蚤の市シーズン スタート!

春になると同時に、オランダも蚤の市の本格的シーズンがスタートします。
今年も、あちこち出かけて、お宝探しに励むのだ!!!

早速、
年に2回開催される、ユトレヒトの大きなアンティークマーケット会場へ友人と出かけてきましたよ。

a0153807_5541520.jpg


ここは相変わらず、広い。   ブースひとつひとつを隈なく見ていたら目が痛くなってきます^^

それにしても、この数回でここを訪れる日本人の数も、どーんと増えた気がします。
本気モードで、スーツケースをガラガラしながら物色している日本人(バイヤーかな?)も
数組見かけたし、知り合いにもバッタリ会うし、ママ友同士でつるんで歩くグループも。


マズイ、日本人ってだいたい同じようなものを選びがち。
(シルバーやらオランダモチーフのグッズやらマーストリヒト工房の皿やら小さめのウッド小物に、
北欧モノやら布ものやら・・・)
いいものは、売れちゃうぞー 急げ―   と、心の声。

a0153807_633825.jpg


今回は、特にコレといった狙いのモノがなかったので、逆に疲れました。
狙っているものがある場合、それ中心に探すから、余計なものが目に入らないものです。

このミニサイズの籠がすごくカワイイ。  でも、わりといいお値段^^:

a0153807_675322.jpg


あとは、ごめんなさい。
もう4回目なので、撮影が面倒で(笑)あまり撮っていません。

a0153807_682215.jpg


さて、 戦利品です。  

a0153807_615773.jpg


伊万里の大皿、 風車モチーフのスプーンラック、スウェーデンメイドのトレー、シルバーのナプキンスタンド
中国の絵皿、Jean Hardyの小さな絵、クリスタルのカトラリーレスト、壁掛けミニチュア飾り棚、
マーストリヒトの絵皿×2。

ぜーんぶで100ユーロちょっとの買い物でした。

満足。


この室内マーケットは、私の大好きな和骨董、中国骨董を扱うブースも多いので嬉しい。

オランダは、日本と貿易を始める前には中国磁器の大量輸入をしており、
アンティークマーケットでは、日本の伊万里と同じぐらい、中国の古い磁器ものも沢山見かけます。

伊万里焼は、1650年代から長崎の出島を経由しオランダ東インド会社へ出荷をスタートさせ、ヨーロッパの裕福な人々の間で
次第に人気が高まってゆき、「東洋趣味」のシンボルとして流行にもなったそうですよ。

日本の骨董ものを海外で買うこともないと思いますが、
輸出向けに作られたものは、日本の骨董とは形も色もデザインも少し違っておもしろいの。
中には、もちろん数百ユーロする高級品もあるけれど、手頃値段のものもあります。
 
ともかく、私、アジア骨董もLOVEなので。


これは、安かったので1枚買った色絵のお皿。
中国のものでしょうか、いや、日本かな?   蝶々の絵が、どこか中国っぽい。
お店の人に聞くも、わからず。 「あなたのほうが、よくご存知でしょう?」と言われ、困った。 笑

a0153807_6385764.jpg
 

そして、伊万里の大皿。
以前に安価で見つけた2枚とセットになりそう。
花びら型は珍しいですね。   おそらく、輸出向けにデザインされ出荷されたものでしょうけれど、
状態もよく、ハンドペイントらしい雑な絵付けの感じもわりと好き。 笑

a0153807_64158100.jpg


Jean Hardyの絵は、大好きなルイイカールの画風とそっくりだったので買う。
ガラスのカトラリーレストは、これまで沢山見てきたけれど、今回見つけたものが1番ステキ♪


こちらは、その前の週の近所の蚤の市で見つけたもの。

a0153807_6494944.jpg


リモージュのピルケースが少し高かったけれど、あとはどれも安くて嬉しい~~~

オランダの蚤の市は、世界中のものが揃うことと、なんといっても安いのが魅力!

戦利品を持ち帰り、洗って磨いて飾る幸せ。

a0153807_652355.jpg



くぅー    たまんないっ♪




マーケットに一緒にでかけた友人たちの戦利品の一部です。

私たち、現地に着いたらお約束のごとく別行動で、ランチのときに落ち合って、
互いに情報交換&戦利品の見せあいっこ&相談。 そして、また解散。

写真を撮らせてもらいました。

こちらは、オランダのものです。
このままオーブンに入れられるという蓋つきの小鍋。
まるで、和食器。   ちょうど2人分の湯豆腐サイズってとこかな。   素敵だわ~

a0153807_6555316.jpg


こちらは、オランダのチューリップ景色のタイル。

a0153807_6571629.jpg


オランダ駐在のいい思い出になりそうです。
お買い得値で見つけたそうで、よかったね★
[PR]
by xiangpian | 2013-04-19 07:10 | アンティーク&ヴィンテージ


<< お花見・・・のハズでした。 桜の器 >>