ブルゴーニュへの旅  ~シャトーホテルに泊まる~

ブルゴーニュでは、2箇所ほど、いわゆる「シャトーホテル」と呼ばれる場所に
泊まることにしました。
私の好みは、もっと民宿チックな小宿に泊まることなんだけれど、うちのダンナ様、
やたらとシャトーが好きな人。  日本でもお城巡りするのが趣味。
今回のお宿も、主人が探してきたところです。

ひとつめは、ヴジョー村にある Chateau de Gilly

a0153807_5591467.jpg


手入れの行き届いた美しいシャトーでしたよ。

a0153807_6088.jpg

その昔は修道士の宿舎でもあったそう。

また、戦争時には要塞として使われたこともあったそうで、

レストランになっている地下部分、独特な雰囲気でしたね。

お部屋よりも、庭園やはなれの館が印象的なシャトーという印象。




窓からの眺めも、気持ちがいい♪

a0153807_65148.jpg


カーテンや壁紙(布ばり)が、いかにもおフランスでかわいいし、
8月なのに薔薇がこんなに綺麗に咲いているなんて、感動。

a0153807_675346.jpg


外にプールもあったけれど、さすがに寒くて入れないわ^^
お庭でしばしお昼寝しました。

a0153807_663784.jpg


まぁ、シャトーらしいシャトーではあったものの、満室で忙しかったのか、
あまりホスピタリティーがよくない。
レストランでは、小さな子供が走り回っているし、上階や隣室の物音もすごーく気になる。
ま、鉄筋コンクリートの建物じゃないんだから、仕方ないけどね。



さて、二箇所目のシャトーホテルは、シャブリ畑の方向のアヴァロンという田舎町
にある Chateau de vault de Lugny

a0153807_6133814.jpg


いやぁ~~~   ここのシャトーは素晴らしかった!!!
ネットでの評判もすこぶる良さだったので決めたのだけれど、裏切られることなく興奮。

門をぬけると、2匹の番犬?がお迎えですのよ。

a0153807_6154278.jpg


早速、お屋敷の中、広大な敷地の中をあるある探検隊!

まずは、庭からバックヤードへ。
いきなり小川が流れてるし~   
水が綺麗だから、水面に建物がしっかり映りましたよ。

a0153807_6164080.jpg


洞窟みたいなお洒落なインドアプール。

a0153807_6193898.jpg


大人~な雰囲気いっぱいのバー。

a0153807_620560.jpg


部屋は、それぞれワイン村の名前がついています。

私たちの部屋はスタンダードルームだけれど、十分です。(やや負け惜しみ)
部屋に入ると、シャンパンとオードブルのサービスあるし♪

a0153807_6215580.jpg


食事も軽いものから、コースメニューのしっかりしたものまで用意があるし、
さすが、ブルゴーニュ。 ワインの品揃えもかなりのもの。
この日、誕生日だった主人のお祝いで、ちょっといいワインも飲んじゃった。

a0153807_6234684.jpg


七面鳥やターキーや鴨たちが放し飼いされていて、鳥が苦手な私は、若干びびったけれど、
お庭で頂く朝食は、実に気分がよいものです。

a0153807_6245830.jpg


朝食の器は、レイノーの白磁でだされ、ここでも自家製ジャムが登場。
やっぱり、リモージュって素敵だわ。

a0153807_6255498.jpg


お値段は、ちょい高めでしたけれど、その分ホスピタリティーは抜群に良し!

忘れられないシャトーホテルのひとつになりました★

あ、また記事が長くなりました。 
あと、もう少しです、旅行記は忘れないうちにささっと書き終えないと
いけないですね~

もう、あれこれ、記憶が怪しいところが出てきたわ^^
[PR]
by xiangpian | 2011-08-29 06:00 |


<< ブルゴーニュへの旅  ~ シャ... ブルゴーニュへの旅    ~聖... >>