ホワイトアスパラガス

5月の「食」のお楽しみ  ホワイトアスパラガス♪

料理教室で習いました~

a0153807_4524652.jpg


大好物なので、自宅でもよく頂く野菜のひとつ。
オランダはドイツやフランスに負けないほどのホワイトアスパラガスの有名産地。
春になると、太くて立派で最高に美味しいホワイトアスパラガスが出回ります。

a0153807_62956.jpg


この国には、ホワイトアスパラガス専用のボイルポット、ピーラー、トングまであるのですよ。

先生に許可を頂いたので、最もポピュラーなホワイトアスパラガス料理の手順をお伝えしちゃいます。

a0153807_4592422.jpg


アスパラガスは、あつめに上から下へしっかりと皮をむきます。
通常のピーラーを使う場合、2周させてむきましょう。
塩と砂糖を少々入れた鍋で、15分ほどじっくりボイルします。(少しクタっとなるぐらい)
専用のポットは、縦に入れてゆでるタイプ。  通常の鍋はかぶるほどのお湯で。

さて、オランデソースです。

a0153807_552724.jpg

無塩バター100グラムほどを湯せんしておきます。

白ワイン20cc 酢(レモン汁でも可)20cc 塩 胡椒 
を鍋に入れ沸かします。

沸騰したら、火から鍋を下して少し冷まします。
その中に卵黄ひとつ 湯せんしたバターを濾しながら加え、よく撹拌。

再び湯せんしてあたためます。


注意 バターは直接火にかけないこと。   
    分離させないように、湯せんで!




付け合せの材料です。

a0153807_5113428.jpg

ジャガイモ、卵、ハムなどと一緒に頂くのが、一般的。

ハムは、角切りでもスライスでもOK。

卵は、ゆでたまごを微塵にしてもいいし、
ポーチュドエッグでもいいらしい。

彩のグリーンは、パセリが多いみたい。






オランデソースは、家庭によって作り方が少し違うと思いますが、
シンプルにバターソース(湯せんして溶かすだけ)でも十分美味しいです。

レストランで頂くと、この国でも結構なお値段する、ホワイトアスパラガス料理。
自宅で調理すれば、贅沢に5本でも6本でも食べられちゃう。
「ブランチなんかに最高よ」 との先生の言葉を受けて、

習った週末、早速。

a0153807_5205314.jpg


ポーチュドエッグがちょっと固くなっちゃったけれど、やっぱり甘くて美味しい。
エグミなんか、まったくなくて、甘いだけ。   
翌日は、余ったもので和風の味で頂きましたよ。
ゆず胡椒と高級な(笑)オリーブオイルと、高級な(爆)塩で、軽く味付け。
これはこれで、結構好みの味でした。


ホワイトアスパラガス、これから夏まで楽しめます。
嬉しいな。    

先生、このレシピ大切にしますね~♪♪♪     
ありがとうございました。







こちらは、クリームソースを使ったグリーンアスパラガスのお料理。
ソースには、チャイブがたくさん入ります。

a0153807_5272838.jpg


アスパラガスとほうれん草のグリーンとポーチュドエッグのとろとろ黄色が目に鮮やか。
美味しゅうございました。

ついでに、このGienのお皿、すごく素敵なの。  欲しい~
[PR]
by xiangpian | 2012-05-08 05:35 | 料理教室


<< 小さなチューリップ公園と大きな花畑 女王の日 >>