ギリシャの島へ  その4

ミコノス島から高速船に3時間乗って、サントリーニ島へ。
夢にまで見たサントリーニ。  
ワクワク  ドキドキ  !!!

島の中心、フィラの街。
断崖絶壁のこの光景は、圧巻です!

a0153807_1441962.jpg


段々畑ならぬ、段々ホテル。

a0153807_145956.jpg


隙間なく、小さなホテルが連なります。  す、すごい!
しかし、
どこも同じような入口で、自分たちの宿泊ホテルがどこに位置していたか、
どこからどこまでが同じホテルの敷地なのか、最後までよくわからず^^

a0153807_146446.jpg


感心しちゃう設計です (^_^;)

a0153807_1564052.jpg


ホテルのプールは、どこも海に突き出す形で設計され、素敵なの♪

a0153807_1573677.jpg


下をのぞくとまた違うホテルのプールなんですけど。  笑

a0153807_158358.jpg


ホテルの部屋にはテラスがついていて、朝食はそこで頂きますのよ、オホホ。

でもね、うっかりパジャマやバスロープなんて着て朝食していると、上から丸見えでして・・・

a0153807_222621.jpg



サントリーニは、日に何度も大型クルーズ船が寄港します。
ポートに着いた人たちは、この崖をケーブルカーやロバに乗って、上ってくるのです。

a0153807_252998.jpg


ホテルにまざって、一般の住宅や小さな教会もありました。
白い壁に青くペイントされた窓わくやドア。  


a0153807_2925.jpg


絶好のロケーションに、ワインバーも。

a0153807_2111978.jpg


夕刻には、フィラの街も夕陽をあびて、ロマンチックなムードに。

a0153807_2121193.jpg


海が夕陽に照らされ、キラキラ輝きます。  綺麗~  

a0153807_2125931.jpg


逆光ショットも、こんなロケーションだとそれなりに画になるってもんです。

a0153807_238885.jpg


最終日は、ホテルのレストランで、ムード満点のディナータイム。 
きゃーきゃー   ロマンチックよー
隣のテーブルのお水の入ったグラスがあまりに綺麗だったので、すかさず、パチリ。

a0153807_2175126.jpg


ホテルディナーもいいけれど、
ホテルに教えてもらったレストランでの食事がこの旅で1番だった!

a0153807_2315833.jpg


イアの海沿いのシーフードレストランで食べた エビと白身魚のグリル。
レモンをキュっと絞って、いっただきまーす。

a0153807_2222877.jpg

獲れたての魚を炭火で強く焼き上げたものこそ、究極のご馳走ね。

サントリーニでは、トマトをコロッケにしたものやフライにしたものが名物らしく、
旅で何度か食べました。
食感は、チヂミみたい。  とても美味しい。   マネして作ってみたいな。

a0153807_2245939.jpg


この島は、ワイン造りでも知られる場所。
ワイン博物館に行った後、畑にも立ち寄ってみましたよ。

a0153807_2474799.jpg


ぶどうの木の仕立て型がおもしろい。
強い風をさけるために、あらかじめ縄状に低くつたを巻き、その縄の渦の中にぶどうが実をつけるように
してあります。  
雨も少ないから、低く仕立てることで、地面のわずかな湿気だけで成長するのだとか。

当然ながら生産量は少ないけれど、アシルティコという辛口の白と甘いデザートワインを作っています。

a0153807_2525781.jpg



サントリーニは、ミコノスなんて比にならない位、写真スポット多し。
あれも撮りたい、これも撮りたい と、一眼レフカメラの奪いあいをする私たち夫婦。

しかし、夫に渡すと、海と船ばかり撮ってる。

a0153807_2295729.jpg


海と船じゃ、どこの海かわかんないじゃん!   

a0153807_2304792.jpg


そういう私はというと、教会のてっぺんばかり撮影しているし  あはは。

a0153807_2333858.jpg


これまた、どれも同じような写真で  汗

a0153807_234215.jpg


ということで、
教会と船が一緒に写った写真で仲良くしめくくります。

a0153807_2354155.jpg





ギリシャ旅行記もあと2つ。  そろそろ、飽きてきた 私・・・  みなさんもよね、ごめんなさい。

次は、これこそギリシャの青と白の世界~   です。
[PR]
by xiangpian | 2013-08-09 02:41 |


<< ギリシャの島へ  その5 ギリシャの島へ  その3 >>