一時帰国を振り返る。  その3

友人宅で、とびきり贅沢でとびきり洒落た「おもてなし」をして頂きましたよん。

骨董屋さんを営むご夫婦の自宅テーブルは、お宝ずくし!

a0153807_1943712.jpg


す、す、すてきぃ~~~    なんちゃら画報の1ページみたい~~~

a0153807_197760.jpg


モダンなアイテムを少し取り入れつつ、基本、和骨董器でまとめた大人テーブル。

お部屋のインテリアも素敵だったけれど、テーブルの上にのったアイテムひとつひとつ
気になっちゃって、欲しくなっちゃって、大変。

お料理も洒落ているんです。
和骨董器にもりつける、イタリアン。  そういうの、大好き。
品のいい漆椀に大根のポタージュ。、せいろで蒸した野菜のバーニャカウダに、
染付の大皿にはサラダをどーんともりつけて。
最後は、古伊万里7寸皿に、ステーキのバルサミコソース。

a0153807_19124962.jpg


骨董屋さんだから・・・   という話は置いておいて、、
その骨董を現代の生活の中に上手く馴染ませ、オリジナルな演出をされるご夫婦の「センス」にしびれました。

なかなかマネできるものじゃないけれど・・・

やっぱり、「器」って夢があるなぁ。   
「骨董」って、存在感抜群だなぁ。  深いなぁ。

と、改めて思った次第。     素敵な夜に感謝。


変わって、
こちらは別の友人宅でのランチの様子。
子供が3人も同席したにも関わらず、手作りコーンパンでおもてなししてくれたのですよ。

さりげないテーブルコーディネート。  こういう感じもすごく好きです。
揃いの器じゃなくたって、こんなにバランスいいんだもの。
パン、めちゃくちゃ美味しかったしね。


a0153807_19203158.jpg


ありがとね。


友人たちから、たくさんの刺激を受けて、私も何か、頑張ってみよう!という気になりましたが、
はたして、何を頑張ったらよいのやら・・・


まずは、スマホに慣れないと、だな (^_^;)
[PR]
by xiangpian | 2013-03-18 19:26 | テーブルアレンジ


<< 和骨董のある暮らし 一時帰国を振り返る。 その2 >>