秋のパリ女子旅行  ~日曜日のパリ~

パリの日曜日。
外はあいにくの雨模様・・・
日曜日はどのお店もほとんど閉まっているため、過ごし方に悩むところ。
美術館へ行く OR 早起きして蚤の市に行く OR 少し郊外の観光スポット(モネの家のあるジベルニー
やベルサイユ宮殿とかね、ディズニー好きならユーロディズニーっていう選択もあり 笑) 
OR 朝マルシェに行く。

今回は雨だったこともあり、ヴァンヴの蚤の市へでかけても、ストールが少ないだろうと思い
3人で相談した結果、「マルシェ」へ繰り出すことに。
ユーロディズニーじゃなくて、ごめんね、Aちゃん。 (爆)

向かった先は、バスティーユ。
このバスティーユ駅近辺で2か所、朝マルシェ(14時ぐらいまで)をやっているので、
傘をさしつつ、メトロに乗って Go!

まずは、Aligre広場で開かれるマルシェ。
ここは常設(室内)市場と屋外テントと両方あります。

a0153807_19352283.jpg

                               ↑ 白髪マダムのファッションが素敵! (*_*)

常設市場とあって、あまりお洒落な雰囲気ではないけれど、
雨にも濡れず、お惣菜やさんの物色ができます。 笑
魚屋さんには貝類が充実。  肉屋さんには季節とあって、ジビエ関係、ウサギやら野鳥やらがそのままの
姿で横たわっていました。 撮影するのは、画像が少しグロイかなと思って遠慮しましたが。

a0153807_1939418.jpg


ブーダンノワールや、ウニやカニのタラマ、サーモンのキッシュや、エビとクスクスのハーブマリネとか、
ショーケースに並ぶ惣菜が、おフランスの香り♪
ヨーグルトのフレーバーも、りんごとカシス  蜂蜜  オレンジとナッツ など、いちいち洒落てるのよね。

バター 専門店もありましたよ。
量り売りもしているし、エシレを上回る勢いで今人気があるボルディエのバターは
ゆず と 唐辛子(ピマン) と 海藻バターの種類が揃います。

a0153807_1946649.jpg


私は、バスク旅行帰りということもあり、唐辛子バターをチョイス。  
はは、これで冷蔵庫には唐辛子オイルと唐辛子マスタードと唐辛子塩と唐辛子バターが揃っちゃったわよ。
どんだけ辛いのが好きなんだ?

常設市場の様子を見たあとは、再び傘をさして、屋外テントのマルシェへ。

キノコ専門店です。

a0153807_19551161.jpg


フランスのキノコ、今の季節とても美味しいですよねぇ~
種類もたくさんあって、おもしろい♪

a0153807_19571328.jpg


ホワイトマッシュルームは、フランス語で「シャンピニオンドパリ」というのだそう。
画像にはないけれど、個人的にはモリーユ茸の食感が好きです。
それから、椎茸は、そのまま「shi take」と書いて売られています。 (オランダも同じく)

市場での掛け声?って、全世界共通なんでしょか?
おじさんたちがダミ声で 「安いよ~  安いよ~  1ユーロぽっきり」的なことを
フランス語で言っていました。 笑

こちらは、ひと際目をひく花屋さん。

a0153807_2024142.jpg


お花の種類も値段も、オランダのほうがずっと充実しているけれど、
なんだか違う、パリだと薔薇1輪の価値も違って感じるわ。    これぞ、パリマジックか!?

ちなみに、このアリーグルマルシェでは、日曜日は少しだけ蚤の市っぽいストールも出ています。
雨に濡れて、目ぼしいものも見つからなかったけれど。

うーそれにしても雨の降り方が強くなってきて、寒いよ~  靴が湿ってきちゃったよ~
ここいらで、ブランチ。
開いているカフェを見つけ、サンドイッチやタルティーヌを食べたあとは、

15分歩いてバスティーユへ。
駅からまっすぐのびる Bd.Richard Lenoir 通り沿いのマルシェへ。

a0153807_2095265.jpg
 

お昼をすぎた頃だったので、そろそろ店閉まいの仕度をするテントもあったけれど、
こちらのマルシェの方が、ぐーんと洒落ています。

クレープを焼く店や、サンドイッチをその場でつくってくれる店もあるし、
おなかペコペコ状態で来ても、楽しそう。

オリーブ専門店、黑トリュフも見っけ~  
お、私が1番好きな牡蠣ジラルドは、No.2の大きさだわ♪
(フランスの牡蠣は、大きさが番号で記されます。  1~6ぐらいまで。  No.1が1番大きなサイズ。
勿論、大きいから美味しいとは限らず。 けれど、ジラルドの牡蠣は肉厚でジューシー、ゆえに高額^^)


a0153807_2014197.jpg


ここでも、花屋さんの前で1枚。

a0153807_20272811.jpg


バケツにいれずに、こうして束で並べるのがパリ風なのかしら?
小花もかわいい~~~


わりと広いマルシェなので、雨じゃなかったら、それなりに時間つぶせますね、ここ。

マルシェのあとは、そのまま横へスライド  マレ地区へ。
ユダヤ系文化のこの地区は、日曜日も多くのお店がオープンしています。

a0153807_20304578.jpg


雨も小降りになって、夕方にかけてマレ地区、大混雑。
この日は買い物しないつもりだったのに、ちょこちょことのぞいたブティックでうっかり買い物してしまう^^

おやつタイムに、クレーペリーに入って、それぞれに違う種類のクレープを食べて、
あたたかい紅茶を飲んで、女子トーク。 
 
「そっちのキャラメルクレープも、ちょっとちょうだい♪
 こっちのマロンクリームクレープも食べてね♪
 グランマルニエの入ったクレープシュゼットは、やっぱり大人の味ね♪」


その後、またお店をちょこちょこのぞいていたら、あっという間に夕刻。
小腹がすいてきた頃に、行列のできたお店を発見。
聞けば、 イスラエル料理のひとつ、ファラフェルという豆のコロッケみたいなものと数種類の野菜を
ピタパンにはさんだ、ベジタリアンサンドみたいなもののお店。

そうか、このあたりユダヤ系だからイスラエル料理なんだ~
と納得したところで、折角なので私たちも列に並んで、ひとつ頼んでみました。

a0153807_2037910.jpg


美味しい~~~
このスパイシーなソースがアクセントになって、なんとも絶妙なコンビネーション。
ナスやキャベツ、オニオン、トマトなどと一緒に、マメをつぶしたファラフェルのコロッケがゴロゴロ
と入っているのですが、これがホクホクしてて♪

3人でひとつで十分でしたが、おなかペコペコだったら、一人一ついけそうだわ。


こんなジャンクなお店と出会うことがあるのも、マレ地区のお楽しみ。


日曜日のパリ

午前中はバスティーユで朝市(立ち食いでブランチOK)  →  午後はマレ地区で 買い物とカフェで甘い系。

こんな風であっという間に1日過ぎてしまいます。
魅惑のパリでございます★

秋のパリ女子旅行、大正解でした。

今度は、クリスマスとソルドの頃を狙って来たいなぁ~~~

ボンマルシェで見た エスプレッソカップが忘れられない xiangpian でございます。 
買うんだった、やっぱり^^



追記 

 友人各位

ここ数日、メールサーバーの調子が悪く、
どういうわけか、メールの受信のみ出来ません。
メールを頂いていても、見られてないので返信もできず、ごめんなさい。
サーバーの問題なので、少し様子見してみます。
用のある方は、鍵コメでよろしくです~

[PR]
by xiangpian | 2012-10-21 21:02 |


<< パリで雑貨買い  秋のパリ女子旅行 >>