節分と豆皿

気が付けば2月になるのですね。
それがね~  今週からヨーロッパは大寒波。
暖冬でこのまま春になるかと思いきや、突然ものすごい寒さです。   天気はいいけれど。
最低気温から最高気温まで、ずっとマイナス。
きれるように空気が冷たい。  手も足もジンジンしてきますよ~  

節分です。
日本へ一時帰国していた友人から「お豆」のお土産を頂きました。
鬼のお面までついてきましたよ。 
「夫婦で鬼ごっこ・・・じゃなかった、豆まきしてちょーだい」  ですって。   
いやーよ。 掃除面倒だもん。   ここ、日本じゃないし。 
折角のお豆がもったいない!


a0153807_1263184.jpg


小さなお能の面は、京都の人形店で見つけました。
綺麗なつくりで気に入ってはいるものの、いまいち使い道なくて困ってる 笑


小さいものがやたらと好きな私。  「豆皿」なんて、たまらなく好き。
直径7センチほどの小さな古伊万里皿。
ずいぶん前に鎌倉の骨董屋で買ったものと記憶。  1枚だけね。
普段は、飾り皿としてインテリア小物と化しています。
ガラスの豆皿は、イギリスのアンティーク。 
もう一回り大きければ、醤油受け皿にもできるけれど、小さすぎて、醤油あふれる。
もっぱら、薬味のせ。   6枚あったはずだけれど、すでに2枚割る^^;

a0153807_134316.jpg


この寒さの中、外で「鬼は外、福は内」なんてやる気もおきない。
変人扱いされそうだわ。
おとなしく、歳の数だけお豆を頂くことにします。   夫婦で何粒必要だ?
あれあれあれれ~   足りないかもよ~



週末の最低気温、ニュースではマイナス15度とか言ってるけど。

ま、まじで!?



 
[PR]
by xiangpian | 2012-02-02 01:44 | 和の器


<< Harrodsのバッグ モンドールでブランチ >>