カテゴリ:オランダの花と緑( 40 )

紫陽花3変化

しとしとしとしと、と本当に毎日よく雨が降ります。  
ときには大きな粒のヒョウまで・・・
まるで梅雨のような天気が続くアムステルダム。
このまま夏が終わるんじゃないか、とみんな言っています。     ざけんなよっ! 


こちらは、3週間ほど前に買った紫陽花。

a0153807_23171265.jpg

日本ではあまり見かけない品種かも。


花弁ひとつひとつが小さく、グリーンとピンクが入り混じった
カラーグラデーション。


小花好きな私としては、ボリューミーな紫陽花よりも、どこか可憐さがある
この紫陽花がお気に入り。


蚤の市で見つけた、アンティークの(100年以上前のオランダのものだとか)
ピッチャーにいけました。


ピンク色の野の花(名前わからず)と一緒にいけましたが、
こちらはすぐに萎れましたわ^^:





かわいらしい紫陽花でしょー

a0153807_23234174.jpg


ところで、
この紫陽花を買う少し前に、遊びに来ていた友人から「紫陽花の水あげのコツ」を聞いたのです。



a0153807_2328080.jpg

紫陽花の茎の下から5センチぐらいの部分を一部カット。

茎の中に
こうした白い綿みたいなものがつまっています。

それを楊枝かなんかを使って、綺麗にとりのぞきます。


ちょっと面倒だけれど、これをすることで、
紫陽花のもちが、ぐーんと良くなった気がします。

あ、わかりません、アムス涼しいから長持ちしただけだったりして^^

でもね、
お花のプロの方からも同じ話を聞いたから、間違ってはいないと思う。





この紫陽花が3週間後、ドライになりました~

アレンジ3変化です。


a0153807_23363899.jpg


短く切って和のアレンジを5日間ぐらい楽しんだ後、思い切って水を切ったところ、
わりと綺麗にドライになってくれました。
右の写真のブルーのドライ紫陽花は、実は昨年のもの。
ドライ紫陽花同士一緒にして、もうひとつの和のアレンジでしばらく楽しむことにします。
(ポトスは、小さな花瓶にお水をはっています)


今の季節、お花は買ってももたないと思うから、こうしたドライ紫陽花とグリーンなんかで
涼しげにテーブル風景を楽しむのがいいのかもしれません。


日本、暑いらしいですね~ 
おそうめん、食べてますか?   お風呂あがりにビール、飲んでますか?   あ、麦茶派ですか? 
蚊取り線香たいてますか? あの匂い好き。   節電、 頑張ってますか?  
日焼け止めクリーム厚塗りで、お顔白うきしていませんか?  素敵な帽子、かぶっていますか?
バーゲンで、うっかりどうでもいいモノ買っていませんか?  ガリガリ君、食べたいです。
ひと夏の恋にときめいていますか?    韓流スターに?   ご勝手にどうぞ~


こちらは、しつこいですけれど、涼しい、いや、寒い夏です。
ひと夏のときめきの相手も見つかりそうもなく。 
 
       
日本の夏らしい夏、ちょっぴりうらやましーぞぉー

More
[PR]
by xiangpian | 2012-07-18 00:08 | オランダの花と緑

Rosarium

先週土曜日、お天気がよかったので久々に主人の運転でドライブを楽しみました。

ガラス工芸の街へでかけ、風車が並ぶ世界遺産の場所をめぐり、夕刻にはハーグにあるバラの公園へ。

公園の一角がバラ園となっているロザリウム。     夫、やや退屈そう。 笑

a0153807_2393644.jpg


残念!  早すぎました^^  ここのバラ、まだ五分咲き。    
街中のバラはそろそろ終了なんだけれど^^

a0153807_23112239.jpg


全体の半分ぐらいしか咲いていなかったけれど、人も少なく美しいバラを独り占め感覚。

a0153807_23132820.jpg


公園の中を小さな運河が流れていたり、カモがうろうろしていたり。
広大な敷地の中、ゆったりした時間が流れます~

a0153807_2315699.jpg


9月まで楽しめるそうだから、見ごろは7月末ぐらいかな?


ロザリウム。
そういえば、アムステルダムにも同じ名の場所があります。
こちらは、レストランの名前ですが・・・

アムステル公園の一角にある レストラン ロザリウム。
その名の通り、レストラン横に小さなバラの園が広がるんですね~

a0153807_071187.jpg


芝生が青々と美しいので、バラも映えます。

a0153807_235054100.jpg


レストランのテラスから、バラが見られるなんて、幸せですね。
ここのバラは、見ごろを迎えているみたい。     ほら、バラの海。  満開。
近いうちに、レストランロザリウムにお茶しに来ようかな~  薔薇とお茶 いいかも。

    あーん、いい匂いがするぅ~  ♪ 

a0153807_23241969.jpg


薔薇も種類が多すぎて、なかなか名前を覚えられません^^

a0153807_23321124.jpg


真紅のバラ  小さくて黄色いバラ  つる薔薇  香りの強いバラ 椿みたいなバラ   じゃ、ダメかな^^
ダメだね。

だから何度も言うけれど、ベルばらの登場人物の名前つけてくれれば、覚えられると思うのよね。
オスカル アンドレ  ロザリー アントワネット フェルゼン デュバリー アラン ポリニャック とかさ~
それから、キャンディー アンソニー イライザ  テリーにアニー ってのも圏内よ。    


んっ? 

More
[PR]
by xiangpian | 2012-07-09 10:06 | オランダの花と緑

薔薇とアムステルダム

6月もそろそろ終わりますね~
日本同様、天気の安定しない日々が続くアムステルダムです。
そんな中、目を楽しませてくれるのが色とりどりのバラ。 
6月は、バラシーズン♪
この季節、バラ園へ行かずとも(あるのかな?)住宅街、街中とあらゆるところで見事に咲き誇るバラを見かけます。

a0153807_22221092.jpg


運河沿いの細長いカナルハウスの外壁に実にバランスよく這わせているものです。

a0153807_22235871.jpg


排水管にそって這わせているのでしょうが、お手入れは梯子でも使っているのかな?
それとも、窓から手をのばして、お手入れするのかな?

玄関先も、こんなに素敵。

a0153807_22255978.jpg


運河に落ちそうになりながらも、必死に撮った写真です 笑

a0153807_2227367.jpg


ふつーの家の庭でも、ちょっとした道端に咲いているものでも、バラという花は存在感があるものです。

a0153807_2229748.jpg

↑この下段中央のバラとクレマチスのコラボレーション、素敵だと思いません?


先日友人と出かけたベルギーのブルージュの街でも、見事でした。

a0153807_22321889.jpg


ヨーロッパの建物って、やっぱり素敵よね~    と改めて思う。

a0153807_223353.jpg


バラに詳しい友人に、品種を色々教えてもらったけれど、聞いたそばから忘れる~   恥。


最後に、
我が家にも、小さな小さなバラを!

a0153807_22345256.jpg


寄せ植えしていた中のセントポーリアがちょうど終わったところだったので、
ミニミニバラに植え替えしたところです♪


薔薇は薔薇は、気高く咲いて~ 薔薇は薔薇は美しく散る~のよね、 ね、オスカル?
[PR]
by xiangpian | 2012-06-28 00:16 | オランダの花と緑

Panier de fleurs

日本からの友人が今日から1週間我が家に泊まります。
1年のうちで一番陽が長く、とても良い季節なので、美しく田舎な(笑)オランダを楽しんでくれるといいな。

「花」と「美術」が大好きな彼女に喜んでもらいたくて、
籠を使った少し大きなフラワーアレンジメントをつくりました。
こういうアレンジメントスタイルを、panier de fleursというそうですよ。

a0153807_3184987.jpg


まったくの自己流です。
なんの規則もなく、適当にオアシスにさしただけなので、フラワーアレンジメントの心得のある方が
見たら笑っちゃうかな~

a0153807_3195776.jpg


お花は、数か所のフラワースタンドを回って、気に入ったものをそれぞれの店で購入。
私なりのテーマは、「さりげなくゴージャスなアレンジ」     そう、ギンギラギンにさりげな~くね。


a0153807_3215839.jpg

花材です。

そろそろ季節の終わりを迎える芍薬を10本。
出始めの頃より値段もだいぶ下がっています。

大好きなクレマチスを見つけてテンションあがりました。
これも10本。

メインのお花は、面積が大きくて籠をうめるのに最適なグリーン紫陽花を2本。

あとは、小花やグリーンを適当に。
   
しめて、27ユーロ。     今回は特別にちょいと奮発!


おぉ、こんなに大量にお花を買ってきたの、多分生まれて初めて!!!

好きな花ばかりなので、アレンジメント作るのも実に楽しい♪

 
さりげなく  さりげなく  ・・・    作り過ぎないように~




芍薬の花が開くことを想定しながら、バランスを見てアレンジしたつもりですが・・・^^:

a0153807_3263493.jpg


クレマチスのパープルが、思いのほかインパクトありますね。 10本はちょっと多すぎたかも。

どうなんでしょう?
白い小花とか入ったら、もう少し優しい印象になったのかな。

でも、この色バランス、結構好きです。  


籠も蚤の市で見つけたお気に入りのものなので、安っぽくならずよかったかな~

あっ、すみません、自己満足です。

自己満足ついでに、写真も気合い入れて、相当な枚数撮影しました。
最後は、アンダー気味なショットで!

a0153807_3345091.jpg



彼女を喜ばせるために・・・
とか言っちゃって、自分が1番嬉しく楽しかったりしてね。   u fu fu ・・・   


1週間、お天気いいといいなぁ~    ベルギーにもお出かけしてきます。
早速、今朝は雨の予報だけれど・・・



ということで、ブログ更新少しの間滞ります。
[PR]
by xiangpian | 2012-06-15 14:48 | オランダの花と緑

IKEBANA レッスン

オランダ現地在住の知人(日本人女性)が、オランダ人相手に生け花の先生をされていると聞き、
「ぜひ、日本人生徒にもレッスンしてください」とお願いしたところ、OK!とのお返事。

先週、1回目のレッスンがありました。  オランダ人生徒にまざって、頑張りました 笑

a0153807_343477.jpg


角度から長さから、しっかりした規定があるのですねぇ  (^_^;)
なんとなくのバランスでいけているものとばかり思っていましたよ~   

レッスンでは、先生が持参された花器にいけさせてもらいました。
家に帰って、手持ちの花器(器ですが^^)にいけなおします。
器に合わせて花材をカット、角度を見ながら・・・     簡単そうでむずかしー

↑の写真を先生に見てもらったところ、剣山そばの葉がうるさい&上部の枝の葉が下がりすぎ?
などと言ったアドバイスを受けましたよ。

翌日、少し葉をとりのぞき、花も正面を向かすのではなく少し角度をつけたり。   
芍薬は、一晩で蕾から花開き、またイメージが変わります。

a0153807_3492911.jpg


あまり変化ないか~^^:


けれども、渋くてなんだかいい感じです♪  
こういうお花の飾り方、ずっと憧れていたから。



1回目のレッスンでは、もうひとパターン習いました。

a0153807_3574299.jpg


高さ、長さをいかす生け方だそうです。
この写真も先生にみてもらいましたが、横に流したしょうぶの葉は、「必要ない」そうですぅ^^
それから、器も剣山も小さいからむずかしいところだけれど、もう少し奥行きを感じられるように
いけたらどう?  とも。   なるほど~


今回、改めて思いました。
生け花の「美」を表現するには、技術やセンスがもちろん1番大切だけれど、
やっぱり、「器」がキメテだなぁ と。   花器ですよ、花器。

生け花用の花器・・・ひとつも持っていません。

陶芸レッスンでつくろうとは思っていますが、  やはり生け花用の洒落たものが欲しくなるぅ。
あぁ、また器の病が・・・  の予感。

 
飾る場所も、むずかしいですね。
けれど、西洋人にも「生け花」は人気があるのです。
「引き算のフラワーアレンジメント」ってことで、モダンな印象を受けるのでしょう。

a0153807_444445.jpg


a0153807_4459100.jpg

↑この写真は、左の本の1ページ。

イギリスとフランスで購入した「生け花 IKEBANA」の本です。




西洋のインテリア空間に、バランスよく飾られるIKEBANA。

花器にしても、花にしても、洋花、洋器でいいみたい。



和室の床の間に飾られているよりも、むしろお洒落かもしれません。

a0153807_491544.jpg


オリエンタルミックスなインテリアが好きな私には、フラワーアレンジメントより生け花を習うほうが
趣味的に合うような気がしています。    どうかなぁ?

盆栽とのバランスもいいしね★

お部屋に生け花があるこの雰囲気、結構気に入っています~


a0153807_4141117.jpg


芍薬も、そろそろ  end of season ですね。
[PR]
by xiangpian | 2012-06-13 04:22 | オランダの花と緑

芍薬

5月に入った頃から、お花屋さんに「芍薬」が並んでいます。
大好きな花のひとつです。

a0153807_122029.jpg


red charmという名の大輪の赤い芍薬と薄いピンク色をした芍薬を2種類、買いました。
このブルーの花器は昨年蚤の市で買ったもの。   
この花器に芍薬ばかりを30本ぐらいいけたいなぁ・・・と思っていたの。
ところが、30本なんてとても無理。
花が開ききると、1輪だけでも大迫力! 

a0153807_1242963.jpg


花の国オランダでも芍薬はそれほど安くはなく、今回は12本(2本オマケ)で14ユーロ。 え、安い?
ただ、種類がいろいろあるので、見ているだけでも楽しいですよ。

a0153807_1382452.jpg


花屋のおじさん曰く、「芍薬は色々ミックスさせないで、芍薬だけをいけるほうが素敵だよ」とのこと。 
    
そうかも。



変わって、こちらはパリの花屋さんで見つけた芍薬のブーケ。

a0153807_131599.jpg


まだ蕾の状態だけれど、なんだか素敵。
白い小花と一緒にいけるだけで、ちょっとフランスっぽいかも~

花屋さんに「芍薬は芍薬だけで」って言われたばかりだけれど、フランスものにかぶれやすい私は
早速マネっこしたくなっちゃった。

a0153807_1342346.jpg


うーん^^   違うなぁ・・・ お花いけるの、本当に下手っぴな私。  
グリーンの色が違うのよね~
あとは、なんとなく流れるラインみたいなのが必要ね~    
でも、小さく満足。  それなりにカワイイぞ。


今週オランダは、真夏の陽気です。   気持ちよすぎ♪   ひたすらボケーっと運河沿いでお酒飲んでいたい気分。

芍薬もあっという間に花開き、部屋の中が今とっても華やかですわ~



旬のうちに、あともう1度ぐらい芍薬飾りたいな。   
今度は真っ白の芍薬を!
[PR]
by xiangpian | 2012-05-25 01:51 | オランダの花と緑

小さなチューリップ公園と大きな花畑

またまたしつこく、チューリップネタです。
北オランダのAnna Paulownaという町に、小さなキューケンホフとも呼ばれるチューリップ公園が
あると聞き、出かけてきました。

a0153807_3151655.jpg


30分もあれば十分まわれてしまう、小さなかわいらしい場所でした。
チューリップも、最後の最後。
キューケンホフみたいに、すべてが計算されたチューリップ公園とは違い、
田舎の素朴なチューリップ公園といった感じ。
入場料もいらないし、近所のおじぃちゃん、おばぁちゃんや子供たちがお散歩にくるような場所。

a0153807_319292.jpg


植えられたチューリップそれぞれに、名札がついていたので、勉強に?なりましたよ。

a0153807_320727.jpg


黒いチューリップの名は、Queen Of Night ですって。

a0153807_321133.jpg


近くにこんな場所があったら、毎日でもお散歩に行くのだけれど・・・



さて、この小さなチューリップ公園を後にして、
この日のもう一つの目的!!!
広大なチューリップ畑で「風車とチューリップそしてワタシ」の写真を撮りに出かけることに。

Anna Paulownaの街から南に少し下ったあたりが、チューリップ畑の広がるエリア。

しかし、遅かったぁ!!!

ほとんどのチューリップの花がすでに落とされていました。    泣ける~
でも、めげない。  まだ、咲いている場所もあるわ。  
探して探して、なんとか風車とチューリップのある場所を見つけました(^_^;)

a0153807_3272216.jpg


同じ風車ですが、チューリップの色を変えて~

a0153807_328571.jpg


もう1枚~

a0153807_3283074.jpg


ふぅ。    なんとか、撮影できた・・・   年賀状に使えそうな「自分撮り」もちゃっかりと。

昔このあたりを車で回った記憶を蘇らせて、このあとも2時間ぐらい車でグルグル回ったけれど、
結局のところ、風車とチューリップの写真は↑の場所しか見つからず。

満開の時期だったら(おそらく1週間前まで)、このあたりの畑のグラデーションは、目を見張る美しさ。
リッセの花畑よりも、畑の規模が大きく、色のグラデーションがアートの世界。


それにしても、畑の写真を撮っていて、改めて気が付きます。
オランダの大地って平坦!!!
地平線までチューリップ?

a0153807_3332860.jpg


こっちも

a0153807_3343216.jpg


あっちも

a0153807_335061.jpg


来年は、もう1週間早く来ようっと。

<備忘録>

Zijpeのチューリップ畑 撮影ポイント

Alkmaarから北上、
JulianadorpからSchoorlへかけてのN9沿い または、N502沿い
また、
Schagenの少し上、't Zand付近に風車と花畑を近くで撮影できるポイントがあると思います。



今年のチューリップシーズンは終わりました。
また来年、楽しめますように♪
[PR]
by xiangpian | 2012-05-10 01:40 | オランダの花と緑

リッセの花畑めぐり

キューケンホフ公園のあるあたり一帯は、チューリップ花畑エリア。
時間があれば、ぜひともまわりの花畑も見てまわりたいもの。
今回は公園へ行ったついでに、
自転車を借りて(子供用の小さめチャリ 笑)、ぐるりと畑めぐりを楽しみました。

a0153807_310616.jpg


場所によっては、ロープがはられて立ち入り禁止の畑もありますが、
自転車を側道に停めて畑の中をずんずん進んで行けるような場所も多く、そういう場所を探します。

a0153807_3123660.jpg


チューリップばかりの所もあるし、水仙やヒヤシンスなどとのコンビネーションの畑も。

色のグラデーションで目を楽しませてくれますよ。

a0153807_3142987.jpg


一列に綺麗に並ぶチューリップは、花の絨毯。

a0153807_3412134.jpg


ピンクゥ~~~

a0153807_3171877.jpg


イエロォ~~~

a0153807_3381762.jpg



レッドォ~~~

a0153807_3174338.jpg


一面真っ赤の中にいたら、色々な角度で撮影したくなります。
下から、正面から、真上から~   

だんだん欲がでてきて、脇役と一緒の写真が撮りたくなり~

運河とチューリップ♪

a0153807_3202686.jpg


ボートとチューリップ♪

a0153807_321880.jpg


電車とチューリップ♪

a0153807_3213888.jpg


チューリップ写真は、ちょっと一息。
こちらは、かろうじてまだ咲いていたヒヤシンス。
お行儀よく並んでいますよ。

a0153807_32327.jpg


おや、
そろそろ刈り取りですか?   なんだかもったいない気がしちゃう。

a0153807_3261211.jpg


それにしても、お見事の咲きっぷり。
圧巻です。  

a0153807_3472953.jpg


このあたりはスキポール空港も近いので、今の季節飛行経路によっては、上空からチューリップカーペット
の様子を眺めることもできるのです!!!
写真撮影している間も、上空を飛行機が何度も通過してゆきました。


このリッセの花畑めぐり、
キューケンホフ公園周辺と言えばよいのですが、リッセ駅を目指して巡るとナイスポイントが多い気がします。 
自転車なら3時間ぐらい楽しめますよん。

a0153807_3315757.jpg



今週末は、また違う畑を車で巡る予定。
お天気だといいなぁ。

欲張る、欲張る・・・
    
[PR]
by xiangpian | 2012-05-02 03:35 | オランダの花と緑

キューケンホフ公園 2012

オランダに、チューリップの季節がやってきました♪
今年の春は、天気も安定せず寒い日も多いので、キューケンホフ公園のチューリップもまわりの花畑も
例年より少しだけ満開の時期が遅れている気がします。

キューケンホフ公園。
今が満開。   夢の国にいるような光景が広がります。

a0153807_22214386.jpg
  

一緒に出かけた友人がこう言いました。
「ここへ来ると、言い方おかしいかもしれないけれど、まるで天国にいるみたいな感覚じゃない?」
まさに!   天国って行ったことないけれど、こんなところかもしれない。
こんなところだといいなぁ。   やっぱり地獄よりは天国へ行きたいと思う わたし。

a0153807_22234265.jpg
 

満開の花々  小鳥のさえずり  花の優しい香り  ときどきワッフルの甘い香りもね~
楽園だわ。   楽園ってこういう場所のことを言うのよ~~~

a0153807_2227493.jpg


この公園のチューリップを見るために、世界中から観光客が集まります。
園内の観光客、あまりにも多国籍すぎて、万博か!  って思いましたわ^^
天気のいい平日を選んで出かけたので、まだ人の数はマシな方ですけどね・・・

a0153807_22315282.jpg


それにしても、この公園は花のレイアウトが素晴らしい。
多分、専任のガーデナーがいて、毎年開花時期を計算しながらデザインを考えるのでしょう~

a0153807_2235524.jpg


この公園では初めて見るようなチューリップの品種にも出会います。
オーソドックスな赤や黄も和むし、黒いもの、フリンジつき、大輪の八重咲きもゴージャスだし。

a0153807_22385531.jpg


私の好みは、こんな感じのやわらかい色のもの。

a0153807_2240218.jpg


ムスカリの小川?   
このコーナーは、毎年、写真スポットとして定番みたい。

a0153807_22423260.jpg


ムスカリのブルーが、チューリップの鮮やかな色を際立たせています。

a0153807_22441063.jpg


遠くから見ると、とてもチューリップには見えない 大輪の八重咲きチューリップ。

a0153807_2245182.jpg


バラ? ボタン? 芍薬?    いえいえ、全部チューリップなの。

a0153807_2245376.jpg


園内、オランダらしく風車もあるし、池に噴水、白鳥もいます。  小さな運河まで。

a0153807_22485177.jpg


この公園へ行かずして、オランダは語れません・・・
とでも言いたくなるほど、素晴らしい公園です。   オランダの宝と言っていいと思うな。

お察しと思いますが、
写真も、ものすごい数、撮ってしまいます。  だって、どこを撮っても画になるんだもーん。     
ブログ用の写真編集も、選びきれず大変。   

でもねでもね、
実際の公園、目で見る光景は、この写真の何十倍何百倍も美しくてため息ものなのです!!!
私の撮った写真なんかじゃ、とても伝えきれないのが悔しいぐらい。

a0153807_22553297.jpg


a0153807_062396.jpg


チューリップが満開の1番の見ごろは、もちろんその年によって違いはありますが、
平均して4月の最終週ではないかと思います。  公園周辺の花畑もセットで楽しめますよ。



行き方 → 期間限定でスキポール空港からとライデン駅からの直通バスが出ています。
        チケットは、空港内または駅前インフォメーションセンターなどにて、バスと公園入場料
        がセットになったチケットを購入出来ます。

桜と・・・
[PR]
by xiangpian | 2012-04-29 23:06 | オランダの花と緑

クロッカス休暇

今の季節、道端に小さなクロッカスが花を咲かせ、春の訪れを感じさせてくれるオランダ。

a0153807_054241.jpg


子供たちの学校もハーフタームのお休みで、大人もこれに合わせて休みをとり、ヨーロッパの山のほうへ
スキーにでかける家族が多いようです。

オランダでは、「クロッカス休暇」なんて呼ばれているんですよ♪
かわいらしいネーミングです。

a0153807_0561640.jpg


このところお天気のよくない日が続き、今一つ「春」を感じられないでいるのですが、
ちょっとした道端で、小さい春が見つかります。
このクロッカスのあとに黄色い水仙が咲き、そのあとにチューリップ。
花の国オランダならではの「春」の感じかたですね。


ところで、このクロッカス休暇の最中、オランダに悲しいニュースが流れました。

女王の次男 ヨハンフリーゾ王子が、バカンス先のオーストリアの雪山で雪崩に巻き込まれ重体。
そのまま意識が戻らないそうなのです。


a0153807_125346.jpg


王位継承権を放棄している王子ですが、まだ43歳という若さ、二人の子供もいます。
現在はロンドンの最新鋭の機器を備えた病院に移られたそうですが、このまま植物人間となって
しまう可能性が高いとか。

ショッキングなニュースに、オランダ人みな心を痛めています・・・





さて、クロッカス休暇とはまったく関係ありませんが、私このあとしばらく日本へ一時帰国しますので、ブログ更新がストップします。
3週間の日程だけれど、なんだかんだと忙しそうで、多分後半はバテバテだと思うわ~
約束している友人たち、そのあたりお察しくださいまし 笑

春らしい陽気になってくれることを期待しています。
また「あ、揺れてる、揺れてる」とかあるんだろうなぁ。 怖いなぁ。

話題の「塩麹」ってのも、興味あり。   売ってるんですかね?
食べるラー油の人気は継続中でしょうか?   2、3瓶買って帰るつもりですが。


薄切り牛肉のおろしポン酢、ぬか漬け、貝の刺身、なめこ卸蕎麦、たけのこ、ネギ塩カルビ、鰆の西京焼き、うどんすき、炊き立て白ご飯に明太子、タラの芽の天ぷら、湯豆腐、ねぎとろ丼、ねぎま鍋、桜餅にみたらし団子、ついでにタイ焼き(今川焼きでもいいや)    あぁぁぁぁぁ・・・・・・

もうすぐ、もうすぐ♪   

皆様も素敵な春を!!! 
[PR]
by xiangpian | 2012-03-06 01:22 | オランダの花と緑