蚤の市めぐり  その3

ちょこちょこと、オランダ国内の蚤の市に出かけています。
アンティークつながりで友達もできて、うふ、嬉しい♪

その友達から、 ベネルクス(ベルギー オランダ ルクセンブルグの略)
最大の蚤の市とやらが、ベルギーのトンゲレンという町で毎週日曜日開催されていると
聞き、行ってきました。

a0153807_649107.jpg


オランダとベルギーの国境付近の町 トンゲレン。
町の中心地いたるところにアンティークストールが出ています。
駐車場や、体育館?、商店街・・・ 噂どおり、規模がデカイ!!!

モノも、なんでもありです。

家具もあれば、

a0153807_6524814.jpg


シャンデリアのパーツみたいな細かいものも売ってるし、お城に置いてありそうな
大きなオブジェもあり。

a0153807_6543613.jpg


フランスも近いからかな、リモージュ焼きのお皿もありました。

a0153807_6555464.jpg

↑ リモージュ焼き アヴィランドのお皿、なんと12枚で35ユーロ。
5年前だったら、即買いしていたなぁ~   今はこういうキレイな洋食器にあまり興味なし。
1周して、もう一度この場所に戻ったら、速攻売れてました・・・


ガラクタもあれば、古伊万里みたいな皿もあるし、もちろん銀食器やガラスものも
たくさん。

a0153807_6592747.jpg


朝7時半から見始めて(前日、この町に泊まりました)、3周ぐらいしたかな。
このトンゲレンの蚤の市、規模も大きいし、色々あって楽しいけれど、
朝7時ぐらいから始まって、お昼には終了してしまうのです。
だから、なかなか行かれない。  
今回は、主人と弟がベルギーGP(F1レース)を見に行くついでに、立ち寄る機会が
あったのでラッキーでしたが、一人ではもう行くことはないかな~

3周しましたが、残念ながら、あまり掘り出し物的なものは見つからず。
あと、オランダより少し相場が高い気がして、たいした買い物もできず。

でもでも、手ぶらで帰るわけがないワタシ。

買いました。

a0153807_74593.jpg


シルバーものは、かなり充実の品揃えでしたが、近頃、私、シルバー系に興味が薄れて
きておりまして・・・
渋いものばかりに目がゆくの。
カゴは、別に古いものじゃないと思うけれど、じゃがいもとか玉ねぎとか
入れたくて・・・  へへ、12ユーロ。
まぁるいトレーは、店主がしぶくて安くしてくれなかったけれど、我が家のテーブルに
ぴったりだなぁ♪ と。
お皿は、オランダ マーストリヒト製   ワハハ、3ユーロ。 


まぁ、とりあえず、満足です。


こちらは、別の日に友達と出かけたDeventerという町の骨董屋で見つけた木製
スタンドです。

a0153807_715628.jpg

3段のAFTスタンドはよく見かけるけれど、2段のスタンドって珍しいかな、と思いましてね。

あと、脚が細くてエレガントでしょう?

これも、一目惚れしちゃったの♪

恐々、値段交渉したらあっさり10ユーロもオマケしてくれたので、抱えて帰ってきましたよ。

3段スタンドと違って折りたたみ出来ないのが難点だけれど・・・

リビングに置いて、植木とガラス小物を飾っています。




蚤の市のシーズンも、間もなく終了。
あと、何回行けるかな~ 
ほんとに大好き、蚤の市♪     この高揚感、たまりません。
 
しかしながら、今再び、北欧ヴィンテージ熱が高まってきておりまして、
今、コペンハーゲンまで行こうかと、友達と計画中・・・
ダンナ様、説得しなくちゃ。  
[PR]
by xiangpian | 2011-09-07 07:27 | アンティーク&ヴィンテージ


<< ワイン色のおもてなしテーブル 和~なtea time >>