ヴィクトリア&アルバート美術館 その1

先日ロンドンに1泊した際に訪れた
ヴィクトリア&アルバート美術館。

ロンドンに暮らしていた時に2、3度行ったことはあるのですが、
今回は目的があって訪れたので、とても新鮮。

a0153807_5191629.jpg


彫刻や絵画なんかはすっ飛ばして、
リフトに乗って6階 陶磁器コーナーへ。


もーねー スゴイのです、ここのコレクション!!!
器好きの方、鼻血出ちゃうわよ。

a0153807_5175710.jpg


持って行ったカメラがミラーレスで少し残念ですが、
ギリギリいっぱいまでガラスに張り付いて撮影しまくりました。 笑

世界の陶磁器が国別に、時代別に、ショーケースに陳列されます。
こんな部屋がいくつもいくつも続くのですよ。



アジアコーナー ヨーロッパコーナーに交じって異彩を放つ、
中東イランの陶磁器の美しさに目を奪われます。

a0153807_5272765.jpg


色といい柄といい・・・   品がよくとても高貴な印象。
あぁ ペルシャ絨毯の国の工芸品だもんね、納得!   なんてね。



中国ものは、予想通り沢山あって、あれもこれも好み~

a0153807_5304835.jpg


だぁ~ 好きだわ~  このスナッフボトルなんて、たまんない^^

a0153807_53427100.jpg



韓国の器もいいですねぇ。
華やかさがない分、味があります。 深いなぁ~

a0153807_537455.jpg


私、もう少し年齢を重ねて最終的に好む器は、
なんとなく↑この手のものなんじゃないかと思ったり~


日本です。
有田。   美しいでしょう?

a0153807_5411687.jpg


色絵、染付のもの、柿右衛門も鍋島も九谷もありました。

1階には、陶磁器とは別のコーナーもあって、漆や唐津の三島文様器も展示されていました。
くぅー 素敵。  蒔絵の漆工芸は、日本の宝ですね。

a0153807_54413100.jpg


三島文様の器って、少し前までは土鍋の印象しかなくて、まるで興味なかったのだけれど、
このごろは、とても気になるのよね。  歳ね。
森下陶楽さんの器や、この時の器に出会ってからだわ。


さーて、
本国イギリスです。

言わずと知れた・・・のウェッジウッド。

a0153807_5483171.jpg


こちらも、美しい。

a0153807_5491920.jpg


もう少し時代が新しくなって、スージークーパーです。
右は、私も大好き  ホーンジー。 

a0153807_5502128.jpg


ブルー&ホワイト のコレクション。

a0153807_55192.jpg


ひー  大好物のティーボウルじゃないの♥



形も絵付けも、好みのポットが並びます~~~     

a0153807_5521879.jpg


形も絵付けも、好みのクリーマー?ソース入れ?が並びます~~~ 

a0153807_5541784.jpg


このあたり、磁器は中国製で絵付けがイギリスの18世紀位のものではないかと、思われます。
時々、アンティークショップなどで見かけますが、当然手が出せないお値段。


本日のイチオシ、香水瓶です!!!

a0153807_5583677.jpg


この小さな磁器フィギュアの上部に蓋がついているんですよ。
まいったね、こりゃ。


staffordshireからは、こんな赤土色のポットが沢山展示されており、
この地味な美しさにも、惹かれました。
あのマイセンでも、同様のものを作っていたようですよ。

a0153807_634199.jpg


常滑焼の色と同じね。  (^O^)


続いて、北欧です。

a0153807_643398.jpg


北欧ものまで展示があり、感激します。
アラビア  スタバンゲルフリント  ロールストランド リンドベリ・・・  と。


そして、いよいよ、お目当てのショーケースの前へ~



引っ張って、ごめんなさい。
次の記事にまとめまーす!!!
[PR]
by xiangpian | 2014-10-01 06:13 | アート


<< ヴィクトリア&アルバート美術館... facebook !? >>