バスクへ再び   その2

バスクへの旅  いよいよ、念願の場所へ 笑  
前回の旅で予約の叶わなかったミシュラン三ツ星レストランでの食事です!!!

3か月前から予約を入れ、その間に何度もレストランから予約確認のメールが
あるほどの人気店。

「ARZAK」   サンセバスチャンにあります。

私、気合い入っております。
体調も整え、前日に何を着てゆこうかファッションショーまでしちゃったわ^^
髪の毛も、巻き巻き強めで   笑

a0153807_5255211.jpg


                                      この写真は、出かける前にホテルで撮影


予約は、20時45分から。
この時間が一番早い予約時間。    まったくスペインのディナー時間の遅さには毎回あきれるよ。

真っ暗だったので、レストランの外観も撮影できませんでしたが、
大通り沿いにある1軒屋風の二階建ての建物です。
それほど大きな店ではなく、テーブル同士も近い。  
さすが三ツ星、従業員の数が半端なく多いの。 

撮影は・・・
わりとあちこちのテーブルでお料理の撮影をしている人を見かけたし(スマホだけれど)
撮影の許可ももらったものの、
一眼レフでガンガン撮影できる雰囲気ではなく、頑張っても1料理につき1枚かな (-_-;)
しかも夜なので、暗いし。 
うー  撮影したい気持ちとマナーを意識する気持ちと、揺れる~~~

と、言い訳が長いですが、とりあえずは撮影したのでご紹介しますね。

おススメはデギュスタシオンメニュー(コースメニュー)なのですが、
全部を食べられる自信がなかったので、私たち2人とも、アラカルトで。
しかも、ハーフポーションでorderできたのでよかったわ。

アミューズが数種類並びました。
ひとつひとつ撮影できなかったので、お皿にまとめて。

a0153807_53744.jpg


シュウィップスの缶がお皿になっていますよぉー
演出がなかなか楽しい。

前菜です。

私は蟹を。 
濃厚すぎず、味噌も入ってるかな?  好みの味、美味しくて吠えたよー
升を器に使っているのも、おもしろい。

a0153807_5415714.jpg


主人は、ロブスターを。

a0153807_54211100.jpg


それから、主人はもう1品前菜をオーダーしていました。

お魚料理です。
私は、ボラ。

ココで、演出にびっくり。
お料理が運ばれる前に、海の映像が映し出された液晶画面がテーブルの上に置かれます。
それから、その液晶画面の上にガラスの皿が置かれるというワケ。

a0153807_546833.jpg


ちょうどお料理が食べ終わるころ、液晶動画も終了するという。
考えましたね~


主人の魚料理は、hake (日本語で何かわからず)

a0153807_5472622.jpg


ハーフポーションなので、どれもすぐ食べられちゃう。
このポーションだったら、もしかしてコースでもいけたかもな  笑


お肉料理です。
私がオーダーしたのは、ビーフ。  色鮮やかなクスクスと一緒に頂きましたよ。

a0153807_5514050.jpg


主人は、鳩。  (画像なし)


デザートには、
主人はレストランイチオシのトリュフショコラ。
私は、ピーチとシャンパンのアイスみたいなものを。  卵の殻の器です  笑

a0153807_5553322.jpg


演出もやりすぎ感なく、量もちょうどよく、ワインもハーフボトルがわりと沢山揃っていて、カジュアルすぎずゴージャスすぎず、
全体的なバランスが、居心地いい。
三ツ星も納得のレストランでした。
お会計もパリあたりの三ツ星などと比べると、手が届く範疇かな。

父と娘でシェフをしている ARZAK
記念に二人と写真を撮り、念願かなってのディナーは大満足でした♪

a0153807_624510.jpg




翌日は、
サンセバスチャンからフレンチバスクへ~

つづく。


 
追記 コメント欄の仕様、相変わらずなのですが、
    一部変更あり、「画像認証無し」で設定できましたので、お知らせしておきますね。
    今後もよろしくお願いいたします。



    
[PR]
by xiangpian | 2014-11-07 06:04 |


<< バスクへ再び  その3 バスクへ再び  その1 >>