常滑焼の町へ

愛知県、常滑へ行ってきました。
そうです、「常滑焼」を見てみたくって。  ココが意外に楽しい♪

a0153807_19464880.jpg


窯元に、ギャラリーに、お団子やさんに、雰囲気のあるお蕎麦やさん・・・
散歩道の途中途中にあるこれらのお店をブラブラ巡りながら、町をぐるりと1周できるのです。  

こちらは、でんでん坂。

a0153807_20213019.jpg


古い民家に、コスモスが咲き乱れる庭、なすびがなる畑、坂道に煙突。
風情ある田舎風景が広がります。

a0153807_19581346.jpg


そしてこちらは、土管坂。

a0153807_200391.jpg


「常滑」の町は、なんと平安時代から焼き物を作っていたという歴史があるそうな。
水瓶や土管、そして、急須を作ることで知られています。
ほら、↓こういう赤茶色のお急須、よく見かけるでしょう?  これが代表的な常滑焼作品です。


a0153807_2022181.jpg

                                  *画像はネットより拝借しています。

今は、この赤茶色の急須や器より、むしろもっと渋い色合いの焼き物が多いみたい。
私も、そっち狙いです。


散歩道には、陶芸体験ができるギャラリーがいくつもありましたよ。

a0153807_204614.jpg


ロクロを廻している若い方も、沢山いました。
次に訪れるときは、やってみたいなぁ~~~     自信ないけど^^

さて、今回の常滑を訪れた目的は、ズバリ、「盆栽鉢」を探しに!
ここ常滑は、盆栽鉢を作っている窯元が多いのです。 すみません、マニアックで。

あちらにも、こちらにも、盆栽鉢が売られていました♪
これなんか、100円よ。

a0153807_2083442.jpg


興味ない方には、激しくどーでもいい話ですが、盆栽鉢って、東京にも色々ありそうで、
探すと、あまりない。  ネットショッピングは、味気ないし、やっぱり実際に手にとって
見てみたい。
今回は、どうしても訪れてみたい窯元があったので、直接アポなしでGO!!!

その話は、長くなるので、また次の記事で。

器にそれほど興味がない人でも、それなりに楽しめる、常滑散歩道。
秋の1日、おでかけスポットとしては、すごくいいと思うわ~~~
(あ、東京からだと、車で4時間半はかかると思います、残念。)






常滑まで来たのだから、そのまま高速で20分。
南知多の海沿いまでドライブ。  夕食は、テレビや雑誌にもよく取り上げられるらしい、
「うつみ食堂」へ。

名物、生しらす定食です!!!

a0153807_20153792.jpg


キターッ

a0153807_2016917.jpg


クゥーッ

a0153807_20163786.jpg


たまらんっ。   

おまけに、こちらもオーダーよ!

a0153807_20172498.jpg


あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ   生きててよかった。
日本人でよかった。

エノテカ~よりね、あたしゃ、こっちに三ツ星あげる。
[PR]
by xiangpian | 2010-10-08 20:28 | 和の器


<< 常滑 「佳窯」を訪ねて・・・ 美脚美女 たち >>