IKEBANA  展示会

オランダに来てから習っている IKEBANAのレッスン。
日本人の先生の教えのもと、オランダ人生徒さんと一緒に草月IKEBANAスタイルを学んでいます。
このたび、先生のご自宅で展示会があり、僭越ながら私も初出展させて
頂くことになりました。

a0153807_13386.jpg


作品は、先生のものも含めて20展ほど。

今回は、「アートと生け花」というテーマで、それぞれがオリジナルのアートを用意し、
アートと見合う生け花作品を提出。

a0153807_15199.jpg


夏らしい色や花材を使って準備した生徒さんが多い中、
先生の作品は、やはり際立って格好よくインパクトがあり、見入ってしまいます。

a0153807_181167.jpg


ドライになったチューリップと、真っ赤な芍薬のコラボレーション。
流木は黒くペイントされ、自作陶芸作品の黒い花器とともに、「炭」のイメージです。
赤と黑の世界。   モダン IKEBANA!!!

a0153807_154796.jpg


こちらは、
私と一緒に習っている友人(日本人)の作品ですよ。

a0153807_1134058.jpg


左の大きな花は、極楽鳥花と呼ばれるものだそう。
キャンバスに風車の絵をささっと描いて、浮世絵も一緒に飾り、オランダと日本のミックススタイルを
イメージしているようです。

右の書は、友人自ら書いた文字。
籠にいけて、夏らしく。   ユリの花が少しだけ開いて、主張しすぎずいいですね。


こちらは、
私が1番感動した作品。

a0153807_1194647.jpg


作品を見るだけで、いけられた方の想いみたいなものが、伝わってきます。
こんなメッセージが添えられていました。

a0153807_1291074.jpg


作品にストーリーがあるんですよね~    素敵だな。


それに引き替え、
私の何ひとつストーリーのない作品が、恥ずかしい。

a0153807_12232.jpg


「帯と花」というタイトルで、
フレームの木目と、流木。  花器のグリーンと帯のグリーン、そして枝の緑。
帯締めのピンクと紫陽花とカンパニュラのピンク。
色あわせしただけです^^:


初回なので、何をどうしたらいいのか、これでもすごく悩みました。
これが精一杯。
次回、また出展させて頂くことがあれば、もう少し捻った(笑)作品を出せるように、頑張りまする~
なーんてね。   


生徒さんの作品は、いろいろでした。
オランダ人の作品は、クラシカルなものもあれば、ユニークなものもあり。
面白かったです。

a0153807_12643100.jpg



アトリエも持つ先生のご自宅のお庭は、緑が深く季節の花が咲き乱れ、居心地のよい空間でした。

a0153807_1321411.jpg


素敵なお庭を毎日眺めていたら、あれこれ創作意欲もわくのでしょうね~
うらやましい。

当日は、このお庭でワークショップも行われたそうです。

a0153807_1332125.jpg


ワイルドストロベリーが、かわいい♪

私にとって初めての
IKEBANA Exhibition  とてもいい勉強になりました。
[PR]
by xiangpian | 2013-07-13 01:36 | オランダの花と緑


<< 夏のお買いもの。 美しいオトコたち。 >>