スパニッシュバスクで美食

記事がたまるのが嫌なので、どんどんアップします。   ついてきてね~   

スパニッシュバスクのお楽しみ「食」です!

まずは初日に予約をしていた レストラン  martin berasategui
サンセバスチャン郊外にある、ミシュラン三ツ星です。
スペインのサンセバスチャンは、フランスでいうリヨンみたいな場所。 
美食の街として知られ、ミシュランの星つきレストランの数もすごく多いそう。
主人は、「ARZAK」というレストランに行きたかったらしいけれど、ふた月前でも予約がとれず、
今回は、「MARTIN BERASATEGUI」というレストランへ。

a0153807_18372538.jpg


すみません、レストラン内、暗くて静かで、お料理の撮影が難しかったです^^
出てくる料理のポーションが全部小さくて、胃腸の弱い私でも、なんとか頂けます。
アラカルトでオーダー。 私のメインは、赤魚のソテー。 和風?中華風?な味つけでした。 ワカメも
ついてきたしね。   ごま油の味が強くて、ちょっとしつこい味。
嬉しかった点は、ワインがリーズナボー ♪    
パリあたりの三ツ星なんか行っちゃったら、一番安いワインでも80ユーロぐらいするものね。

えーと、★評価ですが・・・
うーんとうーんと、主人ともども「ふつう」との感想でございました★


さて、
バスクのお楽しみといえば、私の場合、ミシュランとかそういうんでなく(笑)  ←  主人、そういうの好きなのよ^^

BARでの ピンチョス !!!

PINTXO (バスク語) 「串」の意。
串にささったひとくち料理とでもいいましょうか、フィンガーフードっぽいものをピンチョスといいます。

日本でいう一杯飲み屋的なBAR(立ち飲み率高い)がそこら中にあり、そこでお酒のおつまみとして、
カウンターにずらっと並ぶピンチョスをつまみながら、ワイワイと立ち飲みするのがバスク流!?

a0153807_1849048.jpg


だいたいのピンチョスが、パンにのって串がさしてあるのですが、中にはコロッケやシーフードマリネ?な
ものもあるし、その店によって、名物のピンチョスがあるみたい。

a0153807_18535117.jpg


数軒のBARを見たところでは、イベリコハムやスリミがのったものが多かったです。
1杯ずつ飲んで、ピンチョスを3つ4つ頼んで10ユーロちょっと。
そして、隣のBARへ移動。  こうしてBARのはしごをするのも楽しい。

a0153807_1857177.jpg
 

私はいまひとつ体調がよくなかったので、サングリアやシードルを飲みましたが、
この地方の名物、 微発泡の白ワイン txacoli(チャコリ) や 赤ワインをコーラで割った kalimotxo(カリモッチョ) なども人気らしい。
もちろん、ビールやワインも安くて種類も多いし、ノンベェにはたまりませんな。

ともかく、私はこういう大衆居酒屋みたいな雰囲気が大好きなので、(立ち飲みは疲れるけどね^^)
もっと体調万全のときに、もう一度来たいわ~~~


スリミやアンチョビを買ってきたので、
体調が戻ったら(今日はついに病院へ行き、血液検査を受けました 汗)
おうちでピンチョスパーティーでもしたいなぁ♪


このあとは、フレンチバスクの記事につづきます。
[PR]
by xiangpian | 2012-10-11 19:22 |


<< フレンチバスクへ スパニッシュバスク >>