オランダのクリスマス

オランダは、もうクリスマス?

a0153807_547210.jpg


子供たちは、誰を待ってるの?

a0153807_5475693.jpg


そう、この人!

a0153807_5482621.jpg


サンタクロースならぬ、シンタクラースです。    衣装が微妙・・・
トナカイと一緒じゃなくて、白いお馬さんに乗って登場なのね~    

こちらは、お供するズワルピートたち(黒人という設定)

a0153807_5534361.jpg


オランダのクリスマスは、12月6日。
シンタクラースとお供のズワルピートは、毎年11月に蒸気船に乗ってスペインからオランダにやって来るのです。

a0153807_5594483.jpg

                                  *画像は、ネットより拝借しています。

この日から12月の6日にかけてオランダ中をパレードして回り、お菓子の入った麻袋を持って、子供たちに
配ります。 よい子にはお菓子を。 悪い子は、麻袋に入れられてスペインに連れ帰られてしまうとか。


そして、12月6日がオランダ人にとってのクリスマス。
子供たちは、シンタクラースの馬のために人参を用意しておくのです。
6日の朝、置いておいた人参が少し齧られていたら、シンタさんか来てくれた合図。
無事に、プレゼントがもらえるというわけ。

夢がありますね~


そして、本家クリスマスの12月25日は、家族とともに静かに過ごす日という位置づけ。


サンタクロースとシンタクラースは、似ていてるようでまったくの別人扱いらしい。
オランダ人にとっての「サンタクロース」は「アメリカ人」というイメージが強いらしく、あまり親しみを持てないそう。
お国変われば、クリスマスの文化も違うとは、おもしろいです。


さて、我が家もこの週末に、ツリーを飾ろうかな・・・と。








デパートのデコレーションがおもしろい。
ズワルピートの人形たちが、紐で登ったり降りたりしています~

a0153807_6102854.jpg


思わず、1枚ぱちり。

オランダのデパートも、今の時期クリスマスショッピングで大賑わい!!!

私も、人参置いておこうかな?
欲しいもの、いっぱいあるのよね~   いっぱいいっぱいあるのよ~
[PR]
by xiangpian | 2011-11-26 06:16 | 暮らし


<< アンティークメガマーケット 自作器に盆栽を。 >>