カテゴリ:アンティーク&ヴィンテージ( 46 )

ガラスのナプキンリング

一時帰国していた友人から、素敵な御土産を頂いたの♪
(ってか、私がリクエストをかけていたものを、ちゃーんと見つけてくれた)

ガラスのナプキンリング! 
マーケットで見つけたらしいから、多分、やや古いものだと思う。

a0153807_232174.jpg


ノルウェーのガラスメーカー  HADELANDのもの。
渦を巻いたみたいなユニークな形。
このぽてっとした、不揃いのガラス・・・  ノルウェーっぽいわ 笑。   
同じく、HADELANDのガラス皿と合わせると、こんな感じ。

いや、いや、和のお皿でも、使うわよ~
ガラスなら、なんでも合うから、嬉しいの。

a0153807_2351191.jpg


ナプキンリングって、日本にはまだまだ、あまりない。
(まぁ、ナプキン自体、家で普通に使わないしね)
器用な人は、ビーズやタッセルを使って、手作りしたりもするみたい。

肝心の布ナプキンをあまり数持っていないけれど、ペーパーナプキンなら、結構あるわ~

a0153807_2395981.jpg


ひひひ・・・
ペーパーナプキンで遊べるのなら、テーブルアレンジのイメージも無限大∞に広がる。


お気に入りテーブルアイテムがひとつ増えました♪
友よ、  ありがとさーん!!!
[PR]
by xiangpian | 2010-10-26 23:13 | アンティーク&ヴィンテージ

北欧食器で、ティータイム♪

ブログを通じてお知り合いになった、 happypeasさんの こちら の記事で
すごく気になったスウィーツ!

ホットケーキミックスを使った、エスプレッソ風味の餡子の入ったスウィーツです。

a0153807_14474279.jpg


かねてから、「餡子&コーヒ」って、最高のマリアージュだと思っていたものだから、
このデザート・・・私の好みそのもの!!!

a0153807_1450166.jpg

生地は、ホットケーキミックスを使いますよ。

中身の餡子にもコーヒー味を染みこませて・・・
作り方は、いたって簡単!(じゃなきゃ作らない、私の場合)
詳細は、happypeasさんの記事でどうぞ。

カップケーキの型がなかったので、小さな器に生地と餡子をIN !

味や食感は、コーヒードラ焼き みたいな感じでしょうか。

餡子のお団子、大きめです。  単純に好みです、はい。

後ろのスティックは、マイブログではお馴染みの「しるこサンドスティック」です。

「しるこサンド」は、東京でも「西友」に売られていることが判明!



昨年、ネスプレッソを購入してから、
紅茶よりコーヒーを飲む機会が圧倒的に多くなりました。

昔から「和党」のアタクシは、コーヒーのおともも、和系のスウィーツを好みます。
中でも、 あんこ  がたまらなく好き。
選んだ器は、北欧ヴィンテージの 地味ぃ~~~な、ティー(コーヒー)セット。

a0153807_1505740.jpg


Rorstrandの Isolde シリーズです。
ノルウェーの中古屋ショップにて、あり得ない価格で手に入れたセット。(×6)
あまり人気のないシリーズだし、実はそれほど気に入ってもいないのだけれど、
「コーヒーと餡子」には、この器、すごくいいかな・・・と 笑。

帰国後は、サッパリ・・・の北欧ヴィンテージ熱ですが、
先日、北欧食器好きのある方とデートしたときに、連れて行ってもらった店で、
久々に、ひとつ買いました。

a0153807_158381.jpg


Kosta boda (スウェーデン)の ヴィンテージガラスボール。
両耳がついているデザインがユニークで、かわいいなと思いましてネ。

あぁ、北欧!
これから、最高の季節です。   
白夜です・・・  白樺の枝がそよそよと風に揺れます・・・   海老とサーモンと酒です・・・
イケメン、わんさかです・・・ 

ここ日本は、これから梅雨に入ります (;_:) 

がびーん・・・

  
[PR]
by xiangpian | 2010-05-26 15:18 | アンティーク&ヴィンテージ

少~しずつ 古伊万里

アンティーク、ヴィンテージの世界。
はまればはまるほど、その奥の深さに戸惑う。 
戸惑いつつも、魅せられ、更にどっぶりはまってゆく・・・

和骨董といえば・・・代表的なものは、「古伊万里」かな。
ご他聞にもれず、あたくしも、欲しくて欲しくて、たまらない大好物。

a0153807_21182927.jpg


まずは、小皿から始めてみよう。  
↑ こちらは、時代も絵柄も大きさもお値段も、 まちまちなものだけれど、
色々な場所で1枚ずつ買っている小皿。 三寸ほどの。

素敵な出会いとお財布に余裕があれば、いつの日か揃いで5枚欲しいな。

テーブルの上すべてを古伊万里・・・  
今の私には too muchだと思うので、この小皿たちを使って、
和のテーブルコーディネートを楽しみたいな。

こちらは、最近誕生日に主人で内緒に買った(笑)
古伊万里? 古九谷?の鉢。   華やかな柄の鉢。 古典柄。
この鉢に、厚揚げ料理を盛ってみた。

a0153807_19153464.jpg


厚揚げ料理が、ちょっと格上料理に見える・・・気がする。

皿効果。  うふ。
[PR]
by xiangpian | 2010-05-21 20:00 | アンティーク&ヴィンテージ

北欧ヴィンテージ食器 復刻版のお話し。

一月ほど前の話だが、久々に新宿伊勢丹にでかけたら、リビングフロアーが「北欧もの一色」
なので驚いた。 
食器関係から、雑貨、ロロスツイード(ノルウェー)の毛布、家具、ありとあらゆる北欧ものが
揃ってディスプレイ。  イルムス並の品揃えだった。
中でも目をひいたのが、北欧ヴィンテージ食器の「復刻版」!
わんさか・・・あるのね。

まずは、グスタフスベリ(スウェーデン)の復刻版たち。

a0153807_20302031.jpg

                                    *画像は、ネットより拝借&編集
↑沢山あるので、シリーズ名は省略します。
人気のリンドベリデザインのものが、復刻版で勢揃い。  
一時は赤のアスターがない、ない、なんて言ってたのにね・・・。


変わって、ロールストランド(スウェーデン)のMONAMI 復刻版。

a0153807_20342629.jpg

                                    *画像は、ネットより拝借
北欧のマーケットで初めて見つけたときのあの興奮はなんだったのだろう?
いまや、ネットでもゴロゴロ出てきます。  値段も相場が下がってきているような・・・。


アラビア(フィンランド)のパラティッシシリーズと言えば、あーた、生産終了の声とともに人気沸騰、
ブラックパラティッシは、ある時ものすごい高値になったというのに、あっけなく生産再開。
右は、アピラシリーズの復刻。

a0153807_20404455.jpg

                                      *画像は、ネットより拝借&編集
こちらは現在、イッタラ社の傘下となり、パラティッシだって、オンラインショッピングが出来ちゃう。


そして、極めつけに・・・   カステヘルミ(フィンランド)ですよ!

a0153807_20441471.jpg

                                        *画像は、ネットより拝借
こちらもイッタラ社の傘下となり、先ごろ、復刻版として、クリアー色とアップルグリーン色を生産開始。


・・・と言った具合なの。

北欧ヴィンテージファンにとって、人気シリーズの「復刻」は、嬉しいような、しらけるような。
どちらかと言うと、後者。
もちろん、オリジナルとの違いも若干あるみたいだし、ものによっては復刻されていないアイテムもある
のでしょうが、なんだかね、そう簡単に復刻版を生産されては、ヴィンテージの価値、魅力が半減する
ってもんよ。 今は生産されていない、幻のアイテムだと思うから、欲しいわけで。



北欧ヴィンテージファンの皆さんは、どう思います?


その点、まだまだマイナーなノルウェーメーカー。 
多分、この先も「復刻」なんて話は出てこないでしょう。  

こちら、帰国間際に数百円で見つけた、stavangerflintのティーカップ。

a0153807_20562833.jpg


アイボリー×優しい黄色の配色、幾何学模様の感じが凄く気に入っているの♪

ちなみに、友人は、トリオ(小さめのケーキ皿がつく)で見つけたらしい。  いいなぁ。

a0153807_2058668.jpg

                              *画像は、友人より提供、サンキュー

シリーズ名も生産年代も、何もわからない。 ネットでもどんだけ検索しても出てこない。
多分、日本人でこのカップを持ってるのは、私と友人だけよね! と自己満足満足満足♪
結構いたりして・・・ 笑。



それにしても、北欧ヴィンテージ食器は、殊更、日本人に人気が高い。
先日、主人の仕事関係で、ノルウェー人の父娘と食事をする機会があったのだが、
私は共通の話題を探そうと必死に、「北欧ヴィンテージ」の話をしたのだった。
しかし、パパも娘も、反応ゼロ。   仕方なく、H&MとIKEAの話に切り替えた。
ノルウェーメーカーの名前を出しても、さっぱり反応がなく、興味もない様子。
ま、現地の人って、案外そんなものかもね。
日本の大学生に、「柿右衛門」とか「魯山人」とか言ったって、何それ?  って感じよね!?


今後は、地味に、「復刻がなさそうなアイテム」を中心に、コレクションしようかな♪
あ、でも、日本じゃ高くて、買えない・・・。

今日のお茶タイムは・・・
[PR]
by xiangpian | 2010-04-15 21:26 | アンティーク&ヴィンテージ

Kastehelmi 露しずく

このプレートと出逢ったのは、2年ほど前のこと。
ノルウェーの週末アンティークマーケット、体育館の様なだだっ広い室内会場で、無造作にいくつも置かれたダンボールの中から、掘り起こして見つけた1枚。 
「あらっ、 このボツボツのガラスプレート・・・綺麗♪」 と。

a0153807_20553412.jpg


ブログに載せると、そこへコメントくださった方が教えてくれたの。
「Kastehelmi」 後にアラビア、イッタラの傘下となった フィンランド Nuutajarvi社の
ヴィンテージものですと。しかも、結構人気のあるシリーズだって。
うしし、そうなんだ? うしし、これ 400円ぐらいだったけど。  うっしっしぃー。

a0153807_2133545.jpg

                                 
調べましたよ、もちろん。
1964年代から80年代に作られた 「露しずく」とタイトルのついたシリーズ。
オイバトッカ デザイン。    17センチのプレート。
確かに、このボツボツが雫みたい。  キ レ イ !!!


で、
  で、
    で、


昨年の12月、銀座の松屋デパートでこっそり?開催されていた北欧ヴィンテージ展。
たまたま通りかかったところ、出会ってしまった。  Kastehelmiの キャンドルスタンド!
迷いに迷った。 だって、ここ日本! 銀座のデパート! お値段、きっと現地価格の10倍するよ。

だけど、
     だけど、
          だけど、


買っちゃったぁーーー。

a0153807_211174.jpg


お値段、2つで  諭吉-200円。
やっちゃった・・・。 ついに、日本で北欧ヴィンテージを買ってしまった。
現地価格を知っているので、よっぽどの事がない限り手を出すまいと心に誓ったはずなのに・・・
よっぽどの事が、すぐにやってきちゃった。

a0153807_21152264.jpg


でもね、こういうのって「出会い」だから。 ヴィンテージだしね。
ネットショッピングしようと思えば、多分いくらでも出てくるのかもしれないけれど、
それじゃあ、おもしろくないもん。 手にとって、見てみたいんだもん。
だから、いいの!  嬉しいの!   ← 精一杯の言い訳!
あーだけど・・・ 
「あーら、xiangpianさん、諭吉でお買いになったの?こちら、英世で見つけたわよー」
って声が、あちらから聞こえてきそうで、怖い 笑。

ところで、このKaltehelmi クリアーのほかに、茶、ブルー、グリーン色があるみたい。

a0153807_2124462.jpg
 
                                     (画像は、ネットより拝借)

それぞれに美しい色ですネ♪
プレート以外には、ボウルやC&Sも素敵です。

a0153807_21255449.jpg

                                      (画像は、ネットより拝借)

北欧のガラスメーカーって、本当に美しいものを作ると思いません?
ヴィンテージと言っても、ちっとも古さを感じないし、逆にレトロな感じが今っぽいというか。

早速、テーブルの上で活躍中。

a0153807_21322369.jpg

                                   
うしししし・・・。
[PR]
by xiangpian | 2010-01-22 21:38 | アンティーク&ヴィンテージ

ノルウェーからのGIFTたち★

昨年末より、海外在住組がちらほらと一時帰国中。
(さすがに、もうほとんどの方が戻られたみたい。 学校が始まるもんネ)

現地で知り合った友との再会の時間は、互いの近況報告に加え、思い出話、現地情報と・・・話題に事欠かない。 特に、ノルウェーからの友の場合、話題の中心は、もっぱら「北欧ヴィンテージ」。
そんな中、友が重たいスーツケースの中に、大事にしまって持ち帰り調達してくれたブツ!

じゃんじゃじゃーん !!!

a0153807_14125848.jpg


うひょー♪    キャサリンホルム 蓋つきグリーン×白 ロータス柄片手鍋
嬉しい、嬉しすぎる。  だってだって、探しても探しても、出逢わなかったお鍋なんだもん。
私のキャサリンホルムへの熱い思いは、 こちら  でご確認ください。

a0153807_1416817.jpg


日本でもネットショップで時々見かける、ロータス柄のこのお鍋。   しかし、たいていsold out。
中でも、このグリーンはあまり見かけない。  しかも、蓋つき状態良し。

友よ、ホントに感謝♪   ネット価格の四分の一ぐらいだよ、きっと。 よくぞ、見つけて下すった。

当初は、ブルーやベージュがいいな★ なんて思っていたけれど、こうして手にとると、グリーンが一番しっくりくる。 
キッチンにも違和感なし。  ねっ?   ↓

a0153807_14205766.jpg


「え、この鍋のどこがいいの?」と思う方も、多いでしょう。
私だって、ノルウェーに暮らすまでは、キャサリンホルムなんて聞いたこともなかったし、
柄もレトロすぎて、特別興味があるブツではなかったもん。
だったら、ルクルーゼの綺麗な色のお鍋をサイズ違いで欲しい・・・ってね。

しかし、ヴィンテージものというのは、時に、「魔力」を持つのです!
今はもう生産されていない・・・入手困難・・・なんて聞くと、見る目が変わる。
改めて見直すと、その良さが五感を通じて伝わってくる。
何より、現地でそれらを見つけ、ダンボールから発掘したときの興奮。

あ~色々蘇ってきたわ~。    
アンティークやヴィンテージのお宝探し★   本当に、楽しい世界だった。

大切に、大切に、使います。   最後に、友よ、ありがとう♪  またヨロシク 笑。

他にもね↓ (クリックどうぞ)
[PR]
by xiangpian | 2010-01-07 14:43 | アンティーク&ヴィンテージ