球根花で癒されます。

今年のヨーロッパの冬、あたたかいのです。   オランダだけじゃないみたい。 
今週は少しばかり冷え込んでいますが、それでも、マイナスになるような事はほとんどなく、
このまま春を迎えるのかしら?
そういえば、水仙やクロッカスが道端に芽を出しもう咲き始めているのですよ。

花屋さんでは、1月になると同時にチューリップをはじめとした球根類の花々が一斉に
店頭に並びます。

ヒヤシンスを買いました。  5本の束で3.5ユーロ。   今のレートなら340円ぐらいでしょうか(笑)

a0153807_23583317.jpg


テーブルにヒヤシンスを置いただけで、そこだけすっかり「春」です。
つぼみがかわいい。

a0153807_081779.jpg


でもね、部屋の中が暖かすぎて、2日で満開ですわ^^;
切り花の場合、もっても1週間でしょうか・・・

a0153807_011841.jpg


部屋中にヒヤシンスの香りがたちこめます。
この匂い、すごく馴染み深いわぁ~  と思っていたら、そう、トイレの芳香剤と一緒だ (^_^;)

後日、別の花屋さんで、アネモネも買っちゃいました。
何色にしようか悩んで、パープルを。
一緒に選んだ、なでしこみたいなピンクの小花は、なんでしょう?

a0153807_05642.jpg


こちらは、3日たっても満開にはならず、いい感じですよ♪

a0153807_05566.jpg


アネモネは長持ちするとわかったので、次回はアネモネばかり何色か選んでいけようと思います~


最後は、鉢ものです。


a0153807_074440.jpg

大好きなムスカリ。

マーケットに出かけたら、バスケットに入ったこの姿で売られていたのね~ 
やっぱり3.5ユーロで。 笑 

買っちゃう、買っちゃうよ~
かわいいんだもの~

我が家にはベランダがないので、鉢ものは沢山置けないのですが、
小さいものならOKかな?

キッチン脇のスペースに、ちょこんと置いています。




球根花って、自らが持つ生命力の「強さ」と「儚さ」を一緒に感じさせてくれますよね。
それでもって、癒しのパワーもあったりして。
すごいな。
[PR]
by xiangpian | 2012-01-18 00:19 | オランダの花と緑


<< 大人の文房具? からかみ Astier de Villa... >>