和食器いろいろ

またまた「器」の話で恐縮です・・・

一時帰国中は、和食器や和雑貨を見てまわるのが恒例。
というか、この時間が毎度超楽しみ♪

ただ、欲しいものを見つけても大物は持ち帰れないので
(どうせ数年後に?いやいや、年内?にはまた日本へ持ち帰るわけで^^)
小さな器をひとつ、ふたつと購入しています。

お気に入りの器ギャラリーをのぞいたり、
デパートのホームコーナーをくまなく見てまわり、
合羽橋にも行ったわ。   目が肥えてしまったのか、何も買わなかったけどね。
マブダチ(の、つもり)になって頂いた麻布の骨董屋さんにも、もちろん行くし~

はい、今回購入した器です!

a0153807_1113879.jpg


焼き締めの小皿は、作家さん違いでいくつか持っているのだけれど、
石川さんの輪花皿が新しく仲間入り。
ゴツゴツした感じが、よいです。

こういう小皿って、セットで持っているよりも、似たサイズで色々集める方が楽しいのよね。


実家近くの器ギャラリーで購入したのは、この2種類。

a0153807_1142832.jpg


色で決めました。
田所さんの刷毛目小鉢、すごーくいいので、追加購入したいな。
田村さんのそば猪口も、素朴でとてもいい。


陶芸教室通って2年半。  このぐらいのもの作れそうなんだけれど、作れない^^:
でも、作れないからいいのかも。  
陶芸を習ってから、「器」を見る目が少し変わったもん。
作家さんの個性が光るものがいい。
手になじむものがいい。 
テーブルにセットしたときのイメージがわくものがいい。
だから、作家もの器に限っては、私は絶対ネットショッピングはしないつもり。
見てみなきゃ、わからない。   触ってみなきゃ、伝わらないもん。


これは、オマケ。
デパートで開催された骨董フェアーで見つけた
漆の小さなぐい呑み。
絵替わりになっていて、かわいらしい。

a0153807_1253556.jpg


ぐい呑みとしては、使う機会が少ないので、
薬味とか、大根おろしとか、珍味とか、ちょこちょことした盛り付けに使っています。

こういうミニチュア器、大好き。


ガラスの器と和食器で、我が家で友人と即席おにぎりランチ。
冷えたソーヴィニオンブランと一緒に。  

a0153807_1284882.jpg


ぐい呑みには、ひじきとオマメの煮もの。
そば猪口には、冷やした蓮根汁に青海苔ふって。

前日の残りものオンパレードで申し訳なかったのだけれど(つーか、普通すぎ)
器遊びが楽しかった昼下がり~   でした。


今月のテーブル会も「和」がテーマ。
流行の「和モダン」じゃなくて、「和」。

テーブルはともかく、お料理をどうしよう・・・       
メインは、おにぎりの予定。   
きゃは、マジです!!!   
メンバーの皆様、ごめんなさいね^^ 
お料理教室じゃないから、ご勘弁。
[PR]
by xiangpian | 2014-06-11 01:36 | 和の器


<< world cup 開幕 蚤の市で布ものを。 >>