Firenze その1 街とホテルと買い物?

早速ですが、Firenzeの街から。
私たちにとって、2度目のフィレンツェ(どういうわけか、英語表記ではフローレンスと書きますね)。
前回はツアーにて、主な観光名所を短時間でグルリと周った記憶。
なので、今回はイタリアルネッサンス鑑賞は、一切なし。
そういうのお好みだった方、心からゴメンナサイ!

まずは、街を見渡せるミケランジェロ広場へ。

a0153807_22504753.jpg


お天気が今ひとつで残念。
アルノ川とポンテベッキオ、赤いレンガ屋根。 美しいじゃないの!!! 
夕刻になると・・・    きっとロマンチックよ~~~♪

このポンテヴェッキオ (同じ名前の宝飾店が日本にありますね。)

a0153807_22555089.jpg


フィレンツェで一番古い橋ですって。
橋の上は、宝石店が並び、目の毒です、はい。


さてさて、街中は予想通り、ものすごい人。
イタリアの中では、ローマに次ぐ観光地じゃないかしら?
旗を持った観光客の多くが、ウフィッツィー美術館、アカデミア美術館、ドゥオモへと吸い込まれて
ゆきます。 しかも、長蛇の列。     ↓ こちらは、ドゥオモ広場

a0153807_2314331.jpg


折角なので、画像をお借りして2作品だけご紹介。

ウッフィッツィ美術館より ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」

a0153807_2352759.jpg
 
                             *画像は、ネットより拝借
ボッディチェリの女神像って、その肢体が結構生々しいって思いません?
不自然にふくよか・・・と言いますか。

アカデミア美術館より ミケランジェロの「ダヴィデ像」

a0153807_2372941.jpg

                              *画像は、ネットより拝借
現物は、目がすごく怖かったことを覚えています。  瞳がハート型だとか?
今も昔も、このダヴィデ像の体が理想的なオトコの体なんだそーです。
そーかな?  それって、好みの問題じゃない?

今回、申し訳ないほどに何も見ていませんが、
イタリアルネッサンス、栄華の極みが、この街に凝縮。 

a0153807_2327565.jpg


お好きな方は、1週間いてもあきないでしょうね。   メディチ家すごすぎです。

変わって、ホテルの話。
フィレンツェでは、珍しくクラシカルなホテルにステイ。
アルノ川沿いに建つ、邸宅な雰囲気の グランド ホテル。

a0153807_23171841.jpg


え、お屋敷?  天井、高っ!

a0153807_23222668.jpg


イタリア人の紹介があったので、格安でいいお部屋に泊まれちゃったの。

a0153807_2324983.jpg


何が驚いたって、お部屋の壁に、フレスコ画だわよ。
寝ながら、美術鑑賞できちゃって。   雰囲気ありすぎて、逆にオバケ出そう。

で、旅行記 その1のシメは、早くも、買い物の話題です。

イタリア フィレンツェ・・・
えーとえーと、   皮製品? 宝飾品? マーブル紙? サンタマリアノッヴェラ薬局?

よくわからず、うろうろ。

a0153807_23392134.jpg


リネン関係、子供服、さすがにかわいいなぁ。   
例の薬局で、一応ローズウォーターと石鹸を買ってみる。 
でも、今は日本でも買えるしなぁ、ぶつぶつ。

と、
偶然通りかかったお店で、歩が止まる・・・   ここよ、ここ、こういうお店が見たかった★

a0153807_23322174.jpg


手芸用品店っていうのかな、タッセルやらブレードやら美しい紐や布。
目が回ります~~~

a0153807_23335768.jpg


ぎゃー お店ごと、買いたい!!!
帰国後調べたところ、ここ、結構その道で(どの道でしょう?)は、有名店らしい。

「Passamaneria Valmar」 というお店。    Porta Rossa通りにあります。

主人を待たせ、5分で選んで購入したタッセルが、この3つ。 
ついでにカルトナージュ的なプレートも。   おじさん、少しオマケしてくれたの♪

a0153807_2338313.jpg


ってわけで、ブランドものや革製品などはひとつも買わず、タッセルを握り締め、
フィレンツェの街をあとにしました。


初回の旅行記から、中身くどくて、スミマセン。
次回は、フィレンツェ その2  「食」  で参ります。

   
[PR]
by xiangpian | 2010-09-15 23:46 |


<< Firenze その2   食 イタリア旅行  2010 >>