クリスマスメニューのレッスンを。

現地在住の素敵なマダム(日本人)のご自宅で、「クリスマスメニュー」のお料理を
教わりました。

ご自宅に伺うと、すでに美しいテーブルセッティングが~♪♪♪

a0153807_6372186.jpg


テンション上がります。
だってね、それぞれのお皿にネームカードまで置いてあるのですよ。
しかも、小さなグリーンのあしらいまでされてあって。
お皿やマットの使い方、アンティークなグラスに、手作りのセンターグリーン。  ス・テ・キ!
(ヒバの枝には白くスプレーまでしたそうですよ。)

a0153807_6393794.jpg


さりげないけれど、なかなかマネ出来ない上級者のテーブルセッティングです。
こういう感じ、大好き。  流行のモダンスタイルじゃないところが、私には、ストライク。
皺ひとつないテーブルクロスに、ブランド食器に、クリスタルの華奢なグラスを並べたテーブルも
もちろん素敵だけれど、
個人的には、オーソドックスでも器や小物にオリジナル性のある「その人らしい」テーブルが大好き。
ゴージャスじゃないけれど、あたたかくてセンスが光る。

マダムのお宅には、お庭もあるし、お決まりの暖炉もあって、あちこちキョロキョロしちゃいましたわ 笑

a0153807_6452534.jpg


アミューズには、セロリのポタージュと、デーツのベーコン巻き。
ポタージュは、骨董のそば猪口でサーブされてきました。    いちいち、お洒落です。

さて~   お楽しみのクリスマスのお料理ですよ!!!

まずは、前菜。

「ツリーサラダ」です。

a0153807_6492861.jpg


土台には、大胆にも大根1本が使われています。
見た目勝負の一品。    頂くときは、ドレッシングをかけて、ツリーをくずして頂きます。

「アスピックゼリーのサラダ」です。

a0153807_651201.jpg


これは、私もインスタントの粉を使って(笑)よく作るものだけれど、
リース型で出すと、この季節にばっちりですね。    早速マネしちゃおう。

で、メインは「鳥の丸焼き」詰め物するタイプ。

a0153807_6532691.jpg


ターキーではなく、「鳥」で作りました。    
内臓関係を取り除く作業が、私にはちょっとぉ・・・ (-_-;)

a0153807_655959.jpg


砂肝って、本当に砂が詰まってるんですねぇ~   初めて見ました。
詰め物の中には、この取り除いたレバーなども入りますよ。  これが、コクの素!


最後は、デザート!
クレープです。   グランマルニエを振って、シュゼットに。

a0153807_6575779.jpg


あ~    ぜんぶぜんぶ美味しかった!!!
そして、すごく勉強になった今回のレッスンでした★

夕方から伺ったので、帰宅したら、もう12時近く~
食べ過ぎて、おなかが痛い夜でした^^


今年のクリスマス、1品でも作ってみようかな?      
どうかな?
来年にしようかな?
[PR]
by xiangpian | 2011-12-21 07:04 | 料理教室


<< 今年もありがとうございました♪ クリスマスのインテリア 2011 >>