蚤の市で布ものを。

アンティークマーケットや蚤の市では、
食器やインテリア小物を見つけるのもよいけれど、「布もの」探しも楽しい。

あるときは、どっさり山積みされたものをひっくり返し、
あるときは、段ボールの中をガサゴソと。
キラリと光る布1枚を求めて~

ときには、ものすごく丁寧な刺繍が施されているのに、ビックリ仰天プライスで
申し訳なく思うこともあるわ。
実際、刺繍した人に謝りたいほどに。  笑

大好きなハーダンガー刺繍の布たち。

a0153807_02207.jpg


イタリアのドロンワーク工芸がノルウェーに伝わり、独自の図案で広まっていった
hardanger地方の刺繍。

麻布の糸を抜いて、その部分をかがりながら模様をつくり完成させるらしい。
この幾何学模様が、すごく好き。

a0153807_054799.jpg


ノルウェーやデンマークの蚤の市&アンティークショップなどで見つけたものです。
ほとんどが、ダンボールから漁ったもの・・・という事実 ^^

でも、このハーダンガー刺繍の布は、私の北欧暮らしの思い出でもあり、宝物でもあるの。
段ボール出身でも、私が大切に使いますから!!!


一方で、
こちらは、つい先日、オランダの市で7ユーロで見つけた大判のテーブルセンター。
ドロンワークではないけれど、麻素材だし シミもなく 好みのベージュ色で、即決。
我が家にぴったり~

a0153807_01344.jpg



ドイリーレースなども、よく見つかるので、ちょこちょこ買い集めていますよ。

a0153807_013567.jpg


綺麗にお洗濯して、アイロンかけました。
気分がいいです。


最近見つけた中で気に入っているのが、このドイリー。

a0153807_0181288.jpg


愛らしくて、あったかくて、かわいらしいドイリーでしょう?

一緒に飾っているスズ製品や木靴、木製品の台、ぜーんぶ蚤の市からゲットよん。



最後は、クロスステッチ。
大好きなので、このブログでも何度か紹介しているのですが、
 色 柄 大きさ 値段 すべてパーフェクトで、これは絶対欲しい! と思えるようなものには
なかなか出会わない。
ま、だからこそ毎回「今日は見つかるかも!」とワクワクするのが、蚤の市なわけですが・・・

この二つは、わりと「あたり」かな 笑

a0153807_0262368.jpg


左がテーブルランナーで4ユーロ
右がタペストリー(木の留め具つき)で4.5 ユーロ   安っ!

ステッチの色目が好き♪


今月のテーブル会では、
「布もの」をレクチャーテーマにするので、
上記のものを含め、テーブルクロスやランナーなどもたくさんお見せしちゃうわー
見て見て攻撃で、自慢しちゃうんだから♥

そして、最後はちょっぴり販売しまっせぇ~ 





 
[PR]
by xiangpian | 2014-06-07 00:35 | アンティーク&ヴィンテージ


<< 和食器いろいろ 今年も芍薬 >>