晩夏のグリーンテーブル 

9月に入りましたが、日本は残暑厳しいのでしょうか?
こちらは、すっかり秋の気配。    
この前まで22時近くまで明るかった気がするけれど、もう20時になると電気をつけています。
夏が終わります~~~   
季節の中でも大好きな「秋」だけれど、「夏」が終わると思うと寂しいものですね。


さて、
先日、友人が遊びにきてくれたので、久々にテーブルアレンジで遊びました。
こういう事やっている時間が、1番楽しいの、私。

デビューさせたいナプキンリングがあって、これを中心にテーブルコーディネートを。

a0153807_3193170.jpg


スイスのデパートで見つけたナプキンリング。
オリーブ色をしたグリーンのグラデーションボールがアクセントになっています。

a0153807_3213830.jpg


ガラス多めで、夏の名残を感じるかな~
お花を用意できなくて・・・    ちょっと寂しいテーブルに^^;

a0153807_3241758.jpg


今回はあえて、テーブルランナーもクロスも使わず、テーブルのこげ茶とガラスとグリーンだけで
色を抑えたテーブルにしたかったの。
ナチュラル系っていうの?!   それとも、もしかして、ただの手抜き?

a0153807_3273868.jpg


料理は、いつもの簡単メニューでお手軽ランチ!

a0153807_3303232.jpg


得意の(笑)インスタントゼリー寄せは、ポン酢を加えて、枝豆とエビでほんのり和風味。

a0153807_3313287.jpg


フランスへ行ってきた友人から、「海藻バター」なるものを頂戴しました。
海の味がするの。 とっても香ばしくてバゲットにぴったり。   美味しかったぁ~
牡蠣と一緒に、パンに塗って食べるといいそうです♪

メインは、15分で作れるシュークルートを。
酸っぱいのが苦手な人はNGだけれど、友達も義理で(笑)美味しいと喜んでくれ、
これまた義理で(爆)レシピを教えてなんて言ってくれちゃうので、
ここにざっと記しておきます。

シュークルート(キャベツの酢漬けの入ったポトフ的なもの)

1.油で適当な大きさに切ったベーコン(オランダならば、シュークルート用のぶ厚いベーコン)を、
  こげ目が付く位にいためて、取り出す。 

2.1の鍋に、たっぷりのバターを入れ、つぶしたニンニク(大一かけ)を加え、香りが出たら、玉ねぎ2個と
   軽く洗ったザワークラウト300グラム(日本なら缶詰で売られていると思う)を炒める。

3.2がしんなりしてきたら、白ワイン1カップとお湯半カップを入れ、沸騰したところで、1のベーコンと
  ジャガイモ、ソーセージを加え、ローリエを2枚入れるのを忘れずに。
  味を見ながら、15分~20分煮込む。

4. 塩と黑胡椒で味付け、出来上がり。
   食べる直前にオリーブオイル(いいやつ)をたらりとどうぞ。

* ザワークラウトは、製品によって酢のききかたが違うので、少し水で洗ったほうがいいものと
   洗わずに使用するものとがあると思います。
   日本の缶詰は、そのまま汁ごと使って大丈夫だと思う。


ワインもいいけれど、ドイツ料理なので、やっぱりビールが合うかもです~~~



ケーキに、コーンのスナック(絶品すぎて、悶絶)に、ご馳走さまでした。
この日、ちょっと落ち込んでいたのだけれど、気が晴れました!!!
ありがとう。









左が私が購入したナプキンリング。
針金でくっついているあたりは、まぁ、安ものだからこんなもんかな・・・と(苦笑)
右のウッディーなものも素敵で、迷いました~

a0153807_18411466.jpg


このスイスのデパートのテーブルコーナーが、意外にも色々ありまして・・・
ランチョンマットもナプキンも、カラフル!

a0153807_18423221.jpg


ナプキンリングも、結構種類があって、沢山欲しかったけれど、すでに沢山持っているので、
我慢、我慢。

a0153807_18433267.jpg


オランダ近隣諸国のデパートの中では、このスイスのデパート、かなりいけてる品揃えでした。

ただ、個人的にすごく洒落たテーブル小物が1番揃うのは、ヨーロッパではなく、アメリカだと思うな~
[PR]
by xiangpian | 2012-09-03 19:00 | テーブルアレンジ


<< 1泊でオスロへ。 Creilet et Mont... >>