S&P

どういうわけだか、我が家にはソルト&ペッパーのボトルが沢山。
どれも小さなものだから、どこかで見つけては、深い事を考えずに買ってしまう。


ノルウェーメーカー Figgjoのヴィンテージ のもの。

a0153807_4474697.jpg


実際には使いません。  お人形みたいにちょこんと飾る用。

Turi Gramstad Oliveデザインのシリーズは、フルディナーセットに、ティーセット、お鍋にいたるまで
多種多様あるのだけれど、独特な絵柄が時間とともに少し飽きてくるクドさがあるのね 笑 
 (友人たちの間では、 キモカワシリーズと呼んでいます。)
たとえば、こんな感じで。      
a0153807_6503717.jpg

                                 *画像はネットより拝借&編集
お皿なんかは欲しいと思わないけれど、
S&Pやチーズボードぐらいなら、ちょっとしたアクセントになりそうなので、かわいいかな、と。
モノトーンと赤緑の2セット、大切にしています。

ところが先日、我が夫、窓辺に飾っておいた一つを割りやがった割ってしまいましてね、
欠けてしまった部分をボンドでくっつけていたけれど、当分許さんぞ。



こちら、
北欧のアンティークマーケットでちょこちょこ見つけたS&Pのミニボトル。


a0153807_451555.jpg


ステンレス×ウッドものに弱い私、加えて、小さいものにはもっと弱い私。
買っちゃうんだな、ついつい。

左上のオールステンレスのS&Pは、日常のテーブル使いに。
これだけは、パリのボンマルシェで買ったものですが、あとは、ほとんど蚤の市で。

真ん中の柄ものは、イギリス HORNSEA社のスパイスセット(S&P&マスタード)
母が同シリーズのキャニスターを持っているので、母へのプレゼント用に買いました。 10ユーロだったかな。

他のものも、すごく小さいつくりなのが気に入って買ったものばかり。 どれも1500円ぐらい。
おそらく、友人の元へお嫁に出します。


a0153807_523537.jpg

ところで、これは毎日キッチンで使っている プジョーのS&Pミル。
(普通サイズです^^)
ウッドとステンレスのシンプルなつくりが気に入って、
数年前に高いお金出して買ったのだけれど、
実際にはたいして使い勝手がよくなくて、ガッカリ。
プジョー製品というだけあって、ミルの挽き勝手がいいものと思ったけれど、
別にふつう。   
一番の問題は、受け皿なしでは、散らかって大変という点。 こぼれまくり。
プジョーじゃなくても、ノーメーカーもので十分だったな、と後悔です。

電動ものも憧れますが、わりとすぐに電池がなくなって、動きが鈍くなるから
イライラするよ・・・と人から聞きました。  へぇへぇ。

余談ですが、黑胡椒をガリガリするときの感覚がとても好き。   笑





最後は、1番繊細でお気にいりのS&Pボトル。

a0153807_511277.jpg


昨年デルフトの蚤の市で見つけた シルバー&クリスタルのもの。
言わずもがな、これも「お飾り」です。   この小鳥ちゃんにキュンときちゃって~



というわけで、
要は、S&Pというよりも、単に小さいグッズが好きだというだけの、つまらないオチでした^^;


すびばせんっ。






↑の画像にある、イギリス HORNSEA社のものを検索していたら、
結構どれも好み。
蓋部分がウッドだったり、色柄にしても、なんとなく北欧テイスト!

これは、 Heirloomというシリーズ。  
スパイスボトルセットかな。

a0153807_5281363.jpg


このグリーンのキャニスター大小を母が持っているのですが、いい色です。  私も欲しい。

こちらは、Bronteというシリーズ。
S&Pのセット。

a0153807_5294291.jpg


フェミニンです。  こっちもいいな~

 
あー 欲しくなってきた・・・

                                     *画像2つは、ネットより拝借。
[PR]
by xiangpian | 2013-01-29 05:39 | アンティーク&ヴィンテージ


<< 2月のインテリア 部屋にチューリップ >>