陶芸作品と生け花で秋のテーブル

生け花レッスンで、季節にぴったり花材を使った秋らしいアレンジをつくりました。
「どの方向から見てもバランスのいい型」というものを教わったので、家に帰って生けなおし、
ダイニングテーブルの上に飾ることに。 色づいた枝のラインが、とっても好み。
花器は、陶芸レッスンで自らつくったものです。  
シンプルなオーバル型。 色もシンプルなアイボリー。

折角なので?
陶芸レッスンで作った自作器を並べて、秋のテーブルを!

a0153807_4555893.jpg


白い粘土に透明色の釉薬をかけた「失敗の少ない」パターンで(笑)仕上げた陶芸作品。
ミニチュア好きな私は、陶芸レッスンでも小さなものをちょこちょこ作っています。  毎回先生に失笑されます。
片口は、形違いで数個つくったので、1輪挿しにして、テーブルのお飾りに。

a0153807_53476.jpg


小鳥と林檎のツマミをつけた奥の小箱は、大中小で作っています。 
 どう使うかは、まったくもって未定ですが。
生け花の色に合わせて、オレンジとグリーンのナプキンを使用。
ナプキンリングは、今回のパリ旅行で見つけたモダンなものを合わせましたよ。

ロクロを使わない、手びねりのみの陶芸作品なので、全体的にぼこぼこしていますが、
まぁ、味といえば、味なわけで・・・  笑
ド素人のつくる作品なんて、こんなもんです、えぇ。  

でもね、でもね、こうして並べると、なんだかとっても愛おしく思えるから不思議。

a0153807_5124159.jpg


盆栽鉢も、いくつ作ったかな?色つけで失敗して捨てたものも結構あります。

シンプルなお皿は、作るつもりはないのです。
それらは、日本へ帰ったら、お気に入りの作家さんのものなどで少しづつ揃えたいんだもん。

陶芸、
同じ釉薬を使っても、仕上がりの色がその時々で違ったり、
削りの途中でバリンと割ってしまったり、とてもじゃないけれど、人前に出せないブツもあります。
元来不器用なので、やること雑なのよね、私。
けれど、作る過程がめちゃくちゃ楽しい♪
粘土を触っている感覚、最高に好きなのよ~
ついでに、生け花レッスンも、毎回大興奮。   

生け花と陶芸のコラボ・・・ 日本から遠く離れたオランダで、「和の楽しみ」を見つけました。
幸せです♪   盆栽はひとりでやってるしね。 笑

最後にもう1枚、
少しセピア色に画像加工した写真です。

a0153807_527810.jpg


我が家はハロウィンデコレーションはしないので、
和の雰囲気で秋色の部屋を楽しんでいまーす。   

恋し、ジャパン!    





作品たち、
普段は、こうして本棚の上に置いて、ながめています。

a0153807_5355441.jpg


はいはい、毎日が作品展ね(^_^;)


丸いものより、スクエアー型が好き。
色違い、形違いで、随分作りました。
当初は、右の黒土にシルバーメタリックの釉薬を気に入ってつくっていたけれど、
この釉薬、近頃何回やっても、シルバーじゃなくて、炭みたいな色で仕上がってくる。(右のものも) 
どうしてかな?

a0153807_5364544.jpg


色で失敗すると、本当に泣きたくなります・・・
だから、失敗の少ない釉薬ばかり使っているけれど、そろそろ冒険したいなぁ~
[PR]
by xiangpian | 2012-10-24 12:45 | テーブルアレンジ


<< COSでお買いもの パリで雑貨買い  >>