく、料理が出てくるたびに、お皿の上のアートに興奮です。

全体的には、ダッチフレンチな料理ですが、「食の流行」をうまく捉えているな、という印象。



週末は、コース料理のみのオーダーです。



メイン?のお料理も小さなポーションで3皿ぐらい出てきましたよ。

a0153807_133242.jpg


デザートの頃には陽も落ちて、写真もダメダメなので、1品だけご紹介。
例によって、メインのデザートが登場するまでに、ミニデザートが2、3品出てきました^^:

a0153807_16321069.jpg



ふぁぁぁ、おなかいっぱいです。
さすがに、もう無理よ~   
久々にフルコースを残さず綺麗に美味しく頂けて、何よりもその事に1番感動した私。
体調がいいって素晴らしいわ 笑      ビバ、わたしの胃腸関係!


えーと、 全体的な感想は、まぁまぁでした。
どれも美味しく頂けたものの、心に残るあの1品みたいな料理はなかったかなぁ~
なーんて生意気な発言しちゃったりして。

私の中でのフレンチ不動の1位は、パリの「LEDOYEN」(ミシュラン3つ)
「美味しすぎて、勿体無くて呑み込めない」って思ったんだもの、あそこのお料理。



ちなみに、オランダでは、
アムステルダムのホテルオークラ 「山里」の和食が、ミシュラン一つ星を持っています。
ここはいつも、日本人のビジネスマンで賑わい、セレブっぽいオランダ人が器用にお箸を
使ってお寿司やしゃぶしゃぶ、すきやきなどの食事をしています。

ホテルレストランといえども、「和食」がミシュランに選ばれるとは、日本人としては誇らしく思いますね♪



しかしまぁ、
ガッツリフレンチの翌日は、がっつり納豆ご飯が必ず食べたくなるのね、あたし。
炊き立てご飯と、納豆と、シラスおろしと、なめこの味噌汁・・・   私の中じゃ、一生三つ★ランクインよ。
おっと、ぬか漬けも忘れずに。
[PR]
by xiangpian | 2012-05-30 00:28 | レストラン(国外)

田舎の星つきレストラン

北オランダの花畑めぐりからの帰り道、Schoorlという街にある小さなホテルレストラン「Merlet」に
寄って食事。
聞くところによると、ずいぶん昔からミシュランのひとつ星を持っているそうな。

花畑ドライブだけじゃ、俺はつまらん!と、主人が探しました^^;

a0153807_05018100.jpg


18時の予約。    案の定、私たち、トップバッター。
モダンな内装だけれど、窓の外にナチュラルな雰囲気のテラス。   あら、素敵♪

食事はアラカルトで前菜とメインとデザートを。
今の季節は陽が長いので、窓際ならお料理もばっちり撮影できちゃうわ~
大丈夫そうな雰囲気だったので、数枚撮影しました。

こちら、私がオーダーした前菜。
くるみとりんごとセロリを使ったベジタリアン前菜っぽいものをオーダー。


a0153807_053254.jpg


かわいい。
黒いお皿の上にお花畑。 
奥のガラスの器の方には、後からリンゴのジュースソースをサーブしてくれる小技をきかせて 笑  

たぶん、こういう前菜を頼むのは女性。
盛り付けも、女性を意識した演出なのでしょう。


メインは、白身のお魚とロブスターを。
主人は、ラム肉。

どちらも、まぁまぁなお味でございました。

a0153807_056926.jpg



ホテルレストランなので、そのまま宿泊されるお客さんも多いみたい。
外には、デンマークやドイツナンバーの車が停まっていました。
きっと、みんなチューリップ見に来たのね~
ほとんど終わっちゃってたけれど^^



オランダの食レベル、どんどん上がってきているように思います。
ミシュランの星つきも増えたし、雰囲気やこまかい演出も洗練されているし~
この夏は、色々でかけて楽しめるといいな。

このところ、持病の「胃腸不良」発作がないので、うしし・・・    なの♪

More
[PR]
by xiangpian | 2012-05-15 01:09 | レストラン(国外)