秋の夜長に聴きたい女性ジャスボーカル

11月に入り、どんどん陽が短くなってゆきます。 
朝も暗い、夜も暗い。  雨なんか降ってると1日中暗い。  まったく、イヤんなるぜぃ。  
得意の引きこもりの日々^^

ただ暗いだけの毎日、煎餅をバリバリ食べながら、1日中音楽を聴いています。
秋の夜長は、ジャズがいいですねぇ♪

近頃、お気に入りで聴いているCDをご紹介。

a0153807_0242713.jpg


こちらのジャズFMラジオでよく流れる、彼女の音楽。
ひと目惚れならぬ、ひと聴き惚れでした。
Emilie claire barlow カナダの女性ジャズボーカル。
中でも、私がひと聴き惚れした1曲 Haven't We Met が収録されたこの1枚は、
どの曲もハズレがなくて、大正解❤

アムスのCDショップに何か所か探しに行くも見つからず、結局 日本の弟に頼んで
手に入れてもらった1枚。


カナダ人の女性ボーカルって、ホリーコールとダイアナクラールしか知らないけれど、
全体としてすごくレベルが高いみたい。

加えて、カナダ人というだけに、中にはフランス語で歌われた曲も多く、耳に心地よいの。
バラードでもテンポがよく、愛らしい声に魅了されます。
you tubeで見つけたので、聴いてみてください。   どんな印象ですか?





この1枚、すごく気に入ったので、彼女の違うアルバムも聴いてみたいな。




さて、もう1枚。


a0153807_0394296.jpg


こちらは、オランダ人ジャズシンガー  Laura fygi
このCDは、10年前にアムステルダム街中のショップで、あれこれ試聴した中から選んだ1枚。 
彼女の声は、少しハスキーで大人の色気を感じるかな。
スタンダードジャズナンバーからボサノバ、ラテン、シャンソンと、多ヶ国語で幅広く歌いあげています。

先日、一時帰国の際に利用したKLMオランダ航空機内では、
ろくな映画がなかったけれど(笑)、音楽セレクションの中にLaura Fygiを見つけたので、
ずっと聴いていました。    これが、めちゃくちゃよかった!!!

近いうちにKLMに搭乗予定がある方(長距離路線)、
ぜひ1度 聴いてみて~~~



話は変わるけれど、
今の時代、CD原盤を買う人って、どんどん少なくなっているそうですね。
街のCDショップも、姿を消しつつあるそうな。
音楽は「ダウンロード」の時代なんでしょ?

まぁ、ダウンロードして、携帯経由、Ipod経由で、いつでもどこでも好きな音楽を聴くことが出来るのは、
便利でてっとり早くていいとは思うけれど、
私は、絶対CDを買いたい。 好きな音楽、アルバムこそ、原盤で手元に持っていたい。

「ジャケ買い」って言葉も、そろそろ死語になるのかな~
さびしいな。


「マイセレクション」とか言っちゃって、
カセットのA面、B面に好きな音楽を録音していた時代が懐かしい今日この頃です・・・
[PR]
by xiangpian | 2013-11-06 01:04 | 音楽


<< 紫の紫陽花で秋のお茶テーブル 秋色のテーブル、ちょびっとハロ... >>