ミサイル撃墜?

大変なことが起こりました。

a0153807_19411078.jpg


報道されている通り、
アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア航空機が、
ウクライナ東部1万メートル上空で撃墜されたという衝撃のニュース。

生存者はおらず、
乗客乗員298名中 192名がオランダ人だというのです。
バカンスシーズンに入り、観光目的で搭乗したオランダ人も多いことでしょう。

スキポール空港は大パニックです。

これまで入ってきた話では、
新露派によるミサイル攻撃にあったという見方が強いようですが、
ことの真相が見えないために、責任の所在をどこにおいたらよいのでしょう?
関係者、遺族の方々、どんな気持ちでいることか。

a0153807_19441716.jpg



民間機ですよ!
ときに、世の中常識では考えられないことが起きるものですが、
今回の事故?は、理解できないと同時に怒りがこみあげます。
誤認撃の一言で片づけられてたまるもんですか!


関係ありませんが、
主人は昨日、事故が起きたほぼ同時刻にスキポール空港着のフライトで出張から戻りました。
帰るなり、「早くテレビつけて。 大変なことが起きたらしい」と。
私は、そこで初めてこのニュースを知りました。
年がら年中、出張している主人。   
スキポール空港なんて週1ぐらいで利用しているんじゃないでしょうか?
情勢不安な国への出張も、ときどきあります。
昨日戻ってきたばかりなのに、また月曜日からアフリカ方面へ出張らしいです。
 

テロだの、爆弾さわぎだの、というニュースを聞くたびに、
ひやっとします。
ネットを開いて「アムステルダム ~ 墜落」などという文字を見てしまった日には、
心臓が止まりそうになります。
おそらく、日本の家族も同じ気持ちでしょう。

いつ、どんなタイミングで自身が巻き込まれるかわからない。


それにしても、マレーシア航空の悲劇が続きます。
何か呪われているだろうか?



亡くなられた乗員乗客の方々のご冥福をお祈りします・・・
[PR]
by xiangpian | 2014-07-18 19:45 | 暮らし


<< イチゴランド world cup 終了 >>