カテゴリ:アンティーク&ヴィンテージ( 46 )

ヴィンテージハントの旅 再びの再び

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
[PR]
by xiangpian | 2013-11-26 02:11 | アンティーク&ヴィンテージ

ポートベローマーケットへ

ロンドンへの女子旅行。
土曜日は頑張って早起きして、ポートベローのアンティークマーケットへ
繰り出しました。

a0153807_1659559.jpg


何年ぶりだろう・・・   6,7年ぶり位かな。  興奮するわー 
街並みがどこか洒落ているノッティングヒル。   
駅から5分ほど歩くと、長い長いアンティークストールが続きます。

a0153807_045923.jpg


朝食をすませ、9時前に到着。 (ストール、早いところは7時前から開けているらしい)
ここからの1時間が勝負。
なぜなら、10時を過ぎると、途端にとんでもない人の波が押し寄せるのです^^


目ぼしいストールを駆け足で巡ってゆきます。
おぉおぉ   さすが、アンティークの本場。  お宝らしきモノがあっちにもこっちにも。

そんな中でも
やっぱり目立つのは、シルバー製品。

a0153807_6384991.jpg


シルバープレイティッド(シルバーめっき)が主流ですが、中にはスティアリングシルバー(純銀)のものも
ありました。
磨き甲斐のありそうなモノ、キラキラに光ってるモノ、渋いデザイン、エレガントなデザイン、色々です。


こちらは、フレームをたくさん扱っているストール。

a0153807_6421939.jpg


装飾されたアンティークの素敵なものは、いいお値段(^_^;)
シノワズリー的な柄の入ったフレームがありましたが、枠の状態がよくなくて諦めました。


ボタニカルアートが揃うストール。

a0153807_6441444.jpg


好きな花の色違いの絵や季節の花の絵を探したり~  楽しい。
気に入ったアートをアンティークのフレームに入れてみたいな。


ここは、プリンタ―トレイを売るストール。

a0153807_6481945.jpg


古いプリンターの活字印字をしまう木箱。  
引出し状になっているので、プリンターズドロワーとも言うそうですよ。
マスが小さいので、ミニチュアを飾ったりするのによさそう♪
小さいものを、3つも買っちゃった。


そうこうしているうちに10時を過ぎ、予想通り、この混雑!

a0153807_658337.jpg


早足で屋外テントのストールを見てまわったあとは、
室内のショップやアーケードの中をゆっくり見てまわります。

久しぶりに、イギリスの美しいティーカップなどを見てうっとりしましたが、
混雑すごすぎて、写真撮ることもできず・・・
美しいC&Sは、見たら欲しくなる目の毒。 もう沢山持ってるし、 はい、さよなら。 
でも、ちょびっと後ろ髪引かれ隊。    シノワ柄のオールドミントン  欲しい~ 


1軒、とても好みのシノワものを売るお店がありました。
どれもこれも、色柄が好みで迷いましたが、友人に相談したりして、
思い切って、1枚飾り皿を買いましたよ。
オランダ蚤の市で安さ爆発に慣れてる私にとっては、結構な「大物」買い!

これです。

a0153807_782318.jpg


1700年代後半、18世紀のものですって。  八角形がいかにものシノワズリー。
花と鳥の絵柄は、この当時のお約束ですが、中でもこの皿に描かれた鳥の立ち姿のお品がいいんで(笑)
決めました。

a0153807_713046.jpg


ミニチュア熱に加え、シノワ熱が久々に高まってきたわぁ~


イギリスアンティークの世界、やっぱりたまらんです!!!

さーて、どこに飾りましょ・・・

More
[PR]
by xiangpian | 2013-09-12 07:28 | アンティーク&ヴィンテージ

アンティークの街 ライへ

ドールハウスフェアーに行ったついでに、
ロンドンから電車に揺れれ、1時間    アンティークの街、ライへ。

a0153807_615596.jpg


朝のうちは晴れていたけれども、昼過ぎからは悲しくなっちゃう空。
いかにもイギリスの空だわぁ^^   
それでも、煉瓦の屋根に石畳の道、雰囲気ある街並みに、いい旅夢気分♪

a0153807_574139.jpg


アンティークショップの多いこの町で、探し物があったのです~

a0153807_5123915.jpg


友人と、久しぶりにイギリスパブ飯を食べ、がっつりイギリス気分に浸ったところで、
ショップを巡り、探します。

こちらは、古いものではなさそうだけれど、フォトジェニックだったので撮影。

a0153807_5141095.jpg


お、なんとなんと、コレクションしているポールモールのデザートグラスが
3ポンド均一で売られてる。    これ、破格!!!

a0153807_5431251.jpg


私はもう沢山持ってるので買わなかったけれど、このグラスの事を教えてくださったブロ友Cさんに
買っておくべきでした・・・  気が利かない私、 ごめんなさい(^_^;)



しかし、ショップを何軒のぞいても、探し物が見つからない。   
わざわざ ライまで来たのに。
探し物は、1970年代のものなので、いわゆるアンティークショップにはなかなか置いていないのかな~
と、半ば諦めた頃、アンティークショップじゃなくてセカンドハンドショップにて、発見❤

a0153807_5164523.jpg


Hornsea です。
どこか、北欧っぽいデザイン。  
このメーカーのキャニスター(中サイズ)を、探しているんです。

a0153807_5244034.jpg


しかーし
あー残念!    探しているシリーズのグリーンがないっ。


ちなみに、探し物はこれなんです!

a0153807_531191.jpg


                                          *画像はネットより拝借しています。

Hornsea Heirloomシリーズ  グリーン

実は、母が若い頃にこのキャニスターの大中小を買っていて、
中と小を割ってしまったため、探しておいてほしいと頼まれていたのでして・・・

そういえば、大に味噌 中に砂糖 小に塩が入っていたような記憶  笑

同シリーズの緑は見つかりませんでしたが、茶色の大を10ポンド 小を6ポンドで
とりあえず ゲット。
折角ライまで来たのだから、茶色で妥協しました^^    母よ、これで勘弁して。

なーんてね、
さっきネットで調べたら、日本のネットショップで3200円で売られてるしぃ。


何やってるんだろう、 あたし (-_-;)
まぁ、こういうこともあるかな^^





アンティーク探し、ポートベローに続く。



  
[PR]
by xiangpian | 2013-09-11 05:45 | アンティーク&ヴィンテージ

蚤の市めぐりと戦利品

この夏も、そこそこの頻度で(笑)蚤の市に出かけています。
アムステルダム市内の近場のマーケットには、自転車で一人で出かけるし、
友人と一緒に片道1時間半かけて遠出することもあります。


いい出会いは、あったりなかったり^^   
近頃は、「何も買わない勇気」も持てるようになりましたよ。   オホホ。

a0153807_21194767.jpg


↑↓ ディフェンターの蚤の市。   
トップの写真は、フランスアンティークっぽいですが、オランダ製品でした。
ここの蚤の市は、アクセサリーが充実。

a0153807_21215965.jpg


私は耳に穴をあけておらず、昔からイヤリング派。
でも、ヨーロッパでイヤリングを見つけるのってすごく大変なので、こういうマーケットで探します。
ブローチもたまに買います。 
指輪や時計など、ちょっと値のはるものは買うのも躊躇しますけどね。   買ったことないし。


毎回 品揃えのいいプッテンの蚤の市。

a0153807_21245131.jpg


シルバートングやサーバー、ティーストレーナー ティースプーン  ・・・ 
ヨーロッパらしいデザインのステキなものが見つかります。

コールポート(イギリス)のティーセットは、250ユーロでした。 値切れば、もっと安くなるはず。
C&S12客に、茶葉入れ、ポットに ミルク&シュガー入れ、全部揃って、この額はお買い得!

a0153807_2128171.jpg


ただ、はい、その通り、セット売りです(^_^;)

オランダのガラス製品は、和の雰囲気もあって大好き。

a0153807_5155497.jpg


左の小皿はセットで30ユーロ。  友人が欲しがっていましたが、ちょっと予算オーバー。
(うまく探せば、このてのガラス皿、もっともっと安く売られています)

小さな家具を売るストールもありましたよ。

a0153807_2135406.jpg


手前の植木台、コンパクトに折りたためる事が出来るのならば、欲しかった・・・
折りたためません、残念。

オランダらしいこんな壁かけフックも、かわいいな~

a0153807_21344714.jpg



土曜日恒例のデルフトの蚤の市にあった チューリップのタイル。

a0153807_21385061.jpg


65ユーロですと!  高い。  エンボスきいていて素敵だけれど、買えないなー
後ろにちらっと見えるお花のスプーン、かわいい。


このごろは、あまり写真を撮っていませんが、
オランダの蚤の市、本当に穴場だと思います。
ヨーロッパ中のものが揃うし値付けも他国に比べて安いと思うし。

a0153807_21412280.jpg

左からシルバーの用途様々サーバー類  大好きなイギリスの絵本作家ケートグリナウェイの本   フランスのアンティーク皿

9月半ばあたりで、屋外の蚤の市シーズンは終了になります。
さーて、あと何回 行かれるかしら?

来週は、ゴーダへ行こうかな。

戦利品どぇーす。
[PR]
by xiangpian | 2013-08-27 22:21 | アンティーク&ヴィンテージ

蚤の市シーズン スタート!

春になると同時に、オランダも蚤の市の本格的シーズンがスタートします。
今年も、あちこち出かけて、お宝探しに励むのだ!!!

早速、
年に2回開催される、ユトレヒトの大きなアンティークマーケット会場へ友人と出かけてきましたよ。

a0153807_5541520.jpg


ここは相変わらず、広い。   ブースひとつひとつを隈なく見ていたら目が痛くなってきます^^

それにしても、この数回でここを訪れる日本人の数も、どーんと増えた気がします。
本気モードで、スーツケースをガラガラしながら物色している日本人(バイヤーかな?)も
数組見かけたし、知り合いにもバッタリ会うし、ママ友同士でつるんで歩くグループも。


マズイ、日本人ってだいたい同じようなものを選びがち。
(シルバーやらオランダモチーフのグッズやらマーストリヒト工房の皿やら小さめのウッド小物に、
北欧モノやら布ものやら・・・)
いいものは、売れちゃうぞー 急げ―   と、心の声。

a0153807_633825.jpg


今回は、特にコレといった狙いのモノがなかったので、逆に疲れました。
狙っているものがある場合、それ中心に探すから、余計なものが目に入らないものです。

このミニサイズの籠がすごくカワイイ。  でも、わりといいお値段^^:

a0153807_675322.jpg


あとは、ごめんなさい。
もう4回目なので、撮影が面倒で(笑)あまり撮っていません。

a0153807_682215.jpg


さて、 戦利品です。  

a0153807_615773.jpg


伊万里の大皿、 風車モチーフのスプーンラック、スウェーデンメイドのトレー、シルバーのナプキンスタンド
中国の絵皿、Jean Hardyの小さな絵、クリスタルのカトラリーレスト、壁掛けミニチュア飾り棚、
マーストリヒトの絵皿×2。

ぜーんぶで100ユーロちょっとの買い物でした。

満足。


この室内マーケットは、私の大好きな和骨董、中国骨董を扱うブースも多いので嬉しい。

オランダは、日本と貿易を始める前には中国磁器の大量輸入をしており、
アンティークマーケットでは、日本の伊万里と同じぐらい、中国の古い磁器ものも沢山見かけます。

伊万里焼は、1650年代から長崎の出島を経由しオランダ東インド会社へ出荷をスタートさせ、ヨーロッパの裕福な人々の間で
次第に人気が高まってゆき、「東洋趣味」のシンボルとして流行にもなったそうですよ。

日本の骨董ものを海外で買うこともないと思いますが、
輸出向けに作られたものは、日本の骨董とは形も色もデザインも少し違っておもしろいの。
中には、もちろん数百ユーロする高級品もあるけれど、手頃値段のものもあります。
 
ともかく、私、アジア骨董もLOVEなので。


これは、安かったので1枚買った色絵のお皿。
中国のものでしょうか、いや、日本かな?   蝶々の絵が、どこか中国っぽい。
お店の人に聞くも、わからず。 「あなたのほうが、よくご存知でしょう?」と言われ、困った。 笑

a0153807_6385764.jpg
 

そして、伊万里の大皿。
以前に安価で見つけた2枚とセットになりそう。
花びら型は珍しいですね。   おそらく、輸出向けにデザインされ出荷されたものでしょうけれど、
状態もよく、ハンドペイントらしい雑な絵付けの感じもわりと好き。 笑

a0153807_64158100.jpg


Jean Hardyの絵は、大好きなルイイカールの画風とそっくりだったので買う。
ガラスのカトラリーレストは、これまで沢山見てきたけれど、今回見つけたものが1番ステキ♪


こちらは、その前の週の近所の蚤の市で見つけたもの。

a0153807_6494944.jpg


リモージュのピルケースが少し高かったけれど、あとはどれも安くて嬉しい~~~

オランダの蚤の市は、世界中のものが揃うことと、なんといっても安いのが魅力!

戦利品を持ち帰り、洗って磨いて飾る幸せ。

a0153807_652355.jpg



くぅー    たまんないっ♪

More
[PR]
by xiangpian | 2013-04-19 07:10 | アンティーク&ヴィンテージ

イギリスへアンティーク探し。

先週末、ロンドン郊外にあるLEWESという街へ出かけてきました。
ヴィクトリア駅から国鉄に乗って1時間ちょっと。
小さいですが、ハイストリート沿いにアンティークを扱うお店が並ぶ、洒落た街です。

a0153807_546632.jpg


イギリスに暮らしていたころには、聞いたこともない街でした (^_^;)
でも、アンティーク好きの人にとっては、とてもポピュラーな場所なんですって。

そう、イギリスはヴィンテージじゃなくて、100年以上の時を経たホンマもんの「アンティーク」が
ゴロゴロしている場所。

そんなアンティークのお宝が眠るLEWESの街、トキメキました★

ブルーウィローのシリーズ。

a0153807_550596.jpg


日本人が大好きな スージークーパー。
このドット柄はかわいいと思うけれど、個人的にはあまり興味がないスージー^^

a0153807_5513215.jpg


シノワ的パターンが大好きな私は、古いミントンにあるこんな柄は、すごくツボ!

a0153807_553106.jpg


本気で探しているティーボウル。
美術館に並ぶレベルの素敵なものをいくつか見つけたものの、うーん、やはり高い。  
仕方ないか、18世紀のものだもん^^ でも、状態はよかったです。

a0153807_558438.jpg


こちらは、最後に買おうかどうしようか迷った品物。
オリエンタルな雰囲気たっぷりの2枚のパネル。 すごく好きですが、まったくのシンメトリーなので、
おもしろくないか、と断念。   2枚で80ポンドでした。

a0153807_61010.jpg


corlportのトリオセット、PallMallのリキュールグラス、HORNSEAのキャニスター、美しいシルバーもの、
ウォールナットやオーク、マホガニーの家具も素敵なものが沢山ありましたよ。 

けれども、
今回は残念ながら、心を鷲掴みされる程のものには出会いませんでした。

a0153807_68386.jpg


そして、改めて、オランダ蚤の市の相場がいかに安いか、と実感。

とかなんとか言っても、結局買うんです、私。   そういう性分です^^
これは、以前から欲しかったミントンのトリオ。

a0153807_6152669.jpg


すごく古いものでもないし、大量生産されているものだと思うので希少価値ではないけれど、
このグリーンの色とシノワっぽい柄が大好き。
ロンドンのお店で45ポンド位したのを覚えているのだけれど、今回は20ポンドでGET♪

それから、ボタニカルアートをセットで2枚。

a0153807_6174097.jpg


ボタニカルアートは、色違いでいくつか持っているのですが、
モノクロのものは少ないので、惹かれました。  フレームがブルーなのもいいわ。
2枚で10ポンド。

他には、友人へのお土産などを少々。

掘り出し物には出会えなかったけれど、すごく楽しかったし、本場イギリスアンティークの世界を
垣間見ることが出来て、いい勉強になりました。
北欧ヴィンテージも素敵だし、オランダ蚤の市で見つけた素朴なものも大好きだけれど、
やっぱりイギリスアンティーク、たまらんな。   知れば知るほど、はまる~~~


あぁ~ アンティーク大好き。

もうすぐ、一時帰国。   和骨董、探しちゃおうかな~    キケンキケン。

More
[PR]
by xiangpian | 2013-02-10 06:31 | アンティーク&ヴィンテージ

S&P

どういうわけだか、我が家にはソルト&ペッパーのボトルが沢山。
どれも小さなものだから、どこかで見つけては、深い事を考えずに買ってしまう。


ノルウェーメーカー Figgjoのヴィンテージ のもの。

a0153807_4474697.jpg


実際には使いません。  お人形みたいにちょこんと飾る用。

Turi Gramstad Oliveデザインのシリーズは、フルディナーセットに、ティーセット、お鍋にいたるまで
多種多様あるのだけれど、独特な絵柄が時間とともに少し飽きてくるクドさがあるのね 笑 
 (友人たちの間では、 キモカワシリーズと呼んでいます。)
たとえば、こんな感じで。      
a0153807_6503717.jpg

                                 *画像はネットより拝借&編集
お皿なんかは欲しいと思わないけれど、
S&Pやチーズボードぐらいなら、ちょっとしたアクセントになりそうなので、かわいいかな、と。
モノトーンと赤緑の2セット、大切にしています。

ところが先日、我が夫、窓辺に飾っておいた一つを割りやがった割ってしまいましてね、
欠けてしまった部分をボンドでくっつけていたけれど、当分許さんぞ。



こちら、
北欧のアンティークマーケットでちょこちょこ見つけたS&Pのミニボトル。


a0153807_451555.jpg


ステンレス×ウッドものに弱い私、加えて、小さいものにはもっと弱い私。
買っちゃうんだな、ついつい。

左上のオールステンレスのS&Pは、日常のテーブル使いに。
これだけは、パリのボンマルシェで買ったものですが、あとは、ほとんど蚤の市で。

真ん中の柄ものは、イギリス HORNSEA社のスパイスセット(S&P&マスタード)
母が同シリーズのキャニスターを持っているので、母へのプレゼント用に買いました。 10ユーロだったかな。

他のものも、すごく小さいつくりなのが気に入って買ったものばかり。 どれも1500円ぐらい。
おそらく、友人の元へお嫁に出します。


a0153807_523537.jpg

ところで、これは毎日キッチンで使っている プジョーのS&Pミル。
(普通サイズです^^)
ウッドとステンレスのシンプルなつくりが気に入って、
数年前に高いお金出して買ったのだけれど、
実際にはたいして使い勝手がよくなくて、ガッカリ。
プジョー製品というだけあって、ミルの挽き勝手がいいものと思ったけれど、
別にふつう。   
一番の問題は、受け皿なしでは、散らかって大変という点。 こぼれまくり。
プジョーじゃなくても、ノーメーカーもので十分だったな、と後悔です。

電動ものも憧れますが、わりとすぐに電池がなくなって、動きが鈍くなるから
イライラするよ・・・と人から聞きました。  へぇへぇ。

余談ですが、黑胡椒をガリガリするときの感覚がとても好き。   笑





最後は、1番繊細でお気にいりのS&Pボトル。

a0153807_511277.jpg


昨年デルフトの蚤の市で見つけた シルバー&クリスタルのもの。
言わずもがな、これも「お飾り」です。   この小鳥ちゃんにキュンときちゃって~



というわけで、
要は、S&Pというよりも、単に小さいグッズが好きだというだけの、つまらないオチでした^^;


すびばせんっ。

コレが欲しい!
[PR]
by xiangpian | 2013-01-29 05:39 | アンティーク&ヴィンテージ

ヴィンテージハントの旅   ~オスロ編~

ワタシクってば、
またまたヴィンテージ漁りに探しに、1泊2日の旅へ出ておりました。
今回は、懐かしのオスロへ。
現地で、オスロ現在住の友とロンドンからの友と合流。

極寒のオスロで、ヒートアップして参りましたわ♪

a0153807_6572445.jpg


オスロ到着後、空港から直接マーケット会場へ。

a0153807_6592910.jpg


それほど広いスペースではないけれど、
ノルウェー製品を中心に、北欧ヴィンテージものが揃います。

ノルウェーヴィンテージといえば、フィッギョ。

a0153807_705148.jpg

turi designのキモカワイイ(笑) シリーズがたくさん。


フィッギョもいいけれど、スタバンゲルフリントのものが気になります。
私が集めている ブリュネットの「青」を発見。  初めて見ました。
すごく綺麗な色。   欲しかったけれど、セット売りだったので断念。

a0153807_732084.jpg

右のC&Sは、友達がコレクションしていたと記憶。   なつかしー



それから、ロータス柄のキャサリンホルムの鍋も、あるある♪

a0153807_752849.jpg


オレンジはよく見るけれど、赤もカワイイ。  友が、片手鍋をお買い上げ~

a0153807_763653.jpg


写真にはないけれど、私も小さなミルク鍋を買いました。
ウッドハンドルで、かわいいのだ。


そして、
今回の1番の狙いは、ウッド×ステンレスのサーバー。
北欧諸国の中でも、このてのものは、ノルウェーものが1番。
サーバー、カトラリー類、キッチンツール、
skaugamをはじめとして、ノルウェーメーカーには質のいい使い勝手もいい、デザイン性のあるものが多いのです。

a0153807_7105232.jpg

探していたサーバーも、無事見つかり、安堵。


アラビア(フィンランド)ものもありました~
左のルイーヤは、大皿ばかりだったので、断念。
右のバレンシアは、人気があるようですが、好みではないのでパス。

a0153807_7125852.jpg



こちらは、
友3人で「素敵ねぇ~」と惚れ惚れした ロールストランド(スウェーデン)のbla ild

a0153807_7142532.jpg

しかし、高い^^    トリオセットで9000円ぐらいします。   無理^^


ほかにも、クイストゴーやロイヤルコペンハーゲンなどもありましたよ。
けれど、今回の狙いは、ノルウェー製品だったので、よそモノには手を出さず 笑


さて、日曜日
今度は昔よく通った ローカルなマーケットに出没。
ここのお楽しみは、ズバリ、段ボール漁りでーす。
これが楽しいのだ。  値札なんてついていないので、掘り出したものを見せて、店主と交渉するの。

a0153807_719221.jpg


段ボールのほかには、キャサリンホルムを置いているストールもあり、
今回のローカルマーケット、数こそ少なかったけれど、わりと「あたり」の日でした。  ←思いっきりハズレの日もあり。


それでは、
戦利品の紹介です。
まずは、友人たちの戦利品ね。  
カフェに立ち寄り、わざわざ広げて写真撮らせてもらう私、鬼^^

a0153807_858067.jpg

↑写真左のチークトレイとその上の小さなグラス、めっちゃくちゃ素敵なの。
ノルウェーのガラスメーカー ハーデランドのデザイナーズものらしい。
私も欲しかった・・・
そして、今回は
2人ともキャサリンホルムの鍋を買ったので、これでみんな色違いの片手鍋をGETです。
嬉すぃぃ~♪   現地相場価格  片手鍋 4500円

で、最後に私の戦利品ね。

a0153807_7303598.jpg


アラビアフィネルの小さなヤカン以外は、ほとんどノルウェーもの。
あともう2セット欲しかったフィッギョのブラジルも見つけちゃった。 やった。

a0153807_7331682.jpg


サーバーが4つもあります 笑   すべて頼まれものです。 
少し予算オーバーでしたが、無事見つかり、よかったよかった。   バイヤー気分♪
右のC&Sは、段ボールから拾ってきた(笑)ノルウェーのporsgrundのもの。
トリオセットで300円ちょっと。  あまりに安いから、 思わず4セットも買ってしまった。
あきのこない優しい柄でしょー  地味だけど^^

a0153807_735582.jpg

段ボールからの発掘品です 笑

この大判レーステーブルセンターと
小さいレースと
刺繍の入った布と
グスタフスベリの小皿と、
シルバープレイテッドのケーキサーバー

すべて、状態よし★

全部合わせて、100NOK   
1600円ぐらいかな。


うふ。
 
これぞローカルマーケットの醍醐味。




と、こんな感じで懐かしのノルウェーヴィンテージに大興奮の小旅行でした。
(飛行機代、往復ジャスト1万円、ナイスでしょ)


もう当分、北欧ものはいらないかな~  なーんて心にもない事をつぶやいて、
おしまい★

懐かしい ノルウェーの冬景色
[PR]
by xiangpian | 2012-12-04 07:52 | アンティーク&ヴィンテージ

戦利品で♪

先日のコペンハーゲンヴィンテージハントの旅で手に入れたものたちを、早速使っています。

まずは、スパイスラック。

a0153807_5525569.jpg


家にあるお塩の類を、入れ替えました。
あらぁ~  こんなに色々とお塩があって、ちっとも料理にいかされていないわ^^  と、一応反省。

ガラスの瓶やキャニスターなどに、乾物や調味料を入れ替えて並べるって、すごく好きな作業です。
我が家のキッチンは、小物をウッドとガラスとステンレスにまとめているので、このラックも
ぴったんこカンカン。   嬉しい。



それから、キャサリンホルムのお鍋。

a0153807_5565020.jpg


うふ。
レンジ台に、好きなお鍋が並ぶ風景。  
たまりません 笑
普段は、グリーンの小鍋をひとつ置いているだけですが、
ブルーの鍋が増えて、ボウルもブルーでふたつ。  今度はグリーンのボウルを探そうかな。
なーんて。  そうそう簡単に見つからないんだなぁ、キャサリン。



クロスステッチのタペストリーは、キッチン脇のスペースに。

a0153807_60474.jpg


黒いステッチが施された刺繍ものは、今回初めて買ったのですがシックでいいわ♪
これで、600円ぐらいなの。   安いと思いません?
自分でさすの、アホくさくなりますわ^^   (ささないけど)



ラブリーなクロスステッチが印象的なテーブルランナーは、玄関に。

a0153807_623640.jpg


きゃはは、ちょっとかわいすぎちゃったかしらん。
ま、玄関だけ、クリスマス限定でラブリーなのは許して。



そして、最後は今回の買い物旅行の目玉だったクイストゴーの器たち。

a0153807_642486.jpg


夜、「ティータイム」の設定で、並べて遊びました。   
次の記事で、たっぷり紹介しちゃう予定。
相変わらずの、大人のオママゴトね。

引っ張るよ~
[PR]
by xiangpian | 2012-11-20 12:30 | アンティーク&ヴィンテージ

ヴィンテージハントの旅、再び

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by xiangpian | 2012-11-13 18:47 | アンティーク&ヴィンテージ