イギリスへアンティーク探し。

先週末、ロンドン郊外にあるLEWESという街へ出かけてきました。
ヴィクトリア駅から国鉄に乗って1時間ちょっと。
小さいですが、ハイストリート沿いにアンティークを扱うお店が並ぶ、洒落た街です。

a0153807_546632.jpg


イギリスに暮らしていたころには、聞いたこともない街でした (^_^;)
でも、アンティーク好きの人にとっては、とてもポピュラーな場所なんですって。

そう、イギリスはヴィンテージじゃなくて、100年以上の時を経たホンマもんの「アンティーク」が
ゴロゴロしている場所。

そんなアンティークのお宝が眠るLEWESの街、トキメキました★

ブルーウィローのシリーズ。

a0153807_550596.jpg


日本人が大好きな スージークーパー。
このドット柄はかわいいと思うけれど、個人的にはあまり興味がないスージー^^

a0153807_5513215.jpg


シノワ的パターンが大好きな私は、古いミントンにあるこんな柄は、すごくツボ!

a0153807_553106.jpg


本気で探しているティーボウル。
美術館に並ぶレベルの素敵なものをいくつか見つけたものの、うーん、やはり高い。  
仕方ないか、18世紀のものだもん^^ でも、状態はよかったです。

a0153807_558438.jpg


こちらは、最後に買おうかどうしようか迷った品物。
オリエンタルな雰囲気たっぷりの2枚のパネル。 すごく好きですが、まったくのシンメトリーなので、
おもしろくないか、と断念。   2枚で80ポンドでした。

a0153807_61010.jpg


corlportのトリオセット、PallMallのリキュールグラス、HORNSEAのキャニスター、美しいシルバーもの、
ウォールナットやオーク、マホガニーの家具も素敵なものが沢山ありましたよ。 

けれども、
今回は残念ながら、心を鷲掴みされる程のものには出会いませんでした。

a0153807_68386.jpg


そして、改めて、オランダ蚤の市の相場がいかに安いか、と実感。

とかなんとか言っても、結局買うんです、私。   そういう性分です^^
これは、以前から欲しかったミントンのトリオ。

a0153807_6152669.jpg


すごく古いものでもないし、大量生産されているものだと思うので希少価値ではないけれど、
このグリーンの色とシノワっぽい柄が大好き。
ロンドンのお店で45ポンド位したのを覚えているのだけれど、今回は20ポンドでGET♪

それから、ボタニカルアートをセットで2枚。

a0153807_6174097.jpg


ボタニカルアートは、色違いでいくつか持っているのですが、
モノクロのものは少ないので、惹かれました。  フレームがブルーなのもいいわ。
2枚で10ポンド。

他には、友人へのお土産などを少々。

掘り出し物には出会えなかったけれど、すごく楽しかったし、本場イギリスアンティークの世界を
垣間見ることが出来て、いい勉強になりました。
北欧ヴィンテージも素敵だし、オランダ蚤の市で見つけた素朴なものも大好きだけれど、
やっぱりイギリスアンティーク、たまらんな。   知れば知るほど、はまる~~~


あぁ~ アンティーク大好き。

もうすぐ、一時帰国。   和骨董、探しちゃおうかな~    キケンキケン。






この小さな街にも、あのBILLSが・・・

店内、ちょーこんでいました。
私は、フィッシュパイを、友人はバーガーをチョイス。
美味でした。

a0153807_636548.jpg


イギリスは食がイマイチなんて言うのは、遠い昔の話ですよ。
[PR]
by xiangpian | 2013-02-10 06:31 | アンティーク&ヴィンテージ


<< ヴァレンタインのティータイム ご飯とお餅とチーズの磯辺焼き >>