終わりかけの紅葉シーズン

気がつけば、秋から冬へ向かう季節の足音が聞かれます。
アムステルダムの紅葉もとても綺麗なのですが、すっかり出遅れましたわ (^_^;)
プラタナスの黄色い絨毯を踏みしめることなく、茶色の絨毯になっちゃった。

それでも、諦めの悪い私は、カメラを持って近所の公園へ。
ははは   終わってました・・・

終わりかけの紅葉シーンを、なんとか数カット!

a0153807_21235724.jpg


私のカメラは、LumixGf1という一眼初心者には操作が簡単で扱いやすい小型一眼です。
コンデジ並にいろいろなモードがついていて、近頃は「シルエット」というモードがお気に入り。
このモードで撮影すると、どんな写真でも、夕暮れ時のような、色を暗めにおさえた雰囲気のある1枚になります。  
今の季節にぴったりね♪

a0153807_19374811.jpg


撮影ポイント探します。
黄色く染まる木はあっても、モミジのように、真っ赤に染まる木が少ないのね、ここ。

a0153807_19341080.jpg


     枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには
     愛をささやく歌もない~~~       って曲が聞こえてきそうで。


夕暮れ時さすがに寒くなってきたので公園での撮影は諦めて、「恋人よ」を鼻歌で歌いながら、
自転車こぎこぎおうちへ帰りましょ。
 
     恋人よ~  そばにいて~  凍える私のそばにいてよ~

撮影モードを標準に戻して、住宅街へ。

プラタナスの並木道の紅葉、ピーク時は目を奪われるほどの美しさなのです。
もう、終わっちゃったなぁ。

a0153807_19425542.jpg


枯葉のお掃除は、どこも定期的にきちんとされるので、雨がふって、地面がぐちゃぐちゃという
ことがありません。

住宅街の中庭は、おそらくもっと頻繁にお掃除が入るから、まったく問題なし。

a0153807_19454940.jpg


こちらは、お料理の先生のお宅の窓から見える、見事に紅葉した1本の木。

a0153807_19475827.jpg


なんて美しいのでしょう。
珍しく、赤く染まっています。

そうそう、公園の森の中で きのこを見つけました。


a0153807_19555735.jpg


マツタケの土瓶蒸し・・・   食べたい。
シイタケでもいわ、あ、シメジでも、なんならエノキでもいいからさ~
銀杏入れてよ、絶対よ。



さて、冬時間になりました。
夕方17時前には暗くなります。  
主人は、また長期出張。    私、 ひ・ と・ り・ ですの。

ひとり 懐メロ ザ ベストテン でもやろうかな、秋バージョンで。

選曲   風は秋色   (1曲目は聖子できまり)
      恋人よ    (鼻歌だけじゃつまらない、熱唱させて)
      恋人も濡れる街角  (高音部分は、苦しそうに歌います)
      別れても好きな人  (シルビアさんを偲んで・・・)
      秋桜  (さだまさし、いい曲つくるんだ、これが)
      ルビーの指輪  (3曲同時ベストテン入りってのもあったわね)
      元気を出して  (薬師丸バージョンでよろしく)
      パープルタウン (大好き、彼女の歌声)
      風立ちぬ  (聖子は2曲歌わせて、お願い)
      いい日旅立ち  (谷村のおじさんもいい曲つくるんだ、これが)
      眠れぬ夜   (ヒデキじゃなくて、オフコースのほうで)
      オリビアを聴きながら   (杏里を歌わずして、マイカラオケ成立せず)

               
                         
                                      こんなところでどうかしら?





あたくしの 18番!



↑動画は、わりと最近の彼女ですが、
全盛期と変わらぬ歌声が胸をうちます。
高音がきれいに出てる。  ひとみちゃんて歌上手ね~  
プリンプリン物語、見てたよ~
[PR]
by xiangpian | 2011-11-08 20:07 | オランダの花と緑


<< 骨董漆器で、晩秋のテーブル 運命のお抹茶椀 >>