北欧ヴィンテージ食器 復刻版のお話し。

一月ほど前の話だが、久々に新宿伊勢丹にでかけたら、リビングフロアーが「北欧もの一色」
なので驚いた。 
食器関係から、雑貨、ロロスツイード(ノルウェー)の毛布、家具、ありとあらゆる北欧ものが
揃ってディスプレイ。  イルムス並の品揃えだった。
中でも目をひいたのが、北欧ヴィンテージ食器の「復刻版」!
わんさか・・・あるのね。

まずは、グスタフスベリ(スウェーデン)の復刻版たち。

a0153807_20302031.jpg

                                    *画像は、ネットより拝借&編集
↑沢山あるので、シリーズ名は省略します。
人気のリンドベリデザインのものが、復刻版で勢揃い。  
一時は赤のアスターがない、ない、なんて言ってたのにね・・・。


変わって、ロールストランド(スウェーデン)のMONAMI 復刻版。

a0153807_20342629.jpg

                                    *画像は、ネットより拝借
北欧のマーケットで初めて見つけたときのあの興奮はなんだったのだろう?
いまや、ネットでもゴロゴロ出てきます。  値段も相場が下がってきているような・・・。


アラビア(フィンランド)のパラティッシシリーズと言えば、あーた、生産終了の声とともに人気沸騰、
ブラックパラティッシは、ある時ものすごい高値になったというのに、あっけなく生産再開。
右は、アピラシリーズの復刻。

a0153807_20404455.jpg

                                      *画像は、ネットより拝借&編集
こちらは現在、イッタラ社の傘下となり、パラティッシだって、オンラインショッピングが出来ちゃう。


そして、極めつけに・・・   カステヘルミ(フィンランド)ですよ!

a0153807_20441471.jpg

                                        *画像は、ネットより拝借
こちらもイッタラ社の傘下となり、先ごろ、復刻版として、クリアー色とアップルグリーン色を生産開始。


・・・と言った具合なの。

北欧ヴィンテージファンにとって、人気シリーズの「復刻」は、嬉しいような、しらけるような。
どちらかと言うと、後者。
もちろん、オリジナルとの違いも若干あるみたいだし、ものによっては復刻されていないアイテムもある
のでしょうが、なんだかね、そう簡単に復刻版を生産されては、ヴィンテージの価値、魅力が半減する
ってもんよ。 今は生産されていない、幻のアイテムだと思うから、欲しいわけで。



北欧ヴィンテージファンの皆さんは、どう思います?


その点、まだまだマイナーなノルウェーメーカー。 
多分、この先も「復刻」なんて話は出てこないでしょう。  

こちら、帰国間際に数百円で見つけた、stavangerflintのティーカップ。

a0153807_20562833.jpg


アイボリー×優しい黄色の配色、幾何学模様の感じが凄く気に入っているの♪

ちなみに、友人は、トリオ(小さめのケーキ皿がつく)で見つけたらしい。  いいなぁ。

a0153807_2058668.jpg

                              *画像は、友人より提供、サンキュー

シリーズ名も生産年代も、何もわからない。 ネットでもどんだけ検索しても出てこない。
多分、日本人でこのカップを持ってるのは、私と友人だけよね! と自己満足満足満足♪
結構いたりして・・・ 笑。



それにしても、北欧ヴィンテージ食器は、殊更、日本人に人気が高い。
先日、主人の仕事関係で、ノルウェー人の父娘と食事をする機会があったのだが、
私は共通の話題を探そうと必死に、「北欧ヴィンテージ」の話をしたのだった。
しかし、パパも娘も、反応ゼロ。   仕方なく、H&MとIKEAの話に切り替えた。
ノルウェーメーカーの名前を出しても、さっぱり反応がなく、興味もない様子。
ま、現地の人って、案外そんなものかもね。
日本の大学生に、「柿右衛門」とか「魯山人」とか言ったって、何それ?  って感じよね!?


今後は、地味に、「復刻がなさそうなアイテム」を中心に、コレクションしようかな♪
あ、でも、日本じゃ高くて、買えない・・・。





a0153807_21113791.jpg


このカップでコーヒーです。
おやつは、大好きな「濃い茶」でごあす。

茶色のほうが、金沢 蒲田甘陽堂 のもの。   緑のほうが、京都 Malebranche のもの。

抹茶の風味が、コーヒーに合うのだ!

「北欧」と「和」の融合ティータイムってことで、位置づけしてみる。
[PR]
by xiangpian | 2010-04-15 21:26 | アンティーク&ヴィンテージ


<< ミニ盆栽 2作品め。 ハンドメイドママニット   ~... >>