春メニューでマクロビオビオティックレッスン

春の明るい陽射しの元、久しぶりにマクロビオティックのお教室へ。

いつもながらの、明るく落ち着く先生のお宅。

a0153807_22232027.jpg


この日、教えて頂いたのは、「筍を中心に、春のメニュー」
時間をかけてしっかり茹でた筍を使ったメインと、マクロビらしいお献立。

電気を使わず、時間をかけて丁寧に鍋で炊き上げた玄米ご飯の味は、
いつもにも増して美味しく感じた。

a0153807_2232551.jpg


筍と舞茸で、旬の味を満喫。

a0153807_22334547.jpg


茹でた筍も最高だけれど、焼き上げる筍は、その風味が一層増す気がするわ。


こちらは、見た目もお味も優しく品のいい一品。

a0153807_22361750.jpg


体にしみる~  
調味料も控えめだから、お豆腐の味そのものが楽しめる。

 
梅風味のしゃきしゃきサラダと、セロリの葉の入った驚きの(笑)お味噌汁、
デザートには、うぐいす色の葛餅も頂く。


テーブルに並ぶ器や、控えめにディスプレーされた置物やお庭から摘んできたお花も、
相変わらず趣味がよろしくていらっしゃる。
それらを毎回見せて頂く事が、レッスンのお楽しみのひとつでもあったの。
写真取り捲りで、ごめんなさいね。

a0153807_2242251.jpg


                              ↑あ、大江さんの鳥ちゃん急須、みーつけた♪  いいなぁ♪

震災後、「食」に対しての意識が少し変わった人も多いと思う。

放射能の問題がある今、体にとって「陽性」の食事を心がけることが、とても大切
なのだそう。

安全な食材で、安全な食事をとれる事を心から幸せに思う。

マクロビオティックの勉強を続けるakko先生からは、色々な事を教えてもらった。
なかなか実践できないでいる落第生の生徒で申し訳ないけれど、レッスンはすごく
勉強になったし、先生のお料理は本当に「あたたかく優しい」もので、体が自然と
喜んでいるのがわかった。
だから、レッスンの帰り道は、いつも気分が良かったの。


しばらくレッスンには通えないけれど、たまに思い出して、作ってみようと思う。
たまには、体に優しいことをしてあげないと・・・
人間ドックで中性脂肪とコレステロールを指摘された私。
本気で落ち込んだばかりだから。


あちらには、「てんさい糖」と「米飴」を買って持ってゆきます。 笑

akko先生、ありがとう。


* Pure&Style マクロビオティック料理教室とパン教室については、
  コチラ をどうぞ。
[PR]
by xiangpian | 2011-04-24 23:03 | 料理教室


<< 引っ越しに向けての食器整理 イースター 2011 >>