清水なお子作 器

大好きな器がある。
新婚のときに買ったものだから、もう10年生以上・・
清水なお子さんの器。

a0153807_2193230.jpg


吉祥寺の隠れ家的ギャラリーで展示会があり、母と出かけた。
そこで買い求めた リムあり七寸皿。
私が初めて買った「作家もの」かもしれない。

このとき、同時に夫婦茶碗も購入したのだけれど、この12年の月日の間に割った^^:

柄もくどくないし、お皿の地のうす青い色が気に入っている。
普段の食事に、一番出番の多い皿だ。

がっつり夕食でも、週末のブランチでも、一人ご飯のときも・・・

a0153807_2122419.jpg


ともかく、使い勝手のいい器である。

さすがに、洋食メニューのときには使わないけれども、
でも、盛り付け次第では洋食も雰囲気出るかも!?

おもてなし?のときにも使えるかな?
漆の折敷などに、この皿と切り子ガラスの酒器やちょっこし高級なバカラグラスなどをセットしたら、
大人~な雰囲気になるんじゃなかろうか。   妄想、妄想。



あきっぽい私だけれど、このお皿はずっとこの先も使いそうな気がするな。
[PR]
by xiangpian | 2012-05-12 02:03 | 和の器


<< 田舎の星つきレストラン 小さなチューリップ公園と大きな花畑 >>