花器と生け花

8月は生け花のレッスンがお休みで寂しい。
加えて、この時期、フラワースタンドも夏休みで閉まっているところもあり、
買い物帰りに花屋さんの前を通る楽しみもなく しょぼりーん^^;

こちらは、
少し前に近所の蚤の市で見つけた3ユーロの花器。

a0153807_5365644.jpg


いや、正確には花器ではないかな。
脚のついた器。

a0153807_5382126.jpg


蚤の市ではこういう出会いがあるから、はまっちゃう。
色も形も、とっても好み。 和の空間にも洋の空間にも合いそうだわ。   
ちょうど生け花を習い始めたばかりだし、タイミングバッチリのいい「出会い」でした。
生け花の花器としては少し小さいのだけれど、私の剣山は小ぶりなので、ちょうどいいかな。
なんたって、あーた、3ユーロですもの♪

大好きな夏の花 アガパンサスのブルーをいけてみます。

a0153807_5414481.jpg


あんあん・・・   自分で言うのもなんですが、この感じ、結構理想に近い。
洋花で洋花器で、生け花。    和と洋ミックス。    たまりません・・・


早速、レッスンでも使ってみましたよ。

a0153807_5463639.jpg


レッスンで使用した花材を持ち帰って、花器に合わせてサイズカットしてもう一度いけ直すのですが
キンギョソウがうまく剣山にささらなくて、どんどん切っていくうちに短くなりすぎて、
かなりバランス悪く、失敗しました (^_^;)    スミマセン、ショシンシャナモノデ・・・

脚のある花器って、素敵だけれどむずかしいかもしれません・・・
と、花器のせいにする 笑



さてさて、
これはまた別の日の蚤の市で見つけた「器」です。 ドイツのものらしい。


a0153807_5484589.jpg


ゴールド釉のエンボスがどこかオリエンタルな印象。
これまた小さな脚がついています。
どうやら私、脚フェチらしい。

花器にするには、丸すぎて剣山がおさまらないかな~

おとなしく、器として使おうかしら?


このごろは、蚤の市めぐりでも、「花器」になりそうなものを無意識に探している気がします。
花瓶はそこら中で見かけるのですが、生け花の花器となると、なかなかいい出会いもなく。

でも、だからこそ、見つける楽しみがあるんだなぁ~


蚤の市めぐり、ちょこちょこ出かけています。
このごろ記事にしていませんが
そろそろゲットしたブツもたまってきたので(!)また蚤の市記事、書きますね~
[PR]
by xiangpian | 2012-08-12 05:55 | オランダの花と緑


<< オリンピック閉会式 スイス旅行  ~食事とお買いもの~ >>