南仏プロヴァンスヘ  その4

ゴルドから30分ほどで、リルシュルラソルグへ。     舌噛みそうな名前だな^^ 

a0153807_18463763.jpg


小さな川が流れるこの場所は、アンティーク&ブロカントの街として有名。
とくに、日曜日に運河沿いで行われる蚤の市が賑わうと知り、行きましたよ、日曜日にね!

a0153807_18472473.jpg


しかし、この日曜日
夏休み中につき、何やら子供むけのイベントのようなものも同時に行われており、
ものすごい混雑。   駐車場をさがすだけでも一苦労。

運河沿いの蚤の市は、規模縮小気味だった気が・・・

a0153807_18514162.jpg


シルバー製品や絵画やリキュールグラス等々、
オランダの蚤の市と似た感じではありますが、並ぶものが多少違いますね。
スパイスジャーなどにフランス語が書かれているから個人的に嬉しい。 笑

a0153807_1855812.jpg


絹糸。   お裁縫まったくしないけれども、こんな綺麗な糸をコレクションできたら素敵!

a0153807_18572528.jpg


リモージュのカップ&ソーサー  品がよく色がいい。

a0153807_19124371.jpg


けれども、すごく欲しいってほどでもなく。   

主人と別行動で、必死にアンテナはりましたが、残念!   いい出会いはなく^^;

蚤の市の先は、生活市。
ここでも、籠を売るお店が出ていました。

a0153807_1905272.jpg


国旗柄の籠がたくさんありましたが、何故かフランス国旗が見つからない。 笑


この村、常設のアンティークショップが沢山あります。

a0153807_1941789.jpg


ちょっと敷居が高いけれど、数軒のぞいてみました。
ロココ調の猫足家具やブロンズ、バカラのグラス・・・ 
こういうお店にあるものは、本当のアンティークもの。  ゆえに、高くて手が出ない。

バカラの華奢なアンティークグラスが、6つで500ユーロぐらいだったかな。

あとは、いかにもフレンチシャビーな小物もたくさん。
錆びたアイアンの椅子だとか、ブリキのキッチン小物とか、ホウロウの洗面ボウルとか。
でも、こういうものって、めちゃくちゃお値段するんですね。

が、私の興味あるテイストではないので、スルー。


ということで、なんとなんと、この街ではなにひとつ買いものせず!
待ち合わせた主人が、袋ひとつも持たない私を見てニヤリ。


かなり期待していた分、ハズレ感ハンパなく、ガックリ。   ま、こういうこともあるよね~



気を取り直して、次の目的地 シャトヌフドゥパプへ。      唾とびそうな名前だな^^

ここは、ワインの里です♥

a0153807_19203057.jpg


村のシンボルでもあるこちらの ↑ シャトーホテルに宿泊しましたよん。
シャトーの前の広大なぶどう畑を見て、テンション上がります~~~

プロヴァンスのワインといえば、ロゼが主流なのですが

a0153807_19225566.jpg

                                         (こちらは、エクサンプロヴァンスのワインやさんのウィンドウ)

プロヴァンスから北へ少し上がると、南ローヌ地方。
私は、ボルドーよりブルゴーニュよりこのあたりの赤ワインが大好き。

シャトヌフドゥパプは、中でも南ローヌを代表するワインの産地です。

畑を見てまわりました。  
赤っぽい土で、ジャガイモみたいな小石がしかれた土壌なのね。

a0153807_1931047.jpg


村の中心地、丘の頂まで登って、ワイン畑を見渡します。

a0153807_19325626.jpg


シャトヌフドゥパプのワインは、多品種のブドウをミックスさせて作られるものが多いので、
この一面広がるワイン畑でも、きっと沢山のブドウ品種が栽培されているのでしょう。

あちこちでワインテイスティングができるので、すでに酔っぱらう。

a0153807_1938398.jpg


シャトヌフの赤ワインは、比較的どんなお料理にも合わせやすいと言われているので、
普段からわりとよく飲むワインのひとつですが、
こうしてテイスティングしていると、年によって、ブドウのミックス具合によっても、
やはり全然違うものです・・・
個人的には、グルナッシュ(ぶどう品種)比率の高い、ちょっとチェリーっぽいのが好き♪
ここは、主人との好みも分かれます^^

それぞれ気に入ったワインを数本買って(配送手続きもして) 満足。

a0153807_19434212.jpg


高台からの眺めが本当に素敵。
畑がキラキラ光って見えるのよー

a0153807_19445264.jpg


ここには2泊したので、
1日めは、この噴水のむこうのレストランで 軽めの夕食を。

a0153807_1947694.jpg


ビーフタルタルとシャトヌフの赤をグラスで1杯。


夕方、天気雨がざぁーっと降って、ちょっと濡れちゃったけれど、
そのあとには、ご褒美の虹。  うっすらとわかります?

a0153807_19501731.jpg


わーい
ワイン畑と虹の2ショット、  頂きました!!!

へへ、ホテルに戻って、もう1杯だけ頂いちゃおう♪







せっかく南仏まで来たのだから、
思い切って少し足をのばして、ラングドックまで行ってみようということになりました。

片道2時間、
他になーんにも見所のない村のぶどう畑の中にポツンとあるドメーヌ。

「マ ドゥ マ ガサック」 というワインなのですが、
私は、ここのワインが大好き。
赤も白も、はずれがない。

a0153807_414315.jpg


今回、テイスティングさせてもらって、
うん、やっぱりこのワイン好き♪  と確信。

配送をお願いしようと思ったら、他国への配送はしていないのと返事^^

1本だけ買って持ち帰りました。

日本にも輸送しているそうです。
ワイン好きの方、もし見つけたら、ぜひ飲んでみてください~
赤なら2007年、2009年あたり。    個人的には白がオススメ!  
[PR]
by xiangpian | 2014-08-04 19:52 |


<< 南仏プロヴァンスヘ  その5 南仏プロヴァンスヘ  その3 >>