テーブルウェアフェスティバル 2010

東京ドームで行われているテーブルウェアフェスティバルに、行ってきましたぁ~。
お初です、あたくし。
あのね、大変です、興奮しすぎて、ヤバかったです、あたくし。

デジイチを首からさげて、いざ出陣!  
しかし、途中から写真はどうでもよくなってきて・・・。  販売ブースをうろうろうろうろ。

作品のお写真に関しては、沢山のブロガーさんが、それはそれは美しく撮影されていますので、
私なんぞの撮ったお写真を、ここでアップするのはお恥ずかしい限り。

でもまぁ、反省の意もあり、一応振り返っておきますわ。
(私の写真、暗いです。  レンズも望遠じゃないので、遠いです。)

好みもあって、「和」や「オリエンタル」なコーディネートを中心に、ご紹介しますよ~。
(プロ、アマ問わず、気になった作品の写真ね。)

まずは、ヘレンドのゴージャスなテーブルに圧倒されます。

a0153807_1165865.jpg
 
↑このシノワのシリーズって、ヘレンドでも一番高額なのよね・・・芸術品。

続いては、インドネシアのコーディネート。

a0153807_118815.jpg

↑アタ素材のアイテムが涼しげで大人。

こちらは、ベトナムのコーディネート。

a0153807_1183749.jpg

↑ハスの花満載のテーブルです。 昨年のベトナム旅行での興奮が蘇り。

漆のお重を使った、和のコーディネート。

a0153807_1111345.jpg

↑この赤い漆風の器は、近頃よく見かけます、人気アイテムっぽい。

端午の節句をイメージした、コーディネートですって。

a0153807_11114557.jpg

↑英字新聞で兜が折られていましたよ。 よく考えますね、関心しちゃう。

大人ハロウィンのテーブルに・・・。

a0153807_11124312.jpg

↑洋のテーブルの中でも、こちらはスタイリッシュで素敵。

この季節にぴったりな、雛祭りのテーブル。 

a0153807_11132289.jpg

↑すごくかわゆくて、とても好きなテーブルだったので、もう1ショット!
a0153807_11141310.jpg

↑品のいいお雛祭りコーディネートです。

ヘレンドを初めとして、ヨーロッパメーカーの食器にはもちろんうっとりしましたが、思いのほか、和やオリエンタルなイメージのテーブルやメーカー紹介が多くて、私的には大満足。
全国各地の、焼き物も沢山沢山、紹介&販売されています。
備前焼のブースからは、

a0153807_11165923.jpg


↑備前のわびさびっぽい器とガラスを合わせるのって、すごく新鮮。

常滑焼のお茶セットは、一目ぼれです。

a0153807_11182429.jpg


↑今年、常滑焼祭りに(主人の単身赴任先近辺)でかけようと思うので、見るだけに、見るだけに・・・。


この他、有名人がプロデュースした空間コーディネートや、新鋭作家さんたちの器の紹介もあり、見ごたえ十分でした。そういえば、アンティークのブースもいくつかありました。 その中でね、私がイギリスで見つけたトリオが、なんと10倍の値で売られてたーよ。 おぉ、怖い、怖い。

しかし、なんつっても驚きなのは、
販売ブースの多いこと、多いこと! 危険です。   お初の私は、特に危険です。

で、何を買ったかって?     
    えーと、色々よぉ。 お盆でしょ、茶器でしょ、テーブルアクセサリーに、京都のちりめんまで・・・

これから、少しずつご紹介することにします。  結構、血迷いました^^。

2月7日まで開催。   会期中、何度も通う方もいらっしゃるそうな。
わかる~その気持ち。   でも、やめておく。    これ以上、調子に乗れない, To DANNA !







さりげなくコーディネートされている中に、気になるテーブル小物がいくつもありました。
例えば、

a0153807_11342277.jpg

鳥かごを模したケーキプレートスタンド。

こちらは、和と北欧が一緒になった雰囲気の、ティーセット。

a0153807_11355131.jpg


お花のアレンジでは、

a0153807_11364740.jpg

キャンドルスタンドに小さくオアシスをうめて、バランスよくいけています。
キャンドルスタンドの高さ違いのコーディネートは、この他にも沢山見つけました。

きっと、テーブルコーディネートの技の一つなのでしょう。

あ~楽しかった♪    でも、お腹一杯、当分いいやって感じもします へへ。
[PR]
by xiangpian | 2010-02-04 11:39 | テーブルアレンジ


<< 大倉陶園と一龍陶苑 頂きもので、おもてなし!? >>