大人の文房具? からかみ

どこの国にも、その国ならではの伝統工芸や美術や文化があるとは思うけれど、
中でもそれらに対する日本人の美意識の高さは秀逸で、和の工芸文化は世界に誇れるものだなと
いつもいつも思います。

日本の「ものづくり」技術のレベルの高さ、独特の感性を持った職人たちの「匠の技」。
海外で暮らしていると、そういったものを改めて強く意識するし、同時にとても誇りに思う。

特にわたくし、「和のもの」が大好き。
どこに暮らしていても、「和の美しき伝統文化」を忘れずに感じていたい。

話は飛びますが・・・
和の工芸文化のひとつ  「からかみ」です。
中国から伝わった文様入りの紙を日本風にアレンジして、伝統文様などを木版刷りした紙
のことを言うようです。

これが、美しい。

「江戸からかみ」 松屋のものです。


a0153807_2442259.jpg


色といい、文様といい、ため息がでるほどの美しい紙。
ハガキと名刺サイズの紙(用途不明 笑)です。
こうして並べただけでも、アートの世界だと思いませんか?  雅な世界だと思いませんか?
そのうち、何かに使うつもりで持っています。    このまま並べて額に入れるだけでもいいかも~

「京からかみ」 唐長のものです。

a0153807_248073.jpg


友人からの頂きものですが、箱を開けて、もぅ、ひと目惚れでした。
こちらは、からかみでもモダンな幾何学模様の文様が入って、 伝統とモダンの融合って感じ。
菓子の敷紙に使ってもいいし、 数色の色遊びで何か作れそう。   ん、何を?
ふつうに折り紙として、ツルを折っただけでもお洒落かもね。


こういうものって、どう使うの? 何に使うの? ってよく聞かれますが、
そんなこと、どーでもいいんです。 笑
こんなにも美しいものに出会ったということが、ただ嬉しいだけ。
ほら、子供がむやみやたらにシールとか箱いっぱいに集めるのと同じ感覚ですよ。私、大人だけどシールいっぱい持ってる。
持っている事が嬉しいの。  物欲ならぬ所有欲。 ときどき箱から出してながめてニヤニヤしたいだけ。
「大人の文房具」とでも、言いましょうかねぇ~  

唐紙とはちょっと違うと思いますが、私、「紙全般」が好きでして、
旅行先では、文房具屋みたいなことろを見つけると必ず入ります。
つい先日もパリでオリエンタル風な綺麗な「青い紙」を見つけて買って帰ったの。

この紙を台紙に貼って、フレームに入れて、持ってるオリエンタルグッズ?を貼り付けてみました。
これで、インスタントオリジナルアートがいっちょあがり!

a0153807_342363.jpg


左は、クリストフルのタッセルつきブックマーク。   右は、ベトナムのコースターです。
全然「和」じゃないけれど、なんとなくオリエンタルの風!   なんつってね。


大人の文房具、これからもせっせせっせと収集してゆきますよ!







数年前に、ノルウェーの文房具屋さんでやはりひと目ぼれした「紙」なのです。
色も柄も、最高です♪
ノルウェーで買ったけれど、北欧の感じゼロですね 笑   

a0153807_374525.jpg


あまりに気に入った1枚なので、怖くてハサミも入れられない。
くるくる巻かれたまま、机の下にしまっています。

どう使おうかな~
何かいいアイデアありませんかね~
[PR]
by xiangpian | 2012-01-20 03:10 | 趣味&お気に入り


<< グラドルたちの結婚 球根花で癒されます。 >>