蚤の市めぐり その5

今回は友人4人をお誘いして、ゴーダまで。
アムステルダムから電車で1回乗り換え1時間。   大勢だと遠足気分!

a0153807_350439.jpg


駅からマルクト広場を目指して5分ほど。
蚤の市は、市庁舎をぐるりと囲む形で開かれていました。

a0153807_3521611.jpg

思った以上にストールの数が多く、一通り見て回るだけでも2時間はかかり
ましたよ^^
いつもは必ず2周しますが、この日は1周しか出来なかったもん・・・

それでも、結構アンテナに引っかかるものがあり困ったチャン。


いくつか、馴染みの(笑)ストールも出ていましたが、
初めて見るようなストールも。


ちなみに、蚤の市では大勢ででかけでも、見るのはだいたい別行動です。


あとで、戦利品を見せ合いっこするのが、また楽しい。





ガラス製品、この日も色々ありました。
ノルウェー製のソースパンがあったり、イギリス製のお皿やC&Sも沢山。(特別古いもの
ではないけれど)
籠や小さな家具もあるし。  ともかくストールの数が多いので、さくさく見て、ちょこちょこ写真を
撮りながら、次のストールへ・・・と機敏に動いたつもり。


a0153807_3585474.jpg


集合時間の15分前になって、すごく興味のあるストールに遭遇。
そのストールの商品すべてが、フランスのもの。
血迷合った私は、この店でお皿を7枚も買ってしまうのでしたぁ。
この話は、次の記事で。

さて、2時間半ぐらいたったところで一同集合してランチへ。

戦利品の見せ合いっこです。
友人の戦利品を一部、ご紹介。 (許可もらっていますよ)

a0153807_43218.jpg


オランダ製のエレガントなC&S
ワインケース2種と真鍮?の大判トレー
オランダの民族衣装を描いた柄違いのお皿を6枚

みんな、とっても嬉しそう。   
へぇ、こんなのあった???   と、互いに同じことを聞いていました。 笑

a0153807_46580.jpg

これは、私の戦利品。


小さめのマガジンラックかな~  

木の質感とフォルムが好きです。

ストールの店主さんは、新聞置きだよと教えてくれました。
  

少しはげている箇所があるので、塗装したほうがいいかも~
まぁ、これも中古品ならではの「あじ」でいいかな。



17ユーロでした。





あとは、そのフランス雑貨の店で買ったお皿7枚です~
馬鹿です~  わかっています~
心も頭の中も病んでいます。   

では、また次の記事で。








そうです、チーズです。   熟成がすすんだゴーダチーズ、大好き。
マルクト広場では、夏の間、木曜日にチーズ市が開かれています。
さすがにチーズ屋も多いし、それからもうひとつ、キャンドルも有名な街。

なかなか見どころいっぱいある場所なので、またゆっくり来たいわ~

a0153807_4125076.jpg

[PR]
by xiangpian | 2012-08-29 00:47 | アンティーク&ヴィンテージ


<< Creilet et Mont... オランダのミニチュア >>